トリートメントカラーを使うメリットは?自分に合ったトリートメントの選び方!

トリートメントカラーは、髪の内部にまで浸透して色素を破壊して染めるヘアカラーとは異なり、髪の表面に染料を付着させて髪色を変化させるものです。ヘアカラーはパーマとともに髪の毛に大きなダメージを与えることで知られていますが、トリートメントカラーは髪の内部まで浸透することがないため、髪の毛や頭皮へのダメージがほとんどありません。

白髪染めとして、また、頻繁に髪毛の色を変えたいという人にもぴったりと言えるでしょう。髪の内部に浸透してダメージを補修する効果のあるトリートメント成分が配合されているため、何回染めても髪の毛が傷みません。ヘアカラーとトリートメントの両方の効果を1つで得ることができるとても便利なヘアケア商品です。そこで、トリートメントカラーを使うメリットや自分に合ったトリートメントカラーの選び方などについて解説します。

トリートメントカラーのメリット

黒い髪を他のカラーに変化させる方法には、ブリーチやカラーリング、ヘアマニュキュアなどさまざまなものがあります。

ブリーチは、髪のメラニン色素を破壊して黒、茶色、黄色、白のように段階を経ながら髪の色を明るくするものですが、色が明るくなればなるほど髪へのダメージが大きくなりパサパサになります。カラーリングは、ブリーチで色を抜いた後に髪の内部からカラーを入れていくもので、さらに髪ダメージを与えることになります。

ヘアマニュキュアはビリー知財を含まない染料によって髪の表面から内部へとカラーを浸透させるものですが、しっかりとカラーを入れるためには事前にブリーチすることが必要となります。トリートメントカラーは、髪の表面のみを染めるものであり、髪に対するダメージはほとんどありません。トリートメント効果も得られるので髪の毛をコーティングしながら髪の色を変えることができます。トリートメントカラーのさまざまなメリットについて説明します。

刺激が少ないので安心して使える

一般的なカラーリング剤には、髪を黒くするメラニン色素を脱色させるために化学物質が配合されています。カラーリングする際には手袋が欠かせないものであるように、化学物資によるアレルギー反応によって、頭皮や手がピリピリとしたり、痒みやそのほかの皮膚トラブルを起こしたりすることがあります。美容院でプロに施術を受けてもこのような皮膚トラブルが起きる敏感肌の方は意外に多いものです。

一方、トリートメントカラーは髪の表面を染めることを目的としてものであるため、脱色に必要となる化学物質が含まれていません。

また、刺激に敏感な方でも安心して使用できるように、天然由来成分でつくられているものも多いという特徴があります。

カラーリングと髪をサラサラにする2つの効果がある

トリートメントカラーは、その名の通りひとつの薬剤のなかにカラーリングの作用とトリートメントの作用の両方が配合されています。

一般的なカラーリングでは、メラニン色素を破壊しながら髪の色を明るくするブリーチという施術とどうじに髪の内部に色素を浸透させながら色を付けていきます。明るいカラーに染めた場合はブリーチ剤の量が増えるため、髪の毛に与えるダメージが大きくなります。

トリートメントカラーでは、髪の表面のみを染める仕組みなので髪の内部まで薬剤が浸透してダメージを与えることがほとんどありません。それに加えて、髪の毛の内部に浸透して補修効果のあるトリートメント効果があるため、髪を傷めず補修しながら好みの色に染めるという2つの効果を同時に得ることができるのです。

シャンプーの後でも使えるものがある

トリートメントカラーは、カラーとトリートメントの両方の効果があるため、シャンプー前にヘアカラーをすることをメインとして使用するものとシャンプー後にトリートメントをメインに行うものの2種類があります。シャンプー前にするタイプでは、しっかりとカラーを入れることができると同時に頭皮へ薬剤が残りにくいというメリットがあります。その一方で、カラーの準備などに手間がかかり、使用量が増える傾向があるというデメリットがあります。

シャンプー後に使用するタイプは、準備が比較的楽である、髪に対してダメージを与えることが少なく簡単に染めることができるというメリットがあります。

しかし、その一方でじっくりと時間を置いて染めるタイプではないため、頻繁に染めなくてはしっかりと染まらない、薬剤が頭皮へ残ってしまって頭皮トラブルを引き起こしてしまう可能性がある、などのデメリットもあります。

トリートメントカラーの選び方

ヘアカラーは色が与えるイメージが大きいものですが、なかなか自分の思い通りのきれいな髪色に仕上がらないという悩みも多いものです。

最近では白髪染めでも真っ黒ではなくブラウンなどの明るめの色に染める方も多くなっています。また、一方でいつもヘアカラーを楽しんでいるのに就活などの都合で一時的に黒髪に染めたいという人もいるでしょう。

自分の思い通りの色に染められるだけでなく、髪の内部からダメージを補修してツヤのある美しい髪に仕上げられるトリートメントカラーは、髪の色を変化させたい人にとってはとても便利なものです。そこで、カラーや配合されている成分、使用方法など、自分に合ったトリートメントカラーの選び方について説明します。

自分が希望するカラーがあるかどうか

トリートメントカラーは、髪の毛の表面を着色するものであるため、地毛の真っ黒な状態では使用するのには向いていません。また、一般的なカラーリングに比べてカラーバリエーションが少なく色落ちが早いという特徴もあります。

色落ちがある、長持ちしにくいということがデメリットとして捉えられることがありますが、それだけ髪へのダメージがなくゆっくりと染められるということでもあり、髪色の変化を見ながら調整できるという大きなメリットがあります。

