日焼けにおすすめの時間帯と注意点!

年中、私たちに降り注いでいる紫外線。皆さんは日々、紫外線とどのように付き合っていますか?毎日紫外線対策を欠かさず行っている人、夏になったら日焼けをする人、何にもしていない人など、紫外線に対する行動は様々です。

日焼けは、一般的に悪いように言われがちですが、日焼けにもメリットとデメリットがあり、時間をきっちり守って日焼けすれば、お肌に大きな負担をかけずに焼くことも可能です。今回は、そんな”日焼けと時間”に焦点を当てて、お話ししていきましょう。健康的に日焼けをしたい方は必見です!

日焼けのメリットやデメリット

早速、日焼けのメリット・デメリットについて見ていきましょう。メリットとデメリットをしっかり把握して、日焼けをしたいかしたくないか判断しても遅くはありません。肝心なことは、日焼けについてきちんと知識を持っておくことです。自分のお肌を守るためには欠かせないことなので、頭に入れておきましょう。

日焼けすると健康的に見える

日焼けのメリットの1つ目として挙げられるのが、”健康的に見える”ということです。単純なことですが、色白の人に比べ少し焼けている人の方が、視覚的に健康的に見えます。どうしても色白だと、”不健康そう”や”病的に見える”ことなどから、あえて程よく日焼けをする人も少なくありません。

また、適度な日焼けは美肌作りのサポートにもなります。紫外線によってビタミンDが生成されるため、新しい肌細胞をどんどん成長させてくれるのです。その結果、肌荒れやくすみを改善する効果が期待できます。これは驚きのメリットです!

日焼けすると肌が黒くなって引き締まって見える

これも視覚的な効果が大きいですが、お肌が黒いと”身体が引き締まって見える”ようになります。黒い服と白い服では体型の印象が変わるように、お肌の色も同じです。色白のひとよりもシャープに見せることができるので、スリムに見せたい人には、日焼けも1つの手段として良いかもしれません。

シミやそばかすの原因となる

次に、日焼けによるデメリットですが、女性が最も気にしているのがこの”紫外線はシミやそばかすの原因となる”ということです。紫外線がお肌に当たると、メラニン色素が生成され、それが色素沈着することによってお肌の色を黒くします。

特に紫外線が当たりやすい顔や首、腕などはシミやそばかすができやすい箇所なのです。また、紫外線を浴びる量が多ければ多いほど、”皮膚がん”になるリスクも高まります。あまりにもシミやそばかすができる人は、大量に紫外線を浴びている証拠なので、注意が必要です。

肌が乾燥しやすい

日焼けは、3段階で分けられる火傷のレベルでいう”中程度の火傷と同じ”です。日焼けがひどい場合は、水泡ができることもあります。日焼けしたお肌は、著しく水分が失われ乾燥しています。火照りをとり、敏感肌用の化粧水などで、十分に保湿をしてあげることが大切です。

日焼けの時間など注意する点

日焼けのメリット・デメリットが分かったところで、次は日焼けをする際に注意しておきたいポイントをご紹介していきましょう。以下に挙げたポイントを守って日焼けすれば、お肌に大きなダメージを与えず、綺麗に焼くことが可能となります。ぜひ、押さえておいてください!

日差しが強くなる昼の時間は避ける

綺麗にお肌を焼くコツは、ゆっくり時間をかけることです。1日や短時間で焼こうとすると、当然ながらお肌に大ダメージを与えてしまいます。紫外線は、午前10時から午後2時の間にとても強くなります。その時間帯に焼こうとすると、紫外線の量が多すぎて、お肌がヒリヒリしたり、痛みを感じたりしてしまいます。

特に、夏場は紫外線が強い時期です。この時間はなるべく避け、緩やかな紫外線の元で日焼けをするようにしましょう。そうすることで、ムラなく綺麗に日焼けをすることができますし、なにしろお肌を痛めなくて済みます。

日焼け後はしっかりとアフターケアをして綺麗な日焼け肌を維持

日焼けをしたあとは、しっかりとアフターケアをするよう心掛けましょう。ゆっくり焼いたとしても日焼けは日焼け。お肌に少なからずダメージはあります。しかし、日焼け後にきちんとアフターケアをすることで、ダメージを最小限に抑えることができます。

