ブラウンアイライナーで女性らしくやわらかな目元を

パッチリとした大きな瞳、訴えかけるような目力、など、アイメイクは女性をより魅力的に見せる重要なものです!ナチュラルメイク、キャット風小悪魔メイク、たれ目メイク、キリリとした切れ長目メイクなど、アイラインの引き方ひとつでイメージを変えることができちゃいます♡

アイラインと言えばブラックが定番ですが、最近のトレンドメイクではブラウンアイライナーを使った柔らかく優し気な目元をつくるのが流行っています。そこで、女性らしく柔らかな目元をつくることができると評判のブランアイライナーを使うメリットやアイシャドウとの関係などについてご解説します!

ブラウンアイライナーのよさとは

目元をキリリとした印象にすることでどちらかというときついイメージになりがちなブラックアイライナー。使い方によっては、大きな瞳を強調したいのに目が小さく見えてしまうこともあります。一方で、肌色にも自然になじむブランアイライナーは、柔らかく優し気なイメージを演出するのにも向いています。

引き締め効果のあるブラックと比べると柔らかくほのぼのとした色調で優しさが伝わるブラウン。ナチュラルメイクが主流となりつつある現代で、注目を浴びているブラウンライナーのメリットや効果についてご説明します!

ブラックのアイライナーだと目が小さく見える


アイライナーというと、ほとんどの方は迷うことなくブラックを選ぶことでしょう。太っている方が膨張色である白い洋服を着るよりも黒い洋服を着た方が細く見えるように、黒色には引き締め効果や縁取り効果があります。

アイラインでも目元を引き締めてクールでキリッとした印象を与えることができますが、きつく見えることもあります。また、引き締め効果があることから目の小さい人はさらに目が小さく見えるというデメリットもあり、一重で目が小さい人には向きません。

ブラウンアイライナーで目を大きく見せる

ブラウンは引き締め効果のあるブラックとは異なり、ぼんやりとした膨張効果がある色です。黒目があることからアイラインにブラックを使うことで瞳が大きく見えると考えがちですが、実は瞳に黒いフレームを付け加えることで目が小さく見えることがあるのです。

膨張効果のあるブランアイシャドウを使えば、ブラックアイライナーを使うよりも瞳や目のフレームを大きく見せることができます。また肌色にブラックが入るのとブラウンが入るのとでは、ブラウンの方が肌なじみがよく目元が浮くこともありません。

優しくナチュラルな印象に仕上がる

ブラウン系はアイシャドウやベースメイクでも多用されているように肌色にとてもなじみがいいものです。違和感がなく使え、それだけで柔らかく優しい印象を与えることができます。派手なメイクをしたいのであれば別ですが、今流行りのナチュラルメイクであればブラックよりもブラウンの方が断然おすすめです。

一口にブラウンのアイライナーといっても、ダークブラウン、ライトブラウン、ピンクブラウンなどさまざまなカラーバリエーションがあるため、ナチュラルメイクであっても少し派手目に、可愛らしく、クールビューティーに、などなりたい目元に合わせて選ぶことも可能です。目元を強調したいのであれば、ダークブラウンでも十分目力を演出することできます。

ブラウンアイライナーと相性のいいアイシャドウの色は?

アイライナーには、まつ毛の間を埋めて密集した濃いまつ毛であるように見せるという大切な役割があります。アイライナー単独で目元メイクに効果を及ぼすものですが、アイシャドウと組み合わせることで相乗効果を得ることも可能です。

アイシャドウの粉がアイラインをカバーすることによってアイラインがにじんだり落ちたりしにくくなるというメリットの他に、アイシャドウのカラーによってブラウンアイライナーを際立たせたり、グラデーション効果を得たりすることもできます。そこで、ブラウンアイラインナーと相性のいいアイシャドウのカラーについて説明します。

ブラウン×ブラウンは外れなし

shihoさん(@shiho.34)がシェアした投稿

ブラウンのアイシャドウは、目元を優しく柔らかに見せるとともにナチュラルな仕上がりにできる人気のカラーです。ビジネス、プライベートなどのシーンを問わずに活躍してくれるのも大きな魅力です。

