トリートメントの効果!正しく使ってしなやかな髪を手に入れる

シャンプーを使った後に使用するものに、トリートメントがあります。シャンプーは頭髪についている汚れやほこりを取り除き、頭皮の汚れを洗い流す働きがあります。トリートメントは、頭髪や頭皮を保護するために使用するものです。

シャンプーで髪の毛をキレイにしても、しなやかな髪の毛を手に入れることはできません。トリートメントをすることで、しなやかな髪の毛を手に入れることができるのです。

今回は、トリートメントの効果や使い方を紹介していきます。

トリートメントの基本的な効果

髪の毛にバリア効果をもたらす

トリートメントには、髪の毛の表面をコーティングして髪の毛を保護する働きがあります。バリア機能が付帯されることにより、髪の毛と外気との接触が少なくなるため、ダメージを減らすことができるのです。髪の毛は常に外気にさらされていることや、頭皮の毛穴から分泌する皮脂が原因となって汚れやすくなっています。トリートメントをすることで、きれいな髪の状態を維持できます。トリートメントの種類によっては、長時間にかけて効果を発揮するものもあります。

髪の毛を修復する

カラーリングやパーマ、スタイリング剤の使用など、髪の毛が傷んでしまう原因にはいろいろあります。髪の毛を傷んだ状態で放置していると、髪の毛がパサついてしまうことや薄毛の原因になります。健康的な髪の毛を維持するためには、髪の毛に栄養分を与えることが大事です。トリートメントの中には、髪の毛の保護成分が配合されています。この成分の働きによって、傷んだ髪の毛を修復して健康的な髪の毛を維持することができるのです。

髪の毛の潤いをもたらす

トリートメントには、潤い成分が多く配合されています。潤い成分が頭髪に浸透することで、髪の毛の内部から潤いを与えることができます。リンスやコンディショナーのように、表面だけ潤いを持たせるわけではないので、効果の継続時間が長いのも特徴です。効果が長続きすることで、トリートメントとトリートメントの間隔を空けることができます。髪の毛に潤いを与えることで、若々しい髪の毛をキープできます。シャンプー後のキシキシした髪の毛も補修します。

市販と美容室のトリートメントの効果を比較

市販で販売されているトリートメントの効果

トリートメントは、市販でも多く販売されています。ドラッグストアに置いているものを購入する方法や、通販サイトで販売されているものを購入する方法もあります。市販で販売されているトリートメントでも、しっかり髪の毛の補修効果や潤い成分を与えることができるので安心です。一方、市販で販売されているトリートメントは種類が多いため、自分の頭皮や頭髪にあったものが分かりにくいデメリットもあるので注意しましょう。

美容室で使用するトリートメントの効果

トリートメントは、美容室でも行うことができます。美容室のトリートメントと言っても、市販で販売されているものを使っている場合がほとんどです。しかし、美容室の場合は頭髪や頭皮のタイプに適したトリートメントを使ってくれるので、高い効果があることや安心して使用できるなどのメリットもあります。

髪の毛の傷みが気になる人や、頭皮の荒れが気になる人にはおすすめです。特にカラーリングやパーマ後に使用するトリートメントは、専門家に選んでもらった方が安心できます。

コスパで比較

市販で販売されているトリートメントは、安い代わりに種類が多くて自分の頭皮や頭髪に適したものが選びにくいデメリットがあります。一方、美容室のトリートメントは自分の頭皮や頭髪に適したものを選んでくれる代わりに、費用は高めに設定されているのがデメリットです。普段は市販で販売されているトリートメントを使い、髪の毛の傷みが気になるときに美容室でトリートメントしてもらうなど、状況に応じて使い分けるのがコスパの比較で重要になります。

トリートメント効果を得るための正しい使い方

髪質に適したものを使う

どれだけ評判のいいトリートメントでも、自分の髪質に適してないと十分な効果を得ることができません。トリートメントの効果を得るためには、自分の髪質に適したものを使用するのがポイントです。髪質には、太い毛、細い毛、硬い毛、柔らかい毛に分けることができます。太い毛や硬い毛になると、トリートメントが浸透するまでに時間がかかります。洗い流さないタイプのように、しっかり髪に浸透できるトリートメントを選ぶとよいでしょう。

