アイシャドウのグリーンは難しい?肌色に合う選び方と上手に使いこなすポイント

イエローベースの肌は、日本人女性の特徴です。イエローベースの女性の肌に合うアイシャドウは、ライトブラウンやカーキなどのナチュラルカラーですが、実は、グリーンのアイシャドウも日本人女性の肌の色にとてもよく似合うんですよ。
  • グリーンアイシャドウの特徴
  • 肌色にあったグリーンアイシャドウの選び方
  • グリーンアイシャドウを上手に使いこなすポイント
  • オススメのグリーンアイシャドウ

などについて紹介します。

グリーンアイシャドウは上級者向け?その特徴とは

画像引用元:latte 

「グリーンカラーのアイシャドウは難しそう」と思っている女性は多いかもしれません。でも実際に付けてみると、予想以上の自然な仕上がりに驚くはず。グリーンのアイシャドウの特徴、おすすめする理由についてまとめました。

日本人の肌との相性がいい

画像引用元:latte 

イエローベースの肌に反対色のブルー系やパープル系のアイシャドウを付けてしまうと、とても浮いてしまいます。グリーン系のアイシャドウならイエローと同系色なので、日本人の肌の色によくなじみます。

ナチュラルメイク派の割合が多い日本人女性。落ち着いたなかにもセンスのよさを感じさせるグリーンのアイシャドウは、とてもおすすめのアイテムです。

豊富なカラーバリエーションでどんな人でも似合う

グリーンアイシャドウには様々な種類の質感や色味があるので、どんな雰囲気の女性でも合わせることができます。

  • マットなグリーン・・・ナチュラルメイクに合わせやすく、派手にならない
  • ラメの入ったツヤのあるグリーン・・・品がある華やかさ
  • 淡いグリーン・・・若々しい印象になる
  • 濃いグリーン・・・落ち着いた印象になる

一番大切なのは、自分に一番似合うグリーンを見付けること。TPOに合わせてグリーンのトーンを変えれば、違った雰囲気のメイクを作ることもできますよ。

春の季節に取り入れるのにぴったり

画像引用元:latte

春になるとうきうきと気分も上がってくるものです。メイクもファッションも、つい明るめのカラーを選びたくなりますよね。春らしいパステルカラーのファッションに合わせやすいのが、グリーンカラーのアイシャドウです。春には植物も青々と茂ってくるので、なおさらグリーンのアイシャドウがなじむのです。

肌色にあったグリーンアイシャドウの選び方

一言でグリーンアイシャドウといっても、実際にはいろんな種類があります。自分に一番似合うグリーンがどの色味なのかを知っておく必要がありますね。まずは自分の肌の色をよく調べておくことがポイントです。あなたの肌の色に合うグリーンアイシャドウの選び方について見ていきましょう。

パーソナルカラーを知ろう

グリーンのアイシャドウを購入する前に、自分のパーソナルカラーを細かく診断しておきましょう。パーソナルカラーを知っておくことで、自分に一番似合う明るさやトーンのグリーンが見つかります。いくつかの質問に答えるだけで、簡単にパーソナルカラーを調べることができます。

例えば日に焼けた時、きれいな小麦色になるタイプはイエローベース赤くなってしまうタイプはブルーベースであるといわれています。

インターネットなどで調べることもできますが、細かいパーソナルカラーを知りたい方は、化粧品売り場のビューティーアドバイザーに診断してもらうのが間違いありません。

イエローベースさんは黄みよりのグリーン

画像引用元:latte 

イエローベースの肌の色の方は、少し黄味の強いグリーンがよくなじみ、とても似合います。

  • アップルグリーン
  • シトロングリーン
  • オリーブグリーン
  • カーキ色

オリーブグリーンとカーキ色は、少し深めの黄緑です。

ブルーベースさんは青みよりのグリーン

画像引用元:latte

ブルーベースの肌の色の方は、青みがかったグリーンが肌にしっくりなじみます。

  • ミントグリーン
  • ターコイズグリーン
  • ティールグリーン
  • フォレストグリーン

ミントグリーンやターコイズグリーンは水色に近いグリーンです。ティールグリーンやフォレストグリーンは深くて濃いブルーグリーンなので、ブルーベースの肌色によく似合います。

