マツエクのやり方・種類を紹介!バリエーションを知ってアイデザインを楽しもう

マツエクには色々な種類があり、つけるマツエクの種類によって目の印象は大きく変わるでしょう。

正しいマツエクの付け方を知って、よりきれいなマツエクに仕上がるようにしたいものです。

この記事では、マツエクの基本的な付け方や種類を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

マツエクの基本的な付け方とは

まずは、マツエクの基本的な付け方を詳しく説明していきます。施術する美容室によって細かい作業は異なりますが、大まかな流れは覚えておきましょう。

保護テープを貼る

上下のまつ毛がくっつくのを防ぐために、下まつ毛の上に保護テープを貼ります。長いマツエクをつける場合や、目と眉毛の間が狭い人の場合には、念のために眉毛にも保護テープを貼ることがあります。

自まつ毛の汚れをオフし、コーミングで整える

綿棒2本で自まつ毛を優しく挟んで、丁寧に汚れを落とした後にコームできれいにとかして整えておきます

グルーをつけたマツエクを自まつ毛につけていく

グルーをつけたマツエクを、自まつ毛に1本1本丁寧につけていきます。目頭と目じりに交互に付けていく事が多いでしょう。

理想のデザインになるまで作業を繰り返す

自分の理想のデザインのまつ毛になるまで、マツエクをつけていったら完成です。

ヘア&メイクアップアーティスト・megさん
マツエク中は目が開けられないので、自分は今どんな施術受けているのか知りたい、気になるという人は多いはず。上記はサロンで行われるマツエクの施術の基本的な流れです。サロンによって少しずつ変わってくることもあります。
また、近年セルフでもマツエクができるような情報や施術キットの販売が増えていますが、マツエクは基本的に美容師免許を取得した資格を持っている人だけが可能な施術です。
セルフで行うと思わぬトラブルの原因となってしまうためおすすめできません。マツエクをしたいなら、必ずサロンでお願いするようにしましょうね。

マツエクの種類にはどんなものがある?

マツエクの種類にどのような違いがあるのか見ていきます。どのようなマツエクが自分には似合うのか、ぜひ考えてみましょう。

カールの違い

マツエクには色々なカールの種類があります。少しだけカールさせたものや、角度を大きく付けてくるんとさせたカールのもの、さらにはカールがほとんどないものもあります。

カールが大きくてくるんとしたものの方が、よりガーリーで可愛らしい仕上がりになるでしょう。

太さの違い

マツエクの毛の太さも様々です。細い毛や自然な太さの毛、極太の毛まで、何段階もの太さの違いがあります。細いまつげの方がより自然で繊細な印象に仕上がり、太い毛であれば、よりくっきりとした濃いアイメイクに適しています。

自分の好みや普段のメイクの濃さで、マツエクの毛の太さを選ぶといいでしょう。

長さの違い

マツエクの長さも、太さと同様に何段階もの違いがあります。より自分のまつ毛となじませたいなら短いマツエクを選び、長くはっきりとしたまつ毛にしたいなら長いタイプのマツエクを選びましょう。

毛の種類の違い

マツエクには毛の種類にもいくつか違いがあります。代表的なもので、シルク・ミンク・セーブルなどがありますが、毛質によって仕上がりの雰囲気や金額もかなり異なってくるので、しっかりアイリストさんと相談するようにしましょう。

カラーの違い

マツエクのカラーも様々です。マスカラ同様、黒や茶系が多いですが、ブルーやピンクなどといった明るいカラーもたくさんあります。

しかしマツエクはマスカラと違って、基本的にはしばらく付けているものなので、明るいカラーのものを付けたい場合はじっくりと考えてから決めるようにしましょう。部分的に数本だけ付けるという方法もあります。

ヘア&メイクアップアーティスト・megさん
マツエクには色々種類があるので、初めてマツエクをしたいという方には何が何だかわからない…なんてことも少なくありません。カール感や太さ、長さに加え、つける本数や付け方でデザインは無限大!
とはいえ、自分がどんな目元になりたいのかイメージがわかないとサロンへ行きづらいかもしれません。以下からはなりたいイメージ別におすすめのマツエクのデザインをご紹介していきます。」

