マツエクのコーティング剤は必要?おすすめのコーティング剤とは!?

マツエクを行った後にコーティング剤の塗布が必要不可欠です。そんなコーティング剤の効果について詳しく紹介しています。出来るだけたくさんのコーティング剤についての知識を身につけるためにも、マツエクについて正しい情報を学んでいきましょう。

マツエクコーティング剤の必要性


マツエクを行ってから、その後少しでも長持ちさせるにはどうすればいいのでしょうか。マツエクを行った後のメンテナンス次第では長持ちさせることが出来ます。マツエクを長持ちさせるためには、コーティングすれば効果が持続して長い期間マツエクをそのままの状態でつけていることが出来ます。

コーティングをすることで何が変わるのか詳しく見ていきます。マツエクを行っていると汗や皮膚の油分などによって剥がれやすくなります。その剥がれ防止をするのにコーティング剤を利用することで長持ちさせることが出来ます。

衝撃に強くなる

マツエクを剥がれにくくするには、コーティング剤を塗ることで粘着性を強めてくれて周りの刺激に影響しにくくなります。その代表的なものがマツエクで強い衝撃があったときに剥がれやすくなってしまいます。そうならないようにするためには、コーティング剤を塗ることが最善策ではないでしょうか。運動をしていて衝撃を受け続けていくとマツエクにコーティング剤を塗っていないと剥がれやすく、同じように運動をしていてもコーティング剤を塗っていなければ剥がれにくくなります。そんなコーティング剤を使ってから衝撃に耐えられるようなマツエクを付け続けられるようにしていきましょう。

汗や油分から守り、持ちが良くなる


マツエクは汗などの水分や皮脂などの油などにさらされると外れやすく、ちょっとした衝撃で外れてしまいます。マツエクにコーティング剤を塗ることで接着部分をコーティング剤で包み込んでくれてから、汗や水分からマツエクを保護してくれます。それだけではなく、マツエクと接着剤の間の補強作用もコーティング剤にはあります。

バラつきが整えられる

コーティング剤を塗るだけではむらが出来てしまいます。むらが出来たときにコーティング剤を塗ることで無くすことも出来ます。コーティング剤は保護するだけではなくマツエクを付けた後のむらを無くすことが出来ます。ブラシタイプのコーティング剤と筆タイプのコーティング剤というものがあり、筆タイプのコーティング剤の場合は細かい部分も塗ることが出来るためむらを伸ばしてくれます。

コーティング剤の塗り方・順番


マツエクを付けたときには出来るだけ長持ちさせるには、コーティング剤でコーティングする必要があります。その中でコーティングの塗り方や順番が重要になります。コーティングする前に、まつ毛の汚れや皮脂などを取り除いてからコーティングする必要があります。その後、コーティングのやり方や順番も重要になります。正しいコーティングを行うことでマツエクを長持ちさせることが出来ます。コーティング方法などについて詳しく紹介します。

まつ毛の汚れを落とす

コーティング剤をコーティングするときには、まずは事前準備をする必要があります。コーティングする前に、洗顔してからまつ毛の汚れや皮脂等をしっかりと落としておく必要があります。洗顔するときの洗顔剤にはノンオイルを使うようにします。オイル系の洗顔剤を使ってしまうと、折角付けたマツエクが剥がれてしまう可能性があります。そうならないようにするためには、ノンオイル系の洗顔剤を使って洗うようにします。

まつ毛の流れに沿ってコーミングする


まつ毛のコーティングを行うときに正しい塗り方というものがあります。塗り方次第で
コーティングがきれいに出来ます。髪の毛にも癖があるようにまつ毛にも癖があります。まつ毛にも毛の流れがあり毛の流れにあわせたコーティングをすることでコーティング効果が発揮されます。まつ毛の毛の流れをまずは見極めてから塗っていくようにします。

