日焼けで顔の皮がポロポロむける時の対象法は?

日差しの強い夏場だけに限らず、紫外線は年中降り注いでいます。気にしていてもなかなか避けきれず、日焼けをしてしまいます。多少の日焼けは健康にも良いですし、決して「日焼けをすることは悪いことだ!」とまでは言いませんが、日焼け後は適切なアフターケアが重要となってきます。あなたは日頃、どのような紫外線対策、アフターケアを行っていますか?

今回は、そんな紫外線について学んでいきながら、日焼けで肌がダメージを受けないようにする方法や、皮むけ顔のケア方法、さらに日焼け予防に欠かせないオススメの商品をご紹介していきたいと思います。これからの季節にぜひ役立ててください。

日焼けで肌がダメージを受けないようにする方法

まずは、日焼けをしてしまう前にしっかりと防ごうということで、肌がダメージを受けないようにする方法を一緒に見ていきたいと思います。近年では、紫外線対策グッズなども増え、ますます紫外線対策をする人が増加傾向にあります。そんな波に乗り遅れないよう、しっかりチェックしていきましょう!

UVカット機能があるマスクをする

感染症予防・花粉対策などで大活躍のマスクですが、なんとUVカット機能まで搭載されたマスクもあるのです。日焼け止めを塗ってはいるけど、顔の日焼けは一番気になる部分。そんな時は、UVカットマスクを利用すると良いでしょう。特に、唇は顔の中でも日焼けしやすい部分なので、そこが隠れるだけでも安心できます。

日焼け止めをしっかりとムラなく塗る

紫外線対策に欠かせないのが、この日焼け止め。でも、その日焼け止め、きちんと塗れていますか?日焼け止めは適切な量、ムラのない塗り方をしないと、その効果を発揮してくれません!それではせっかくの時間とお金がもったいないだけです。

日焼け止めの量

まず、日焼け止めの量ですが、手のひらに500円玉分ほど取ります。思っていたより、結構多いように感じる方もいるかもしれません。日焼け止めに表示されているSPFやPAなどの数値は、1平方センチメートルあたり2ミリグラムの基準値となっています。つまり500円玉分ほどの量を使わないと、表示分の効果が得られないのです。

塗る時のポイント

塗る時のポイントですが、女性の方は特に気を付けておきたいのが、日焼け止めを塗る順番。率直に言うと、<化粧水→日焼け止め→化粧下地→ファンデーション>の順番が正しいです。日焼け止めを塗る前にしっかり保湿をし、浸透力を高めておくと、日焼け止めがお肌に密着し、効果を十分に発揮してくれるでしょう。

塗り方

肝心な塗り方ですが、

①手のひらに500円玉分ほどの量を取る

②手のひらで伸ばし、反対の指に馴染まる

③頬、おでこ、鼻、あごの順につけていく

④内側から外側に向かって伸ばす

⑤手のひらで顔を包み、肌に馴染ませる>

というやり方です。乳液タイプを使っている方は、一旦手のひらに出してしまうと日焼け止めを吸収してしまうので、直接指で取ってお肌にのせましょう。

日焼け後のアフターケアをしっかりする

日焼け後は、お肌がほてりがちに。風通しの良い場所で休ませたり、水や氷で冷やしたタオルでゆっくりお肌をクールダウンさせてあげましょう。日焼けは軽い火傷と同じです。ほてりを取ったら、しっかり保湿をして、ひどい乾燥からお肌を守ることが大切です。

UVカット機能がある帽子をかぶる

日傘をさすのも良いですが、手を塞がれるのが嫌だという人にオススメなのが、UVカット機能つきの帽子です。自然と顔周りを陰にしてくれますし、太陽に一番近い頭皮をしっかり日焼けから守ってくれます。熱中症対策にもなりますから、一石二鳥です。

あわせて読みたい

日焼け防止対策の帽子選びに最適な10選!

