マニキュアの色は何色を塗る?|TPO、色の持つ効果

ファッションなどと同様にメイクやネイルにもTPOをわきまえる事が重要になります。単にキレイや可愛いだけではその場の空気を乱してしまう事にも繋がります。特に冠婚葬祭などは、身なりでその人を判断する部分がありますのでしっかりとTPOをわきまえてメイクやネイルを選ぶべきです。

こちらのページでは、あまり知られていないためにどうしていいかわからないかたの多いTPOをわきまえたネイルについてご紹介していきます。合わせてネイルの色の効果についてもご紹介していきますので、ネイルの色選びで迷った方はぜひチェックしてみてください。

冠婚葬祭などTPOに合わせたマニキュアの色選び

プライベートな時には、自分のファッションなどに合わせて好きなネイルをすればよいのですが、冠婚葬祭など少し特別な場所では周りの空気をよんでネイルを選ぶ必要があります。しかし、喪服や数珠などのマナーは有名ですが、ネイルのTPOは意外に知られておりません。そこでこちらでは、特別な時に選ぶべきネイルについてご紹介します。

結婚式や披露宴

結婚式や披露宴に招く側ではなく、お呼ばれして出席する場合には、ネイルのマナーとして花嫁さんのウェディングドレスにかぶってしまう事はNGです。結婚式や披露宴には白いドレスで出席するのがNGなのと同じく、ネイルも服装のマナーと同じくホワイト系の色は避けるのがマナーとなっております。

結婚式や披露宴に着ていくドレスはホワイト系以外に決まっておりますので、着ていくドレスに合わせたカラーを選ぶようにしてください。ドレスに合わせてフォーマルなネイルが相応しくなっておりますので、ラインストーンやラメで派手になっているネイルは笑われてしまいます。シンプルで品の良いデザインのネイルをする必要があります。

お葬式

お葬式は、厳粛な場面が多いので、基本的にはシンプルなネイルである事が大前提になります。そのため、つや消しのトップコートを使ってマット系に仕上げるのが正しいお葬式ネイルの選び方になります。これは、お葬式などにはバッグやパンプスなども光沢の無い物を選んでいるのと同じ内容になります。

もしジェルネイルをしていて直ぐに外す事ができないような場合には、上からベージュなどの控えめな色のマニキュアをするのもおすすめです。お葬式が終われば上乗せしたマニキュアをノンアセトン系の除光液で落としてしまえばジェルネイルに戻す事ができます。

病院関係

病院もネイルの色選びがとても難しい所です。入院する時などはネイルをしないのが常識になっております。色々な検査にネイルが邪魔になるからです。マニキュアはもちろんジェルネイルやつけ爪などもできませんので外してから病院へいきましょう。

お見舞いに行く時などは、落ち着いた色味のマニキュアでしたら問題ありません。落ち着いた色味のベージュ系などがおすすめです。

妊婦さん

妊婦さんは病気ではありませんが、定期健診などで何度も病院へ足を運ぶ機会があります。妊娠週数にもよりますが、臨月に近くなってきたら短く爪を整えておくのがおすすめです。ネイルの色はそこまでうるさく無い病院が多いので、自分がネイルを見てテンションが上がるようなネイルを選ぶようにしてください。

学校行事

学校行事に参加する時にはネイル選びは慎重に行います。少しでも浮いてしまうと子供にも影響があるケースがありますので悪目立ちしないことが大前提です。

派手すぎずキレイに整えているネイルが理想です。清潔感のあるネイルなどはポイントが高くなっております。ピンク系も派手すぎなければ問題ありません。

自分に似合うネイルカラー

ネイルの色を選ぶ場合には、自分に合っているネイルの色を選ぶというのも重要なポイントになります。メイクなどでファンデーションを選ぶ時のように、自分の肌質に合わせて選ぶと、より自分に似合う色のネイルを選ぶ事ができます。こちらでは、自分に似合うネイルの色を選ぶポイントをご紹介します。

自分の肌色を知る

自分に似合うネイルの色を見つけるためには、自分の肌質をしっかりと知る必要があります。ファンデーションを選ぶ際に肌の色をベースに選ぶのと同様に、ネイルの色味も指先の色味などを参考に選ぶと、より自分にぴったりの色味を選ぶ事ができます。人間の肌はいくつかのタイプに分類する事ができますので、タイプに合わせたネイルの色味を選ぶようにしましょう。

