ディープクレンジングはセルフでできる!メリットとやり方

毎日きちんと洗顔していても、クレンジングや洗顔料では落としきれない汚れがあります。汚れをそのままにしておくと毛穴詰まりを起こし、それがニキビや炎症に発展する可能性もあります。

どんなに丁寧に洗っていても落としきれない汚れは、ディープクレンジングで落としましょう。この記事では、ディープクレンジングをセルフで行う方法、メリットなどについてご紹介していきます。

自宅でできるディープクレンジングのやり方

自宅でできるディープクレンジングのやり方を、詳しくご紹介していきます。疲れた肌を癒すため、週に1度は実践する事をおすすめします。

蒸しタオルまたは専用のスチーマーで毛穴を開く

ディープクレンジングをする前に、顔を温めます。専用のスチーマーを使うと便利ですが、なくても蒸しタオルで代用できます。蒸しタオルを使う場合は、温度に注意してください。

タオルを濡らして軽く絞り、ラップに包んでレンジで30秒~1分温めます。目安は熱過ぎず、気持ちいいと感じるくらいです。蒸しタオルを顔に乗せ、しばらく置きます。顔がポカポカしてきたら次のステップに進みましょう

クレンジングバームを手に取り、顔になじませる

クレンジングバームを適量手に取り、顔に優しくなじませて落としていきましょう。クレンジングバームはすぐにメイクとなじむのでおすすめ。メイクの濃い人にはぴったりでしょう。

水で濡らしたコットンで顔全体のクレンジングを一度拭き取る

水で濡らしておいたコットンで、顔全体のクレンジングを一度拭き取ります

パックをする

保湿成分を含んだパックを、顔にしっかり貼り付けましょう。お肌表面を柔らかくして、より汚れを浮かせやすくします。

再び顔にバームをつけ、水で濡らしたコットンで拭き取る

4~5分程度時間をおいたらパックを外し、再び顔に適量のバームをつけ、優しくなじませて落としていきましょう。顔全体の汚れを落としてしっかりとディープクレンジングできたら、水で濡らしたコットンで落とした汚れを拭き取ります。

手の力を抜いて、くるくると優しくなじませておとしましょう。コットンで拭き取る事によって、しっかりと汚れを絡め取ることが出来ます。

冷水で洗い毛穴をしめ、タオルオフする

仕上げに冷水で顔をしっかりと洗って毛穴を引き締め、タオルを優しく顔に当てるように水分を取り除きましょう。

完了

自宅でできるディープクレンジングの完了です。

いつもより念入りに洗顔するので、肌は乾燥しやすい状態になっています。洗顔後は丁寧に保湿ケアをしましょう。ディープクレンジング後の保湿ケアには、フェイスパックがおすすめです

毛穴がツルツルになる洗顔方法

もっちり泡を作って、毛穴がツルツルになる洗顔方法をご紹介していきます。濃密な泡を作ることで、肌と汚れにアプローチする面積を増やす事が可能。汚れを浮かせて包む事で、きれいに落とす事ができます。

洗顔料を泡立てネットで泡立てる

適量の洗顔料を、泡立てネットでしっかりと泡立てていきます

空気を含ませながら、少しずつ水を足していく

空気を含ませながら少しずつ水を足していき、調節しながらきめ細かい泡を作りましょう。弾力のあるやや硬い泡になればOKです。

顔に泡を乗せ、肌に触れないように優しく撫でるように洗う

顔に泡を乗せ、指が肌に触れて摩擦が起こらないように、優しく撫でるように洗いましょう。

横に向かって手を動かし、ゆっくり1分間ほど洗顔する

横に向かって手を動かし肌の上で泡を転がして、ゆっくり丁寧に1分間ほど洗顔します。

洗い流し、冷水でよく毛穴を締める

ぬるま湯でしっかりと泡を洗い流し、最後は冷水で何度も洗って、毛穴をよく締めましょう

完成

以上で、毛穴がツルツルになる洗顔が完了です。

肌の肌理(キメ)をよくするにはスキンケアが重要!

