日焼け後にブツブツができる原因とおすすめケア商品!

夏の暑い日は、外出が多くなったり、屋外フェスや海・プール、山など、アウトドアが盛んな時期。そんな時期に増えてくる悩みで一番多いのが”日焼け”です。日焼けをすると、お肌が真っ赤になったり、ぶつぶつができたりします。あの正体は、一体何なのでしょうか。

今回は、日焼けとは一体どのようなものなのか、私たちを悩ませるぶつぶつの正体、日焼けをケアしてくれるおすすめのクリームについて、お話ししていきます。ずっと悩んでいた問題を解決するチャンス!日焼けについて、しっかり学んでいきましょう。

日焼けについて

一言に”日焼け”といいますが、日焼けとは一体どのような症状を引き起こすものなのでしょうか。「肌が黒くなる」「軽いやけど症状」「しわやたるみの原因」など、日焼けには様々な問題が潜んでいます。1つ1つ詳しく解説していますので、下記をご覧ください。

サンバーンで肌が赤くなる

人が紫外線を浴びると、まずお肌が真っ赤になります。その現象は「サンバーン」と呼ばれ、皮膚がやけどを起こしている状態です。紫外線は、日焼けの主な原因を作り、肌が黒くなる色素沈着反応を引き起こすUVBと、お肌の深部にまで入り込み、弾力性の低下やシミ・しわの発生に大きく関わるUBAの2種類があり、どちらもお肌に浴びることによってサンバーンを起こし、メラニン生成を始めます。

サンタンは肌が黒くなる

日焼け

サンバーンの後、しばらくするとお肌が黒くなってきます。そのことを「サンタン」と呼びます。お肌を紫外線から守るため、サンバーンによってできたメラニン(紫外線を吸収する黒い色素)が色素沈着することで黒く見えるのです。

肌が軽いやけど状態になる

サンバーンを起こしているお肌は、3段階に分けられるやけどのレベルで言うと中程度に分類されます。やけどと同じなので、お肌は著しく乾燥しており、水分を失っている状態ですので、お肌のダメージは大きく敏感です。低刺激のもので保湿をしたり、水分を摂ることが大切です。

あわせて読みたい

日焼けは火傷と同じ?日焼けしちゃったその後に…レベル別アフターケアの方法

続きを読む

しわやたるみの原因になる

近年、大きな問題とされているのがUVA。UVAはUVBのように、急激な刺激を与えるわけではありませんが、お肌の深層部まで光が届いてしまうため、土台にダメージをもたらしてしまいます。その結果、しみやたるみといった、色を黒くすること以外の原因にもなってしまうのです。

人は年齢を重ねると老化現象を起こします。お肌のしわやたるみがそれを助長するのです。ですが、加齢での老化は約2割、残り8割はこういった紫外線による老化といわれています。逆にいうと、紫外線対策で老化が防げるということなのです。

あわせて読みたい

シワ、たるみをなんとかしたい!原因は何?解消する方法とは!

続きを読む

日焼けのぶつぶつができる原因

「日焼け=色が黒くなる」というのは理解できますが、日焼けによってぶつぶつができてしまう人もいます。あの原因は一体どこにあるのでしょうか。次は、人々を悩ませるあのぶつぶつがなぜできるのかを解説していきましょう。

メラミン色素の機能が低下

人が紫外線に当たる時、活性酸素というお肌を老化に導く物質が作られます。これを防ぐため、”メラニン”が生成されるわけですが、この生成が正常、または多い人はお肌が黒くなりやすいのです。メラニンはお肌を黒くするものの、たくさん持つことで紫外線から身を守っています。メラニンが少ない人(色白の人)は、ぶつぶつができやすいのです。

肌バリアの機能が低下

メラニン生成が少ない人、つまり生まれつき色白の人は、日焼けによる炎症への防御力が弱いため、長時間紫外線に当たるとアレルギーを引き起こし、かゆみやぶつぶつができてしまうのです。肌バリア機能が弱いため、別の反応が身体に出てきてしまいます。

日光アレルギーで肌にぶつぶつ

日焼けによるぶつぶつは、日光湿疹の可能性もあるため、十分に注意が必要です。日本人は、約4パーセントの人が、この日光湿疹になっているといわれています。今まで何もなくても、突如現れることもありますので、紫外線対策は必ず行うようにしましょう。

