テカリを防ぐ化粧下地とは?自分に合ったタイプを選ぼう!

せっかくキレイにメイクをしてもテカリが出てしまうとガッカリですよね。このテカリの原因となるのはみなさんご存知の通り皮脂です。肌質や体質によって皮脂の分泌量は人それぞれですが、どんな人でもテカリを防ぐための第一歩は肌質に合った下地を選ぶことからはじまります。

今回は、

  • テカリを防ぐ下地の選び方
  • テカリを抑える下地メイク方法
  • オイリー肌向けのおすすめ化粧下地
  • 乾燥肌向けのおすすめ化粧下地
  • 敏感肌向けのおすすめ化粧下地
  • 混合肌向けのおすすめ化粧下地

をご紹介します。テカリを抑える基本の下地選びは悩んでしまうことも多いと思いますので是非、参考にしてみてください。

テカリを防ぐ下地の選び方

朝からばっちり気合いを入れてメイクをしても時間が経ってしまうとテカリが出てきてメイクが崩れてしまってガッカリ…なんてことは避けたいものです。そんなテカリ防止の為にも重要なのが下地です。自分の肌質に合った下地を使うのはもちろんですが、他にもテカリを抑えるためにおすすめしたい下地をいくつかご紹介していきます。

オイリー肌なら油分が少ない下地を選ぼう

オイリー肌の人はどうしても皮脂の分泌量が多くなってしまうためテカリやすくなってしまいます。オイリー肌の人がテカリを防ぐには油分が少ない物を選ぶのがポイントです。下地に含まれる油分を減らしても毛穴から分泌される皮脂が多いので、皮脂を吸着してくれる成分を配合していることも大切になってきます。

下地に含まれる油分を減らすことと、時間の経過により分泌される皮脂を吸着することによりテカリを防ぐ力が期待できます。

乾燥肌なら伸びが良い下地を選ぼう

オイリー肌だと思っていたら実は乾燥肌だったというケースは少なくありません。これは乾燥のダメージから肌を守ろうとして皮脂を過剰に分泌させるからです。このお肌タイプの場合の下地は保湿力が高く伸びがいい物がおすすめです。下地に含まれる油分も少し多いくらいがベストです。

乾燥具合にもよりますが肌の奥から乾燥してしまうインナードライの場合は下地だけでなく基礎ケアから深層保湿を意識したケアをするといいでしょう。

敏感肌なら肌に優しい下地を選ぼう

敏感肌の人は肌のバリア機能が低いため、わずかな刺激でも過剰に反応してしまいます。下地に含まれる成分は念入りにチェックしましょう。

特に「無添加」と表示されている物なら安心と思ってしまいがちですが、無添加にもいろんな意味があるので敏感肌の方には刺激となってしまう成分が含まれている可能性もあります。敏感肌の人用に作られた基礎ケア化粧品を使い、下地やファンデーションなども敏感肌用の物を使うと安心です。

混合肌なら保湿力が高い下地を選ぼう

混合肌の場合は、下地だけでなく基礎ケア化粧品選びにも頭を悩ませることが多くなります。乾燥とオイリーという異なる性質が混在しているので、自分でもどうしていいかわからなくなってしまい下地選びを間違えがちです。

多少の個人差はあるものの、混合肌の人はTゾーンはオイリーで、その他が乾燥するということが多いです。オイリーの原因が乾燥によるものという可能性もあるため、保湿力が高く皮脂をコントロールする成分を配合した下地を使ってみてください。

テカリを抑える下地メイクの極意

自分の肌質に合ったテカリを抑える下地を選んだのなら、次に大事なのはその下地メイクの方法です。基本はもちろんテカリを防止するための下地メイクのポイントをおさえてメイクすることになります。それでは、実際にテカリを抑える下地メイクの極意をご紹介していきます。

小豆大を手に取り両手を広げて均一に薄く塗る

メイクは厚塗りにするほど崩れやすくなるので、薄づきを意識するといいでしょう。厚塗りをしているとテカリ出したときにメイク崩れが目立ちやすくなるからです。薄づきならメイクが崩れてもさほど目立ちませんしメイク直しも簡単に済みます。

皮脂の分泌を抑えるためには、メイク前の基礎ケアも念入りにしておくのがポイントです。下地を塗るときは直接顔に乗せず、小豆大を1度手に取り両手を使って均一に薄くなじませましょう。

顔の内側から外側へが基本

下地を塗るときは、顔の内側からスタートして、少しずつ顔の外側に広げるようにするとキレイに仕上がります。適当にいろんな方向に塗ってしまうと、ムラができやすくなり仕上がりがキレイに見えません。表情筋に沿って優しくマッサージするようなイメージで塗るのがポイントです。

