ファンデーションはパウダータイプが鉄板?

素肌にシミやそばかすなどができていると肌がきれいに見えないものです。そういった悩みを隠してくれるメイクアイテムがファンデーションです。ファンデーションと一言でいっても、クリームタイプやリキッドタイプなどがあります。これらのタイプは肌に密着しやすく、しっとりした仕上がりになる点が特徴となっています。これに対してさっぱりした仕上がりになるのがパウダータイプのファンデーションです。

パウダータイプのファンデーションを使用していない方にとってはどんなメリットがあるのかわからないものです。しかしいろんなメリットがあり、パウダーファンデーションを使用することによって肌の質感をより良く見せることができるものです。

そこでパウダータイプのファンデーションに関する基本的な特徴、またメリットなどについて説明をしてみたいと思います。これらを知って、ぜひメイクに取り入れてほしいと思います。

パウダータイプのファンデーションのメリット


クリームタイプやリキッドタイプのファンデーションはしっとりとした質感をしており、肌への密着度が高いためツヤ感のある肌に仕上げていくことができます。これに対してパウダータイプのファンデーションはさらっとした質感になっています。

パウダータイプのファンデーションはクリームやリキッドタイプとは違ったメリットがあります。まずはこのメリットについて説明してみたいと思います。

オイリースキンやコンビネーションスキンの肌にぴったり


人によって肌質は大きく異なっています。乾燥肌の方の場合、保湿が必要になるためリキッドやクリームタイプの方がしっとりした肌に仕上げていくことができます。しかしオイリースキンの方ではべたつきを感じてしまうこともあります。また肌に透明感を出しにくいというデメリットもあります。それに対してパウダータイプはオイリースキンの方が使用すると、さらっとしており肌へのなじみが良くなります。

オイリースキンの場合、さらっとしたパウダータイプを使用するとふんわりと肌に乗せることができ、時間の経過とともにファンデーションと肌がちょうどよく馴染んで肌に透明感をもたらすことができます。

コンビネーションスキンはオイリーと乾燥の両方の肌質を持っていますが、パウダータイプを使用したほうが全体的な肌の質感が良くなり、リキッドやクリームタイプよりも肌がきれいに見えます。オイリースキンやコンビネーションスキンの方はパウダータイプを使用したほうがメイクの仕上がりが良くなるのでお勧めです。

化粧直しも楽ちん


メイクをしてしばらく経過すると、メイクが崩れてしまうことがあります。特に湿度が高かったり、温度が高い時期にはメイクはより短時間で崩れてしまうことが多いものです。そんな時には化粧直しをしなければなりません。

化粧直しをする際には皮脂を抑えてファンデーションで肌を整えなければなりません。この際にはパウダータイプのファンデーションの方が簡単にメイク直しをすることができます。テカリもきれいになくなりますし、崩れたメイクを簡単に直していくこともできます。

時短メイクができる


出勤前などには早くメイクを終了させたいと思うものです。こんな時には乾燥するまでに時間がかかってしまうクリームやリキッドタイプのファンデーションよりも、さらっとしているパウダータイプの方が適しています。

ファンデーションを付けた後にアイメイクをしたり、チークを乗せたりする方は特にメイクに時間がかかってしまいます。クリームやリキッドタイプのファンデーションでは肌がさらっとした感じになるのを待ち、そのあとにアイメイクなどをする必要があります。

しかしパウダータイプのファンデーションなら、より時間を短縮させてメイクを行っていくことができます。メイクに時間をかけたくない方は、パウダータイプを使用するといいでしょう。

パウダータイプのファンデーションのデメリット


クリームタイプやリキッドタイプのファンデーションよりも時短メイクができ、また化粧直しが簡単にできるというメリットを持っているのがパウダータイプのファンデーションです。しかしパウダータイプでもデメリットの部分もあります。

デメリットをあらかじめ理解しておくと、どういった時にパウダータイプを使用したらいいのかが分かります。また場合によってはクリームやリキッドタイプを使用するといったように、場面によって適したアイテムを選択することもできます。そこでパウダータイプのファンデーションが持つデメリットについて説明をしてみたいと思います。

カバー力がどうしても保てない

パウダーファンデーションは肌への密着力が弱い点が大きなデメリットとして挙げられます。ファンデーションは油分や水分も含んでいますが、パウダータイプはクリームやリキッドに比べて油分や水分が少ないため、肌に密着しにくく、くすみやシミ、そばかすなどをしっかりと隠すことができません。

くすみが気になる方、またシミやそばかすがある方はカバー力が強いリキッドタイプなどを選択しなければなりません。パウダータイプでくすみなどを隠そうとしてしまうと、厚塗りになってしまい、ナチュラルさがなくなってしまいます。

保湿には不向き


パウダーファンデーションは水分や油分が少ないため、保湿力がどうしてもリキッドやクリームタイプのファンデーションに比べて足りないと感じてしまいます。そのため、乾燥肌の方が使用すると肌になじみにくく、粉っぽい仕上がりになってしまいます。

乾燥肌の方は保湿力が強いリキッドやクリームタイプを使用することで肌に適度に潤いを与えることができます。パウダータイプはオイリースキンやコンビネーションスキンの方だと適度な保湿感を感じます。このように肌質によって使い分けるようにするといいでしょう。

