まつげ美容液の正しい塗り方♡3種類のタイプ別にご紹介

メイクの中でも特に気合を入れて行う部分がアイメイクでしょう。目のきわにアイラインを引いたり、マスカラを塗ったりと何かと時間がかかります。それだけたくさんの化粧品を使いますし、仕上がりは全体の印象を大きく左右します。このように重点的にメイクをする場所だからこそ、しっかりとまつ毛をケアしないとすぐに傷んでしまうのをご存知でしょうか。

そこでここでは

をご紹介します。

まつげ美容液の主なタイプ


まつ毛はダメージによってハリやコシが損なわれてしまうということがあります。そこで注目されているのがまつげ美容液です。まつげのボリュームを保ち、一本一本のハリやコシをケアするまつげ美容液は、まつ毛ケアの基本といえるでしょう。とはいえ、まつげ美容液には様々なタイプがあります。そこで代表的なまつげ美容液のタイプと特徴をご紹介します。

チップタイプ

チップタイプのまつげ美容液は、リップグロスの塗布部分のような形状をしています。目的は育毛で、まつ毛全体に塗布することができます。育毛が主な目的とは言え、成分が現在生えている毛の質を良くすることにも貢献してくれるでしょう。目元に塗りやすく今生えているまつげと、これから新しく生えてくるまつげ両方に効果を発揮します。もちろん気になる箇所にピンポイントで使用することも可能です。こうした特徴からまつげの育毛を目的としながらも、今生えているまつ毛のダメージケアをしたいという方にはぴったりのタイプと言えるでしょう。

マスカラタイプ

マスカラタイプは今生えているまつげのケアが主な目的となります。まつ毛のダメージを補修して、栄養を与え、毛質を良くする効果が期待できます。トリートメント効果が主な作用となり、保湿をすることでまつ毛エクステの接着液の劣化を遅らせることもできます。そのため、まつげエクステの持ちを良くする働きも期待できるのです。初心者にもとても扱いやすく、まんべんなく毛先まで塗りやすいので、手軽に試すことができるでしょう。また、購入する際にもリーズナブルなものが多く、手に入れやすいというのも嬉しいところです。

筆タイプ


筆タイプは育毛が主な目的となります。地まつげを伸ばして太くしたり、増やしたりという効果が期待できます。今生えている毛ではなく、これから生えてくる毛に対してアプローチをしており、まつ毛の根元部分にしっかりと塗布することができます。また、液量の調整がしやすいので、初心者の方でも塗布しすぎるということを避けることができるでしょう。さらに通常は塗りにくい部位として知られている下まつげの際もとても塗りやすく、扱いやすいのも嬉しいところです。

チップタイプのまつげ美容液の正しい塗り方


まつ毛の育毛と、今生えているまつ毛のダメージケアのどちらも考えている方にオススメなチップタイプは、正しい塗り方をすることによって最大限の威力を期待することができます。そこで、しっかりとケアするためにもチップタイプのまつげ美容液の正しい塗り方をご紹介します。

1.最初に先端を使って上まつ毛の生え際を塗る

まずはチップタイプの先端を使って、まつ毛の生え際を塗っていきましょう。根元にしっかりとチップを当てて、目頭から目尻の方向へまんべんなく丁寧に塗っていきます。しっかりと美容液が塗布されていることを意識しながら、じっくり行いましょう。また、まつ毛の量に合わせてチップにつける液体量を調整することも忘れてはいけません。適量がどのくらいかは各注意書きを十分に確認しましょう。

2.全体を使って上まつ毛の残りの部分を塗る

次にチップの全体を使って上まつげ全体に塗っていきます。この際に、上にまつ毛を持ち上げるように毛先まで塗っていくと全体にまんべんなく塗れることでしょう。決して焦らず、じっくりと丁寧に塗っていくのも大事なポイントです。

3.最後にチップの先端を使って下まつ毛を塗る

目元パックでなりたい目元を手に入れる!選び方とおすすめ6選
最後にチップの先端を使って下まつげを塗ります。この際には、下まつ毛の根元から毛先に向けて丁寧に塗っていくことがポイントです。