口角や小鼻周辺、まぶたは軽くたたくように

口角・小鼻周辺・まぶたは皮膚が薄くデリケートな部分です、皮脂の分泌量も少ないため乾燥しやすいので下地を塗るときは丁寧につけることを意識してください。下地を塗るときは塗るというより指先で軽く叩き込むように付けることを意識してみましょう。

均一に仕上げる場合はパフを使って細かく叩き込むのもいいでしょう。皮脂が気になる場合は下地を塗る前に綿棒やティッシュなどで皮脂を取ってから塗ると持ちが良くなります。ちょっと一手間プラスするだけでもテカリを防いでメイクの持ちをよくすることができます。

フェイスラインの境目も要注意

ファンデーションを塗るときは、フェイスラインの境目もしっかりと塗っておかないと顔だけ浮いたように見えてしまいます。しかし、フェイスラインを意識しすぎると、今度は厚塗りになってしまうという別の問題が生じます。

自分では気づきにくいのですが、フェイスラインを厚塗りするとすごく不自然ですし、更にはメイクが崩れたときにフェイスラインの境目がとても目立つので汚く見えてしまいます。フェイスラインの基本は薄づきを意識して自然に仕上げると崩れたときも悪目立ちしません。

オイリー肌に合う化粧下地3選

元々テカリやすいオイリー肌の方は普通の肌の方と比べるとすぐにテカリやすく悩んでいる方も多いのではないでしょうか? ここではテカリやすいオイリー肌の場合のおすすめ下地をご紹介していきます。

プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地 超オイリー肌用

超が付くくらいのオイリー肌だと下地選びに頭を悩ませることも多いと思います。何を使っても皮脂のせいでテカるし、すぐにメイクが崩れてしまう…。その悩みを解決するにはオイリー肌にあった下地を選ぶの基本です。

ソフィーナから販売されている「プリマヴィスタ」には超オイリー肌用というのがあります。皮脂を吸着する成分と、皮脂を固める成分を配合することにより、時間が経っても付けたてのサラサラ肌が持続するのが特徴です。

プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地UV SPF20 PA++

皮脂が原因となるテカリには皮脂を抑える下地が欠かせません。プリマヴィスタの皮脂くずれ防止化粧下地にはヒアルロン酸やカミツレ花エキスといった保湿力の高い成分が配合されています。これらは乾燥による皮脂の過剰分泌を抑える力が期待できるので、皮脂が多く出やすい小鼻もテカリにくいと評判です。

肌を乾燥させる原因となる紫外線対策も欠かせません。下地にSPF20 PA++という日常使いにちょうどいいUVカット力が期待できるのもポイントです。

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地 ライトブルー 30ml

プチプラなのに優秀とテカリに悩んでいる多くの方の間で評判になっている下地です。皮脂吸着パウダーを配合することで、テカリやベタつきを防ぎサラサラの感触が長続きします。皮脂をしっかり抑えてくれるのでメイク崩れも防いでくれて付けたての綺麗さが持続するのは嬉しいところです。

皮脂吸着パウダーは、毛穴の凹凸をカバーも期待できます。光拡散力のある成分との相乗力で肌を美しく見せてくれます。ウォータープルーフ処方で汗に強いのも嬉しいポイントですね。

乾燥肌に合う化粧下地3選

テカリやすいオイリー肌とは逆に乾燥肌で悩んでいる女性も少なくはありません。脂の多いテカテカのお肌にも悩まされますが、乾燥したカサカサのお肌も女性にとっては辛いもの。それでは、そんな乾燥肌にも合う化粧下地はどんなものがあるか見ていきましょう。

プリマヴィスタ カサつき・粉ふき防止下地 SPF15 PA++ 25g

1度使ったら手放せなくなると評判のプリマヴィスタには乾燥肌用の下地もあります。粉がふいたようになってしまうほどの乾燥肌でも、この下地を使えばしっとりとした滑らかなお肌綺麗が持続します。

また、ヒアルロン酸やグリセリンなどの保湿力の高い成分が配合されているので付けたてのしっとり感が続き、夕方までカバーしてくれます。下地なのに美容液のようだと口コミでも高評価の人気商品だから試してみる価値はあります。

ナチュラグラッセ メイクアップクリーム30g 化粧下地

下地にファンデーションの機能を持たせているので、これ1つでベースメイクが完了するオールインワンクリームです。天然由来の肌に優しいオイルをたっぷりと配合しているので、しっとりと肌に吸い付くようなテクスチャーが特徴的です。

さらにこれ1つで日焼け止め(SPF44 PA+++)、保湿美容液、ブルーライトカットも含まれているので、あれこれ塗らずに済むのも嬉しいところです。忙しい朝も時短になって丁寧にメイクできますね。

