エクステの髪への影響とエクステ前後のケアの方法

ヘアスタイルに満足できると、とても嬉しく感じるものです。多少メイクが決まらなくても、大丈夫だと思えてくるから不思議。エクステを利用すれば、もっとヘアスタイルの楽しみ方が増えます。

手軽に取り付けて楽しめるアイテムもありますので、あなたも一度試してみてはいかがでしょうか?エクステとヘアスタイルをより長く綺麗をキープするために、いくつかのコツがあります!

エクステの種類別の髪へのメリット

 

手軽に、髪の長さやイメージを変えることができるエクステ。カラー豊富にありますので、選びやすくイメージに合ったヘアスタイルにしやすいことでしょう。エクステには、色々な種類があり、それぞれメリットや特徴もあります。組み合わせて使えるものもありますので、工夫しながらヘアスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか?

編み込みエクステは髪にボリュームを出しやすい

地毛に編み込むようにして使用するエクステ。編み方にもいくつか種類があります。地毛に編み込む場合、三つ編みと四つ編みがあるのですが、両者を比べてみるとやはり四つ編みの方がよりしっかりと取り付けることができる為、外れにくくもちが良いといったメリットがあります。

また、毛の量が多いですからボリュームを出しやすかったり、カラーを地毛と合わせやすく自然に仕上げやすかったりといった良さもあります。

シールエクステは前髪、ショートヘアも自然にきまる

シールエクステも、メリットはたくさんあります。例えば、施術にかかる時間が短めであることも挙げられますし、軽いところもメリットの一つです。また、前髪やショートヘアなどにも使用しやすく自然にきまります。エクステをすると、洗髪や髪の毛の乾燥などに手間や時間がかかることもあるのすが、シールタイプの場合は比較的お手入れしやすいと言えます。髪の毛を乾かす場合も編み込むよりも手間がかかりません。

エクステをした場合、長く綺麗な状態を保つためにも、洗髪後はしっかりと髪の毛を乾かす必要があります。そうでないと、寝ている間に髪の毛が絡まりやすくなり傷みやすくなるからです。乾燥させやすいシールタイプは、その点、楽にできます。しかしながら、熱に弱い傾向がありますので、髪の毛を乾かす時はあまり高温の熱を与えないように気を付けて行う必要があります。

超音波エクステは自分の髪に自然と馴染みやすい

超音波エクステも人気のある方法です。一番のメリットは、地毛により馴染みやすいところでしょう。理由は、カラーが豊富にあることが挙げられます。その為、より一人一人に合ったものを選びやすいのです。また、スタイリングの自由度が高いのも良いところでしょう。

エクステを取り付けるときは、専用の機械を使って施術を進めていきます。また、短時間で終了できるところも、忙しい方が多い現代には嬉しいメリットでしょう。しかしながら、価格が他の方法と比較して高めであることがデメリットかもしれません。

エクステが髪に与えることは?

ショートから魅力的なロングヘアに。エクステがあれば、より自由に、よりお洒落にヘアスタイルをアレンジすることができます。編み込みやシール、超音波など種類もありますので、比較しながら好きな方法を選ぶこともできます。しかしながら、注意したいこともあります。

エクステ付近の髪が洗いにくい

エクステをした場合、どうしても部分的に髪の毛が洗いにくくなりますので、注意が必要です。しっかりと洗うことができなくなると、ニオイが気になってしまったり、髪の毛が傷んでしまったりすることもありますので注意が必要です。また、中途半端な乾かし方をしてしまうのも問題。髪の毛の絡まりの原因になります。

編み込み部分がきれいに洗えない

どうしても、エクステを編み込んだ部分が洗いにくいと感じるようです。この場合は、無理やりひっぱったりせずに丁寧に揉むように洗うと良いでしょう。洗った後も優しく水分を取り除き、しっかりと乾かすようにしてください。しっかりと乾かさないと、髪の毛が絡んでしまったり傷んだりしてしまいます。

髪にダメージを与えないケアの仕方

エクステを付けた後は、地毛とエクステ部分をできるだけ分けて洗うのがオススメです。具体的な方法ですが、予めエクステ部分にトリートメントをしておきます。その後に優しく頭全体を洗います。そして、しっかりとすすぎ終えたら、髪の毛全体にもう一度トリートメントします。エクステ部分については、あまりゴシゴシ洗わないでください。泡で優しく洗ったり、丁寧に流したりするだけでも不要な汚れ類は取り除かれます。

髪は水気が残らないようにしっかり乾かす

髪の毛を乾かさないで眠ったりすると、地毛の方であっても様々なデメリットがあると言われています。エクステをしている方は、いっそう気を付ける必要があります。ちゃんと乾かしてから眠ることはもちろんですが、乾かす時に気を付けたいこともあります。シールエクステの方は特に、熱に弱いですからあまり高温を使ったり近くで乾かしたりしないようにオススメします。また、ドライヤーの熱は、頭の上の方から下に向かって当てるようにすると、不要なボリュームを抑えることができます。

睡眠時に気を付けること

地毛だけの方であっても、一晩眠ればかなり髪の毛は絡むものです。エクステをしていれば、なおさらそう感じる方もいるのかもしれません。こういったことをできるだけ避ける為にオススメしたいことがあります。

可能であれば、乾いた後の髪の毛を緩めに束ねて眠ってみましょう。斜めに一つ結びでも良いですし、緩く二つに束ねてみるのも良いでしょう。こうやって眠ることで、より髪の毛とエクステをダメージから守ることができます。エクステのもちも良くなることでしょう。

おすすめ商品

エクステをより長く良い状態で保つために、オススメしたいアイテムがあります。エクステは、一般的に2ヶ月程度もつと言われていますが、良い状態を保つことができれば、更に長持ちさせることもできるかもしれません。

TANGLE TEEZER タングルティーザー ザ・オリジナル ピンクフィズ

こちらは、ブラシとコームの両方の魅力を程よく取り入れたアイテムです。髪に負担をかけずに、簡単に髪の毛を整えることができます。普段から髪の毛が絡まりやすい方や、カラーリングなどでダメージを受けている方、エクステをしている方などにもオススメです。

TANGLE TEEZER タングルティーザー ザ・オリジナル ピンクフィズ

マシェリ オイルイン ミストスプレー トリートメント 80g

マシェリ オイルイン ミストスプレー トリートメント 80g

こちらは、使いやすいミストタイプのトリートメント。パサつきを抑え、良い香りを与えてくれます。スタイリング剤を使用した後にも、使うことができます。

 

パンテーン 洗い流さないトリートメント シルキースムースエッセンス

パンテーン 洗い流さないトリートメント シルキースムースエッセンス 本体 100mL

こちらは、洗い流さないトリートメントで、パサつきを抑えしっとりとまとまる髪を目指すことができます。べたつかず、香りの良いアイテムです。紫外線による乾燥にもオススメです。

 

まとめ

 

エクステを取り付けたら、是非毎日のお手入れを丁寧にしましょう。こうすることで、エクステを良い状態で保つことができますし、もちも良くなります。シャンプー方法やドライヤーの使い方、眠る時に注意したいことなど色々あります。

可能であれば、緩めに髪の毛を結わえた状態で眠ってみましょう。こうすることで、髪やエクステへのダメージを少しでも抑えることができます。