口紅下地の種類・用途・効果徹底解説!おすすめ口紅下地5選も紹介

口紅をそのまま唇につけてもいいですが、口紅下地を使うとリップメイクをより美しくみせてくれます。

これまで口紅下地を使ったことが無い方も、ぜひその効果を知って、より魅力的な唇になるように口紅と一緒に使ってみてはいかがでしょうか。

口紅下地の効果、口紅下地の種類と用途、おすすめの口紅下地を紹介します。

口紅下地の効果について

口紅下地は、文字通り口紅を塗る前に、下地のように使うアイテムのことをいいます。口紅下地を使うことによって、どのような効果が期待できるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

口紅の発色を促す

口紅下地が口紅の色をより鮮やかに演出してくれるので、口紅をそのままつけた場合に比べてより映える唇になるでしょう。また、様々なカラーバリエーションの口紅に対応してくれるため、どのような色の口紅であっても、きれいに発色させることが出来ます。

口紅を直に塗ることによっておこる唇の荒れを予防

口紅をそのまま唇につけてしまうと、口紅の成分がダイレクトに伝わるので、お肌がデリケートな方の場合はダメージを受けることもあるでしょう。

先に口紅下地をつけてから口紅を付けることで、唇が保護されて荒れなどのトラブルを予防することができます。また、保湿成分や紫外線カット成分が配合されている口紅下地を使うと、空気の乾燥や紫外線から唇を守る効果が期待できます。

口紅を長持ちさせる

口紅をつけてもすぐに落ちてしまうことがあります。頻繁に落ちてしまったのではお化粧直しの頻度も多くなってしまうので、それを防止する意味で口紅下地を使うことはおすすめです。

口紅下地を使うことによって、口紅が唇にしっかりとフィットするので、落ちてしまうことが少なくなり口紅が長持ちするでしょう。

唇の乾燥を予防する

保湿成分入りの口紅下地を使うと唇の乾燥防止が期待できるので、健康的な唇を維持することができます。

唇が乾燥すると口紅の付きも悪くなるので、口紅下地で乾燥を予防することは重要といえるでしょう。

口紅下地の種類と用途

ここでは、口紅下地の種類について、それぞれの特徴と用途を詳しくご紹介します。自分が求めている効果によって使い分けると良いでしょう。

カバー力を重視するなら「コンシーラータイプ」

コンシーラータイプの口紅下地はベージュ系の色味なので、肌の色に近く唇の色ムラを整えたり赤みを抑えるなど、カバーするのに最適です。唇全体に使うと唇の色を抑えて口紅の発色が良くなります。

また、唇の一部に使うと輪郭をぼかして形を変えることも。さらに、シミやくすみが気になる方にもおすすめです。肌の色に近い色味がシミやくすみも隠すように唇の色を抑えてくれるので、その上に口紅を重ねることで目立たなくすることができます。

機能性重視なら「美容成分入り」

唇は皮膚が薄くデリケートな部分です。また、水分を保つことが難しくて乾燥しやすいので、特に空気が乾燥していると荒れてしまいがち。唇が荒れてしまったら、水分保持や保湿などの美容成分が入った口紅下地がおすすめです。

機能性重視の美容成分入り口紅下地が、潤いたっぷりの唇に導いてくれるでしょう。

機能性重視のリップについてより詳しく知りたい方はこちら

あわせて読みたい

唇の紫外線対策も忘れずに!オールシーズン使える《UVカットリップ》

続きを読む

ボリューム感を出すなら「グロスタイプ」

グロスタイプの口紅下地は、ほかのタイプのものよりも水分量が多く潤いたっぷりの仕上がりになります。そのためふっくら厚みが出てボリューム感のある唇に

発色がクリアなタイプが多いので、カバー力には欠けるかもしれません。ただ、保湿効果も期待できるので、乾燥で唇が荒れやすい人にはぴったりです。

リップグロスについてより詳しく知りたい方はこちら

あわせて読みたい

リップグロスの塗り方のコツをマスターしてプルプル唇になろう!プチプラのおすすめグロスとは?

続きを読む

あわせて読みたい

いつでもキスOKな唇に♡イヴ・サンローランのグロスで作るラブリップ

続きを読む

あわせて読みたい

リップグロスの塗り方のコツをマスターしてプルプル唇になろう!プチプラのおすすめグロスとは?