紫外線対策として弱い

パウダータイプのファンデーションは肌への密着感が弱いこともあって、外部からの刺激から肌を保護しにくい点もデメリットとして挙げられます。リキッドやクリームタイプは紫外線から肌をしっかりと守ることができます。そのため、夏場にパウダータイプのファンデーションを使用する際にはUVカット効果の高い化粧下地などを必ず使用しなければなりません。

パウダータイプのファンデーションの使い方


パウダータイプのファンデーションはふんわりとした使用感が特徴的で、肌が重く感じない点が心地よく好きな方も多いことでしょう。しかしこのタイプのファンデーションを使用する場合には、正しい使い方を理解してからメイクをしないと、肌を美しく保つことができません。

透明感があって素肌のような感じに見せるためにどのようにパウダータイプのファンデーションを使ったらいいのか、この点について説明をしてみたいと思います。これまで何となく粉っぽい仕上がりになっていた方は特に参考にしてみてください。

保湿タイプの下地を使う

パウダータイプのファンデーションは肌に密着しにくいため、肌になじみにくく、粉っぽい感じに仕上がってしまうことがあります。特に乾燥が厳しい冬場に使用する際には注意しなければなりません。パウダーファンデーションを使用する前には、必ず保湿効果の高い化粧下地を使うことが大切です。

保湿効果の高い化粧下地を使うことで、肌に保湿を与えることができますし、その次に使用するパウダータイプのファンデーションも肌になじみやすくなります。肌の粉っぽい感じも改善することができます。

また時期によって乾燥が厳しい場合には、基礎化粧品を使用する際により保湿効果の高い商品を使い、何度も塗布して肌にしっかりと保湿を与えておくようにしてください。

下地塗りから数分立ってから使う


パウダータイプのファンデーションがきれいに肌に乗るようにするためには、化粧下地がしっかりと乾いてからつけるようにしなければなりません。特に保湿成分が多く配合されている化粧下地は乾燥しにくいため、しばらく乾燥するのを待ってからパウダータイプのファンデーションを使用するようにすることが大切です。

化粧下地が乾いていない状態でファンデーションを乗せると化粧下地と混ざってしまい、きれいな肌に仕上げることができません。面倒ですが、化粧下地が乾いてからファンデーションを使用するようにしてください。

擦らずにすべらせるように乗せる

パウダーファンデーションの特徴として、ふんわりとした仕上がりにすることができるという点が挙げられます。このメリットを十分に感じるために、ファンデーションをつける時には肌を擦るように使用するのではなく、滑らせるようにして肌に乗せていくようにします。

パウダータイプのファンデーションは多く使用すると粉っぽくなるため、あまり多く肌に乗せないようにすることが大切です。しっかりと付けるよりも抑え気味につけていく方が、時間の経過とともに肌になじみやすくなり、肌に透明感をもたらすことができます。

おすすめ商品

パウダーファンデーションはいろんなブランドから販売されています。そのため購入を検討する際に、どの商品を選択したらいいのか迷ってしまうものです。そういった場合には人気のある商品をまずチェックするといいでしょう。

人気の商品は使用感が良く、仕上がりも満足できるものが多いといえます。そこでお勧めしたい人気のパウダーファンデーションをご紹介したいと思います。

きれいが続く【コフレドール グラン ファンデーション カバーフィットパクトUV(ウォータープルーフ)オークルC SPF40/PA+++ 7.5g】

コフレドール グラン ファンデーション カバーフィットパクトUV(ウォータープルーフ)オークルC SPF40/PA+++ 7.5g

汗や皮脂によって崩れにくいウォータープルーフタイプのパウダーファンデーションです。肌に自然になじみ、肌色をより美しく演出することができます。SPF40で紫外線の強い日でもしっかりと肌を保護してくれます。夏場でも快適にファンデーションを使用したい方にはぴったりです。

乾燥をふんわりカバー【マジョリカ マジョルカ ミルキースキンリメイカー クリームファンデーション NB 自然な素肌色 (SPF28・PA+++) 10g】

マジョリカ マジョルカ ミルキースキンリメイカー クリームファンデーション NB 自然な素肌色 (SPF28・PA+++) 10g

毛穴やニキビ跡といった肌の悩みをきれいに隠し、また乾燥も防ぐ、クリームタイプのような使用感のパウダーファンデーションです。ジェルが体温で溶けて肌に自然になじむ、新発想の生感ファンデーションです。 リキッドとパウダリーのいいとこどりで、保湿感はしっかりなのに肌表面はさらさらになります。

なめらかなパウダー【インテグレート デザインヴェール ナチュラル フェースカラー 3.5g】

インテグレート デザインヴェール ナチュラル フェースカラー 3.5g

輝き、光沢、フォギーの効果を持つ3つのパウダーでメリハリのある肌を演出するパウダーファンデーションです。なめらかな使用感のパウダーで、肌にぴったりフィットします。パウダーファンデーションにありがちな粉っぽさもなく、ナチュラルでふんわりとした肌に仕上げることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。粉っぽく仕上がると思われがちなパウダータイプのファンデーションですが、自然でふんわりとした仕上がりになるため、ナチュラルメイクをしたい方には特におすすめなファンデーションです。

肌が息苦しく感じませんし、心地いい使用感も魅力です。パウダータイプのファンデーションのメリットや正しい使い方を知ると美しい肌に仕上げていくことができる、優秀なメイクアイテムなのです。