化粧水をコットンで付ける効果って何?目的で選ぶ化粧水用コットン

毎日の基礎ケアで最初に使う化粧水、皆さんはどうやって使っていますか?手に取り手でなじませるという人が多いのではないでしょうか?

もちろんそれでもいいのですが、コットンを使うことで様々なメリットが生まれます。

コットンで化粧水を付ける効果

化粧水を付けるとき、手で付けるか、コットンを使うかは賛否両論あります。ネットにはさまざまな情報が溢れているので、中には化粧水は手で付けるべきという意見もありますし、化粧水はコットンを使ったほうがいいという意見もあります。異なる意見があると、どちらにしていいかわからなくなってしまいそうです。

どちらが正解なのか?結論から言えば、どちらも正解です。それぞれにメリットがありますが、人によってはデメリットになる場合もあります。手で付けるにしても、コットンを使うにしてもやり方を間違えると肌に負担をかけます。肌の状態で言うと、健康な肌の人は手よりもコットンを使う方がメリットは増えます。肌荒れがひどい人やニキビ肌の人は、手で付けた方が刺激がないのでいいとされています。ここでは健康な肌の人が、コットンで化粧水を付ける効果やメリットを紹介します。

肌への水分量が増える

コットンは化粧水をしっかりと吸い込みます。手に直接乗せると、溢れたり手に吸収されたりして肌に浸透させる水分量が十分ではない場合があります。化粧水のメーカーによっては、コットンは使わず手で付けるようにと説明書きに書いてあります。この場合は手で使うことを前提に作られているので、手だけでも成分をきちんと浸透させることができるようになっています。

手で付けることを前提にしていない化粧水は、付け終えても成分が手に残るのでベタつきが気になってしまいます。コットンを使えば手がベタつくことはありませんし、化粧水の成分や成分をしっかりと肌に浸透させることができます。

ここで一つ気になるのが、コットンを使うと化粧水を吸い取るのでその分が無駄になるのでは?ということです。確かに付け終えた後のコットンには、化粧水が残っているように思えます。コットンにつけてすぐにパッティングすれば、美容成分や水分はしっかりと肌に浸透していきます。コットンに残っているのは不要な水分なので、化粧水を無駄にすることはありません。

肌の負担を減らせる

コットンで化粧水を付けると、繊維が肌に刺激を与えるのでは?と考える人もいるでしょう。確かにコットンの種類によっては、パッティングした後繊維が肌に残ることがあります。ニキビ肌や肌荒れを起こしている人には刺激となってしまいますが、健康な肌ならそれほど問題はありません。繊維気になるなら、繊維が出ないコットンを使うことで対処できます。

ただしパッティングするときに強く叩いたり、コットンをこすり付けるように使うと肌に負担をかけます。パッティングは力を入れず、なじませるときも強くこすらない要注意してください。そうすれば肌への負担を軽減して、しっかりと化粧水を浸透させることができます。

化粧水のボトルには、1回に使う使用量目安が書いてあります。100円玉大とか500円玉大などメーカーによって異なりますが、コットンを使う場合は目安より少し多めに使いましょう。コットンにつける化粧水の量が少ないと、摩擦をお越しやすくなります。コットン全体がヒタヒタになるくらいたっぷりつけて使うと摩擦が起きにくく肌への負担を軽減できます。

肌にムラなく化粧水を付けられる

手で化粧水を付けると、凹凸があるのでつけたつもりでも化粧水が均一につかないことがあります。指先で細かくなじませていけば均一になりますが、かなり時間がかかりますし、途中で化粧水が蒸発してしまいます。

コットンを使えば、顔全体に均一にムラなく化粧水を浸透させることができます。コットンがたっぷり化粧水を吸収しているので、途中で乾いてしまうこともありません。コットンは手で付けるよりも密着する面が広くなるので、均一に付けられるだけでなく浸透力を高める効果が期待できます。実際に手で付けたのとコットンで付けた場合、コットンで付けた方が時間が経ってもしっとり感が強く感じられます。

清潔にパッティングできる

スキンケアをする前は手を洗い清潔にしておきますが、きちんと洗えていないとい手に雑菌が付着したままになることも!このまま化粧水を付けると、顔に雑菌をつけているのと同じになってしまいます。手を洗うとき指輪も一緒に洗っているとしても、内側までキレイに洗うのは難しくなります。

コットンを使えば、手が触れないので清潔にパッティングできます。きちんと手を洗っていても、指輪をしている人は、内側まで洗わないと雑菌が残っていることがあります。それが原因で食中毒になるケースもあるので、面倒でも外してから手を洗うといいでしょう。清潔にパッティングしたいなら、コットンを使うのがおすすめです。

目的別化粧水向けコットンの選び方

コットンで化粧水を付けるにも目的があります。さらにコットンにはいくつかの種類があって、目的によって使い分けをするとより効果的に使えます。化粧水とコットンの選び方を目的別に紹介します。

肌の摩擦を減らしたい

コットンを使うと摩擦で肌に負担をかける、というイメージを持たれがちです。確かに手で付けた方が摩擦は減らせますが、コットンを使ってもこすらなければ摩擦は起きません。コットンで化粧水を付けるときは、こすらず優しくポンポンとパティングします。パッティングでも力が入ると摩擦とは違う意味で肌に負担をかけますので、スキンケアに力は不要です。

