ほうれい線チェックをしてみよう!ほうれい線のタイプと改善法

ほうれい線は1種類ではなく、いくつかのタイプに分類されます。それぞれのほうれい線の特徴を知り、その上で正しい対策を行っていく必要があります。そこで今回は
  • ほうれい線ができる原因
  • ほうれい線の特徴
  • タイプ別ほうれい線対策
  • ほうれい線の予防法
  • ほうれい線対策グッズ

について説明をしたいと思います。

どうしてほうれい線ができてしまうのか

ほうれい線はいつの間にかできるものですが、原因はたくさんあります。このいくつもの原因を丁寧に、早めに知ることで、予防を正しく行っていくことができます。ここではその原因について説明したいと思います。

加齢により皮膚の弾力がなくなりほうれい線が深くなる

肌の真皮層にはもともとコラーゲンやエラスチンなどが多く存在しています。コラーゲンやエラスチンがあることで肌の弾力性と伸縮性を維持することができます。

これらの成分が加齢によって減少していくことで、徐々に弾力性と伸縮性が失われていきます。それによって真皮層が緩んだ状態になり、ほうれい線が目立ってしまうようになります。

皮下脂肪の増加によりほうれい線が深くなる


皮下組織には皮下脂肪がありますが、加齢によって代謝機能が低下したり、食べ過ぎてしまうと皮下脂肪が増えていきます。年齢を重ねていくと弾力低下などにより皮下脂肪が下がってしまい、ほうれい線ができてしまいます。

太りやすい方ほどほうれい線ができやすくなりますし、年齢を重ねるほどほうれい線がより深く刻まれてしまうようになります。

表情筋の衰えによりほうれい線がより深くなる

肌の真皮層の下部には表情筋がありますが、加齢によって委縮してしまいます。それによってたるみが生じ、ほうれい線となって目立つようになります。表情筋の衰えによるほうれい線は筋力アップのトレーニングを行って改善をしていく必要があります。また20代の方はトレーニングを行うことで、表情筋の衰えを抑制することができます。

ほうれい線のすべてが悪いわけではない


老けた印象を与えてしまうほうれい線ですが、全てのほうれい線が老けて見えるのではなく、実は中には老けて見えないものもあります。

ほうれい線は30代以降の方にできやすいものですが、実は年齢に関係なくできるものなのです。それでは老けて見えないほうれい線とはどういったものなのでしょうか。

赤ちゃんでもほうれい線は存在する

ほうれい線はエイジングサインと言われますが、単に加齢によって起こるものばかりではなく、赤ちゃんであってもほうれい線はできることがあります。ただ、30代以降の方にできるほうれい線とは違った老けて見えないという特徴が挙げられます。

日本人は顔の凹凸が少なく平面的な特徴があります。この日本人特有の骨格を持った赤ちゃんは頬がふっくらとしがちで、鼻の横にくぼみができてしまうことがあります。これが赤ちゃんに見られるほうれい線です。ただ、成長によって頬のふっくら感がなくなっていき、徐々にほうれい線は目立たなくなっていくのが一般的です。

赤ちゃんのほうれい線はどうして老けて見えないのか


赤ちゃんのほうれい線については老けて見えないものです。この点がエイジングサインのほうれい線とは大きく異なっているポイントといえます。

エイジングによるほうれい線はたるみによって起こりますが、赤ちゃんの場合は単なる線のため老けて見えないのです。

老けて見えるほうれい線のタイプをチェックしてみよう


ほうれい線は実は1種類だけではなく、複数の種類に分類されていることをご存知でしょうか? ほうれい線の予防と改善のためには、まずはほうれい線の種類ごとの特徴を知る必要があります。ここでは老けて見えてしまうほうれい線の種類、またそれぞれの特徴について詳しく説明していきたいと思います。

たるみ型ほうれい線の特徴

加年齢を重ねていくことで肌の弾力性が失われていき、頬の皮下脂肪も減少してハリがなくなることでほうれい線ができてしまいます。

もともと頬がふっくらとしている方や、ダイエットを頻繁に行い、皮下脂肪の増減が多い方も頬がたるみやすく、ほうれい線ができてしまいがちです。

筋肉質型ほうれい線の特徴

肌の表情筋が衰えて緩むことで起こるのがたるみ型ほうれい線ですが、それとは反対に、頬と鼻の境目の辺りにある表情筋が発達しすぎていることでできてしまうのが筋肉質型のほうれい線です。

筋肉が固いため、筋状になってほうれい線が深く刻まれているのがこのタイプです。笑うと歯茎が見えるガミースマイルはアジア人によく見られますが、このガミースマイルを特徴として持っている方は筋肉質型ほうれい線ができることが多いと言われています。

骨くぼみ型ほうれい線の特徴


特にアジア人に多いとされているのが骨くぼみ型ほうれい線です。小鼻のあたりの骨のでっぱりが少なく、頬との境界がはっきりしない、またエイジングによって骨の萎縮と肌の衰え起こることによって小鼻の付け根にくぼみができてしまいます。

各タイプのほうれい線対策はどんなことをすればいいの?

