瞑想とは?瞑想をすることの効果は何?簡単にできるやり方を知ろう!

普段縁がない瞑想ですが、心に不安を抱えていたりする場合、瞑想することで問題が解決できる場合があります。瞑想をすることでどんな効果があるのかを詳しく紹介しているので参考にされてみてはどうでしょうか。

今、心身のどちらかに不安を抱えている人におすすめの瞑想に関する知識とやり方について知ることが出来ます。

瞑想をする効果

瞑想とはいったいどういうものなのでしょうか。瞑想とは心を落ち着かせて無になると言うのものです。普段生活をしていると瞑想する機会がほとんどありませんし、誰も瞑想をしようという人はほとんどいません。では瞑想をする意味というのはあるのでしょうか。

瞑想をすることでどんな効果があるのでしょうか。瞑想は心を落ち着かせることで心身共に安定させることが重要で、心を落ち着かせることで実際にどんな効果があるのかを見ていきます、瞑想の効果として心が落ち着く・ストレスの解消・思考力のアップなどが考えられます。瞑想することで、それぞれの効果について考えて見ます。

心が落ち着く

瞑想することで心が落ち着くようになります。それは、瞑想という行動がもたらすのは精神安定をすることで心が落ち着いてから集中力なども高めることが出来ます。心が落ち着かないときには瞑想をすることで落ち着くことがあります。まずは何も考えないで無の状態にすることで心に安定感をもたらすことが出来ます。瞑想は心を無の状態にすることが重要で、無の状態に出来るだけ近づけるのが瞑想です。

そうすることが心の安定をもたらしてくれて次の行動を落ち着いて冷静に行うことが出来ます。毎日瞑想する時間を作れば集中力が高まり心が落ち着きます。1日数分間の瞑想だけで普段とは違う心の落ち着きをもたらしてくれます。毎日瞑想を繰り返して行うことが心を落ち着かせる源になります。

ストレスが解消される

健康は身体だけではなく心も休めることが出来れば健康的な精神を持つことが出来ます。身体だけではなく心の健康を保つには瞑想をすることが、普段いろんな悩みやストレスから解消することが出来ます。特に常に悩んでいたり心に何か問題点がある場合に瞑想をすることで大きく変化することが出来ます。それが出来るのが瞑想ではないでしょうか。

瞑想とは1つではなく様々な瞑想の種類があります。普段生活をしていると誰もがストレスを感じていてそのために仕事や勉強などに集中できなくて十分な地価を発揮できない人がたくさんいます。そんなストレスを解消するのに最適なのが瞑想することです。

瞑想の中でもストレスの解消に適しているのがノンディレクティブ瞑想というものです。心のリフレッシュをすることが出来るのが瞑想であり、目を閉じて何も考えないでゆっくりと呼吸をするだけで効果は現れます。数分間瞑想するだけで全く違う精神状態となり、仕事やその他の作業をスムーズに行うことが出来ます。この心を安定させることが瞑想の一番のメリットです。

思考力がアップする

瞑想することで他にも効果が現れるのが思考力のアップです。いろんなストレスを抱えていたり他のことを考えていると今やらなければいけないことに対して集中力が欠けてしまいます。そんなときに瞑想することで何も考えない時間を少しでも持てれば目を開けた後に今からやるべきことに集中することが出来ます。

集中できるということは思考力を高めることが出来ます。そうすることで思考力を格段にアップできて、その結果が変わってきます。勉強する前に瞑想すると効果的ではないでしょうか。瞑想をしても何の効果もないと思わないことが重要で、瞑想をすることで精神を落ち着かせてから少しでも心にゆとりを持たせることが重要です。瞑想後の思考力は格段にアップしてから今までとは全く違う思考力が発揮されます。

瞑想の種類

一言に瞑想と言ってもいろんな種類の瞑想があります。瞑想に種類があることを知らない人が多いのではないでしょうか。そんな瞑想には種類があって瞑想のやり方も違ってきます。それでは瞑想にはどんな種類があってどのようなことをするのかを見ていきましょう。瞑想の種類にはマインドフルネス・慈悲の瞑想・ヴィパッサナー瞑想・サマタ瞑想というものが代表的なものです。実際に各種瞑想の毎に詳しく解説していきます。瞑想の種類と特長を理解することで、自分に合った瞑想法を知ることが出来ます。

