ファンデーションの塗り方はタイプによって違う!

肌のくすみやシミ、そばかすなど、いろんな悩みを上手に隠してくれるのがファンデーションですが、いろんなタイプがあります。リキッドやクリーム、パウダータイプなど、質感や仕上がりなどそれぞれ異なっており、特徴を持っています。

ファンデーションを日常的に使用している方は多いと思われますが、ただ特に拘りなく使用している方もいることでしょう。しかしファンデーションはそれぞれのタイプの特徴をよく理解し、タイプごとに合った使い方をしていくことが必要です。そうしないと肌を美しく演出することができないことがあります。

これまでファンデーションについてあまり考えずに使用していた方に向けて、ファンデーションの特徴や適切な使い方などについて説明をしていこうと思います。

ファンデーションのタイプ別の特徴と塗り方


ファンデーションはしっとりした感じのタイプ、さっぱりしたタイプなど質感がタイプによって大きく異なっています。しかしそれだけではなく、他にもそのタイプ独自の特徴があります。またそれぞれのタイプでは適切な塗り方というものもあります。

それぞれのタイプにある特徴と正しい使い方を知ることで、より自分の肌を美しく演出していくことができます。ここでファンデーションに関して知っておくべき点について説明をしていこうと思います。

ファンデーション:パウダータイプの特徴


パウダータイプのファンデーションはさっぱりした使用感が大きな特徴として挙げられます。そのため、肌への密着感があまりなく、さらっとした感じに仕上げることができます。パウダータイプは水分や油分が少なめになっており、ふんわりとした感じで肌に乗せることができます。

パウダータイプのファンデーションはメイクの仕上がりを自然に見せるために、クリームやリキッドタイプのファンデーションを使用した後に使用するのもいいでしょう。フェイスパウダーとして活用することもできます。また脂性肌など、肌がべたつきやすい方は最初からパウダーファンデーションを使用すれば、テカったりせずナチュラルな感じに仕上げることができます。

ただパウダータイプは肌がさらっとしすぎるため、乾燥肌の方が使用すると粉っぽくなってしまうことがあります。そのため、乾燥肌の方は保湿効果のある化粧下地を使用して、肌とファンデーションがなじむように工夫する必要があります。

ファンデーション:クリームタイプの特徴


パウダータイプのファンデーションに比べてしっとりした質感をしているのがクリームタイプのファンデーションです。そのため肌に乗せると肌にしっかりと付き、密着感を感じます。クリームタイプはシミやそばかすをしっかりと隠してくれるため、カバー力があるファンデーションを希望する方にはこのタイプが適しています。

クリームタイプのファンデーションは肌への密着感があるため、厚く塗らないように気を付ける必要があります。ファンデーションだけで隠せないシミなどはコンシーラーを部分的に使用するといいでしょう。

乾燥肌の方はクリームタイプを使用すれば、しっとりとした肌に見せることができますし、粉っぽく仕上がることもありません。反対にオイリースキンの方はべたつくことがあるため、あまり塗りすぎないようにする、クリームタイプのファンデーションを使用した後にはフェイスパウダーで仕上げるなど、ナチュラルな感じに仕上げる必要があります。

ファンデーション:リキッドタイプの特徴


リキッドタイプは伸びの良さが特徴的で、またカバー力が強いため、しっかりとシミやそばかすをカバーしたいときには最適です。また伸びがいいため、時短メイクをしたいときにも素早くベースメイクを終わらせることができます。

リキッドタイプのファンデーションは指で伸ばすこともできますし、またパフで優しく伸ばして使用することもできます。またカバー力があるので、コンシーラーとして指でつけていくこともできます。

リキッドタイプは油分や水分が多いため、乾燥肌の方には最適です。しっとりした肌に仕上げていくことができます。ただオイリースキンの方はべたつきやすいため、少量ずつ使用するようにしてください。

ファンデーションに使うパフとブラシのお手入れ


ファンデーションを肌に乗せていく際にはパフを使用する方が多いですが、中にはよりふんわりと仕上げたいためにブラシを使用する方もいます。パフやブラシは肌に直接触れるものですから、毎日清潔な状態をキープすることが大切です。

パフやブラシが汚れていると、肌に刺激を感じたりアレルギーを引き起こしてしまうこともあります。そのため、これらのアイテムはお手入れをすることが大切です。ここでこれらのアイテムの適切なお手入れ方法について説明をしていこうと思います。

ファンデーション用のパフのお手入れ洗い方

パフはふんわりとした質感をしており、乱暴に扱うことは避けなければなりません。そのため、洗う際にも優しく行うことが大切です。パフは数回使用したらすぐに洗浄をして付着した皮脂やファンデーションを洗い流すようにしましょう。

洗う際には中性洗剤が洗浄力が優しく、またパフの質感を損ねる心配がありません。パフを泡立てるようにして、優しく洗うようにしてください。また専用のクリーナーがあれば、それを使用してもいいでしょう。またパフは洗浄をしても汚れが完全に取れないものなので、ある程度使用したら捨てて新しいパフを使用するようにしてください。

あわせて読みたい

1週間で8万個の殺菌!?メイクブラシやパフの正しい洗い方・乾かし方・頻度♡

続きを読む

ファンデーション用のブラシのお手入れ


ファンデーション用のブラシについては天然毛のタイプもあるため、商品によっては洗浄をしない方がいいタイプもあります。洗浄ができるタイプであれば、中性洗剤を使用するか、専用のクリーナーを使用すると毛にダメージを与えないので安心です。ただせっけんを使用するとアルカリ性でブラシが傷むこともあるので、使用は避けたほうがいいでしょう。

洗浄ができないブラシの場合、エタノールで洗浄をするといいでしょう。ファンデーション用ブラシは1週間をめどに洗浄をするようにしたいものです。またある程度使用したら捨ててしまうことも大切です。

ファンデーション用のスポンジのお手入れ

ファンデーション用のスポンジもパフと同じように、洗浄を定期的に行うことが大切です。スポンジは中性洗剤か専用のクリーナーで洗浄するようにしましょう。スポンジも数回使用したら洗浄するようにしてください。またある程度使用したら捨てて新しいスポンジを使うようにすれば、清潔なスポンジを保つことができます。

あわせて読みたい

ファンデーションのスポンジの洗い方は?何で洗うのがいいのか検証してみました!

