紫外線対策として効果的な方法は?適切な日焼け対策を!

紫外線対策の方法はもちろんさまざまありますが、単独で行うだけでなく、幾つか重ねて紫外線ブロックをすることもおすすめです。

また紫外線対策のタイミングや状況に合わせた方法で行うなど、それぞれに合った方法でしっかり行いたいものです。

紫外線の肌への影響

肌が老化する

紫外線の影響で肌が老化すると言われています。そのメカニズムには幾つかありますが、まず紫外線A波は皮膚細胞の深い部分である真皮層まで届いてしまいます。そこにはコラーゲンやセラミド、プロテオグリカンなどの美肌の基本となる成分が豊富に存在し、肌のハリや弾力を支えています。

そして真皮層に存在している繊維芽細胞がこれらの成分の体内生成には欠かせません。しかし紫外線A波は特に繊維芽細胞を破壊してしまうため、コラーゲンなどの体内生成が減少してしまいます。それによって肌の弾力やハリを支えることができなくなり、シワ、たるみなどの原因となり肌老化を進行させてしまうのです。

また紫外線B波は肌の表面を傷めますが、肌表面には皮膜がありますがその下には角質層があります。これらの部分を破壊するため、角質層がボロボロになります。それによって肌細胞の水分が蒸発してしまい、乾燥肌になってしまうのです。乾燥肌はシワを進行させより老化肌となっていきます。

また紫外線などから肌を守る角質、皮膜がボロボロになることで、より紫外線を肌に吸収させてしまうという悪循環が老化を招くことにもなるのです。

水ぶくれやニキビやシミの原因となる

特に紫外線B波は皮膜、角質を傷めます。そして赤み、炎症、水ぶくれなどを発症させてしまうことも。また角質層がボロボロになることで肌をニキビ菌から守ることができず、また毛穴に老廃物が溜まりやすくなり、ニキビの原因にもなってしまうのです。

そして炎症を起こす紫外線B波は、メラニン色素を集めてしまい、シミやソバカスの原因にもなります。

しわやたるみにも影響する

紫外線A波によって真皮層内のコラーゲンなどの生成にかかわる繊維芽細胞を破壊することで、ハリ、潤い、弾力などを支えている美容成分が低下してシワやたるみが起こります。また紫外線B波によって肌を守る角質層がボロボロになることから、乾燥肌になり、シワが増えていきます。

肌が赤くなって敏感になる

特に紫外線B波は肌表面にダメージを与えます。逆に奥深くまでは届くことができません。そのため肌の表面に炎症を起こし火傷状態をつくります。そのため肌が赤くなり、そのままにしておけば水ぶくれも発生。もちろんそこにはメラニン色素が大量に溜まり、シミやソバカスの原因になるのです。

紫外線対策として効果的な方法

UV対策のマスクや帽子をかぶる

紫外線対策の方法の中でも確実性が高い方法は、紫外線に当たらないことです。そのためUV効果の高い素材で出来たマスクや帽子がおすすめです。一般の帽子やマスク型のものもありますが、徹底的に顔や首を隠すように作られたマスクや帽子があり、それらはより徹底して紫外線をブロックすることができます。

一般のマスクや帽子型のものは、それだけでなくUVクリームなどを素肌に塗っておくという、2段構えの紫外線対策をしたいものです。

日焼け防止対策の帽子選びに最適な10選!

UV対策の腕カバーや服で体の日焼けも防止

紫外線対策として意外と勘違いしやすいのが、薄い布などを通って肌の奥まで届いてしまうということなのです。特に紫外線A波は、一般のカーテンなどもサッと超えて、肌の奥まで届くと言われている光線です。そのためA波もブロックできる繊維で作られたUV対応カーテンが良いと言われています。

同じように紫外線を避けようと、薄いブラウスを羽織ったりして注意をしている人がいますが、相当厚い布でなければUV加工していない繊維は紫外線A波を通して、肌細胞の奥の真皮層まで届いてしまうのです。確かに紫外線B波は防げるので、ジリジリ、ヒリヒリという、いわゆる日焼けしているという自覚がありません。

しかし日焼けの実感がないため、予防を怠ってしまうことにもなるのです。そのため腕などを焼きたくないというときには、UV加工をした腕カバーなどの使用もおすすめです。車の運転、ウオーキング、スポーツなど上手に利用しましょう。

日焼け止めのオイルを塗る

日傘、帽子などの日焼け止め対策とともに、日焼け止めオイルを塗るというダブルでUVケアをすることもおすすめです。もちろん日焼け止めオイルは油分が強く、水にも強いのでプールや海、汗を多くかくスポーツなどにおすすめです。

他にも日焼け止めクリームや日焼け止めジェルなど、付ける場所にあったタイプを上手に使い分けて使用するといいでしょう。

日焼け対策に有効な食べ物を摂る

また肌の外からの日焼け対策だけでなく、肌の中からの対策も是非同時に行いたいものです。そのため食べ物も紫外線をブロックする効果のあるものを特に摂るようにしましょう。まずビタミンCは紫外線によるシミを予防し、出来てしまったシミをケアするという効果。

