ファンデーションの下地はいる?いらない?

お化粧の際に必須のファンデーション前の下地ですが、普段なんとなくファンデーションの前に下地をお使いになっているかたも多いのではないでしょうか?しかしながら、ファンデーション前の下地をする際には3つの重要な目的が存在しています。その目的を十分に理解してファンデーション前の下地を活用していけば、より効果的にお化粧をすることも可能になるでしょう。

ファンデーション前の下地の三大目的

ファンデーションを前の下地には3つの主たる目的が存在しています。その目的を十分に理解しておけば自分に最適な下地を使うことができるようになるはずです。それを理解する事によって、お化粧のバリエーションが増えて来ますの、お化粧をすることが楽しくなることも大いに期待できます。

肌色を補正

ファンデーション前の下地の意味はお肌の色を補正することにあります。理想的な輝くような美肌であればいいのですが、加齢によってシミができてしまったり、更には、赤みを帯びてしまっていることも考えられます。そのようなお肌の色のアンバランスさがあるとお化粧をきれいにすることができなくなってしまいますので、それを補正するために下地を作っていくことが必要になります。

また、いろいろなカラーバリエーションの下地が存在していますので、その日の気分で肌色を変化させることも可能です。洋服のイメージにあわせて色のトーンを変化させてみてもいいでしょう。

カバー力を上げる

お肌を若々しく保つにはお肌の水分をキープしておくことが必要です。下地によってお肌のカバーをすることが可能になれば、若さの秘密である水分をお肌に維持しやすくなるということも期待できます。また、UVカットタイプの下地であれば、夏場の紫外線からお肌を守ることも可能になります。また、いろいろなタイプの下地が販売されていますので、自分のお肌の性質に合わせて下地を選ぶこともおすすめです。

毛穴を目立たなくする

若いうちはあまり毛穴が目立つということはありませんが、加齢ともに毛穴が開いてきてしまって、それが目立つようになります。また、毛穴に老廃物などが蓄積すると変色して目立つようになってしまいます。

下地を使ってそれを目立たなくすると若々しいお肌の状態を保つことができるようになるのでおすすめです。もちろん、毛穴が広がってしまうとお化粧のノリも悪くなってしまいますので、毛穴のケアが可能な成分が含まれている下地を使ってみてもいいでしょう。

ファンデーション前に化粧下地をするメリットとは

ファンデーション前に化粧下地をすることには大きなメリットが存在しています。お肌の老化を防ぐことが可能になりますので、化粧下地を十分に活用することは非常におすすめです。化粧下地は大きな効果をもっていますが、外出から戻ったら、必ずクレンジングでおとして、お肌のケアをすることも必要です。そのようにすれば、更にお肌に活力と若々しさを与えることが可能になります。

保湿力を上げる

化粧下地をお肌に塗るとそれがバリアの働きをして保湿力を高めることが可能になります。お肌の保湿力は加齢とともに下がってきます。保湿力が下がってしまうと、お肌のハリが失われてしまって、顔にたるみができてしまって、理想的な小顔の状態ではなくなってしまいます。

いったんたるんでしまったお肌はもちろんマッサージになどによって回復させることはできますが、時間がかかることが多いので、出来るだけ普段から保湿力をキープするようにしておくといいでしょう。その意味で化粧下地の役割は大きなものとなってきます。

お肌のツヤを保つ

お肌のつやは同様に加齢によって失われてしまうことが多くなります。化粧下地を塗ることによって、お肌にツヤを取り戻すことも可能になりますので、くすんだお肌に若さを呼び戻すことも可能になりますのでおすすめです。

ニキビ跡を隠して美しく

ニキビなどの跡はいったんできてしまうと消すことはできないものです。意外とニキビの跡は目立つものなのですが、化粧下地を使うとそれをきれいにカバーすることが可能です。すべすべのお肌に変身することができますので、お肌のコンプレックスを解消することにもなるでしょう。

ファンデーション前の下地の塗り方

ファンデーション前の化粧下地はどのように顔に塗っていくのがいいのでしょうか?