ほうれい線の特徴によって対策法も異なってきます。ここではそれぞれのほうれい線のタイプごとに具体的な対策について説明したいと思います。

たるみ型ほうれい線はエクササイズとハリ不足の解消

加齢が原因で主にできてしまうたるみ型ほうれい線については、エクササイズを行って表情筋を鍛えることが重要です。

例えば鼻に向かって顔を集めるように意識して、ひょっとこのような表情を作り、その状態を5秒間キープするエクササイズがあります。また、口を大きく開けたまま5秒間キープするエクササイズも気軽にできる方法です。どちらも1日に5セット行うといいでしょう。

また、肌のハリを取り戻すためには、コラーゲンやエラスチンが多く含まれたエイジングケア用化粧品を使って補うことも大切です。朝晩のスキンケア時にこれらの成分を補えば、肌のハリを取り戻し、ほうれい線が目立たなくなるでしょう。

筋肉質型ほうれい線は保湿や食いしばり癖等の解消


筋肉質型ほうれい線は、筋肉が発達しすぎていることが大きな原因です。そのため、肌をしっとり柔らかい質感にすることがまず必要です。ヒアルロン酸やセラミドなど、保湿力の強い成分を配合した化粧品を使ってケアをすることをお勧めします。

また、食いしばるような筋肉を鍛える動作をよく行う方は、この動作をしないように気を付けることが大切です。

骨くぼみ型ほうれい線はミネラルの摂取

骨くぼみ型のほうれい線は加齢による骨の委縮も原因となっています。そのため、骨の委縮を改善するために、カルシウムを中心としたミネラル、カルシウムの吸収を促進するビタミンDを積極的に摂取していくことが大切です。基本は食事を通して摂取し、不足してしまう時にはサプリメントを併用するといいでしょう。

ほうれい線をできにくくするためには?

ほうれい線は主に30代以降になってくっきりと目立つようになってきます。そのため20代から予防を行っていくことが必要です。

ほうれい線ができないようにしていくためには、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。これらについて説明したいと思います。

食事時に左右まんべんなく噛む


表情筋の衰えによってたるみが起こり、ほうれい線が目立つようになります。食事の際に片方に比重をかけながら噛む癖をつけると、表情筋のバランスが悪くなります。そのため、食事の際には左右万遍なく噛むようにし、左右の表情筋の強度が同程度になるようにすることが大切です。

また、柔らかいものばかりではなく、固いものも食べることも重要です。

姿勢を良くし、表情筋を活発に

パソコンやスマホを使用する方に多いのですが、姿勢が悪い状態で操作をしたりすると前かがみになり、頬のたるみが起こりやすくなります。それによってほうれい線ができやすくなります。そのため、まず姿勢を良くすることを心がけましょう。

また、口をよく動かしたりするなど、表情筋を活発に動かすようにしてください。

お肌の保湿をしっかりと行う

ほうれい線ができる原因として肌の乾燥が挙げられます。肌の乾燥によって肌が委縮しやすくなり、ほうれい線ができやすくなってしまうためです。

そのため、朝晩の洗顔後にはセラミドやヒアルロン酸などが含まれたスキンケア化粧品を使用し、肌の保湿をしっかりと行うようにしてください。

煙草をやめる


肌の老化を促進する活性酸素ですが、喫煙によって活性酸素を生じやすくなり、弾力性が失われていきます。そのため、ほうれい線ができやすくなってしまいます。美肌を損ねる点からも、喫煙をやめることが大切です。

ほうれい線対策グッズ3選

ほうれい線の予防や改善のために、自宅で気軽に使用できるアイテムが販売されています。いろんな商品がありますが、その中でも特に効果が期待できる商品を厳選して3点ご紹介したいと思います。

ほうれい線 目パッチ 口もとパックシート

ほうれい線 目パッチ 口もとパックシート 目元パックシート 顔シワ伸ばし額のシワ 目元シワ 口元シワ 朝スッキリ 3種類 63枚
大きさの異なる3種類のシートが入ったパックシートです。日常的に使用している化粧水やクリームを塗った後に貼り付けるだけで、化粧水やクリームに配合されている保湿成分が角質層の深部にまで浸透していき、乾燥を予防することができます。

肌に優しく、貼り付けやすいため、肌が敏感に感じてしまう方でも安心して使用することができます。

DEWボーテ モイストリフトエッセンスセット

DEWボーテ モイストリフトエッセンスセット45g 美容液
保湿成分として海草エキスやカムカムエキスなど、天然由来の成分が配合されており、肌の奥まで潤いで満たしてくれます。肌のリフトアップ効果も期待できるため、ほうれい線予防に役立たせることができます。さらっとしたテクスチャーですが、しっとりすべすべした肌に導いてくれます。

soafiya Y字美容ローラー

美顔ローラー soafiya Y字美容ローラー マッサージローラー フェイス&ボディ ビューティ ローラー マイクロカレント 美顔器 美肌 むくみ防止 小顔脂肪セルライトを解消 マッサージローラー Y字美顔器 美容/美顔/充電不要美肌ローラー 【メーカー純正品[1年保証]】 (美顔ローラー)
微弱電流マイクロカレントを発生させ、肌のマッサージを行うことができるローラーです。血行を促進し、肌にハリと柔軟性をもたらしてくれます。適度にマッサージを行うことで表情筋を鍛え、ほうれい線の予防に役立たせることができます。充電不要のため、どこでも持ち運ぶことができます。

まとめ

ほうれい線はいくつかの種類に分かれているため、予防や改善のための方法は大きく異なっています。できてしまったほうれい線に対しては、そのタイプを知り、適切な対策を行っていく必要があります。またほうれい線の予防のためには、早い段階から正しい対策を行っていくようにしましょう。