ブラウンのアイシャドウはブラックのアイラインとも合いますが、ブラウンアイライナーを使うことによってより柔らかな印象を与えることができます。コンサバメイクでもブラックよりブラウンのアイライナーを使った方がより上品に仕上げることができます。ナチュラルな仕上がりなら明るめのブラウン、目元を強調したいのであればダーク系ブラウンを使用するといいでしょう。

華やかに見せたいならゴールド系を

ブラウン系のアイシャドウであれば、優しい印象や跳ね上げラインをつくったキャットメイクでも目元が浮くことなく上品に仕上げることができます。何よりも肌になじむ色であるためスッピンに近いナチュラルメイクでも失敗がありません。

パーティーメイクなどで華やかなイメージを演出したいのであれば、ゴールド系のアイシャドウがおすすめです。小さめのラメが入ったゴールドアイシャドウであれば、キラキラメイクも思いのままでしょう。目尻から黒目の上の部分に向かって、次に目頭から黒目の上の部分に向かって2回に分けてブラウンアイライナーを入れることでギラギラしすぎない華やかアイメイクをつくることができます。

ピンクアイシャドウで女性らしく

maho___.さん(@ymmtmh)がシェアした投稿

ボルドーに近い明るめのピンク系ブラウンアイシャドウは、ソフトな女性らしさを演出したいときにぴったりです。ピンクにベージュが入ったアイシャドウは、肌へのなじみもよくブラウンアイライナーを目尻から斜めになるようにラインを引き、目尻側の下まぶたにもラインを引くことで瞳が大きく見えます。

ピンク系のパステルカラーやナチュラルカラーのアイシャドウとブランアイライナーを合わせても相性がよくオシャレ度をアップすることができるでしょう。ピンクアイシャドウとブラウンアイライナーの組み合わせでハーフ顔メイクにチャレンジしてみるのもおすすめです。

ブラウンアイライナーにまつわるあれこれ

可愛らしさや柔らかさ、優しさを表現するのにピッタリなブラウンアイライナー。ブラックアイライナーではきつくなりすぎる、髪の色や肌の色に合わないという方に特におすすめです。

アイライナーだけをブラウンに変えても髪の色や眉の色、まつ毛の色とちぐはぐだと統一感に欠けてどこか浮いている印象を与えてしまいます。そこで、ブラウンアイライナーを使う際に注意すべきポイントやブラウンアイライナーで誤解されやすい点などについて説明します。

アイブロウやマスカラもブラウンを選ぼう

mamiさん(@mami_co3)がシェアした投稿


アイメイクの代表的なアイテムには、アイライナー、アイシャドウ、アイブロウ、マスカラがあげられます。アイライナーは、目を大きく見せるだけでなく使い方次第ではたれ目や猫目、切れ長の目などの変化を付けることもできます。一方で、アイブロウは眉毛の足りない部分を補ったり、カラーを変えたりするもの、マスカラはまつ毛を濃く、長く、場合によってはカールしているように見せるものです。

金髪の人が黒い眉毛が似合わないように、アイメイクでも色の統一感がないと浮いてしまうことになります。同じブラウン系でもさまざまな色調があるため、立体感を出す、ナチュラルメイクを目指すなどの目的に合わせて、アイライナーだけでなくアイブロウ、マスカラも同じブラウン系に統一するようにしましょう。

ナチュラルメイク=薄いメイクではない

最近は、バッチリキメキメメイクよりも素肌感を活かした艶肌メイクやナチュラルメイクに注目が集まっています。ナチュラルメイクというとスッピンに近い薄いメイク、場合によっては手抜きメイクと思われがちですがそうではありません。

肌の色や肌質を重視してメイクアイテムを重ね塗りするのではなく必要最小限に抑えることとともに、素肌感を演出できるようなカラーを選ぶことが大切です。ナチュラルメイクでは、肌の色になじみやすいブラウン系をベースとすることが多く、アイシャドウやアイライナーもブラウン系でグラデーションをつくることで自然な仕上がりで目元の存在感をアピールすることができます。