ニキビ肌や乾燥肌にも効果的な、肌の肌理(キメ)をよくするスキンケアの方法を詳しくご紹介していきます。濃密な泡で肌の奥の汚れをしっかり取り除いたら、その後のスキンケアの効果も倍増するでしょう。

顔を水ですすぐ

まずは、顔を水ですすいでおきましょう。

ネットにクレンジング剤を1cmほど出し、よく擦り合わせる

水で濡らした洗顔ネットに、クレンジング剤を1cmほど出します。空気を含ませながらよく擦り合わせ、しっかりと泡立ててきめ細かい弾力のある泡を作りましょう。

泡を顔に置き、肌に触れないように優しく洗う

ネットから泡を搾り取り、顔全体に泡を乗せ、指が肌に触れて擦らないように、優しく撫でるように洗っていきます。洗い終わったら、ぬるま湯でしっかりと泡を洗い流しましょう。

先行美容液を手のひらに出し、よく顔に馴染ませる

先行美容液を手のひらに適量出し、顔全体を手の平で包み込むように、優しくプレスしてよく馴染ませます

コットンに化粧水をひたひたに浸し、肌にしっかり馴染ませる

コットンに化粧水をひたひたになるまでたっぷりと浸し、顔全体に優しくパッティングして、肌にしっかりとなじませましょう。

軽くハンドプッシュをする

手の平を使い顔全体を軽くハンドプッシュして、化粧水を肌の奥までしっかりと浸透させましょう。

10~15分パックをする

保湿成分のあるパックを顔にしっかりと貼り付け、そのまま10~15分程度時間をおきます

保湿ジェルで肌に蓋をする

保湿ジェルを適量手に取り、顔全体に優しく滑らせるように塗ってなじませ、肌にふたをしましょう。

完成

以上で、肌の肌理(キメ)をよくするスキンケアが完了です。

ディープクレンジングとは

画像引用元:latte

そもそもディープクレンジングとは、いったいどのようなことを指すのでしょうか? 名前は聞いたことがあるけど、どういうものかは詳しくは知らないという人も多いでしょう。ここではディープクレンジングの特徴を紹介します。

古い角質や毛穴の汚れを落とすことが目的

毎日クレンジングや洗顔をしていても、毛穴の奥の汚れまではなかなか落とせません。

洗顔をすれば一見綺麗になったように思えるもものの、実は目に見えない部分の汚れまでは落としきれていないのです。通常のクレンジングや洗顔では落としきれない汚れに対応するクレンジングが、ディープクレンジング。

毛穴の奥の汚れだけでなく、古い角質もオフして肌のくすみやゴワつきを落とすことが期待できます。ディープクレンジングをしたあとは、肌がスッキリとしているのを実感できるでしょう。

エステにいかなくてもセルフでできる♪

ディープクレンジングはエステでも施術が受けられますが、わざわざエステに行かなくても自宅で簡単にできます。特別な洗顔というイメージから、「難しい」とか「自宅ではできない」と思われがちですが、実は意外に簡単です。

自宅で定期的に毛穴の奥の汚れや古い角質をケアすることができます

ディープクレンジングのメリット

画像引用元:latte

メイクの汚れだけではなく、肌に残っている古い角質や毛穴につまった脂などの汚れを落とすのがディープクレンジングです。通常のクレンジングや洗顔方法と何が違い、どのような美肌力が期待できるのでしょうか?

