人気のマツエクデザインって?お似合いのデザインで目力アップ!

最近、多くの女性が行っているマツエクは、まつげエクステンションの略称です。マツエクは、その名の通りまつげにエクステンションをつける事。

本来のまつ毛にグルーと呼ばれる専用接着剤を使ってエクステンションを装着する事によって、より長くはっきりとしたまつ毛にする事ができます。まつ毛が短い、少ない方でも気軽に存在感のあるまつ毛にする事ができると人気があります。

今回は、マツエクのデザインを決めるポイントや、それぞれの目の形に合うマツエクのデザインを紹介します。これからマツエクにチャレンジしようと思っている方は、ぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい

初めてマツエクにチャレンジする方に知っておいて欲しい基礎知識

続きを読む

マツエクのデザインを決める5つのポイント

マツエクには色々なデザインがあります。そのため、初めてマツエクにチャレンジするという方は、どうしてもどんなデザインのマツエクにしたらよいか悩んでしまいます。

そこでこちらでは、これからマツエクにチャレンジする方や、以前マツエクにチャレンジしたけど思うようなまつ毛にならなかったという方の為に、マツエクのデザインを選ぶ際に気をつけたいポイントを紹介します。

毛質

マツエクは、主にセーブルエクステ、ミンクエクステ、シルクエクステの三種類の毛質から選ぶ事ができます。

セーブルエクステは、マツエクの中でも最も柔らかい毛質をしていて、非常に持ちが良いマツエクになります。初めてマツエクにチャレンジする方や、とにかくナチュラルに仕上げたいという方におすすめのマツエクです。

ミンクエクステは、セーブルエクステとシルクエクステのちょうど中間くらいの固さをしているマツエクです。非常にリーズナブルなかかくですので頻繁につける事ができます。素材自体も軽めですので自前のまつ毛に負担をかけずに印象を変える事ができます

シルクエクステは、固く弾力のある毛質となっています。その分、ツヤが強くでるので存在感はかなりあります。束感を出したいという方にはシルクエクステがおすすめです

あわせて読みたい

マツエクするならセーブルがおすすめ!ミンク・シルクとの違いとは

続きを読む

カール

マツエクのカールはJカール、Cカール、CCカール、SCカール、Dカール、Lカールの六種類が一般的なカールの種類です。

Jカール

Jカールは、カール自体が非常に弱いので自まつ毛と馴染みやすいといったメリットがあります。普段ビューラーをしない方、自然に仕上げたい方やなるべく長く持たせたいという方におすすめです。

Cカール・CCカール・SCカール

これに対してCカールは、ビューラーを使ってしっかりと立ち上げたようなカールに仕上がります。より目元をパッチリと仕上げたいという方におすすめです。

CCカールは、Cカールよりも強いカールなので、Cカールでは物足りないという方におすすめです。

さらに強くカールを出したい、つけまつ毛を常用しているという方は、まるでまつげパーマをした後のようなしっかりとしたカールのSCカールがおすすめです。

Dカール

Dカールは、マツエクの中でも最も強いカールです。普段からしっかり目のメイクをしている方や、一重や奥二重の方などに人気のあるマツエクです。自まつ毛が下向きでビューラーをしてもなかなか上向きにならない方にはおすすめです。

しかし、カールが強い分、接着面が狭いので持ちはあまり良くありません。また、初めてマツエクするという方には、ちょっと強すぎるカールなので、慣れてきて、他のマツエクでは物足りないという時にチャレンジしてください。

Lカール

他のマツエクと違い、根元はまっすぐに伸びていて、毛先に少しカールが付いているのがLカールです。Lカールは、根本がどうしても埋もれてしまいがちな一重の方や奥二重の方などに好評です。

長さ

マツエクを初めてする方に多いのが、何が何でも存在感のあるまつ毛にしようとするケースです。マツエクは自分の理想のまつ毛を作る事ができるのですが、とにかく存在感を考えて長すぎるまつ毛にしてしまうと違和感が強くなります。

実は、マツエクでまつ毛を伸ばし過ぎてしまうと、まつ毛の印象が強くなりすぎて目が小さく見えるというデメリットがあります。

自分の元々のまつ毛の長さから1ミリから3ミリ程度長くするのが自然に見せるポイントです。また、人気がある9ミリから11ミリ程度の長さを選んでおけば無難だと言えます。

本数

マツエクでは、付けるエクステンションの本数も選ぶ事ができます。当然ながらまつ毛に付けるエクステンションの本数が増えれば増えるほどまつ毛の存在感が増し、少なければ少ない程に自然な仕上がりになります。

まつ毛の長さや太さにもよりますが、基本的には両目合わせて80本から120本程度がマツエクで選ばれている本数です。シンプルで自然な感じで仕上げたいのであれば、マツエクの本数は両目の合計で60本から80本程度がおすすめです。

今よりもよりしっかりと目元をアピールしたいのであれば、両目の合計で100本から120本、普段からしっかりめのメイクにしたいのであれば、120本から140本あたりまでがおすすめです。