グリーンアイシャドウを上手に使いこなすポイント

扱うのが難しいと思われがちなグリーンアイシャドウ。でもポイントさえつかめば、誰でも上手に使いこなすことができます。ここで、グリーンアイシャドウを使う時の基本的な手順を見ていきましょう。

薄い茶色をまぶた全体に乗せる

太めのアイシャドウブラシで、薄い茶色のアイシャドウをまぶた全体(上まぶたから眉下までの広い部分)にやさしく乗せます。一部分だけでなく、全体的にふんわり塗るのがポイント。

薄いブラウンのアイシャドウをベースにすることで、まぶた全体に濃淡のグラデーションをつくることができます。ぼんやりした目元がグッと引き締まりますよ。

グリーンのアイシャドウをアイホール全体に塗る

好みのグリーンアイシャドウをブラシにとり、目頭側からアイホール(眼球と眼球の上にある骨のくぼみに沿った部分)を覆うように目尻の方に乗せていきます。

この時さらっと塗るのではなく、ブラシの先端を使ってアイシャドウの密度が高くなるように丁寧に乗せていくのがポイントです。

ゴールド系のアイシャドウを上から重ねていく

ブラシにゴールド系のアイシャドウをとり、眉下部分に乗せます。ブラシの先端を使い、眉のラインに沿ってハイライトを入れる感覚でサッと滑らせます。

眉下にゴールド系のハイライトを入れることで、目元にメリハリのある立体感をつくることができます。

涙袋にも1~3を施す

涙袋(下まぶたのキワ)部分にもここまでの手順と同じように、薄い茶色→グリーン→ゴールド系の順にアイシャドウを乗せていきます。

涙袋は、平筆ブラシを使うといいですよ。ブラシの先端に少量のアイシャドウをとり、下まぶたの中心から目尻まで5ミリ位の幅で乗せていきます。

次に中央から目頭までさっと塗り、再び中央から目尻へと2~3往復します。ブラシを寝かさないように、先端のみを使うのがポイントですよ。皮膚が薄い部分なので、力を入れずにやさしく塗りましょう。

オススメのグリーンアイシャドウ

グリーンカラーのアイシャドウを初めて購入する方は、どれを選べばいいか分かりませんよね。ここで、初めての方でも使いやすいグリーンカラーのアイシャドウを3点紹介します。

マキアージュ トゥルーアイシャドー GR761 (アイシャドウ・アイライナー) 3.5g

マキアージュ トゥルーアイシャドー GR761 (アイシャドウ・アイライナー) 3.5g

 

配色バランスのよさと発色のよさで人気のあるアイシャドウ。まぶたになじみやすく、しっとりとした使い心地。自然で立体的なグラデーションを作ることができます。長時間メイクが崩れることもありません

淡いブルーグリーンですが控えめのトーンなので、どんな肌の色でもなじみやすいグリーンです。

インテグレート アクセントカラーアイズ CC GR691 (アイシャドウ) 3.3g

インテグレート アクセントカラーアイズ CC GR691 (アイシャドウ) 3.3g

 

使いやすいカラーでシンプルに配色されているので、自然なグラデーションを簡単に作ることができます。イエローベースの肌の色によくなじみます。ラメが入っていて華やかな印象になりますが、決して派手にならず自然な仕上がりになります。

お値段もお手頃なので、色違いで手元に置いている女性も多いです。少し黄味がかったオリーブグリーンなので、

マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ GR162 青いバカンス 1g

マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ GR162 青いバカンス 1g

 

上品ななかに控えめな華やかさのある、ラメ入りのパウダーシャドーです。 発色がよく長時間落ちにくいので、デートにもピッタリ。手の出しやすい価格ですが、使い心地のよさと仕上がりのかわいさに満足し、リピートする女性はたくさんいます。

カラーバリエーションも豊富なので、色々なカラーを揃えるのもおすすめ。少し黄味が入ったミントグリーンなので、イエローベース、ブルーベースどちらの肌の女性にも合わせやすいカラーです。

まとめ

画像引用元:latte

グリーンのアイシャドウを使ったことがない方は、ぜひ一度チャレンジしてみてください。きっと、自然な仕上がりに満足するはずです。

まずは自分に一番似合う色味のグリーンを見つけておきましょう。さらに、シチュエーションに合わせて色のトーンを明るめや暗めに変えてみるのもおすすめです。何種類か違うトーンのグリーンアイシャドウを手元に置いておくと、メイクの幅が広がりますよ。