髪の毛の水分を減らして使う

髪の表面に潤いを与えるトリートメントの成分は、油分が中心になります。水と油は交わらないため、髪の毛に水分が残ったままの状態でトリートメントを使用すると、髪の毛の水分に潤い成分がはじかれてしまいます。トリートメントを使用する場合は、シャンプー後に残った髪の毛の水分をタオルでふき取ってから使用しましょう。タオルで髪の毛の水分を減らす場合は、ごしごし拭かないことが大切です。ソフトに拭きあげていきましょう。

流すタイプのトリートメントはすすぐ

トリートメントには、洗い流さないタイプと洗い流すタイプがあります。洗い流さないタイプなら、使用したままの状態で問題ありません。一方、洗い流すタイプの場合は、しっかりと水ですすぐ必要があります。洗い流すのは水なので、油分であるトリートメントの潤い成分が流れる心配はありません。すすぐことによって、ちょうどいい潤い感になります。すすぐときはゴシゴシすすぐのではなく、ゆっくりすすいで地肌を傷つけないようにしましょう。

トリートメントの放置時間

浸透効果があるトリートメントなら、つけてからすすぐまでの時間は少し長めにおきましょう。商品によって放置時間は変わるため、パッケージに記載されている時間を参考にすることが大切です。余分に放置したからと言って、浸透効果が高まるわけではありません。浸透時間を余分に取ることで、髪の毛にべたつきが生じてしまうため気をつけましょう。トリートメントの使用は、用法や用量をきちんと守って使用しましょう。

効果が期待できるおすすめのトリートメント

ラックス スーパーリッチシャイン ダメージリペア リッチ補修 トリートメント (傷んだ髪に) 180g

ラックス スーパーリッチシャイン ダメージリペア リッチ補修 トリートメント (傷んだ髪に) 180g

ダメージが進んだ髪の毛も、毛先までしっかりツヤを出してキレイにできます。クレンジングした髪の毛に対し、濃厚トリートメントが髪の毛に潤いを与えてダメージを受けた髪の毛を修復していきます。

ゴールドアルガンオイルが配合されており、これらの成分が髪の補修と保湿を促します。トリートメント効果が高い商品で、カラーリングやパーマをした後でも使用できるのが特徴です。頭皮や頭髪に与える影響も小さくなっています。

ハーバルエッセンス なめらかスムース 集中トリートメント 200g

ハーバルエッセンス なめらかスムース 集中トリートメント 200g

ローズの香りが特徴のトリートメントです。ツバキオイルやピンクローズの成分が配合されており、乾燥してごわつきを抑える働きがあります。

まとまりにくい髪の毛をしっかりまとめる効果があるのも特徴です。べたつき感も少なく、髪の毛を乾かした後はサラサラで指通りもなめからです。

大手メーカーのハーバルエッセンスが販売している商品ということもあり、信頼性にも優れています。髪が傷んでいる人も安心して使用できる商品です。

ルベル ナチュラルヘアトリートメント RP(ライスプロテイン) 720ml

ルベル ナチュラルヘアトリートメント RP(ライスプロテイン) 720ml

植物由来の天然成分が多く含有されていて、髪の毛が必要としているプロテインと油分を与えるトリートメントです。髪の毛に潤いを与えるのは、栄養価が高いハチミツになります。

トリートメントを使用した後の、髪の毛の触り心地は非常にサラサラしています。肌に優しい成分で組成されているため、使用した後の痒みが少ないのも魅力です。

カラーリングやスタイリング剤で髪の毛が傷んでいる人も、安心して使えるトリートメントです。

まとめ

トリートメントには髪の毛の健康や美容成分が多く含まれています。正しくトリートメントをすることで、髪に潤い効果や髪の修繕効果を与えます。

トリートメントは自分の髪質に適したものを使用しないと、十分な効果を得ることができません。どんなトリートメントが適しているのか気になる場合は、美容室に行ってトリートメントしてもらうのもよいでしょう。