マニキュアに気泡が入る原因は?|塗り方と対処法

お気に入りのカラーでネイルをしても、塗ったあとに気泡を見つけたらがっかりしてしまいます。

塗るときは気泡がなかったのに、なぜ後から気泡になるのか?せっかく塗ったネイルにプツっとなってがっかりしないように、その原因と対策を紹介します。

マニキュアを塗るときに気泡が入る原因と対策

マニキュアを塗るときは何の問題もなく、キレイにムラなく塗れたはずなのに、時間が経ち気付くとプツプツの気泡で穴があいたみたいになってしまった!穴は空いていないけど明らかに分かる丸い気泡のプツプツがある!という経験はありませんか?これはカラーに関係なく、マニキュアの扱い方や保管状態、テクスチャーの違いなどが原因となります。

マニキュアの気泡はすぐに気づかないことが多く、後になってから気づくことが多いです。運良く気泡が模様のように見えるならいいのですが、大抵はちょっと汚く見えてしまいます。なぜ気泡が入ってしまうのか?気泡が入らないようにするにはどうしたらいいかを知っておけば、後悔せずに済みます。

爪の表面に凸凹がある

爪の表面は、なめらかに見えても目に見えない凹凸があることもあります。凹凸ができるのもいくつかの原因がありますが、そのまま塗ると気泡の原因になりやすいです。原因は爪の乾燥や、ネイルを落とすとき除光液で爪が傷んでしまう、除光液を使わずネイルを爪ではがしてしまうと爪が荒れます。

マニキュア瓶を振って使っている

ラメやパール入りのマニキュアは、置いておくとラメやパールが下に沈むので塗る前にマニキュアのボトルを振ったり筆で中をかき回したりしようとします。ボトルには攪拌玉が入っているので、強く振ったり筆でかき回したりしなくても、ボトルを優しく傾けるか回転させるだけでも十分混ざります。

強く振ればマニキュア液の中に空気が入りそれが気泡になります。筆でかき回そうとするとその時筆に空気が入り、それを知らずに塗るので後から気泡となって現れるのです。マニキュアの瓶は強く振ったりかき回したりしないようにしましょう。

ドロドロのマニキュアを使っている

マニキュアは空気に触れることで固まるので、塗った後は自然乾燥させます。マニキュアの性質状ボトルに入っている場合でも、きちんとキャップをしていないとか、ベースコートやトップコートを塗っているとき、シールやラインストーンをつけようとしているときに、マニキュアのキャップをきちんと閉めておかないと空気に触れるので完全には固まりませんが、ドロドロになってしまいます。

マニキュアのテクスチャーはメーカやカラーでの違いもありますが、本来サラっとしています。ドロドロになっているということは、空気に触れる時間が多いのが原因となります。ドロドロだと上手く攪拌できませんし、塗るときも粘度が高いので上手くぬれず気泡の原因となってしまいます。ドロドロになったら処分するか、うすめ液を使いサラっとさせれば気泡が入らずキレイに塗れるようになります。

気泡が入らないようにする塗り方

気泡が入る原因がわかれば、それを解消することでマニキュアを塗るとき気泡が入らずに済みます。手軽にできる気泡が入らないようにする塗り方を紹介します。

冷水で爪を冷やしておく

ネイルは温度差に弱いので、冷たいネイルを温かい爪にするのも気泡の原因となることが多いです。温度差が原因なら爪とネイルの温度差を減らすしかありません。夏はネイルを冷蔵庫に入れておくのもいい方法ですが、体温が高いと温度差が大きくなってしまいます。

こういう場合は、爪や手を冷やしてからマニキュアを塗れば温度差が出来にくいので気泡も出来にくくなります。指を冷やせば自然に爪も冷えるので、マニキュアを塗った後保冷剤などに手を乗せていてもいいでしょう。マニキュアと爪の温度差をなくすと気泡の原因を防げます。

ベースコートを使う

爪の表面に目に見えない凹凸があるのも気泡の原因となってしまいます。これを防ぐためにはベースコートを塗るのもおすすめです。ベースコートは爪の表面をなめらかにしてマニキュアのノリをよくする効果が期待できます。表面が滑らかなら気泡もできにくいですし、ベースコートは爪を保護する役目もあるので、必ず使うようにしてください。