マスカラタイプのまつげ美容液の正しい塗り方


マスカラタイプのまつげ美容液は初心者にも扱いやすいのが特徴です。育毛効果が期待できないものが多いものの、今あるまつ毛のケアには最適と言えるでしょう。そこでマスカラタイプのまつげ美容液の正しい塗り方をご紹介します。

1.最初にブラシ全体を使って上まつ毛を塗る

まずはブラシ全体を使って上まつげ全体に塗っていきます。この時、上まつげの下から上へ持ち上げるようなイメージで塗って行くと、全体的にムラになることなく塗ることができるでしょう。塗り方のコツとしては、片方の手でまぶたを上に引っ張ると塗りやすくなります。

2.ブラシ先端を使って塗り残した根元部分を塗る

次にブラシ先端を使って塗り残した根元部分を塗っていきます。マスカラタイプのまつげ美容液によってはブラシの先端がチップになっているものもあります。そうしたタイプの場合にはチップを使って丁寧に根元を塗っていきましょう。

3.ブラシ先端を使って下まつ毛を塗る

まつ毛パーマ
最後にブラシ先端を使って下まつげを塗っていきます。目頭から目尻にかけて根元を塗っていくと目に入りづらく塗りやすくなるでしょう。マスカラタイプの塗り方のコツとして、ブラシをまつ毛の根元に当てた時に小刻みに左右に動かしながら、毛先に向かってスッと抜きます。これを数回繰り返すと全体にしっかりと塗布することも容易となるでしょう。

筆タイプのまつげ美容液の正しい塗り方


筆タイプ、またはアイライナータイプのまつげ美容液は、根元部分に的確に塗布することのできるものです。成分を、まつ毛を作る細胞や毛を作る環境に的確に浸透させることによって、まつ毛のケアを行うことができます。配合成分の強さによってまぶたにつけて良いものとつけてはいけないものといった違いもあるので、十分に注意して扱いましょう。

1.上まつ毛の目頭から目尻に向かって生え際を塗る

まずは上まつげの目頭から目尻に向かって生え際を塗っていきます。この時にはすでに液体をつけすぎないように注意しましょう。適量を上まつ毛の生え際だけに塗ることをイメージしながら、ムラがないように塗っていきます。

2.下まつ毛の目頭から目尻に向かって生え際を塗る

次にしたまつ毛の目頭から目尻に向かって生え際を塗ります。この時も液体をつけすぎないようにし、美容液も目に入らないように十分に注意しましょう。まつ毛の根元部分に塗るだけで十分ですので、全体に塗ることを目的にはしていないということを忘れず、塗り過ぎないようにするのがポイントです。

まつげ美容液の効果をアップする方法


まつげ美容液はまつげのケアや育毛といった様々な効果を期待することができます。まつげ美容液に含まれる成分をしっかりとまつげに浸透させ、イメージ通りの効果を得るためには、使い方にコツがあります。ここではまつげ美容液の効果をアップするポイントをご紹介します。

適量を毎日コツコツ長く続ける

まつげ美容液はたくさん塗ったからといって効果が上がるというわけではありません。それどころか1日の摂取量以上の美容液を塗ってしまうと、かえってまつ毛にダメージを与えることにもなりかねないのです。そこで、適量を毎日コツコツ長く続けることが大切です。効果がすぐに現れないのではないかと不安になることもあるかもしれませんが、毎日コツコツ続けることが健康なまつ毛の近道となります。

外側に少し長めにたっぷり塗る

まつげ美容液を塗る際には、美しいまつ毛の生え方も意識すると良いでしょう。特に目尻のまつ毛が濃いと女性らしく美しいまつげとなります。そのため、外側に少し長めにたっぷりと塗ると、生えてほしい部分にしっかりと浸透させることができるでしょう。

まとめ

まつ毛は目元を飾る重要なパーツです。美しく整えられたまつ毛は、女性らしさをぐっと高める効果が期待できます。まつげ美容液を上手に活用し、理想のまつ毛を手に入れましょう。