ライトイエロー

色白の方にも2種類のタイプがあります。こちらのライトイエロータイプの方は、色白ですが若干イエローがかかっている肌の方です。ライトイエロータイプの肌質のかたにんは、ブラン系の色味のネイルが似合うと言われておりますが、他にもベージュやサーモンピンク系の色味も良く似合います。薄く塗れば色白の肌に合う品の良い透明感のある指先を演出する事ができます。

ライトレッド

色白の中でも赤みを帯びているような方は、優し目の色味が良く似合います。ローズ系の色味やピンクベージュ系の色味などは良く似合いますのでおすすめです。

ダークイエロー

ダークイエロー系の方は、色白ではありませんが非常に健康的な肌の色をしています。非常に似合う色味が多く、レッド系、ゴールド系、ブラウン系など少し派手目の色味でもしっくりときてしまう懐の広さがあります。ベージュ系とゴールド系のグラデーションなども派手すぎず馴染みやすいのでおすすめです。

ダークレッド

ダークレッド系の肌質の方は、個性的なネイルのデザインや色味でも十分に似合ってしまう懐の広い肌質です。他の肌質の方には似合いにくい濃いダークレッドやネイビーの色味でも十分に似合ってしまいます。またチェリーピンクなどの発色のよい色味も良く似合いますのでおすすめです。

気分に合わせてネイルを選ぶ

ネイルの色を選ぶ場合には、自分に似合う似合わないというのも大事ですが、その日の気分に合わせて選ぶというのもおすすめです。ネイルのカラーは自分の感情を掻き立てる効果がありますので、ネイルの色がもつ色の効果を知ってマニキュアを塗るときに活かすのもおすすめです。

前向きな気分になれるネイルカラー

前向きになりたい時には元気にしてくれる色味を選ぶのがおすすめです。例えば赤色のネイルは、自分をアピールしたい、やる気を出したい時におすすめですし、ピンク色のネイルは、優しい気持ちになりたい、恋愛運をあげたい時におすすめです。オレンジ色のネイルは、明るい気分になりたい、社交的になりたい時におすすめですので、ぜひ使い分けて感情をコントロールしてください。

疲れている時におすすめのネイルカラー

緑色のネイルは、疲れが溜まっている時やリラックスしたい時などにおすすめのカラーです。青色のネイルは、心を穏やかにしたい時や冷静な判断がしたい時などにおすすめです。寒色系のネイルは他の色味と混ぜてデザインすると合わせやすいのでチャレンジしてみてください。

自分を変える時のネイルカラー

黄色やゴールド系のネイルは、金運を高めたい時におすすめのカラーになります。紫やラベンダー系の色味のネイルは、感性を高めたい、トラブルを防ぎたい時などにおすすめのカラーです。オフィスなどでは悪目立ちしてしまいますので、デザインのポイントとして入れるのがおすすめになります。

おすすめ商品

これから色味を考えてネイルをしようとする方に、おすすめのネイルをご紹介します。今回紹介するネイルはとても発色が良い物ばかりですので、ぜひチェックしてみてください。

マキアージュ グロッシーネールカラー RD655 10mL

マキアージュ グロッシーネールカラー RD655 10mL
マキアージュ (MAQUILLAGE)から発売している「マキアージュ グロッシーネールカラー RD655 10mL」は、ゴールド系パールの優しいピンクの色味が特徴です。派手さがありませんのでオフィスでも悪目立ちせずに使う事ができますのでおすすめです。

インテグレート グレイシィ ネールカラー 92

インテグレート グレイシィ ネールカラー 92 4mL
インテグレート グレイシィから発売している「インテグレート グレイシィ ネールカラー 92 4mL」は、ワンコイン程度で購入できてしまう抜群のコストパフォーマンスの高さが人気です。ツヤがありますので上品な仕上がりです。とてもプチプラ系のコスメとは思えない発色の良さが魅力です。

[OPI] NL F16 ティックル マイ フランシー

[OPI] NL F16 ティックル マイ フランシー
オーピーアイ(OPI)から発売されている「NL F16 ティックル マイ フランシー」は、トップコートをしていないのにびっくりするくらいツヤのあるカラーが特徴的なネイルです。こちらのカラーは薄めの仕上がりですがカバー力はしっかりとありますので、落ち着いた雰囲気を出したい時におすすめです。

まとめ

ネイルの色を選ぶ場合には、TPOを考えた上で選ぶのはもちろん、自分に合っている色味を選ぶのがポイントになります。しっかりと最低限のルールを知っておけば問題なく色を選ぶ事ができますのでしっかりとルールやマナーを意識してネイルの色を選ぶようにしましょう。