ファンデーションの色選びのコツ、カバーの方法を徹底解説!

ファンデーションにはさまざまな色があります。一体、自分の肌にはどんな色のファンデーションが似合うの?と疑問に思いながらも、なんとなくで色を選んでいる人も多いでしょう。

そこでこの記事では、ファンデーションの色を選ぶ際のポイントと、ファンデーションを使ったカバーの方法も紹介していきます。

ファンデーションの色選びのコツとは

まずはじめに、肌の色別でファンデーションの色選びのコツを紹介していきます。しっかりとポイントをおさえ、失敗しないファンデーション選びに役立ててください。

赤みの多いお肌:オークル系のファンデ

赤みの多い肌の人には、オークル系のファンデがおすすめ。反対色のベージュだと肌がくすんだように見えてしまいます。オークル系のファンデで、自然に赤みをカバーするようにしましょう。

色白のお肌:明るめのピンク系

色白のお肌の人の場合は、明るめのピンク系を選ぶのがおすすめ。肌の白さを活かした上で、少し血色が良くなるように、ピンクを取り入れると良いでしょう。

色黒・暗めのお肌:ベージュ系

色黒・暗めのお肌の場合は、ベージュ系を選ぶのがベスト。ピンクやオークル系でファンデーションを塗ってしまうと、顔だけ妙に白浮きしたり目立ったりしてしまいます。

ナチュラルに色白に見せたいのであれば、ベージュ系の色味で少しだけ明るい色にしましょう。

モデルおすすめのファンデーションはこれ!カバー力を高める塗り方も紹介

Feelyモデルが普段使用しているファンデーションは、「ルナソルスキンモデリングリクイドファンデーション(OC03)」です。みずみずしいテクスチャーで肌と一体化し、肌そのものを美しくみせる水分約55%のリクイドファンデーション。

仕上がりの美しさのみならず、肌の美しさを際立たせるために新技術を採用。毛穴や凹凸をなめらかに整え、奥行きのある澄んだツヤ肌に仕上げます。

商品の特徴

水分が全体の55%を占めていて、みずみずしい仕上がりになります。肌全体に潤ったようなツヤ感が出るのも特徴。SPF21・PA++で、日焼け止め効果も期待できます。

塗り過ぎないように手に出してから塗るのがポイント

あらかじめ手に出しておいたファンデーションを、中指でぽんぽんと軽く叩くようになじませ、薄く均一に伸ばしてから顔に塗っていきましょう。そうすることで、顔に一気に塗りすぎるのを防ぐ事ができます。

崩れにくいカバーの方法

赤みやそばかすなど、気になる箇所にだけファンデーションを塗ります。おでこや口周りなどは汚く崩れやすい箇所で、厚塗り感も出やすいので極力ファンデーションは塗らないようにしましょう。

塗る際は滑らせるのではなく、中指を使ってぽんぽんと軽く叩き込むようにして塗っていきます。コンシーラーを塗るような感覚で、全体にべたっと塗るのではなく、気になる箇所から少しずつファンデーションを重ねていくように意識しましょう。

おすすめポイント

ファンデーションを塗ったような感覚はなく、薄付きで使用感も軽く、乾燥しないところがオススメです。

各ファンデーションのブランド別比較

ファンデーションにもいろいろなブランドがあります。ブランドによって展開されている色は様々なので、自分に合ったブランドのファンデーションを選ぶことが大切になるでしょう。

そのためには、ファンデーションのブランドによって、どのような色の特徴があるのかを知っておく必要があります。ここでは、各ファンデーションのブランド別に色の比較を行っていきます。

マキアージュファンデーション:オークルが多い

マキアージュファンデーションの特徴は、オークルが多いことです。オークルは薄い肌色のような色なので、最も使い勝手のよい色となっています。

明るく濃い目のオークルが中心なので、肌に自然に溶け込むような仕上がりになるでしょう。

プリマヴィスタファンデーション:オークル・ベージュオークルが充実

プリマヴィスタのファンデーションは、やはりオークルが多いのは他のファンデーションと一緒です。しかし、オークルだけではなく、ベージュオークルも充実しています。

オークルは比較的明るめの物がメインになっており、色の種類も多いので、季節によって色を変えるのがベストでしょう。

エスティローダーファンデーション:ピンク系も充実

ファンデーションのメーカーでは、オークルやベージュは比較的充実していることが多いのですが、ピンク系が充実しているメーカーは少なくなっています。

その点、エスティローダーのファンデーションはピンク系も充実しているので、赤みを少し強く出したいと考えている人向けだと言えるでしょう。もちろんオークル系やベージュ系も充実しています。

おすすめアイテム3選

最後に、ベースメイクにおすすめの商品をいくつかご紹介していきます。

毛穴やキメの乱れをさらっとカバー【マキアージュ ドラマティックスキニーフィルムリキッド UV オークル10 (SPF25・PA++) 30mL】

マキアージュ ドラマティックスキニーフィルムリキッド UV オークル10 (SPF25・PA++) 30mL

専用のスポンジが同封されており、正しい方法で使用すれば、13時間は持つと言われている商品です。ローションタッチなのでしっかりと広がり、カバー力にも優れています。

美しく見せることに特化しており、毛穴やキメの乱れをさらっとカバーしてくれるでしょう。

テカリのない仕上がりが長時間持続【プリマヴィスタ  パウダーファンデーション(オークル05)】

プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地 UV+きれいな素肌質感 パウダーファンデーション サンプル(オークル05)企画品

汗や皮脂にも強く、夏場の使用に適しています。テカリのない仕上がりが長時間持続。オイルブロック効果が期待できるので、脂性肌や顔のテカりが気になる人に適していると言えるでしょう。

人気色17番【エスティローダー(ESTEE LAUDER) ダブルウェア ステイインプレイスメークアップ ポンプセット #17 #ボーン SPF10 30m】

エスティローダー(ESTEE LAUDER) ダブルウェア ステイインプレイスメークアップ ポンプセット #17 #ボーン SPF10 30ml[並行輸入品]

発売以来ロングセラーとなっており、現在でも人気を誇っているファンデーション。カバー力の高さと持続力の高さ、そして美しく仕上がるのが特徴だと言えるでしょう

ただし、軽く叩くようにしてしっかりとなじませないと、効果が半減してしまうので要注意です。

まとめ

ファンデーション選びの基本は、自分の肌の色をしっかりと把握して、適切な色選びをすることです。

しっかりとした色選びができるようになれば、適切なブランドも選べるようになるでしょう。もちろんよいファンデーションを選ぶだけではなく、正しい使い方をする必要もあります。

ぜひこの記事で紹介した内容を参考にして、きれいが続くベースメイク作りに役立ててください。