1.頬、額、鼻の先、顎につける

最初に頬、額、鼻の先、顎に塗っていくのがポイントです。化粧下地にはリキッドタイプのものとパウダータイプのものが存在しています。リキッドタイプのものはブラシを使って塗ると効率がいいですし、パウダータイプのものがスポンジを使って塗っていくのがおすすめです。また、顔に化粧下地を塗り過ぎてしまうと、化粧崩れしやすくなりますので、ぬるすぎてしまった場合にはティッシュなどでふき取るようにするといいでしょう。

2.中心から外へ向けて伸ばす

化粧下地はまんべんなく塗るようにするといいのですが、中心にそれをつけて、顔の外に向けて伸ばして行くようにすると効率塗っていくことが可能になります。

3.目元・口元は指先で丁寧につける

化粧下地を顔に塗る場合には基本的にはブラシやスポンジなどで塗っていくのでいいのですが、目元や口元などは丁寧に塗ることが必要ですので、出来れば道具を使うことなく指先で塗っていくようにするといいでしょう。

あわせて読みたい

化粧下地の塗り方とは?塗る意味や商品の選び方も解説

続きを読む

おすすめ商品

以下の商品は非常に使いやすく大変おすすめの化粧下地です。

長時間きれいな肌を維持【ザ セム(The saem)カバーパーフェクション チップコンシーラー(SPF28/ PA++) (01クリアベージュ)】

ザ セム(The saem)カバーパーフェクション チップコンシーラー(SPF28/ PA++) (01クリアベージュ)[並行輸入品]

この商品は、お肌と同じ屈折率をもっていますので、自然な感じの色合いを演出してくれるようになります。お肌の気になる点をきれいにマスクすることが可能です。化粧下地の効果が長続きしますので、長時間の外出の際もおすすめです。保湿効果にあふれていますので、お肌の老化を防ぎ、若々しさを演出してくれます。紫外線カット成分も含まれていますので、夏場の外出の際にも安心です。

 

色と光の素肌美フィルターメイク【江原道 (コウゲンドウ)メイクアップ カラーベース SPF25 PA++ パールホワイト】

江原道 (コウゲンドウ)メイクアップ カラーベース SPF25 PA++ パールホワイト

最新方法によって、色と光を調整してお肌に輝きを与えることが可能になります。お肌に充分なじみますので、使いやすい仕様となっています。お肌のくすみ、毛穴、しわなどを光のベールで覆い隠してくれます。お肌の乾燥を防止する成分も含まれていますので、乾燥肌の方にもおすすめです。

お肌にダメージを与えてしまう、人工成分(香料、合成色素、石油系鉱物油、紫外線吸収剤、パラベン)は含まれていませんので、お肌がデリケートな方にもおすすめです。紫外線カット成分ももちろん含まれていますので、紫外線からもお肌を守ってくれます。

 

大人の肌の日やけ止め用クリーム【ロレアル アレクサンドル ドゥ パリ レジスタンシエルUV AGエクスペール ナチュラル ベージュ ベース】

ロレアル アレクサンドル ドゥ パリ  レジスタンシエルUV AGエクスペール ナチュラル ベージュ ベース SPF50/PA++++ 35ml

この商品は単なる化粧下地ではなくて、エイジングケアをすることも可能です。いつまでも若々しいお肌の状態を保って行くことも可能です。お肌のシミやたるみの原因となってしまう紫外線を完全にシャットアウトしてくれるので、安心してお使いになれます。

いつまでも理想的な若々しいお肌の状態をキープできます。保湿成分も含まれていますので、お肌から潤いを逃がすこともありません。お肌のハリは潤いによって維持されますので、いつまでもぴちぴちのお肌の状態をキープできるようになります。使い方も簡単で、真珠粒1個分を手に取って顔に広げるようにするだけで、大きな効果を得ることができます。

 

まとめ

お化粧をする際に、当たり前のように塗っている化粧下地ですが、実は非常に重要な役割を持っています。その役割を十分に理解して化粧下地をつかっていけば、自分をより魅力的に演出することも可能になりますし、更にはお肌の老化を防いでいつまでも若々しいお肌の状態を保つことも可能になります。自分に合った、化粧下地を使いこなすことができるようになれば、お化粧のバリエーションも増えてきますので、お化粧をするのが更に楽しいものとなることでしょう。