リップクリームの正しい塗り方とは?知識を身につけて正しく使い美しさを保つ

乾燥している時期以外でも、化粧ポーチの中には必ず入っているといってもよいリップクリーム。最近では、男性用のリップクリームも登場しているほどです。

リップクリームは、他のコスメアイテムと同様に正しい使い方をする事によってより効果的に使用することができます。ここでは、

  • リップクリームの特徴
  • リップクリームの正しい塗り方
  • リップクリームの使い方
  • おすすめリップクリーム

について紹介していきます!

リップクリームの正しい塗り方とは

ここからは、リップクリームの正しい使い方をご紹介します。

正しいリップクリームの使い方を知っていれば、少量のリップクリームでもしっかりと唇のケアをする事ができます。酷い唇の荒れもこれまでよりも短い時間で回復させる事ができるので、ぜひ正しいリップクリームの塗り方をマスターしてください。

リップクリームを手で温める

リップクリームを使用する前に、まずは唇の汚れをキレイに落としておきましょう。唇の汚れが残っていると、リップクリームの効果が唇まで届きません。

もうひとつ重要なのが、リップクリームを手で温めることです。熱を加えることでリップクリーム が柔らかくなり、伸びもよくなります。

唇に対して縦に塗る

リップクリームはどうしても横に塗ってしまいがちですが、縦に動かしながら塗るのが正しいリップクリームの使い方です。ゆっくりと唇のシワを埋めるように塗ってください。

人間の唇は縦にシワが入っているので、横向きにリップクリームを塗るとシワのミゾの奥までリップクリームを塗ることができません。少し塗りにくいかもしれませんが、効果的にリップクリームを使用するためにも縦に塗るようにしてください。

綺麗な指先で取り、唇に優しくトントンと乗せて完成!

唇をマッサージするように、指の腹を使って仕上げます。強く押し付けるのではなく、トントンと優しく付けるのがポイントです。その際、指先は清潔な状態にしておいてください。

リップクリームの使い方について

リップクリームは意外と誤った使い方をしている方が多いので、正しいリップクリームの使い方をご紹介します。

荒れてから塗るのではなく荒れるのを防ぐことを目的とする

画像引用元:latte

リップクリームを使っている方の中には、唇の荒れが酷くなってから使っている方も多いのではないでしょうか。しかし、リップクリームは「唇の荒れを治療するために使う」のではなく「唇が荒れないよう予防するために使う」のが正しい使用法です。特に乾燥する季節は、唇が荒れる前に使うようにしてください。

塗り過ぎないようにする

リップクリームは、大量につければ効果があるというものではありません。少量であっても塗り方や塗るタイミングが間違っていなければ効果に期待できます。

重度の唇の荒れには大量のリップクリームを使うのではなく、保湿成分の強いリップバームを使うなどして状態に合わせて使い分けるようにしてください。

使用期限は守る

リップクリームも他のコスメと同様、時間がたてば品質は悪くなってしまいます。冬しか使用しない方の中には、去年のリップクリームを使っている方もいるのではないでしょうか。

使用期限を守らないと、ップクリームの効果が期待できないどころか症状を悪化させてしまうリスクがあるので、使用期限はしっかりと守るようにしてください。

あわせて読みたい

化粧品の使用期限って知ってる?開封前と開封後でアイテム別大紹介♡

続きを読む

リップクリームの特徴

リップクリームの正しい使い方をご紹介する前に、改めてリップクリームというアイテムについて説明しましょう。リップクリームを普段から使っているという方も、まずはこちらの情報に目を通してください。

リップクリームは軟膏剤

画像引用元:latte

リップクリームは「唇を乾燥から保護し乾燥による荒れを防ぐためのアイテム」というのが多くの方の認識です。

もう少し詳しく説明すると、リップクリームは軟膏剤にカテゴライズされます。軟膏剤は、皮膚の病気などの治療に使われる薬です。軟膏はワセリンなどに限定して使われるのが正しいですが、日本の薬局ではワセリン以外にも乳剤性基剤を使っているクリーム状の薬剤も軟膏にカテゴライズされます。そのため、皮膚に塗る薬剤全般を軟膏と呼ぶのです。

唇も皮膚なので、、リップクリームも軟膏剤にカテゴライズされるというわけです。色つきのリップクリームであっても、基本的には軟膏剤という扱いになります。

一般的なリップクリームの特徴

市販されている一般的なリップクリームの特徴は、保温クリームとしての効果が期待できることです。クリームタイプの物が多く、伸びが良いので少量でもしっかりと唇を潤してくれる効果が期待できます。

リップバームとリップクリームの違い

リップクリームと同じように唇を保護する効果が期待できるリップバーム。

主成分は香油や植物エキスなどで、リップクリームよりも伸びは悪いものの高い保湿効果が期待できるが特徴。リップクリームよりも重度の唇の荒れなどに使われることが多いです。

普段はリップクリームを使い、寝る前はリップバームで保湿するといった使い分けをされている方もいます。

あわせて読みたい

リップクリームよりリップバーム♡おしゃれで保湿効果抜群!!!3大おすすめリップバームコスメとSNS口コミ

続きを読む

おすすめのグッズ

たくさんの種類のリップクリームがあるので、自分の要望に合わせたリップクリームを購入しましょう。おすすめのリップクリームをご紹介するので、ぜひ購入の参考にしてください。

DHC 薬用リップクリーム

DHC 薬用リップクリーム
オリーブバージンオイルが配合されている大人気のリップクリームです。

うるおい成分が多いので、唇が荒れやすいという方におすすめ。冬だけでなく紫外線の強い夏にも使いやすいので、年間を通して使用している方が多いです。

ジョンマスターオーガニック リップカーム (オリジナルシトラス) 4g

ジョンマスターオーガニック リップカーム (オリジナルシトラス) 4g
市販されているリップクリームの中では高級な部類に入ります。

一度塗ると長い時間うるおいをキープしてくれるので、忙しい方にピッタリ。高い保湿効果も期待できるので、唇が荒れやすく何度もリップクリームを塗っているという方におすすめです

サベックス ジャー(リップクリーム) 3個セット 7g [並行輸入品]

サベックス ジャー(リップクリーム) 3個セット 7g [並行輸入品]
サベックスから発売されているリップクリームの中でも特に高い保湿効果が期待できるアイテムです。路面店で販売されていることが少ないので、大半はインターネットで購入するようになっています。

においは独特ですが非常に高い保湿効果が期待できるので、唇が荒れやすいという方におすすめです。

まとめ

リップクリームは、意外と間違った使い方をしている方が多いです。唇の荒れが激しい方は大変だと思いますが、正しい使い方をすれば効果を最大限に発揮する事ができます。

正しい使い方を意識しながら、効果的に使ってください。