無印のアロマオイルとエッセンシャルオイル

気分をリラックスするために使われるアロマオイルやエッセンシャルオイルですが、特にこだわり無く使っているという方にとっては違いがよくわからないですし、説明を求められても言葉に詰まってまうでしょう。そこで、アロマオイルとエッセンシャルオイルの違いについて学んでいき、それぞれの特徴を見直していきます。

アロマオイルとエッセンシャルの違い

それではいきなり皆さんが気になっているアロマオイルとエッセンシャルオイルの違いについて解説いたします。この違いを知るためには、具体的にアロマオイルとはいったい何なのか、エッセンシャルオイルとはいったい何なのかを知る必要があるでしょう。

アロマオイルってどんなもの?

そもそも、アロマオイルとはいったい何なのでしょうか。このアロマという言葉は英語やフランス語で芳香を意味しており、療法という意味を持つテラビーとくっつけてアロマテラビーという言葉で用いられることもあります。このアロマオイルに用いられるものは植物の葉っぱ・花・根っこ・果皮などの芳香成分を凝縮させたものなので、基本的には植物由来になるのです。

つまり、植物由来の天然香料となっているオイルはすべてアロマオイルという扱いになります。そのため、このアロマオイルの範囲はかなり広く「香りをかいで楽しむ」という要素が存在する植物由来成分が含まれているオイルならば、アロマオイルというカテゴリーになります。

エッセンシャルオイルってどんなもの?

このエッセンシャルオイルはカテゴリー的には「香りをかいで楽しむ」ことも可能であり、植物由来の天然成分から作られているので、アロマオイルの一部となるのです。しかし、このエッセンシャルオイルは漢字にすると「精油」となり、100%天然由来のものを表す言葉となります。

逆に言ってしまうと、化学香料などの合成の香が混ざっているようなものや他の化合物が混ざってしまっているもの、複数のエッセンシャルオイルを混ぜ合わせて作られたものはエッセンシャルオイルを名乗ることができず、アロマオイルという名前で販売されているのです。

無印のオイルは比較的安価で芳香浴に最適

macoさん(@228maco)がシェアした投稿

アロマオイルとエッセンシャルオイルの差は天然成分100%の精油かどうかという差になります。しかし、この違いは値段にも非常に大きく現れるので、アロマオイルと比べるとエッセンシャルオイルはかなり高いです。もちろん、アロマオイルも芳香剤としては十分な機能がありますので芳香浴などをしてリラックスしたいという方ならばアロマオイルでも十分でしょう。

ちなみに、アロマオイルという名前ではなくフレグランスオイルとかポプリオイルという名前で販売されていることもありますが、それらはアロマオイルとかわりありませんので、精油とは異なり値段も比較的安価なものとなっております。

また、エッセンシャルオイルの場合はお風呂に入れるとかベースオイルに薄めてマッサージに使うといった別の用い方も可能ですが、アロマオイルは基本的に「香をかいで楽しむ」ものなので体につけることはできません。一部のアロマオイルは「体に触れても大丈夫」といった書き込みが無い限りは別の使い方はしない方が良いでしょう。ただし、精油の原液をそのまま肌につけると肌荒れを起こすことも多いので必ず薄めるといった対応が必要になります。

無印のインテリアフレグランスオイルの香り

それでは具体的にインテリアフレグランスオイルにはどのような香りがあるのかを紹介します。なるべくわかりやすくは伝えますが、なんとなく良さそうと思った商品でも一度はその匂いをかいだ上で自分好みかどうかを判断した方が良いので、その点だけは注意してください。

インテリアフレグランスオイル・グリーン

無印良品 インテリアフレグランスオイル・グリーン 60ml 日本製

インテリアフレグランスオイル・グリーンといった「グリーン」という言葉が入って売られているオイルの特徴はクラリセージやゼラニウムといったいわゆるグリーン系の香りが主体となっていることです。他にも、グリーンという名前で色々とアロマオイルは売られておりますが、基本的には太陽の木漏れ日の自然あふれる環境の中にいるときに感じられる匂いと考えるといいでしょう。大自然の中にいたいという方はアロマオイルとしても活用してください。

インテリアフレグランスオイル・リフレッシュ

無印良品 インテリアフレグランスオイル・リフレッシュ 60ml 日本製

インテリアフレグランスオイル・リフレッシュは名前だけではグリーン以上によくわからない商品と言えます。いわゆるスッキリ系の匂いがするオイルで柑橘系のみずみずしい香りがする商品が多いです。いわゆる気分をリフレッシュしてくれるような狙いをつけられている商品がこの「リフレッシュ」という言葉を用いているのでしょう。

使っているユーザーによっては帰ってきたときにリフレッシュするため、玄関に置いておくという人もいます。不自然な匂いや強烈な匂いが嫌いという方にも好評となっています。気分をリフレッシュしたいという方は電気式のアロマオイルのポットなどを利用してアロマオイルと同じような扱いをしましょう。