また紫外線はコラーゲンなどの生成を抑制してしまいますが、ビタミンCはコラーゲンなどの生成を促進させる作用も。その上抗酸化パワーもあるという、いろいろな面からビタミンCを多く摂ることは大切なのです。

新鮮な野菜やフルーツに多く含まれていますが、特にイチゴ、アセロラ、キウイ、ケール、ブロッコリー、トマトなどには多くのビタミンCが含まれています。同じビタミンでは木の実などに多く含まれているビタミンEも欠かせません。活性酸素除去効果が高く、肌代謝を高める効果もあり、特にビタミンCと一緒にとると相乗効果でよりおすすめです。

ビタミンAや特に粘膜を強くし、紫外線から肌をしっかり守る機能を高めます。また紫外線による皮膜などへの攻撃に負けない力を強めます。ビタミンAはウナギやレバーに豊富に含まれていますが、緑黄色野菜からたっぷり摂れるβカロテンも体内で必要なときにビタミンAに変換されます。

他にも強力な抗酸化パワーにより、活性酸素を抑え紫外線が溜まるのを抑制します。抗酸化パワーを含む食品としては、アボカド、トマト、バナナ、にんにく、生姜、大豆製品、ブルーベリー、イチゴ、赤ワイン、カカオ、胡麻、アサイー、ザクロなどいろいろあります。

またトマトに豊富に含まれるリコピンはビタミンEの100倍の抗酸化力とも言われています。リコピンはメラニン色素が作られるときに必要なチロシンという酵素を抑制する効果もあるのです。また鮭やイクラ、オキアミ、エビ、カニなどの赤い色素も強力な抗酸化パワーを持っています。

紫外線対策に欠かせないオイル4選

コパトーン タンニング ウォーター

コパトーン タンニング ウォーター SPF2 200ml

スプレータイプの日焼け用ウータースプレー「コパトーン タンニング ウォーター」。しっかり日焼けしたいときに、ただ紫外線に当たっていればいいというものではありません。肌に炎症を起こす紫外線をカットし、きれいに早く日焼けができる化粧水です。ほんのりとしたココナッツの香りが、きれいな日焼けをお手伝い。

簡単に健康的に濃い日焼けができるウオータースプレーです。サッと一拭き、アロエベラ液汁が炎症をしっかり抑えます。

 

コパトーン ゴールデン タン オイルフリー ローション

コパトーン ゴールデン タン オイルフリー ローション (SPF4) 120ml

きれいにしっかり焼きたい人におすすめの「コパトーン ゴールデン タン オイルフリー ローション (SPF4) 120ml」。オイルなのにべとつかずにサラッとした使い心地。アロエベラ液汁配合により炎症をしっかり抑えます。またビタミンE誘導体も配合し、紫外線の悪影響を取り除いた日焼けオイルです。ウオータープルーフだから海やプールでもOK。

肌に負担を与えず、きれいにしっかり日焼けがしたいという人におすすめの、日焼けオイルです。

ホロホロジェル ゴールド

ホロホロジェル ゴールド

紫外線は怖いけど、やっぱり小麦色の肌は魅力的。そんなふうに思っている人は日焼けサロンなどの利用をおすすめします。紫外線に含まれている肌に害のある光線を除去し、紫外線に比べずっと肌への負担が少なく、ムラなくきれいに日焼けをすることができます。そんな日焼けサロン専用の日焼けクリーム「ホロホロジェル ゴールド」。

サラッとしたローションを付けるような使用感で、日焼けマシーンを使用するなら是非おすすめです。

 

コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ

コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ (SPF2) 120ml

サラッとした付け心地で紫外線の悪影響をシャットアウト。きれいな小麦色の肌に焼くことができる「コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ」。オイルタイプでないのでべとつかず、それなのに伸びは抜群です。ビタミンE誘導体であるトコフェロール配合で肌をしっかりケア。

皮剥け、赤み、炎症を起こさずにきれいにムラなく焼くことができます。体に害を受けずにきれいに日焼けをするなら、そのまま紫外線を当てないことは重要なことなのです。

日焼けオイルのおすすめ10選。特徴や選ぶためのポイント

まとめ

紫外線は怖いけど、やっぱり小麦色の肌に焼きたいと思っている人もたくさんいます。その場合でも、まず紫外線の怖さや、紫外線対策の方法などをしっかり知っておくことが大切です。その上で、紫外線の害を最小限に、肌をきれいにムラなく焼くようにしなければなりません。そして日焼け剤を使用しないときには、日焼け止めを行うことが必要です。

つまり日焼けをするから紫外線対策はしなくていいのではなく、日焼けをしたい場合も紫外線対策は絶対に必要であり、紫外線対策のできる日焼け剤を使用することが必須なのです。