日焼けしたお肌は熱を持っていますので、冷たい水で冷やしたタオルや保冷剤などでお肌の熱をとりましょう。その後、日焼け止めを敏感肌用の洗顔料やクレンジングで優しく落とします。清潔になったお肌に、化粧水(日焼けがひどい場合は保湿クリームやワセリン)などでしっかり保湿します。最後に、ミネラルウォーターやビタミンCが入ったアセロラジュースなどで、体内からも水分補給をしましょう。

あわせて読みたい

日焼けで赤くなった場合の正しいケア方法!

続きを読む

1日に日に当たる時間は1時間から2時間ほどにする

日焼けは、時間帯も大事ですが、1日あたり日に当たる量も調節が必要です。1日に日に当たる時間は1時間から2時間ほどがベスト。それ以上当たると、お肌は大きく傷ついてしまうので、時間を見ながら日焼けをするようにしましょう。

日焼け後のケアに欠かせないクリーム

それでは、最後に日焼け後のアフターケアに欠かせない、おすすめのクリームをご紹介しましょう。日焼け後に使う保湿用のクリームは、いつも使うものでは刺激が強すぎるので、日焼けしたデリケートなお肌にも使える敏感肌用のものを使用しましょう。ぜひ、参考にしてみてください。

ミノン アミノモイスト ブライトアップベース

ミノン アミノモイスト ブライトアップベース UV 25g

紫外線吸収剤不使用の、ノンケミカルUVカット化粧下地です。日焼け後のメイク直し時に使え、敏感になったお肌もしっかりと保湿してくれます。外的刺激(ホコリや花粉など)から肌を守るバリア機能をサポートする、9種の保潤アミノ酸を配合し、デリケートなお肌をあらゆるものから優しく守ってくれます。

 

ウテナ 薬用スキンコンディショナー クリーム

ウテナ 薬用スキンコンディショナー クリーム 30g 【医薬部外品】

ハトムギエキスを始め、ラベンダー、ローズマリー、カレンデュラの4種のハーブエキスを配合し、しっとり潤いを保湿。乾燥したお肌のコンディションを整えます。肌トラブルを防ぐ成分が、日焼け後のお肌にもしっかり効きます。ウテナのバリア機能で、お肌を刺激から守り、毎日調子の良いお肌へと変えてくれます。

 

トリロジー(trilogy) エブリシング バーム

トリロジー(trilogy) エブリシング バーム 〈全身用バーム〉 (95mL)

子どものデリケートなお肌にも使えるので、日焼け後の保湿クリームにもってこいの商品です。スウィートアーモンドオイルがベースで、お肌を健康に保つ働きをします。外気からの乾燥からもお肌を守り、いつでもしっとり潤ったお肌を保てます。

 

エバメール UVゲル

エバメール UVゲル80g

成分の約80パーセントが”水”でできている、サラッと軽いUVゲルです。日焼け後のお化粧直しの際、化粧下地としてもお使いいただけます。ゲルなので伸びが良く、長時間お肌に定着するので、塗りなおしもなく、お肌に優しく使えます。

 

まとめ

今回は、”日焼けと時間”についてお話ししてきました。日焼けは、ある一定の条件さえ満たせば、お肌に大きなダメージを与えることなく、健康的に焼くことができることがお分かりいただけたのではないでしょうか。日焼けは、何も悪いことだけではないのです。

さらに重要なのは、日焼けをした後のアフターケアです。時間をしっかり管理し日焼けをしても、アフターケアを怠っていては意味がありません。”冷やす→落とす→保湿する→水分補給する”をしっかり行い、紫外線のダメージからお肌を守りましょう!これだけで、お肌の質も大きく変わってくるでしょう。

紫外線は、夏に限らず毎日私たちに降り注いでいます。日頃からきちんと対策をとり、日焼けを感じたらアフターケアをするという習慣をつけ、肌トラブルを未然に防ぎましょう。今はその効果がわからなくても、何年後にはその差が歴然と現れます。正しく日焼けし、いつまでも美しいお肌を保ちましょう!