日焼けをケアしてくれるクリーム

それでは、最後に日焼けをケアしてくれる商品をご紹介します。どんなにお肌が強い人でも、紫外線は毎日浴びるもの。特にUVAは、カーテン越しにでも届いてしまうので、室内でも太陽の光が届く場所では対策が必要不可欠です。ぜひ、今後の紫外線対策にお役立てください。

ソンバーユ 液 無香料

ソンバーユ 液 無香料 55ml

馬油の一番比重の軽い部分のみを抽出して精製した、液状オイルタイプの馬油です。馬油100パーセントで、嫌な油臭をカット!顔から全身にお使いいただけ、日焼けからお肌を守ります。潤いを与えてカサツキを抑えるので、化粧下地としてもOKな万能オイルです。

あわせて読みたい

美容にも使える!話題沸騰アイテム《馬油》の使い方教えます◎

続きを読む

エバメール UVゲル

エバメール UVゲル80g

成分の80パーセントが水でできている、確かな潤いを実感できるゲル日焼け止めです。お肌に優しく、日焼け止めによくある白浮きも改善されています。無駄な化学薬品を一切使わず、しっとりとお肌を紫外線から守ってくれます。敏感肌の方におすすめです。

 

コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ

コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ (SPF2) 120ml

健康的で綺麗に焼きたい方にはこちら!”コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ”は、オイルなので持ちも良く、サラッとひと塗りでしっかり伸びるので、綺麗に焼きたい人におすすめです。お肌を紫外線から守りながら焼くことは、お肌の健康を守ることです。ぜひお試しください。

 

サンホワイトP-1

サンホワイトP-1 400g

赤ちゃんにもお使いいただけるほど、優しい保湿クリームです。高保湿の商品にありがちなベタベタ感が一切なく、日焼け後の敏感なお肌にもしっかり使えます。乾燥皮膚の保護・保湿、赤ちゃんのスキンケア、手・かかとケアなど幅広く使え、400グラムも入っているので持ちが良くコスパも最高です。

 

まとめ

 

今回は、日焼けについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?日焼けには症状の段階があり、紫外線にもUVBやUVAなどの種類が存在していることがわかりました。それぞれの紫外線には特徴があり、元々のお肌の色でもその症状の出方が違います。一言に日焼けといっても、奥が深いです。

夏場、レジャーに海水浴にと、長時間強い日差しを浴び続けるのであれば、多少日焼けの覚悟をして紫外線予防をいるでしょうが、普段そんな場所に行かないから大丈夫と、紫外線対策を怠っている方もいらっしゃるかもしれません。そういう人は、本当に日焼けをしていないのでしょうか?

例えば、家の日の当たる場所に新聞が置いてあったとします。太陽の向きは時間帯によって変わりますし、新聞もいつもそこにあるわけではありません。まぶしければカーテンを閉めることだってあるでしょう。でも、新聞は日焼けをしていませんか?その上に何か物が乗っていたら、その乗っていた部分と光が当たっていた部分では、色の違いが大きくあります。

日

私たちも、よほど家に引きこもっていない限り、ちょこちょこ外出をします。通勤・通学、買い物、散歩、仕事中、ゴミ出しなど、ちょっとしたことでも毎日積み重なれば、相当な日焼けをしています。ゆっくり少量を浴びているため、さらに毎日自分の顔を見ているために、気づいていないだけなのです。

だからこそ、毎日の紫外線対策が、後の美肌に繋がります。1週間では成果はわからないかもしれませんが、同じ条件で紫外線対策をした人としていない人を並べれば、その差は一目瞭然でしょう。それが何年も、何重年もと考えると、対策をしていない場合はゾッとしてしまいます。

今からでも遅くありません。美肌を保ち、いつまでも若々しくいるためにも、正しい紫外線対策を行いましょう。日焼けをする前のケア、そして日に焼けてしまった後のアフターケアも大事です。おすすめの商品も参考にしていただけるでしょう。

お肌のダメージを抑え、しみ・しわ・たるみ知らずで老化防止、美しく綺麗なお肌で自信に満ち溢れた生活を送りましょう!

紫外線対策として効果的な方法は?適切な日焼け対策を!