【必見】まつ毛が短いのはなぜ?伸ばす方法を紹介!

まつげエクステやつけまつげ、まつげパーマなど、まつげを長く見せる方法がいくつもあり、気軽に目元を美しく、ゴージャスにできることができます。一方で、自まつ毛の短さや少なさに悩む人も多くなっています。

日常生活の中にも、まつげが短くなる理由が潜んでいます。今すぐ対策を行うためにも、なぜまつげが短くなるのか、長くする方法について、おすすめのつけまつげと合わせて紹介したいと思います。美しいフサフサまつげを目指すためにも、ぜひ参考にしてみてください。

まつげが短い理由

まつげの長さは人それぞれ、また、人種によっても異なりますが、短かったり、少ない理由には、以下の理由があげられます。

加齢によりまつげの長さが短くなる

年齢を重ねると、体調に不調が出るように、まつげも短く、少なくなってしまいます。特に、若い頃から濃いアイメイクをしてきた人は、負担をかけてきた分、時を経て短く、少なくなる傾向があります。通常、40代前後に、加齢によるまつげの短さなどを感じるようになると言われています。ただし、若い人でも早い段階から化粧をしている人の場合には、20代でもまつげがダメージを受けて、短く、少なくなってしまうことがあります。

まつげが傷んでいる

まつげが傷んでいる場合、主にアイメイクがその理由です。ビューラーで引っ張ることも影響を与えますし、落ちにくいマスカラやアイラインは、クレンジングの際に、まつげに大きな負担となります。また、落としきれないメイク汚れも、まつげの環境を悪くして伸びにくくする理由となります。

また、まつげエクステ・つけまつげ・まつげパーマも原因になります。まつげが短いと悩む女性にとって、非常に便利なエクステやつけまつげですが、その重みや接着剤によって、まつげにとっては負担がかかっている状態です。もちろん、まつげパーマも髪の毛のパーマ同様、まつげにダメージを与え、発毛の妨げとなる可能性があります。頻度を考え、ケアをしながら上手に活用する必要があります。

ストレスや睡眠不足によりまつげに影響が出る

ストレスや睡眠不足は、お肌だけではなく、まつげの成長にも影響を及ぼします。ストレスを溜め込み、良質な睡眠をとることができなければ、自律神経は乱れ、毛母細胞の働きが弱くなります。すると、まつげの発育や成長にも影響が出て、短いまつげとなってしまうのです。生活習慣を見直し、しっかりと栄養をとることが大切です。

遺伝によりもともと短い

まつげの短さや量は、遺伝に起因するところが大きくなります。両親の影響というよりは、人種による違いもあります。特に、日本人は欧米の女性に比べて約1.3ミリまつげが短く、また、本数も少ないといわれています。日本人女性の中でも短い・長い・量の多い・少ないには個人差はありますが、一般的に、日本人はもともとまつげが短い人種であるといえるでしょう。

まつげを長くする方法

日本人だろうと加齢だろうと、まつげを長くしたいという方は、以下の方法を試してみましょう。毎日の積み重ねで、まつげが健康になる環境を作り出すことで、少しずつでも改善に向かう可能性があります。

目の周りをマッサージする

まぶたや目の周りを、毎日丁寧にマッサージすることで、むくみやシワ、くま改善はもちろん、まつげの育成にも効果があります。マッサージによって、血行促進効果があり、育ちやすい環境を整えることで、まつげの育成にいい影響があると考えられるためです。

目の周りにホットタオルをあてて血行をよくしてからマッサージすると、より血行促進の効果を高まりますのでおすすめです。

まつげの健康にいい食事をする

まつげの健康にいいとされる栄養素には、タンパク質があります。タンパク質は、動物性と植物性をバランスよく摂取するようにしましょう。動物性タンパク質は、主に肉、魚、卵があり、植物性タンパク質には、豆類、穀物などがあります。両方を偏らないように、かけ合わせた食事を摂るように心がけるとよいでしょう。

他には、亜鉛やビタミンEなど、タンパク質の栄養価を引き立ててくれる栄養素となります。一緒に摂取するとよいでしょう。亜鉛は牡蠣やうなぎなどに多く含まれ、ビタミンEは、アーモンドやオリーブオイルに多く含まれます。