ヘアスタイルや髪の毛の太さ、髪質や髪の量、肌の色などを考慮して、徐々に好みの色に近づけていくようにトリートメントカラーを楽しむといいでしょう。

配合されている成分

トリートメントカラーは、ブリーチやブリーチを経てカラーを入れるカラーリングとは異なり、髪の表面だけに染料を付着させることによって髪の色を変化させるものです。ブリーチなどには髪の毛の内部に作用して色素を破壊するために化学物質が配合されていることが多く、髪の毛や地肌にダメージを与える可能性があります。

トリートメントカラーは、酸性、中性、アルカリ性のHC染料や塩基性染料を使用して髪の毛の色を変化させるものであり、特に酸性染料が配合されているタイプのものは、髪にダメージを与えることがほとんどありません。

また、植物由来の成分がメインとなっているタイプのものもあり、敏感肌の人でも安心して使用できます。発色のよさや色持ちの長さとともに、髪の毛や地肌にダメージを与える成分が配合されているかどうかもトリートメントカラー選びの大切な条件となるでしょう。

使用方法が自分に合っているか

自分好みのカラーに染めるためにある程度の手間や時間がかかることは仕方がないことです。トリートメントカラーの使用方法には、シャンプー前に行うものとシャンプー後に行うものの2つに大きく分けることができます。

シャンプー後に使用するタイプは、予備洗いをしっかりとしてシャンプーをすることから始めます。お湯で髪の毛を濡らすことでトリートメントの浸透力を高めることもできます。タオルドライした髪の毛にトリートメントカラーを塗布して、コームを使ってむらなくとかし説明書にある放置時間を守って洗い流せばOKです。

シャンプー前に使用するタイプは、乾いたままの髪の毛にコームを使ってなじませ、放置時間を守って洗い流せばOKです。

すすぎのお湯の色がなくなるまで洗い流す必要があるため、シャンプー後に使用するタイプの方が使いやすいという意見が多いようです。

市販のおすすめトリートメントカラー

トリートメントカラーは、他の髪染め剤と比べて髪の毛の内部に浸透することがないため髪の毛を傷めずに好みのカラーに染めることができます。そればかりか、染めるたびに髪のハリや美しさを取り戻すことができるトリートメント剤として使用するのにも適しています。

トリートメントカラーを選ぶ際には、イメージするカラーを選ぶだけでなく髪の毛や地肌にダメージを与えないために成分にもこだわった方がいいでしょう。

そこで、ネットでも購入することができる市販のおすすめトリートメントカラーをいくつか紹介します。

マニックパニック カラークリーム ヴァンパイアレッド

マニックパニック カラークリーム ヴァンパイアレッド
発色やツヤ感が抜群にいいと評判のカラークリームです。真っ赤に染まるビビットなヘアカラーを望んでいる方にはぴったりでしょう。

シャンプー後、髪にまんべんなくなじませて30分ほど時間を置きすすぎます。このすすぎが大切なポイントとなるため、冷水やぬるま湯でしっかりと洗い流します。その後再度シャンプーして色落ちがなくなってきたところで完了となります。

ブリーチなどで脱色、カラーリングの経験がある方は最強の赤色、そうでない人は鮮やかなワインレッドなど、髪の状態によって染まり方が変わるのも魅力となっています。

Naiad(ナイアード) お徳用 ヘナ100% 100g×4

Naiad(ナイアード) お徳用 ヘナ100% 100g×4

ヘナはインドで古来から薬草として親しまれたものであり、草木染めと同じ要領で天然植物由来の色素によって髪の毛を染めるため、髪の毛や地肌にとても優しいものです。髪の毛の主な構成成分であるタンパク質を補給する効果があることから、ダメージを補修したり髪の毛の内部に水分を保持したりする作用があるとされています。

どんなタイプの髪とも相性がよく、ボリュームアップ、ダウンも思いのままです。色素や化学染料を一切使用していない安全性の高さも大きな魅力となっており、髪にツヤや潤いを与えながら鮮やかなオレンジ系、赤褐色系に染めることができます。

フラガール カラートリートメント ナチュラルブラック 250g

フラガール カラートリートメント ナチュラルブラック 250g
髪の毛を補修、保護しながら徐々に黒く染めることができる白髪染めにぴったりのトリートメントカラーです。何度もブリーチを繰り返した金髪でも黒髪に染めることができます。白髪染め用ブラックというと紫帯びた重くて暗い色が多いものですが、このトリートメントカラーは自然な黒髪に仕上がります。

地肌がピリピリするような化学成分も含まれていないため、敏感肌の方でも安心して使用することができます。トリートメント効果が高角、サラサラで手触りがとてもいいと評判です。毎日使用しなくても2週間に一度程度でも色持ちするため、コスパにも優れていると言えるでしょう。

まとめ

ファッションやヘアスタイルに合わせてメイクだけでなくヘアカラーも変えたいというおしゃれ女子はたくさんいます。美容院でヘアカラーする方も多いでしょうが、気になるのが髪の毛のダメージではないでしょうか。何度もカラーリングを繰り返していると髪がパサパサになってツヤもなくなってしまいます。

トリートメントカラーは自宅で気軽に髪の色を変えることができるだけでなく、ダメージを補修しながら染めることができるので艶やかな美しい髪をキープすることが可能です。

シャンプーの前後に使用するタイプに分かれており、自分の髪質に合わせてオーガニックな成分が配合されたものを選ぶこともできます。髪を保護しながら徐々に染めることができるため、カラーを微調整したい方にもおすすめです。