続きを読む

ファンデーションの塗り方:初めての人や乾燥肌の人のポイント


ファンデーションはタイプによって特徴が異なっていますが、それぞれのファンデーションに合っている肌質は異なりますし、使い方も異なっています。そのため、まず最初に自分の肌質を知ることが大切です。次に自分の肌質に合ったファンデーションを選択しなければなりません。

ファンデーションの塗り方は初心者の方にとっては、わかりにくいかもしれません。そこで正しいファンデーションの塗り方について、説明したいと思います。また肌質による注意点についても触れてみたいと思います。

ファンデーションの塗り方:初めて使う人へのアドバイス

ファンデーションを塗る前にはしっかりと肌に保湿を与えておくことが大切です。保湿が足りないと、ファンデーションが肌になじみにくくなり、白浮きすることがあります。乾燥肌の方でなくても、冬場には肌が乾燥してしまいます。そんな時にはいつも以上に水分や油分をしっかりと肌に補い、その後にファンデーションを塗るようにしてください。

化粧下地を付けた後にはしばらく乾燥してからファンデーションを塗るようにしてください。またファンデーションの後にアイメイクをする際にも、ファンデーションが乾いてから行うことが大切です。次のステップに移る前には乾燥した状態でなければメイクの仕上がりが悪くなってしまいます。時間はかかりますが、乾燥してから次のステップに必ず移るようにしてください。

ファンデーションの塗り方:乾燥肌が気になる人へのアドバイス


乾燥肌の方の場合、ファンデーションをつけてもなかなか肌へのなじみが良くならず、白浮してしまうことがよくあります。ナチュラルな仕上がりにするためには、化粧下地や基礎化粧品をつける際に保湿も意識することが大切です。

乾燥肌の方は基礎化粧品で十分に肌の奥に水分と油分を補給していきます。また化粧下地では保湿成分が多く配合されたものを選び、肌をしっとりとさせた状態でファンデーションを塗っていくようにします。こうすればファンデーションが浮いたりすることもありません。

ファンデーションの塗り方:メンズへのアドバイス

男性の方でも美意識が高い方、また仕事柄美肌を維持していきたいという方にはファンデーションの使用をお勧めします。男性の場合は特に白浮しないようにファンデーションを塗っていくことが大切です。男性の肌は皮脂の分泌が多いため、ファンデーションが崩れやすくなります。

男性がファンデーションを塗る際には、少量を使用するようにしてください。しばらくすると肌とファンデーションがうまく馴染んできれいな肌に見せることができます。少しファンデーションの量が足りないと感じる程度で男性の場合は十分です。

おすすめ商品

ファンデーションを使用する際には、安心できるパフやブラシを使用したいものです。そこでどんな肌質の方で
も安心感を持って使用できるアイテムをご紹介したいと思います。敏感肌の方には特にお勧めしたい商品ばかりです。

高品質な毛を使用【LEEPWEI 化粧筆 メイクブラシ 6本セット 化粧ブラシ 専門化粧 最高級のタクロンを使用 超柔らかい グリーン】

LEEPWEI 化粧筆 メイクブラシ 6本セット 化粧ブラシ 専門化粧 最高級のタクロンを使用 超柔らかい グリーン

高品質な毛を使用しており、肌への優しさが特徴的なメイクブラシです。6本の大きさの異なるブラシがセットされており、より魅力的な表情を作っていくことができます。肌への刺激がないため、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

医療用100%シリコンを使用【ACMETOP シリコンパフ クリームファンデーション吸わない ファンデーションパフ 超柔軟 経済的 衛生的 多用途 透明 清潔しやすい 丸形と水滴形(4枚セット)】

ACMETOP シリコンパフ クリームファンデーション吸わない ファンデーションパフ 超柔軟 経済的 衛生的 多用途 透明 清潔しやすい 丸形と水滴形(4枚セット)日本語取扱説明書付き

医療用100%シリコンを使用しており、肌への刺激がない点が魅力のパフです。従来のパフでは刺激を感じてしまうような敏感肌の方でも安心して使用することができます。丸洗いできて速乾性に優れており、毎日清潔なパフでメイクができます。

100%コットン素材【パウダーパフ ファンデーションパフ メイクアップパフ メイク用スポンジ(一個入)】

パウダーパフ ファンデーションパフ メイクアップパフ メイク用スポンジ(一個入)

100%コットン素材で、刺激を感じにくい質感が特徴的です。さらっとした使い心地で、今まで以上に安心してメイクを行っていくことができます。また洗浄もできるようになっており、常に清潔な状態で使用することができます。

まとめ

ファンデーションはそれぞれ肌質の異なる方に応じた使い方がありますし、またファンデーションのタイプによって使い方も異なっています。そのため、適切な使用をしっかりと理解しておくことが大切です。またファンデーションを使用する際にはパフやブラシなども、適切に使用し、安全性を確保していくようにしたいものです。