黒髪の人はダークなブラウンを

shihoさん(@shiho.34)がシェアした投稿

金髪の人に真っ黒な眉毛やブラック系のアイライナーが合わないのと同じように、黒髪の人に明るすぎるブラウンのアイライナーやアイシャドウは合いません。ナチュラルメイクを目指してメイクをブラウン系にしたいのであれば、明るめのブラウンではなく、暗めのブラウン系でまとめるとメイクとヘアのミスマッチを抑えることができます。

また、アイブロウやマスカラなども明るくなり過ぎると浮いて見えるので、髪の色に合わせて目元全体をダーク系のブラウンでまとめるようにするといいでしょう。

おすすめ商品

ブラックアイライナーよりも自然で柔らかな目元を演出してくれるブラウンアイライナーは、きついイメージを与えるメイクが苦手な方やナチュラルメイクを目指す方に向いています。ブラウン系にもさまざまなトーンがあるので、明るくオシャレな目元だけでなく、ダークなカラーで落ち着いた存在感のある目元を演出することもできます。

ネットでもブラックアイライナーとともにナチュラルな仕上がりとなるブラウンアイライナーが人気です。柔らかなイメージをずっと長持ちさせることができる汗や皮脂に強いタイプのブラウンアイライナーをはじめとするおすすめの商品を紹介します。

プルレシル リキッドアイライナー チョコレートブラウン

プルレシル リキッドアイライナー チョコレートブラウン

発色、吸着性に優れたリキッドタイプのアイライナーで、水や汗、皮脂に強く朝引いたラインが夕方までにじんだり落ちたりすることがありません。高分子ポリマーが配合されているため、付けた瞬間に肌にフィットするとともに速乾性に優れていることから重ね塗りも可能です。

しなやかな極細筆は初心者にも使いやすく、長く使用しても筆先が広がることもありません。ブラックよりも優しく落ち着いたダークブラウンのカラーは、ブラウンだけでなくグレー系のアイシャドウともなじみます。専用のクレンジング剤を使用しなくてもお湯だけで簡単に落とすことができるのも魅力です。

ナチュラグラッセ アイライナーペンシル 02 (ブラウン) チップ付き

ナチュラグラッセ アイライナーペンシル 02 (ブラウン) チップ付き

チップ付きのアイライナーであるため、くっきりとした極細ラインだけでなくぼかしてナチュラルメイクをするのにも向いています。100パーセント天然植物由来成分を配合しているため、皮膚が薄くデリケートなまぶたにも安心して使用することができます。

筆先が柔らかくしなるためスルスルと描き心地がよく、アイライナー初心者の方でも扱いやすいのも魅力です。美しいラインは時間が経ってもにじみにくく朝から夜まで長持ちするため、何度もメイク直しする必要がありません。

プリオール 美リフトアイライナー ブラウン

プリオール 美リフトアイライナー ブラウン 0.13g

しっととり滑らかなテクスチュアのクレーム芯を採用したペンシルタイプで、繰り出し式で簡単に使用することができます。まつ毛の間を埋めるように描くことで目元がどきつくなることがなく、自然なくっきりとしたイメージを演出することができます。
肌になじみやすい色味でビジネス、プライベートなどのシーンを選ばずに日常的に使用できるアイライナーです。美容オイルが配合されており、アイライナーで肌トラブルが起きやすい目元の肌をしっかりとケアしてくれるのも嬉しいポイントでしょう。

まとめ


アイライナーは、アイシャドウやマスカラなど数多くのアイメイクアイテムがあるなかでも目元の印象を大きく左右するものです。一般的には目元をキリッと見せるためにブラックアイライナーが使用されることが多いものですが、ナチュラルメイクや柔らかく優しい目元を演出するには、ブラックよりもブラウンアイライナーの方が向いています。

ブラウンアイライナーは、アイシャドウやアイブロウなどの他のアイメイクアイテムと合わせて使用することでよりナチュラルな仕上がりになります。ブラックよりも目を大きく見せる効果もあるブラウンアイライナーの使い方をマスターして、女性らしくて柔らかな目元を演出できるようになりましょう。