まつげを育成するサロンを受ける

まつげが短いという悩みを解決してくれる美容サロンがあります。まつげ育成のコースを受けることで、まつげ環境を改善して短いまつげにアプローチしてくれます。お金を払ってでも改善したい、あるいは、自分の力では難しいと思う人におすすめです。

まつげ美容液を使用する

短いまつげにお悩みの人に人気があるのが、まつげ美容液です。毎日のスキンケアにプラスするだけで、短かったまつげが長くなる、あるいは、量が増えると評判で、様々な商品が登場しています。効果には個人差がありますが、ドラッグストアなどで手軽に購入できますし、リーズナブルな商品も多く出回っています。自宅で毎日ケアしたいという方は、試してみてはいかがでしょうか。

まつげを長くするためのおすすめ商品

DHC 亜鉛 60日分

普段の食事でこれらの成分をなかなかとらないという方にはサプリメントでの摂取もおすすめです。
サプリメントの摂取によって栄養がまつ毛にもいきわたるので、健康な強いまつ毛を手に入れましょう。

スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム

独自開発のラッシュDカプセルを配合することで美容成分の浸透力を特化させた美容液です。オイル・アルコール・シリコン・パラベン・合成香料・合成着色料・界面活性剤不使用で目元に優しい設計で、まつげエクステやまつげパーマをしている方でも使用できる優れもの。

また、ミニオンやディズニーキャラクターとのコラボパッケージも展開しています。

アンファースカルプD まつ毛美容液プレミアム版 ピュアフリーアイラッシュセラム

こちらも同じくスカルプDの商品。ピュアフリーアイラッシュの目元に優しい設計・まつげエクステまつげパーマOKという点はそのままにしつつも、マツ育成分はなんとピュアフリーアイラッシュの二倍配合。より効果を実感したい人にはこちらがおすすめ。

フローフシ THE まつげ美容液

まつげケアのカギはまぶたの血流環境にあることに着目。まつ毛とまぶた両方の環境を整えることができる美容液です。まつげ美容液といえばまつ毛にそのまま塗るマスカラタイプやチップタイプが主流ですがフローフシのまつげ美容液はなんと指で塗るだけのクリームタイプでまつ毛だけでなく目元ケアにも◎。独自成分のエンドミネラルを配合し、シリコン・オイル・パラベン・アルコール・着色料・人工香料・鉱物油・界面活性剤・紫外線散乱剤・グルテンは不使用の目元に優しい設計。まつげエクステとの相性も良く、さらに眉毛への使用も可能です。

 

まつ毛が長くなるまではつけまつげでカバーしよう

 

まつ毛を育毛している間、メイクなどにはつけまつげを使ってカバーしてみましょう。ここではおすすめのつけまつ毛を紹介します。

倖田來未つけまつげ ラブシェリ

倖田來未つけまつげ ラブシェリ by D-UP アイラッシュ03 スウィートstyle

倖田來未つけまつげ ラブシェリは、その名の通り、アーティストの倖田來未プロデュースのつけまつげです。カッコよさ、セクシーさを表現したラインとなっており、目元をくっきり際立たせ、目元の存在感をアピールする、グラマラススタイルです。

ロージーローザ つけまつ毛

ロージーローザ つけまつ毛3PS1

ロージーローザ つけまつ毛は、はじめての方でも扱いやすい、根本が柔らかい設計となっています。自分の目幅に合わせてカットしたり、小さくカットしてポイント使いにも使用できます。丁寧にグルーを取り除けば、繰り返しの利用も可能です。

ディーアップ アイラッシュ リッチ

ディーアップ アイラッシュ リッチ 807

ディーアップ アイラッシュ リッチは、目尻のボリューム・横長ぱっちり目元に。毛束感にこだわった、インパクトのあるつけまつげです。しっかりとした毛根ですので、目元を大きくぱっちり見せてくれます。細い束感が特徴で、目尻長めのロングタイプ。

まとめ

まつげが短い理由には、加齢やストレス、睡眠不足、まつげが傷んでいるなど、生活習慣による影響も関係しています。目の周りをマッサージしたり、食生活の改善、サロンや美容液を活用して、まつげが育ちやすい環境を整えてあげることが大切です。