続きを読む

モデルがオススメする口紅下地を徹底比較レビュー!使い方も紹介

ここからは、Feelyのモデルが普段実際に使用している口紅下地&口紅を3種類ご紹介。オススメポイントなどを交えて徹底的に比較レビューしていくので、ぜひ参考にしてみてください。特に唇が乾燥しがちな人は要チェックです。

バーツビーズ ティンテッドリップバーム ハイビスカス

口に入っても安心の、100%天然成分のカラーリップです。シアバターなどのナチュラル成分がシルキーでなめらかな唇にし、 透き通るような自然の色をつけます。

発色がきれい!

色つきリップの中で、モデル個人はこちらの商品が特にお気に入り。軽くひと塗りしただけで、画像のようにきれいに発色します。自然な血色の色味で発色してくれるので、色つきリップにありがちな人工的な色で違和感を感じたりすることもありません。

下地の後に塗るイチオシの口紅は「セルボーク ディグニファイド リップス 06」

下地を塗った後に、こちらの「セルボーク ディグニファイド リップス 06」を塗ると、ちょうどいい色味になるのでおすすめ

唇に潤いを与え、みずみずしいツヤ感を出してくれます。体温で溶けるようになめらかに伸びて、唇にしっかりとフィット。ブラウンが強めの赤リップです。

実際に塗るとこんな発色!

下地を塗らずにこの口紅だけ塗ると血色が悪く見えてしまいますが、下地にバーツビーズ ティンテッドリップバームハイビスカスを塗っておく事で血色がよく見えるので、チークを塗らなくても顔色が明るく、顔全体がおしゃれに見えるように彩ってくれます

この下地と口紅の2つの組み合わせがお気に入りで、特におすすめとのこと。

インテグレート さくらジェリーエッセンス

こちらはCCリップスティックで、唇の色味やくすみを補正する役割がありますウォータータッチオイル処方で、みずみずしいうるおい感が持続します。 乾燥・あれを防ぎ、くすみを明るく補正するカラーコントロール効果も期待できます。

ほんのり桜色に色づく♡

実際に唇に塗ると、画像のようにかなり薄づきですが、ほんのり桜色に色づきます。唇の血色が悪い日にこちらの下地を塗っておくと、ベースのトーンアップになり、後に塗る口紅の発色がとても良くなります。SPF14・PA++で、紫外線カット効果も期待できるのでおすすめ

特に唇の日焼け対策は多くの人が怠りがちなので、UV効果がある口紅下地を塗っておくと、安心してお出かけもできるでしょう。保湿効果も期待できます。

オススメの口紅下地5選

唇を魅力的に演出するための口紅下地には、どのようなものがあるのでしょうか?ここでは、特におすすめの口紅下地を厳選して、5つご紹介します。

M・A・C  プレップ プライムリップ

口紅カラーをより際立たせることができます。さらには、唇や口元のしわを覆いかくしてくれるので、魅惑的な唇に変身させてくれるでしょう。

CHICCA(キッカ)スムージングプロテクト リップベース

紫外線をカットする作用が期待できます。また、口紅の付きを良くして美しい色合いを演出してくれます。

唇の乾燥を防ぐ働きもあるので、夏場だけでなく冬場の外出の際にもおすすめです。

MAQuillAGE リップリファイナー

くすみの無いきれいな唇に整えて、口紅の色付きをよくし、唇をより美しくみせることができます。また、唇をマッサージをするように塗っていくと血行の促進が期待できるので、健康的な唇へと導いてくれるでしょう。

高保湿成分(ヒアルロン酸Naなど)が配合されているので、唇は潤いたっぷりに。紫外線カット成分も配合されているので、紫外線からも唇を守ってくれます。

カントリー&ストリーム ハニーフルリップ

唇の荒れを防ぐ効果も期待できます。美容成分も配合されており、口紅の付きと発色をアップ!

リップを付ける部分が斜めで塗りやすい点が人気です。

インテグレート サクラドロップエッセンス (スティック)

インテグレート サクラドロップエッセンス (スティック) リップ用美容液 (SPF16・PA++) 2.0g

唇に潤いを与えることができます。唇の乾燥を防いで、健康的で魅力的な唇に導いてくれるでしょう。UVカット成分も配合されています。

まとめ

お肌がデリケートな方の場合には、口紅を直接唇につけてしまうと唇にダメージを与えてしまうことも考えられますが、先に口紅下地を付けることでそれを防止することができるでしょう。

また、口紅下地をつけることで口紅が落ちにくくなり、お化粧直しの頻度が減ります。さらには、口紅の色をより鮮やかに見せることができるので、より魅力的な唇を演出できるでしょう。

このように様々な効果が期待できる口紅下地を、目的に合わせて上手に使いこなしリップメイクを楽しみましょう。