舞妓はん 化粧下地 01 桜色(ピンクベージュ) 25g

皮脂や汗に強い撥水&撥油処方によりメイク崩れを防いでくれます。乾燥対策として、椿油や大豆イソフラボンを始めとする保湿力の高い6種の美容液成分を配合しているので、乾燥が気になる肌でもしっとり感が持続するのを感じられると思います。。

皮脂を抑えるだけでなく、毛穴隠しや肌色補正、透明感アップなど、1本で7つの機能を兼ね備えたマルチな下地です。ピンクベージュは、くすみをカバーして血色をよく見せてくれる力も期待できるのでさらにおすすめです。

敏感肌に合う化粧下地3選

肌が弱かったり、すぐに荒れてしまったりする敏感肌に悩んでいる方も多いです。敏感肌だとメイクにも相性があり、メイク次第では肌荒れの原因に繋がってしまう事もあります。そうならないためにも敏感肌に合った下地を選ぶようにしましょう。

キャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェール30g

敏感肌の人は、ちょっとした刺激でも肌へのダメージが大きくなります。元々肌のバリア機能も低いので肌に負担をかけない下地を選ぶのが大切です。乾燥の原因となる紫外線をブロックすることも大切です。SPF45 PA++++なら紫外線が強い季節でも安心です。

界面活性剤や紫外線吸着剤、パラベンや鉱物油、エタノールなど敏感肌の人にとって負担が大きくなりがちな成分は使わず、低刺激な無添加処方にこだわっています。手に取ったときはクリームのようですが、顔に乗せると乳液や化粧水のように変化するテクスチャーも特徴的です。

La Roche-Posay(ラロッシュポゼ) 【日やけ止め・化粧下地】

アジア人の敏感肌のために開発された低刺激設計の下地と日焼け止めを兼ねたクリームです。有害な紫外線の他、大気中に含まれるPM2.5などの有害物質から敏感肌を守ってくれるプロテクションも期待できるので敏感肌でも安心です。

さらに日焼け止めとしては最高値となる、SPF50+・PA++++もポイントです。ロングUVAもブロックしてくれるのも嬉しいところですね。さらにエイジングケア成分も配合しているので、年齢肌が気になり始めた敏感肌の人にも特におすすめです。

ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN 日焼け止め下地

紫外線だけでなくブルーライトや近赤外線も肌に負担をかけます。一般的な日焼け止めではブロックしにくい、ブルーライトや近赤外線もブロックしてくれる力が期待できるのは安心感があります。

化粧下地としても使えるので日常使いにもぴったりです。SPF50+ PA+++とかなり高い数値なので紫外線からのお肌への負担もしっかり軽減してくれます。メイクしながらスキンケアもでき、オフするときは石鹸だけでOK、敏感肌の人にとってはうってつけの優しい下地です。

混合肌に合う化粧下地3選

部分によってはカサカサに乾燥したり、テカテカに脂っぽい肌であったりと、少し厄介になりがちな混合肌。お肌のケアもメイクもぞれぞれの部分に気をつかうので大変…という方も多いです。次はそんな厄介な混合肌にも適した下地のおすすめをご紹介していきます。

キャンメイク スムーススキンプライマーN ナチュラル 16g

プチプラなのにスグレモノとしてとても人気がある下地です。塗った瞬間から毛穴や小ジワをカバーしてサラサラの手触りになります。
テクスチャーも柔らかく伸びがいいので薄づきも簡単です。

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース

13時間という長い時間でも綺麗な肌を持続できると評判の下地です。テカリやメイク崩れ、メイクのよれや毛穴落ち防止のデータも大変高いと注目が集まっています。長時間くずれない秘密は肌の水分バランスと皮脂をコントロールすると言われるセンサー力によるものだそうです。

多少の個人差はあっても長時間付けたてをキープできるのは魅力と言っていいでしょう。SPF25・PA+++だからオールシーズン使えます。

キス マットシフォンUVホワイトニングベースN02 ナチュラル 37g

マットな質感に仕上げたいときにおすすめです。美白力も期待できて毛穴の凹凸もカバーしてくれます。
テカリが気になる人も皮脂を吸着する力のある成分によってテカリを防止しサラサラ肌を実感できるでしょう。

まとめ

化粧下地の選び方によってメイクの持ちは大きく変わってきます。下地選びを間違えるとテカリの原因となりメイク崩れも起こしやすくなります。
テカリが気になる方は肌質に合わせて下地を選ぶことも大切ですが基礎ケアの見直しと下地を塗る前の一手間もプラスしてみてください。