美白効果があるボディクリームの選び方のコツ・おすすめ!体の内側からも美白ケア対策を!

人間のお肌の新陳代謝は、およそ1カ月から2カ月かけてのサイクルによって、新たに再生されていきますが、これをターンオーバーと言います。ターンオーバーをうまく促していくためには、お肌のケアは欠かせないものとなります。

おすすめの美白ボディクリームの選び方

人間の皮膚は、常に刺激にさらされているため、免疫に対する防御作用が備わっているものです。しかし、衣服などによって、カバーしきれない部分は絶えず外気にさらされ、様々な刺激を受けることになります。その中で、紫外線などは皮膚に強い刺激を与え、メラニン色素の沈着を促すことが知られ、これが肌のくすみやシミの原因となってくるのです。

若いうちは、新陳代謝が非常に活発で、あまり気にとめないことも多いのですが、30代を過ぎてくる頃になると、これらの紫外線は的確にシミやくすみとなって、皮膚のトラブルの原因となりますので、皮膚を保護するための対応策が必要となってくるのです。

油溶性の成分が配合されている

お肌のトラブルの原因として、よく知られているのが乾燥肌で、皮膚が不健康に乾燥してしまった肌は、肌荒れだけではなく吹き出物などの皮膚病の原因ともなってしまいます。お肌はあまり洗い過ぎても良くなく、顔を洗い過ぎたり角質ケアばかり行っていると、皮膚のターンオーバーが異様に速くなり、皮膚の再生サイクルが乱れてくるのです。

本来人間の皮脂腺は、皮膚にバリアの役目を果たしているものですが、洗浄後はこのバリアがはがれてしまいますので、美白ボディクリームなどによって、ボディーケアを行うと、油溶性の成分が配合されているため保湿・保護効果が期待できるのです。

季節に合わせて選ぶ

美白ボディクリームの作用は、主に保湿効果があり、皮膚に潤いを持たせてくれるために、皮膚の機能を正常に働かせ体を守ってくれる効果があるのです。美白ボディクリームでよく勘違いされているのは、美白ボディクリームを塗ると、肌が白くなっていくというまやかしが信じられていますが、人間の人種が本来持つメラニンの量は生まれもっているものです。

つまり、UVケアなどを作用によって、日焼けがしにくくなることはありますが、皮膚は漂白されるようなことはまったくありえないことなのです。しかし、季節に合わせて、夏場のボディクリームは、紫外線カット作用のあるものを選び、乾燥しやすい冬場は皮膚ダメージを減らす薬用成分入りのボディクリームを選ぶと良いでしょう。

肌質に合わせて選ぶ

美白ボディクリームは、ボディケアを行う上で欠かすことのできないものですが、同じ保湿作用をもつボディオイルというものもあります。ボディオイルとボディクリームの違いは、原料と色・質感に違いがあり、ボディクリームは擬乳状で、原料にミネラルオイルや植物油そして、ワセリンや乳化剤などが主原料として使われています。

美白ボディクリームは、基本的にボディケアに欠かせないものですが、肌質に合わせて選ぶことも大切です。特に、乾燥肌で肌荒れがひどい方は、美白ボディクリームを先に塗り、ボディオイルを重ねて塗るとさらにその効果は倍増します。

身体の内側からできる美白ケア

お肌のターンオーバーは、約1か月から2カ月ぐらいの周期で、新しい皮膚に生まれ変わりますが、加齢により新陳代謝の低下が起こり、30代から40代になると45日以上はかかるといわれています。

美白ケアには、紫外線が大敵といわれていますが、日光に当たることも大切で、過剰な紫外線対策を行っていると、ビタミンDは生成されませんので、カルシウムやリンなどの代謝を阻害してしまいます。また、こうしたビタミン類は、私たち人間の体では生成することができないので、食べ物やサプリメントによって、摂取していく必要もあるのです。

美白効果がある栄養があるものを食べる

私たちは、必要なエネルギーを食物から摂取することで得ていますが、必要なものはエネルギーだけではなく、体に必要な栄養素も摂っていかなければなりません。食べ物からは、人間に必要な細胞を作り出す栄養を摂ることができますが、美白効果がある栄養素には、肌の材料となるタンパク質のほかに、鉄・ビタミンC・ビタミンE・ファイトケミカルなどのビタミンやミネラルを摂取する必要があるのです。