続きを読む

日焼けで皮むけ顔をケアする方法

紫外線対策をしっかりしてても、夏場のレジャー環境ではどうしても日焼けをしてしまいがち。日焼けで皮むけしてしまった顔は、どうやってケアすれば良いのでしょうか。

そのアフターケアの方法として、4点例を挙げてみました。知らない方法があれば、ぜひ試してみてください。

ビタミン類を摂れる食べ物を食べる

紫外線によってダメージを受けたお肌を修復・再生させるために、ビタミン類を摂れる食べ物を食べると良いでしょう。ビタミンAは、抗酸化作用が非常に高く、活性酸素を抑える働きを、ビタミンCは、お肌のコラーゲン生成を助けてくれます。

その他にも、体内で必要に応じてビタミンAに変換するβカロテン、新陳代謝を助けるビタミンBなどが効果的です。

あわせて読みたい

肌荒れに効果的な食べ物とは?効率よく摂取

続きを読む

保湿効果のあるクリームなどを使用する

皮めくれを起こしている状態は、お肌の水分をため込むための皮膚が薄いということです。とても乾燥しやすい状態にあるので、保湿効果のあるクリームなどを使用することで、しっかりお肌を守りましょう。

敏感肌用など、低刺激なものが好ましいでしょう。

水を飲んで体内の水分補給をする

お肌の表面だけでなく、内側からも水分を補給する必要があります。こまめに水分補給をし、体内の水分補給をすることで、ダメージを受けたお肌を内側からも外側からも優しく包み込んであげましょう。ミネラルウォーターやビタミンCが入ったアセロラジュースなどを飲むのも効果的です。

あわせて読みたい

水ダイエットの正しいやり方とすごい効果とは?注意ポイントも!

続きを読む

洗顔とスキンケアに気を使う

敏感肌用などの低刺激のものに変更して、お肌に負担のないスキンケアを心がけましょう。

もし、しみたり痛みを感じる場合は、洗顔料を使わずにぬるま湯のみで洗顔をすると良いです。洗顔後は、しっかり保湿することをお忘れなく!

あわせて読みたい

肌をつるつるにする方法。イケてるスキンケアやメイク法を徹底解説!

続きを読む

肌の日焼け予防に欠かせない商品

それでは、最後にオススメの日焼け予防に欠かせない商品をご紹介していきましょう。紫外線予防をしているのに効果を感じていない、たくさんありすぎてどれを使ったらよいのか分からないなんて人は、ぜひ参考にしてみてください。

LC-dolida

LC-dolida 日よけ帽子 UVカット 日除け帽 日焼け止め 顔ガード 顔全体 カバー ハット アウトドア 農作業 ガーデニング 庭 紫外線対策に 女性用(グレイ)

顔、頭、首、耳、肩まわりまで、目元以外の部分をカバーできるUVカットサンバイザーです。口元はメッシュ素材でできており、息苦しくなく、暑い日も蒸れずに使用することが可能です。4つにパーツに分かれる仕組みなので、用途に合わせてカスタマイズすることができます。

 

SUNNY UVカット

SUNNY UVカット サンバイザー つば広 帽子 ミラー ワイド フルフェイス 1点購入でもう1点プレゼント 角度調整 高耐久性 日よけ 紫外線 日焼け (ホワイト)

視界を遮ることなく、顔全体を紫外線から守ることができるUVカットサンバイザーです。紫外線カット率99%!ミラータイプで外からは顔が見えにくく、高耐久性で壊れにくいのも嬉しいです。風の抵抗も受けにくく脱げにくいので、重宝するサンバイザーです。

 

EIGER HORN 帽子

EIGER HORN(アイガーホーン) 帽子 フェイスカバー レディース 日よけ 帽子 UVカット 紫外線防止 ゴルフ アウトドア (ブラウン)

プレイ中ずっと紫外線を受け続けるスポーツ、ゴルフ。そのゴルフキャップとして開発された、UVカットのキャップです。フェイスカバーは取り外しも可能。メッシュを使うことで通気性も抜群!デザイン性もあって、キュートに紫外線対策をしたい人にオススメです。

 

ヤケーヌ UVカットマスク ヤケーヌアスリート ギンガム

ヤケーヌ UVカットマスク ヤケーヌアスリート ギンガム 耳カバー付 562 ピンク

耳、目の下から首回りまでをしっかりカバーしてくれる、紫外線カット率98%の優れもの!汗をかいてもすばやく吸収して乾く、吸汗速乾素材を使用しており、いつでも快適に使用することができます。

まとめ

今回は、日焼けについて様々な視点から学んできたわけですが、ご参考になりましたでしょうか?私たちにとって、紫外線はとても身近な存在であり、避けては通れないものです。だからこそしっかり対策をし、焼けてしまった時には適切なアフターケアが大切なのです。

ですが、日焼け後のアフターケアについての知識を得た皆さんはもう大丈夫です!正しいケアは、ダメージを受けたお肌を確実に再生へと導いてくれるはずです。本格的な夏がやってくる前に、紫外線予防対策を万全にしておきましょう!そうすれば、安心して夏をエンジョイできるでしょう。