マインドフルネス

マインドフルネスという瞑想がありますが、この瞑想には5つの効果があります。マインドフルネスの意味を見てみましょう。マインド=心、フル=全部という意味があり心を全部満たしてくれる瞑想ということになります。マインドフルネスを行う事でわかる効果には、高血圧の改善・血糖値やコレストロールの上昇を抑える・ヒーリング効果がある・大脳皮質の発達を促すなど多くの効果が発揮されます。

マインドフルネスはこの5つのことに対して大きな効果を発揮してくれます。瞑想とは関係がなさそうなことばかりですが、実際に精神を安定させることでこれら5つの大きな効果が上がります。マインドフルネスの効果をより高めるには瞑想にヨガをプラスすることでより効果が上がります。マインドフルネスにより精神面だけではなく肉体的な症状も改善することが出来ます。そんな肉体的な症状を持っている人がこのマインドフルネス瞑想をすることで改善されることでしょう。

慈悲の瞑想

慈悲の瞑想とはいったいどんなことなのでしょうか。慈悲の瞑想とは慈しみを実践するために一番効果的なのが慈悲の瞑想ではないでしょうか。慈悲の瞑想とはやさしい心を持つために行う瞑想で人間が本来あるべき姿の心を正してくれるのが慈悲の瞑想だということではないでしょうか。慈悲の瞑想は仏教の教えにも近いものがあり、出来るだけ周りに対する優しい心を持つために瞑想で、日本的な瞑想でしょう。

慈悲の瞑想を行う事で意外にも考え方から変わってきます。ポジティブ志向の考え方をもてるようになり、この考え方は仕事をする上で非常に重要な心の部分となります。仕事に対して積極的になれて、チャレンジ精神も沸いてきます。積極的な姿勢が取れるということは仕事だけではなく全ての面で重要な事です。メンタル面の強化が出来るということは、いろんな苦難に対応できる心が持てるということになります。

ヴィパッサナー瞑想

ヴィパッサナー瞑想とはいったいどういう瞑想なのでしょうか。あまり聞きなれない言葉ですが、日本ヴィパッサナー協会というものがあり、苦悩を根絶するための実践法で、人生において直面した困難や問題に対して冷静に判断できるようにすることが出来る瞑想となります。あれば再考の心の共になるヴィパッサナー瞑想ではないでしょうか。

自身の心を落ち着かせて正常な判断がしやすく出来る瞑想がヴィパッサナー瞑想ということになります。究極の心の状態を目指して行う事で、極限状態のときでも精神を安定させて落ち着いた行動を取ることが出来るようにするのがヴィパッサナー瞑想になります。人間が求める究極の心を持つことが出来るのではないでしょうか。

サマタ瞑想

サマタ瞑想瞑想とはいったいどういうものなのでしょうか。サマタ瞑想瞑想をすることでどんな効果があるのかを見ていくとサマタ瞑想のすごさが理解できるのではないでしょうか。サマタ瞑想を行う事で、心が落ち着く・ストレスの軽減・記憶力を高める・幸福感を得る・人に対して優しくなる・不安や恐怖感がなくなる。免疫力を高めるなど精神面と肉体的効果の両方があります。いろんな瞑想の中でも万能型瞑想なのがサマタ瞑想ではないでしょうか。

瞑想のやり方

精神的・肉体的な安定をもたらしてくれるのが瞑想ですが、実際に迷走をするということは何をすればいいのでしょうか。具体的な迷走のやり方を見ていきます。瞑想のやり方というものがあり、正しい瞑想をすることで初めて効果が現れるものです。そこで、正しい迷走のやり方を詳しく紹介していきます。ただ瞑想の真似事をするのではなく、正しい瞑想をすることで精神と肉体の両方を開放して安定した精神と肉体の維持が出来ます。瞑想をするときの姿勢を作るところから呼吸法まで詳しく紹介しています。

姿勢を作る

瞑想には瞑想に向いた姿勢というものがあり、まずは姿勢を作るところから始めます。迷走に適した基本的な姿勢と言えば、座禅をするときと似たような姿勢を作ります。まずはあぐらをかいてから座ります。座ったあとに頭を前に傾けてから目を閉じます。下を上あごに付けてから手の平を重ねて親指を合わせます。これで瞑想の姿勢の準備が完了したので後は呼吸法をうまく出来るように準備するだけです。