サラサラの化粧水を使うときは、手だとこぼれやすいのでコットンがおすすめです。ただしコットンに含ませる量が少ないと、優しくつけていても摩擦が起きることがあります。コットンにはたっぷりヒタヒタになるくらい化粧水を染みこませて使いましょう。

肌触りが良い方が良い

コットンで化粧水をつけると肌に負担をかけると誤解されやすいですが、正しく使っていれば負担をかけずにケアができます。コットンを選ぶときのポイントはいくつかありますが、肌触りの良いものを選びましょう。漂白していないオーガニックコットンは肌に優しいイメージです。余計な手を加えていないのは肌に優しく思えますが、よく見るとコットンの中に実や殻が入り込んでいることがあります。普通に使う分には問題ないものの、こするように使ってしまうと刺激になる可能性が!

こういう場合はオーガニックにはこだわらず、肌触りが良く柔らかいコットンを選ぶといいでしょう。毛羽立ちがなくはがして使えるコットンは、コットンパックもしやすいのでいろいろ比較して選ぶのがおすすめです。

角質をふき取りたい

古い角質が残ってしまうと、シミやくすみの原因となってしまいます。クレンジングや洗顔では落とせない古い角質は、ふき取り化粧水で落としましょう。ふき取り化粧水は、毛穴の汚れをキレイにして毛穴を引き締める効果も期待できます。拭き取った後は化粧水の浸透力が高まるので、クリアな肌を目指したい人にもおすすめです。

ただしふき取り化粧水は毎日使うものではありません。基本的に週に1回~2回のスペシャルケアとして使います。季節によっては週に2日おきくらいでもいいですが、必ず肌と相談しながら使ってください。ふき取り化粧水はコットンを使いますが、コットンは肌触りがよく柔らかいものを選びましょう。拭き取るといってもゴシゴシこするのはNGです。

ふき取り化粧水という名前ですが、化粧水とは少し違います。ふき取り化粧水は余分なものを落とすために使い、化粧水は保水する目的でつかます。それぞれに役目があるので、ふき取り化粧水を使った後は必ず化粧水で保水してください。

おすすめの化粧水用コットン

化粧水を付けるとき、コットンを使うとメリットが増えます。使い方を間違えるとデメリットになりますが、正しく使えば肌への負担を軽減できます。化粧水を付けるときにおすすめのコットンを3つ紹介します。

化粧用コットン お手入れコットン コットンパフ ク落とし ネイルオフ 天然綿100% 160枚入

化粧用コットン お手入れコットン コットンパフ ク落とし ネイルオフ 天然綿100% 160枚入

原料となるコットンは、無農薬栽培で育てた綿花のみの天然綿100%のコットンです。1つが6.5cmx5.5cmと大きめなので1度で広範囲のパッティングが可能です。パッティングの回数が少なく済みますし、たっぷり化粧水を含ませれば肌に負担をかけることなくケアできます。

天然綿を何層にも重ねているのでとても優しい肌触りです。肌に繊維が残らないから安心です。天然綿実を使用しているため、時々コットン表面に斑点状の異物が見えます。しようには問題ありませんが、気になるなら裏綿を使えば安心です。1箱160枚とたっぷり入っているのも嬉しいところです。

資生堂 お手入れコットン 80枚入

資生堂 お手入れコットン 80枚入

資生堂というメーカーの安心感から、多くの人に支持されています。肌に直接使うものなので、天然綿を手摘みして、何層にも重ね水で編むという特殊な製法で作っています。そのためとてもふんわりとして柔らかいのに、毛羽立ちもなく型くずれしにくいしっかりとしたコットンに仕上がっています。

サイズは6cmx7cmと大判だから、とても使いやすいです。化粧水の含みもよく、たっぷり浸透させれば摩擦もおきにくく、肌をいたわりながらスキンケアできます。資生堂が販売しているコットンの中ではかなり上質なので、若干値段が高いと感じるものの使うとその違いがよくわかります。

オーガニックコットンパフLサイズ 120枚L

オーガニックコットンパフLサイズ 120枚

原料の綿花を栽培する畑は、農薬や化学肥料を一切使用していません。無農薬栽培は手間と時間がかかりますが、その分上質な綿花が採れます。上質の綿花を漂白処理せず、自然なままの色でコットンに仕上げています。サイズは6cmx8cmと、大判コットンの中でもたっぷりとし他サイズ感です。

1袋に120枚入っていますが、チャック付きだから使わないときはチェックをしっかり閉めておけば安心です。とてもふわふわしていてはがしやすいから、コトンパックするときにも便利です。他にもクレンジングやネイルまで、幅広く使えるのも特徴です。コットン自体が柔らかいので、化粧水を含ませても柔らかく優しい肌触りです。

まとめ

化粧水を付けるときは、コットンを使う方がたっぷり均一に浸透させられます。ただし使い方を間違えると肌に負担をかけてしまうので、肌触りがよく柔らかいコットンを選ぶようにしてください。