ファイトケミカルとは、植物由来の抗酸化作用のある成分で、紫外線からお肌を守ってくれる役割も果たすほかに、さらに免疫力アップにもつながっていきます。

ボディマッサージも併せて行う

@hime333333がシェアした投稿

ボディマッサージの効果は、様々な効果があることが知られており、血液やリンパ液の循環を良くすると共に、新陳代謝を促すという役割が知られています。また、関節や筋などを柔らかくし、神経機能と循環機能を促進させ自律神経の正常に戻す役割もあるのです。

ボディマッサージは、美肌マッサージとしても美容業界で行われており、マッサージによって血流が良くなり、皮膚の新陳代謝も促されるため、美肌づくりには欠かせないとされています。さらに、筋肉に弾力性も戻り、肌に張りが出てきますので、若々しい肌を保つことにつながるわけです。

口コミ評価の高い美白効果があるボディクリーム

美肌づくりとは、自分の持っている皮膚の能力を最大限に引き出すことで、加齢とともに年々衰えていく肌に対して、若さを保ち続けるという作業になります。お肌の老化は、皮膚が酸化していくことによって衰えていきますので、皮膚の酸化を抑制するとともに、皮膚の外側と内側からサポートしていかなければなりません。

内側からのサポートは、バランスの良い食事を心がけ、必要なたんぱく質やミネラル・ビタミン、ファイトケミカルを摂取し続けることで、外側のサポートは美容液や美容クリームなどで行い、体の内外からサポートしていくことこそ美肌と若さの継続につながります。

コエンリッチQ10 ホワイトボディミルキィクリーム ディープモイスチュア 160G

コエンリッチQ10 ホワイトボディミルキィクリーム ディープモイスチュア 160G

コエンリッチQ10 ホワイトボディミルキィクリーム ディープモイスチュアは、コーセーコスメポートが送り出したボディ用のミルキィクリームで、お肌に潤いをたっぷりと与えるコクのあるボディクリームです。

ホワイトボディミルキィクリームの内容量は160gとまずまずの量で、肌表面を包み込むモイスチュアベール製法を採用していますので、潤いのベールでお肌を優しく包み込み、みずみずしいきめ細やかな透明感のある肌へと導いてくれるのです。皮膚の角質層まで浸透し、プロテクト効果によって乾燥や外部からの刺激からお肌をしっかりと保護してくれます。

ホワイトラベル 贅沢プラセンタのもっちり白肌パック

ホワイトラベル 贅沢プラセンタのもっちり白肌パック

ホワイトラベル 贅沢プラセンタのもっちり白肌パックは、今話題のブラセンタを配合した美肌用のパックで、使い方はいたって簡単、顔に塗り30秒ほど待って洗い流すだけで、潤いの白肌に仕立て上げることができます。

敏感肌や皮膚の弱い方にも使いやすく、無香料・無着色・ノンパラベン・無鉱物油の無添加処方ですので、ご使用後に肌が荒れたりなどの危険性はほとんどありません。また、配合した微粒子パウダーが、くすみの原因となる古い角質を落としてくれますので、お肌のキメを整え、張りを与えてくれますので、翌日のお化粧が楽しみになってくることでしょう。

アンティームオーガニック by ルボア アンティーム ホワイト クリーム 100ml

アンティームオーガニック by ルボア アンティーム ホワイト クリーム 100ml

ルボアはイタリアの化粧品ブランドで、このアンティームオーガニック by ルボア アンティーム ホワイト クリームは、日本人の敏感な皮膚にこたえてくれるアンティームオーガニックの、デリケートゾーン専用スキンケアです。

植物の優しい成分を使用していますので、デリケートな肌に非常に優しく、厳選された植物成分によって、デリケートゾーンに潤いを与えてくれるとともに、明るい肌印象に導いてくれるものです。デリケートゾーンは、下着などの摩擦が多い箇所で、脱毛の処理などで黒ずんでいる方などにも、非常にお薦めの商品となっています。

まとめ

年齢とともに、肌つやは年々衰えていきますが、若い時分に対処しておけば美白効果が持続するものです。しかし、対処が遅れたからといっても問題はなく、若さを保つためにも体の内側からも美白ケア対策を行い、ボディクリームでマッサージを施し、若さを取り戻していきましょう。