インテリアフレグランスオイル・リラックス

無印良品 インテリアフレグランスオイル・リラックス 60ml 日本製このインテリアフレグランスオイル・リラックスに使われることが多いのはラベンダーを基調としたようなハーブ系になります。ゼラニウムやオレンジのオイルが入っている用ですが、基本となるのはラベンダーのようなハーブ系となりますので、この香りが好きという方にはお勧めできます。

リラックスという言葉の通り、自己主張が激しすぎないほどよい香りとなっておりますので強い匂いが嫌いという方にも好まれているようです。こちらも玄関に使っている方が多くお客に良い印象を与えるための必須アイテムのように扱っている人もいます。

インテリアフレグランスオイル・フルーティー

無印良品 インテリアフレグランスオイル・フルーティー 60ml 日本製

インテリアフレグランスオイル・フルーティーは名前からもなんとなく匂いが想像できるオイルとなっております。いわゆるグレープフルーツやレモンと言ったフルーティーな香りを楽しむことができますので、果物類のあの匂いが好きという方にとってはお勧めできる商品でしょう。

エッセンシャルオイルをブレンドするのも楽しい!

ある程度アロマオイルやエッセンシャルオイルの匂いを選定できるようになり、状況次第での使い分けも可能となってきたのなら、エッセンシャルオイルを用いたブレンドに挑むのも良いでしょう。うまくいけば自分好みの匂いを作り出すこともできます。

集中したい時にオススメのブレンド


集中力を高めるためにもエッセンシャルオイルを用いることはありますが、この集中力を高める匂いというのは限られておりますので、ブレンドするときもその効果が高いものから選ぶ必要があります。具体的に集中力を高める匂いとはローズマリー・レモン・バジル・ペパーミント・オレンジ・ベルガモットなどが該当し、メンタル的に集中力を高める匂いにはローマンカモミール・フランキンセンス・ネロリなどが該当します。

つまり、ブレンドするときはこれらの集中力を上げるものから選ぶことになるのです。具体的に集中力を上げるためのレシピとして紹介されているのは、レモン2滴・ローズマリー2滴・ペパーミント1滴といったブレンドとなります。

気持ちを明るくさせてくれるブレンド

メンタル的にマイナスな状態でできる限り明るくなりたいという時に用いられるブレンドはベルガモット3滴・クラリセージ2滴・イランイラン1滴となります。いわゆる不安感が強くなっているという方におすすめと言えるでしょう。

リラックスしたい時や安眠に効果のあるブレンド

リラックスしたいときに活用できるブレンドは色々とありますが、具体的なブレンドはラベンダー2滴・オレンジ2滴・マージョラム1滴とかイランイラン2滴・オレンジ2滴・ ローマンカモミール1滴がいいでしょう。

おすすめ商品

最後に、アロマオイルを活用するために役立つおすすめ商品をご紹介させていただきます。購入する気は無いという方でも、どのような商品があるのかの把握に用いてください。

【無印良品】 超音波アロマディフューザー AD-SD2

【無印良品】 超音波アロマディフューザー AD-SD2
様々なインテリアフレグランスオイルを発売している無印良品の商品です。この超音波アロマディフューザーはかなりお手頃価格でありながらエッセンシャルオイル本来の自然な香りを楽しむには欠かせない商品なので、アロマオイルやエッセンシャルオイルの匂いを楽しみたいという方には大活躍できる商品と言えます。

【無印良品】エッセンシャルオイル 30ml (ユーカリ)

【無印良品】エッセンシャルオイル 30ml (ユーカリ)
いわゆるベーシックな香りがするアロマエッセンシャルオイル導入のための一本です。アロマオイルはよくわからないし匂いと言われてもピンとこないという方にテスト感覚で購入してもらいたい商品となります。

無印良品 インテリアフレグランスセット・フルーティー

無印良品 インテリアフレグランスセット・フルーティー フルーティー 日本製
今回紹介したフルーティーの香りを楽しむためのフルーティーセットとなっております。いわゆる果物の香りが主体となっておりますので、こちらは購入前に匂いを確認した方が良いでしょう。

知らない状態で試さないようにすること

このようにアロマオイルやエッセンシャルオイルというのは種類も豊富であり、金額にもかなりの差ができている業界なので何も知らない状態でいきなり挑むのは辞めた方が良いです。どのような違いがあり、どのような匂いがあるのかを理解したうえで、自分が好きになれる匂いを見つけて活用するようにしてください。

ある程度慣れてきたという方はエッセンシャルオイルのブレンドといったちょっとした上級者向けの要素に取り組むと良いでしょう。よくわからないという人は効果を確認した上で匂いの選定を行って、日常生活に役立てるようにするのが最適となってきます。