毛穴の汚れや黒ずみを除去する

画像引用元:latte

毛穴に汚れがたまると毛穴がボツボツと目立ってきて、表面が酸化すると黒ずんできます。毛穴がボツボツとしているだけで目立つのに、さらに黒ずみまであるととても汚く見えてしまうもの。

ディープクレンジングならこのような毛穴の汚れや黒ずみを、スッキリと除去することができるでしょう

肌のターンオーバーを促す

画像引用元:latte

ディープクレンジングは肌を温めてから行います。温めることで血行が促進され、肌細胞も活性化しやすくなります。ディープクレンジングをしない日も、クレンジングの前に顔を温めておくと毛穴が開き汚れが落ちやすくなります。

温めることでターンオーバーを促す力も期待できるので、普段の洗顔にもおすすめです。

血流がよくなるのでくすみやクマにもよい

肌を温めることで血行が促進されれば、くすみやクマも解消されます。顔色が悪くくすみがちな人は、血行不良を起こしている可能性が高いでしょう。顔を温めてディープクレンジングすることで血行が改善され、顔色をよくすることができます。

肌が柔らかくなり美容成分が浸透しやすくなる

画像引用元:latte

ディープクレンジングで古い角質を除去することで、肌が柔らかくなってくるのを実感できるでしょう。スキンケアの美容成分の浸透も良くなり、角質層まで浸透して美肌効果が高まるでしょう

ディープクレンジングの注意点は?

画像出典:LATTE

ディープクレンジングをする際には、いくつかの注意点があります。肌をいたわるために、次のことには注意してください。

週に1回程度にする

毛穴のボツボツや黒ずみが気になるからといって、毎日ディープクレンジングをすると、肌に負担をかけてしまいます。目安は週に1回程度にしてください。それほど汚れが気にならない場合は、月に1~2回くらいでも十分です

マッサージをする時は指の腹を使ってやさしく

画像出典:LATTE

クレンジングクリームやオイルでマッサージをするときは、力を入れず指の腹で優しくクルクルと円を描くようにしましょう。肌に刺激を与えないよう優しく丁寧に行うことが基本です。

タオルで顔を拭くときは擦らずやさしく押さえるように

ディープクレンジング後に洗い流して顔を拭くときも、注意が必要です。タオルを使うときはゴシゴシと擦らず、タオルを軽く顔に押し当てるように水気を拭き取りましょう。

おすすめのディープクレンジング商品4選

画像引用元:latte

ここからは、おすすめのディープクレンジングを4点、紹介しましょう。ぜひ自分の肌に合ったディープクレンジングを見つけてみてください。

ディープ クレンジング オイル(アルガンオイル75%配合)


アルガンオイルを75%以上と贅沢に配合したクレンジングオイルです。モロッコに古くから伝わるアルガンオイルは高級美容オイルとして知られ、汚れを落としながら必要な潤いは残してくれます。

ダブル洗顔不要という手軽さも魅力的。ダマスクローズの優しい香りに癒やされるでしょう。

サンタマルシェ ディープクレンジング


ピーリングにも使用されているAHAや蒟蒻スクラブ、天然洗浄成分のキラヤ樹皮エキスを配合しているディープクレンジングです。毛穴の奥の汚れ落としに効果的な重曹天然美肌成分を配合しているので、ダブル洗顔も不要。

濡れた手でも使えるなど、使い勝手のいいクレンジングです

d プログラム ディープクレンジングオイル


普通のクレンジングではなかなか落とせないマスカラなどのアイメイクも落とせる、ディープクレンジングオイルです。オイルタイプなのでメイクによくなじみ、重ねづけマスカラや毛穴に落ち込んだファンデーションもしっかり落とせます

サンタマルシェ ホットジェルクレンジング


顔になじませていくとポカポカと温かくなる、温感タイプのクレンジングジェルです。温感ジェルが毛穴を広げ、配合されている重曹が毛穴の奥の汚れをしっかりと落としてくれるでしょう。

ダブル洗顔不要で簡単にお手入れができるのも魅力。天然成分の重曹を使用しているので、敏感肌や乾燥肌の人も安心して使えます。古い角質を落としてくすみが取れるので、顔色がワントーン明るくなるのを実感できるでしょう

まとめ

ディープクレンジングは、通常の洗顔では落としきれない毛穴の奥の汚れを落とすための特別な洗顔です。定期的に行うことで肌トラブルを防ぎ、すこやかで美しい肌をキープできるでしょう。

自宅でも手軽にできるので、毛穴の汚れが気になり出したときにぜひ試してみてください。