表側と裏側から塗る

マツエクを行った後にコーティングをするときには、表と裏の両面からコーティングを行います。どちらからもコーティングをするときには必要不可欠なもので、コーティングをするときには、まずは表面のコーティングを行います。表を行って後に裏面のコーティングを行います。一度コーティングをすることで2週間程度持ちます。

もう一度コーミングする

マツエクのコーティングは表と裏の両面からコーティングするのが一番で、1回だけのコーティングをするだけでも充分ですが、コーティングは2回することでより効果が発揮できます。1回よりも2回コーティングすることで、水や油脂から保護する効果が2倍あります。出来るだけマツエクを長持ちさせたいのであれば、2回のコーティングがベストな選択ではないでしょうか。

口コミで人気のマツエク用コーティング剤


マツエクを少しでも長持ちさせるには何が一番大切なのかは、コーティング剤を使ってから保護することで出来るだけ長期間マツエクの寿命を延ばすことが出来ます。そのためのコーティング剤の中で、人気があり効果があがるものを4つほど紹介します。紹介しているコーティング剤はベストなものをそろえているので、どれかを使うことでマツエクを長持ちさせてみてはどうでしょうか。

【BEAUTE Rroir】 EYEBROW&EYELASHES ESSENCE 10ml 美容液 エッセンス ブラシタイプ

【BEAUTE Rroir】 EYEBROW&EYELASHES ESSENCE 10ml 美容液 エッセンス ブラシタイプ
BEAUTE Rroir】 EYEBROW&EYELASHES ESSENCE 10mlは、ブラシタイプのコーティング剤となっていてブラシタイプの中では人気のおすすめコーティング剤です。ハードタイプのコ-ティング剤で、マツエクを付けていてもコーティングは問題なく出来ます。ブラシタイプの場合は、コ-ティングしやすくなっていて、初めてコーティングする人でも充分使えます。

【まつげエクステ】ファンキーアイ(Funky eye)エクステ/マスカラコーティング保護剤

【まつげエクステ】ファンキーアイ(Funky eye)エクステ/マスカラコーティング保護剤
【まつげエクステ】ファンキーアイ(Funky eye)エクステ/マスカラコーティング保護剤は、マツエク専用のコーティング剤で、女性に人気の商品となっています。とにかく水から保護するコーティング剤です。洗顔をした後もきれいに保護されていて洗顔のときに剥がれることを気にする必要もない保護力を持っています。【まつげエクステ】ファンキーアイ(Funky eye)エクステ/マスカラコーティング保護剤は、同時にシルクエキスを配合しているマツエク保護剤となります。

Beauty Rroir・まつげエクステ コーティング剤【マスカラブラシタイプ】

Beauty Rroir・まつげエクステ コーティング剤【マスカラブラシタイプ】
Beauty Rroir・まつげエクステ コーティング剤をマツエクとグルーの接着部分にコーティングするだけでマツエクの持ちをよくしてくれます。他にもコラーゲンなどの成分を多く含んでいるため、自まつ毛の保護にも好影響を与えてくれます。自まつ毛の保護とマツエクの両方を保護してくれる人気のコーティング剤ではないでしょうか。

マイサロン マツエクコートダブル

マイサロン マツエクコートダブル
マイサロン マツエクコートダブルは名前の通り、マツエクの寿命を2倍持たせることが出来るコーティング剤です。コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分も多く含んでいるため、自まつ毛のケアできるようになっています。フロッキーチップを採用していて接着面を傷つけないで1本ずつきれいにコーティングしてくれる優れものです。無着色・無香料で無鉱物油の無添加処方となっているので、肌が弱い人でも安心して使うことが出来ます。

まとめ

マツエクを行ってから少しでも長い期間持たせたい場合には、コーティングを行うと実現できることがわかりました。そんなコーティング剤についてどんな効果があってどのようなことに注意していればいいのかを知ることができます。今からマツエクを行いたい人には、ぜひ読んでもらいたいコーティング剤について学んでみましょう。マツエクを行うときには、コーティング剤を使ってできるだけマツエク自体の寿命も長く持たせてみてはどうでしょうか。