奥二重や一重の方の場合には、両目で20本程度なら多めに付けても違和感はありませんが、最初はナチュラルに見える本数から始めて、徐々にバランスを見ながら増やしていくようにしてください。

太さ

マツエクは、長さはもちろん太さもしっかりと選ぶ事ができます。一般的なマツエクは、0.1ミリからはじまり、0.12ミリ、0.15ミリ、0.18ミリ、0.2ミリ、0.25ミリあたりが多いです。

日本人の平均のまつ毛の太さが0.1ミリから0.12ミリなので、自然にまつ毛を増やしたいのであれば0.1ミリから0.12ミリのマツエクがおすすめです。

また、マスカラをあまり塗らずに仕上げたいのであれば、0.15ミリのマツエクがおすすめですし、付けまつ毛を付けているような存在感のあるまつ毛にしたいのであれば0.18ミリあたりがベストです。

0.2ミリ以上になるとナチュラルメイクでは難しいかもしれないので、自分の普段のメイクとのバランスを考えてから選ぶようにしてください。

あわせて読みたい

マツエクの種類による特徴まとめ♡効果的なマツエクの選び方

続きを読む

マツエクの基本のデザイン

マツエクは、お店によって細かな名称であったり内容が異なるのですが、基本的には、ナチュラル系、キュート系、セクシー系の三種類から選ぶ事ができます。

こちらでは、初めてマツエクをする方が悩まないように、ナチュラル系、キュート系、セクシー系それぞれのデザインの特徴についてご紹介します。

ナチュラル系

普段のまつ毛の印象をほんの少しだけ強めるようなナチュラル系デザインのマツエクは、初めてマツエクにチャレンジするという方や、学校や職場が厳しいという方におすすめのデザインです

ナチュラル系のマツエクのデザインは、普段のまつ毛の印象を大きく変えないように、目頭から目尻まで全て同じカールの強さや長さになっています。

マツエクの本数や長さ、太さによって印象を変える事もできるので、チャレンジしやすいです。

キュート系

キュート系のマツエクデザインは、全体的にCカールで、カール感が強いです。

また、ナチュラル系のデザインと違い、目の中央部分のまつ毛が少し長いので、より黒目の大きさを縦に大きく強調し、目の印象を強くする事ができます。目元をよりぱっちりさせた方におすすめです。

セクシー系

セクシー系のマツエクのデザインの特徴は、目尻のマツエクが長くなっている事です。他の部分よりも目尻を長くする事で切れ長な目元にする事ができます。

具体的には目頭から中央の黒目の上辺りまでは11ミリで揃え、そこから目尻に行くにつれて12ミリから14ミリくらいの長さになっています。

セクシー系のデザインにすると、伏し目や流し目がとても良く似合うセクシーな目元を演出する事ができます

まぶた別おすすめデザイン

マツエクは目の形などによって似合うデザインが異なります。そのため、二重の方と一重の方ではマツエクの似合うデザインが異なります。

そこでこちらでは、二重の方、奥二重の方、一重の方のそれぞれに合ったマツエクのデザインを紹介します。

二重

二重の方は、極端に言えばどんなカールでも似合います。とても汎用性の高いまぶたなので、自分の狙ったデザインのマツエクをする事ができます。

そのため、ナチュラル系を狙うのか、可愛い系を狙うのか、セクシー系を狙うのかによってチャレンジするデザインが異なります。二重の方に人気があるのが、仕事でも問題なく使えるナチュラル系のマツエクです。長さもカールもほどほどにすると、よりナチュラルに見えますよ。

奥二重

奥二重の方は、二重の方と比べてまぶたに重みがあり、二重の幅が狭いです。そのため、どうしても切れ長な目に見えやすいといった特徴があります。

そんな奥二重には、目尻の部分にボリュームのあるセクシー系のデザインがとても良く似合います。また、カール自体も少し強めのデザインの方が映えます。CカールやDカール程度の強めのカールを選ぶと切れ長な目にぴったりです。

また、クール系ではなくキュート系にしようと思ったら、全体的に長めのエクステにすると、印象を柔らかくできるのでおすすめです。

一重

一重の場合には、どうしてもまつ毛が埋もれやすくなっているので、カールは少しきつめでも問題ありません。また、長さも少し長めにした方が存在感が出て目元がくっきりとします。

一重の方におすすめなのが、毛先だけがカールしているLカールです。まぶたでおされてしまう部分はストレートで、まぶたから出たら自然なカールがかかるので、他のデザインのマツエクよりも目を大きく見せてくれておすすめです。

あわせて読みたい

マツエクの基本的なオーダー方法!自分に合った長さ・太さ・本数・カールの選び方のコツ

続きを読む

まとめ

マツエクデザインを選ぶ場合には、どんなまつ毛にしたいかという願望に加えて、どのようなマツエクが似合うのかなども考える必要があります。

目の形はもちろん、まぶたの種類によっても似合うマツエクが変わってくるので、自分を客観視してデザインを選ぶようにしてください。