ゆっくり呼吸をする

瞑想の姿勢の準備が完了したら次にやるべきことは呼吸法です。瞑想するときに一番重要なのが呼吸法となります。正しい呼吸法をすることで瞑想の効果を最大限い上げることが出来ます。瞑想の呼吸方法としては腹式呼吸を行います。通常時の胸式呼吸ではなく腹式呼吸を行うのが瞑想の呼吸法となります。名掃除の呼吸は吸うときも吐く時も鼻から息をしますが、あわてずにゆっくりと呼吸をするのが基本となります。ゆっくりと呼吸することでリラックスしてから体を休めることが重要です。

マントラを唱える

マントラを唱えることで心を安定させることが出来ます。マントラの反復調唱がジャパと言ってマントラはジャパと結びついています。マントラを唱えることで自分の波動というものが高くなっていき、まわりも含めて大きく変わっていきます。効果的なオームの唱え方とは、オームのムの音は唱えないようにします。オームを唱えるときにはムを唱えないでオーという音だけを唱えるようにします。

そしてオーと唱えるとき大きな声ではっきりと発声する必要はありません。オーという声を発声するというよりは息を出すということに意味があり、無理に発声して息切れを起こしてしまうのであれば無理に発声する必要はありません。

整体の事が良く分かるおすすめ本

瞑想に関する販売されている本やCDなどがたくさんあります。その中でも、実際に瞑想をするときにどうやるべきか名度について詳しく書かれていたり、CDとして収録されていたりといろんな形で瞑想をすることを実践できるものがたくさんあります。今回はその中でも4つのおすすめの本やCDを紹介します。

聴きながら眠るだけで7つのチャクラが開くCDブック

聴きながら眠るだけで7つのチャクラが開くCDブック

聴きながら眠るだけで7つのチャクラが開くCDブックは寝ながら聞くだけで不眠、冷え性・肩こり・ストレス・うつ・いらいらなど様々な肉体的・精神的な苦痛を和らげる効果があります。値ながら7つのチャクラを聞けるCDブックになっています。全67分35秒のチャクラCDとなっていて瞑想するときに使うと非常に便利なCDブックになっています。

Insight CD Tranquil Ocean Waves (インサイトCD~波音バージョン)

Insight CD Tranquil Ocean Waves (インサイトCD~波音バージョン)

nsight CD Tranquil Ocean Wavesは並の音を聴くことで集中力をアップさせてくれて左右の音が若干違うのですが、この2つの音を1つに調和して聞くことが出来ます。可聴領域外にいくつものバイブレーションが入っています。聴き方に特長があり、最初の数日間はトック1のみを聴きます。それから次のステップに入ります。

内なるガイドにつながる:Connecting with Your Inner Guides(日本語)[ヘミシンク]

内なるガイドにつながる:Connecting with Your Inner Guides(日本語)[ヘミシンク]

内なるガイドにつながる:Connecting with Your Inner Guidesへミシンクを行ううえで重要なメンタルツールになっています。リーストーンによって作られたもので、神経言語プログラミング心理療法(NLP)プロセスの国家資格を持っています。催眠療法師として認可されています。リーストーンは領域を超えた研究を長年続けていてその成果として「内なるガイドにつながる:Connecting with Your Inner Guides」を販売しています。価格もリーズナブルで手に入れやすい価格設定になっています。

ディープリラクゼーション ヨガニドラー(ヨガニードラ) 寝たまんまヨガで簡単瞑想

ディープリラクゼーション ヨガニドラー(ヨガニードラ) 寝たまんまヨガで簡単瞑想

ディープリラクゼーション ヨガニドラー(ヨガニードラ) 寝たまんまヨガで簡単瞑想は普段充分な睡眠が取れない人に気持ちよく熟睡出来るようになるためのものです。毎日快眠できることでリラックスした生活を送れるようになります。

まとめ

瞑想をすることでどのような効果があり、たくさんの瞑想方法があるのでその種類とやり方を詳しく紹介しています。実際に瞑想をしたときにどんな効果があるのかがはっきりとわかります。瞑想をするときの呼吸法や準備などについて詳しく解説しているので、普段ストレス・いらいらなど心身に不安を抱えている人が利用すると安定した生活を送ることが出来るので、一度読んでみると勉強になります。