バレない自然なマツエクの付け方

できればマツエクをしていることがバレたくないと思うことありますよね。誰しもがすっぴんで可愛い目元だと思われたいもの。ここでは、バレない自然なマツエクの付け方を紹介していきます。

Iカールなら自まつ毛に近いナチュラルさ

Iカールは毛先がゆるくカールされたものなので、ほとんど自まつ毛に近いような自然な仕上がりになります。さらに太さも細めの物にすると、よりバレにくいマツエクになるでしょう。

60〜80本なら自然に目力UP

60本~80本くらいのマツエクなら、日本人女性の一般的な目の大きさからしてちょうどいい量です。少なすぎず多すぎない、自然に目力UPができる量なので、バレにくいマツエクになるでしょう。

ナチュラルだけどキュートさのあるマツエクの付け方

あくまでも自然な仕上がりにしたいけど、さらにキュートさも出したいときにおすすめのマツエクの付け方を紹介します。

Jカールならぱっちり目が叶う

Iカールよりも少しカールの強いJカールなら、自然な仕上がりを保ちつつ、目をぱっちり見せることができるのでおすすめ。正面から見てもまつげが少し上にカールしているのがわかるため、キュートな印象の目元になるでしょう。

黒目の上にボリューム感を足すことで丸みのある瞳に

黒目の上に重点的にマツエクを付けてボリュームを出す事で、ふんわり丸みのある瞳を演出できます。さらに黒目が大きく見える効果も期待できるため、クリッとし大きな瞳のようでさらにキュートさが増すでしょう。

奥二重さんにもおすすめなセクシーなマツエクの付け方

腫れぼったく見える奥二重の人でも、マツエクの付け方によって、セクシーで綺麗な目元にすることも可能です。ではどのような付け方がいいのか、詳しく見ていきましょう。

目尻側に向かって長さを出すことで印象的な瞳に

目じりに向かって長さを出すようにマツエクを付けていけば、切れ長で妖艶な印象の目元になれます。瞬きするたびに目じりのマツエクが強調され、より印象的なまつ毛になれるでしょう。

目尻のみにカラーエクステを入れるのもおすすめ

目じりのみにカラーエクステを入れるのも個性があっておしゃれです。その際には、カラーエクステの色に合わせてアイシャドウやチークの色もコーディネートしましょう。

そうすることでまつ毛の色だけ浮いてしまうこともなく、バランスのとれた綺麗なメイクに仕上がります。奥二重で目元がパッチリしない人にもおすすめです。

華やかでゴージャスな印象のマツエクの付け方

せっかくマツエクをするのだから、より華やかでゴージャスな目元に仕上げたい!と言う人におすすめのマツエクの付け方を紹介していきます。

CカールやDカールでインパクトのある目元に

カールの角度がしっかりついた、CカールやDカールのマツエクをつければ、よりインパクトのある目元になれるでしょう。くるんとしたまつ毛が目元を強く印象付けてくれるので、イベントメイクにもぴったりです。

下まつ毛にもマツエクすることでより華やかさがUP

上のまつ毛だけでなく、下まつ毛にもマツエクすることで、目がくっきりと濃い印象になり、より華やかでゴージャスな目元になれます。

しかし、あまり下まつ毛にマツエクしすぎるとキツい印象の目元になってしまうので、少しずつ慎重に付けるようにしましょう。

ヘア&メイクアップアーティスト・megさん
上記でご紹介したものは、ほんの一部分。実際には自分自身の目の形やまつげの状態によって変わってくることが考えられます。担当アイリストさんに、なりたいイメージをよく相談してあなただけのアイデザインを完成させてくださいね。 

まとめ

マツエクの種類や付け方を知って、ますますマツエクで目元を彩ってみたくなりましたね。自分のなりたいまつ毛のイメージでしっかりとマツエクを選び、付け方の理想もきちんと伝えられるようにしておきましょう。