ヘアアイロンは飛行機に持ち込める?意外と知らない持ち込みのルール

旅行や出張の際にもヘアスタイルはきちんとしておきたいものですが、移動がある場合でもヘアアイロンを持ち運ぶことで、いつもと同じヘアスタイルを作ることができます。

ヘアアイロンを含め、飛行機での移動をする際には持ち込みに関して知識をもってくべきことがあります。ヘアアイロンを飛行機に持ちこんだり、また預ける際には注意が必要な点があります。

ヘアアイロンを旅行先などでも使用するために、持ち込みや預ける場合のルールについて説明をしてみたいと思います。日ごろヘアアイロンを使用する方は確認しておくことをお勧めします。

飛行機にヘアアイロンは持ち込める?

飛行機内にヘアアイロンを持ち込みたいという方もいるかもしれません。しかし、必ず持ち込むことができるわけではありません。そのため、飛行機に乗る前にルールについて理解しておくことが大切です。ここでヘアアイロンの飛行機持ち運びに関するルールについて確認をしてみたいと思います。

コード式は持ち込み可能

ヘアアイロンにはいくつかタイプがありますが、充電などの必要がないのがコード式です。コンセントに差し込んで使用するタイプですが、このタイプは基本的に持ち込みは可能となっています。

飛行機内に持ち込むこともできますし、また預けることも可能です。多くの航空会社では複数のコード式ヘアアイロンを持ち込むことができるため、特に問題はありません。

ガス式は1つまで持ち込み可能

ガス式のヘアアイロンについては、髪を当てるアイロン部分に安全カバーが取り付けられているものは持ち込みができるようになっています。しかしコード式とは違って複数を持ち込むことはできません。1つのみ機内に持ち込むこと、また預けることができます。

注意点として、ガスカートリッジは機内に持ち込むこともできませんし、また預けることもできません。この点は忘れがちですが、ガス式のヘアアイロンを持っている方はしっかりと覚えておかなければなりません。

リチウム電池式は条件あり

ヘアアイロンの中にはリチウム電池式のものがあります。これについては注意が必要です。このタイプのヘアアイロンは機内に持ち込むことはできませんし、預けることもできません。

しかし、電池が取り外された状態のものであれば、持ち込みもできますし、また預けることは可能です。ただ本体から取り外した電池は預けることができません。さらにリチウムイオン電池は、ショートしないように保護しておかなければなりません。

条件は航空会社によって異なる

ヘアアイロンの持ち込みや、また預ける場合には安全性の観点からも、厳しい条件が設けられています。しかし具体的な条件は航空会社によって異なっています。そのため、ヘアアイロンを飛行機に持ち込んだりしたい場合には、事前に確認をしておくことが必要です。

飛行機でヘアアイロンは使える?

飛行機の機内でヘアスタイルを作っておき、旅行先や出張先でもきちんとした身なりで移動がしたいという方もいます。ヘアアイロンを機内で使用する場合には条件が設けられています。

一般にヘアアイロンの種類によって使用できる・できないが違います。そこで、ヘアアイロンの飛行機内での使用に関して、説明をしたいと思います。

コード式は使用可

コンセントに刺して使用するコード式のヘアアイロンについては飛行機の機内で使用することはできます。機内で着陸前にヘアスタイルを整えておきたい場合には、コード式を選択して持ち込むことが大切です。コード式のヘアアイロンを使用する際には、他の乗客の迷惑にならないようにしていくことが大切です。

ガス式は使用禁止

ガス式のヘアアイロンについてですが、ガス式のガスカートリッジは持ち込むことも預けることもできません。そのため必然的に機内で使用をすることはできません。またガス式のヘアアイロンを旅行先で使用する場合には、現地でガスカートリッジを用意する必要があります。

リチウム電池式は使用不可

リチウム電池式のヘアアイロンは電池を外した状態であれば飛行機の機内に持ち運ぶことができます。そのため、このタイプのヘアアイロンは機内では使用することができません。ヘアアイロンを機内でも使用したいのであれば、コード式を持ち込む必要があります。

ヘアアイロンを持ち込めなかったらどうする?

ヘアアイロンを機内に持ち込んだり、預けたりしたい方は事前に自分の持っているヘアアイロンのタイプを確認し、持ち込みができるかどうかを確認しておかなければなりません。

また同時に、ヘアアイロンを持ち込んだりできない場合にどのようになるのかも知っておく必要があります。そこで、ヘアアイロンが持ち運べなかった場合について説明をしておきたいと思います。

その場で廃棄する

ガス式のヘアアイロンについては、ガスカートリッジ部分は持ち込むことも預けることもできません。そのため、ガスカートリッジはその場で破棄しなければなりません。このように、持ち運べない部品はすべて破棄することになるため、事前に取り外して自宅に置いておくようにすることが大切です。

リチウム電池を外してショートしないようにする

リチウム電池式のヘアアイロンの場合、リチウム電池を外しておきます。またリチウム電池はショートしないように保護をしておけば、破棄することを避けられます。そのため、リチウム電池式のヘアアイロンを旅行先で使用したいのであれば、事前にリチウム電池を外し保護をしておくようにします。

その他持ち込みに制限があるもの

旅行や出張で飛行機を使用するような場合、身なりをきちんとするためにヘアアイロン意外に様々アイテムをバッグやスーツケースに入れておくものです。これらのアイテムについては、持ち込みができるかどうかを事前に理解しておかなければなりません。そこでヘアアイロン以外のアイテムについて、持ち込みができるかどうか説明をしたいと思います。

はさみやカミソリ

はさみは刃物に分類されるため、全てのはさみを機内に持ち込むことができないと思われています。しかし全てが持ち込めないわけではありません。

化粧用など小さいタイプのはさみであれば問題なく機内に持ち込むことができます。刃体が6ミリ以内の物であれば持ち込みができるようになっています。そのため、工作用など刃体が6ミリ以上のものは持ち込みはできません。

剃刀については持ち込むことができます。ただ刃体が4ミリ以内の物に限られます。化粧用のタイプは4ミリ以内なのが一般的なため、化粧用は持ち込むことができます。しかしナイフなどになると刃体が4ミリ以上のため、持ち込みはできません。

スプレー

スプレーはいろんな種類がありますが、どれも持ち込みができないわけではありません。種類によっては持ち込み可能なものもあります。へアスプレーや制汗剤など、化粧品に分類されるスプレーについては、条件を満たせば機内に持ち込めます。

医薬品として使用するスプレー式のアイテムがありますが、これらも条件を満たせば持ち込みは可能になっています。殺菌や消毒目的のスプレーなどは一般的には持ち込めますが、殺虫剤といった害虫駆除的なアイテムは持ち込むことはできません。

予備のガスカートリッジ

ヘアアイロン以外にもガスカートリッジを使用したアイテムはいろいろとあります。しかしガスを使用しているため、安全性のために一般的にガスカートリッジは機内に持ち込むことができません。

そのため旅行に行く際には自宅にガスカートリッジは置いておく必要があります。使用するガスカートリッジは旅行先で購入し、また帰国前に捨ててしまわなければなりません。

まとめ

いかがだったでしょうか。ヘアアイロンはいろんな種類があり、中には飛行機の機内に持ち込むことや預けることができない場合もあります。そのため、ヘアアイロンを旅行先でも使用したい場合、自分の持っているタイプが持ち込みができるものなのか、事前に確認をしておかなければなりません。