薄く重ねていくように塗る

マニキュアを1度で塗ろうと筆にたっぷりのマニキュア液をつけ、そのまま塗ると気泡が入りやすくなります。マニキュアは基本的に薄く塗るのが基本です。カラーによっては1度塗りでは村ができてしまうこともありますが、2度塗りか3度塗りをすればムラなくキレイに仕上がります。1度で塗ろうと欲張らず、薄く重ねていくようにしましょう。

気泡ができてしまった時の対処方法

ネイルを塗っているときに気泡を発見することもあります。すぐに対処すれば凸凹になったり、穴があいたようにならずに済みます。知っておくと便利な、気泡への対処法を紹介します。

乾かないうちに気泡をネイルの先に押し出す

マニキュアは空気に触れると固まり始めますが、塗ってすぐならまだ固まっていないので修正が可能です。塗っているときに気泡をみつけたら、筆で押し出すようにしてみてください。あまり強く押すとムラになるので、筆で優しく気泡を押し出すイメージです。

ラメ、ストーン、アートシールで気泡が目立たないようにする

気泡に気づいたとき、すでにマニキュアが固まりかけている場合は、筆で触ると筋が入ってしまい修正できなくなります。こういうときは下手に触らず、上からラメを重ねるか、気泡のところにラインストーンを置くか、シールで気泡を隠すことで対処できます。気泡はそのままですが、ラメやストーン、シールが気泡を隠してくれます。

それでも無理ならマニキュアをオフする

気泡の量が多いと修正しようとしてもうまくいかず、かえってぐちゃぐちゃになってしまいます。たった1個の気泡でも、気付くのが遅れるとマニキュアが固まり始めるのでうまく修正できません。こういうときは一度マニキュアをオフして、もう一度塗り直す方がいいでしょう。

マニキュアに気泡ができる原因はいくつかありますが、塗ってすぐなら修正できます。気泡ができないよう対策をしておけば予防できます。もし気泡ができても塗ってすぐなら修正できますし、アートで隠すこともできます。どうにもならないときは、ポイントを押さえながら塗り直せばキレイに仕上がります。

おすすめ商品

マニキュアを塗るとき気泡ができないように、ぬり方や使い方を工夫すればキレイに仕上がります。ネイルをさらにキレイに仕上げるためにあると便利な商品を紹介します。

マキアージュ グロッシーネールカラー PK143 10mL

マキアージュ グロッシーネールカラー PK143 10mL

グロスのツヤとパールが、とてもキレイに発色します。パールは光の加減で爪に理想的なカーブと立体感を出してくれるので指先がキレイに見えるのもメリットです。ショートネイルからロングネイルまで幅広く使えます。

マキアージュ グロッシーネールカラーは、全部で8色のカラーバリエーションがあります。どれもグロスとパール効果で、指先を美しく演出してくれます。厚塗りにならないよう、薄く塗るのを意識しましょう。

セシェ<seche>セシェ・ヴィート(速乾性トップコート)

セシェ<seche>セシェ・ヴィート(速乾性トップコート)

一般的なトップコートは、マニキュアが乾くまで待ってから塗ります。そうしないとマニキュアが滲んでしまうからです。セシェのトップコートは、マニキュアが乾く前でも塗れます。乾く前に気泡を見つけた場合でも、セシェのトップコートならすぐに塗れば気泡を押し出すことができます。トップコートを塗ることで、マニキュアも速く乾くので急いでいるときなどは大変便利です。

Nail de Dance ダイアモンド2WAYシャイナー 爪磨き

Nail de Dance ダイアモンド2WAYシャイナー 爪磨き

爪の表面が凸凹していても自爪を整えるためのバッファーを使えば、表面をなめらかにできます。元々はスカルプチャー用ですが、力を入れず軽く磨くようにすれば自爪にも使えます。グリーンの方で粗さをとり、白い方で仕上げると自爪がツルツルでピカピカになります。

まとめ

マニキュアに気泡が入る原因と対処法を知っていれば、イザというとき慌てずに済みます。いくつかの方法があるので、試してみてください。