体臭の種類や特徴は?体臭をカバーできるおすすめボディソープ

体臭は本来誰しもが持っているものですが、遺伝や普段の生活習慣などで変化するため人によって様々です。気になる体臭を改善する為に食事や運動量を変えたりと努力をしている人が多い中でどんな努力をしてもあまり変化が見られないことがあります。

その場合は身体が不調のサインを出しているということです。臭いの種類を紹介するのとともに体臭から知る病気の種類をお教えします。

体臭の種類

ミドル脂臭

40歳を過ぎた頃から汗の臭いが急に変わり油っぽい臭いがするようになったならそれはミドル脂臭です。汗の中の乳酸が皮膚の上の常在細菌に分解されることで発生するジアセチルという物質です。このジアセチルが皮脂臭と混ざることで後頭部や頭頂部に不快な臭いを発してしまいます。ベタベタ付着するミドル脂臭はしっかり洗浄しないと残りやすいため注意が必要です。

加齢臭

年齢を重ねると誰であっても避けようのない体臭の一つである加齢臭が発生する原因は「ノネナール」という物質です。年齢とともに多く発生しやすくなりたばこの臭いや口臭などの体臭と合わさりさらに臭いがきつくなります。そもそも発生する要因は運動不足や食生活やストレスなどが挙げられます。健康維持のためにも生活習慣を見直すことが大切です。

また加齢臭の対策としておススメなのは消臭効果のあるシャツを着たり加齢臭用の石鹸やサプリメントを試してみることです。香水を使っている人もいますが逆効果になってしまう可能性が高いので避けた方が良いです。

ダイエット臭

耳慣れない体臭の一つであるダイエット臭ですが、間違ったダイエットをしている人に発生し自分じゃ認識しにくいという特徴があります。そもそもダイエットとは本来食事の摂取カロリーを減らすか運動により代謝を促すかの二つが正しいやり方です。手っ取り早く痩せたいが運動はしたくない人にありがちなのが朝ご飯や昼ご飯を抜くダイエットです。

食事制限でダイエットを行った場合先にタンパク質や炭水化物が不足します。体がそれでもエネルギーを得ようとするため中性脂肪を燃やすのですが、臭いの成分である脂肪酸に分解されてしまい血中に脂肪酸が増加します。そのため汗や皮脂とともに体外に臭いが出てしまいます。

血行が悪くなるにつれどんどん臭いに変化が出てきてしまい甘酸っぱい独特で強烈な臭いになってしまい周囲にまで気づかれてしまいます。ですが原因をそもそも知らなければそのまま過酷なダイエットを続けてしまう可能性もありますので食事制限ではなく運動で痩せることをおススメします。

ワキガ

ワキガは生まれつきの体質が大きく影響していますが、大元の原因は汗です。アポクリン腺という汗腺から出るタンパク質やアンモニアを含む汗がワキガ特有の匂いを発します。

ワキ毛の量が多いと蒸れやすく汗をかいた時に細菌が繁殖しやすい状態になります。またアポクリン腺から出た汗はベタつきやすくワキ毛に付着すると洗っても拭いても落ちにくいという欠点があります。

体臭でわかる可能性がある病気の種類

怠け者 女性

腎臓機能の低下

臓の病気は自覚症状が現れにくいと言われていますが、体臭で気付ける場合があります。腎臓は心臓から送りこまれてきた大量の血液をろ過する働きがあり毒素や老廃物を尿として外に排出する働きをしています。

この働きが低下すると血液中の毒素の濃度が高まり体臭がおしっこのような臭いに変化します。体臭に影響が出るようになってしまうと腎不全や尿毒症がかなり進行している可能性が高くすぐに病院で適切な処置を受けてください。

肝機能の低下

肝臓は身体の解毒装置とも言われており、肝機能が低下するとアンモニアが分解できなくなり汗や皮脂と混ざってアンモニア臭を発してしまうことがあります。肝機能が低下した際に出る臭いを別名疲労臭と呼び、毎日お風呂に入っているのにツンとした臭いがする人は注意が必要です。

ストレスを貯め込みやすい、または体力の少ない女性に多く発症することが多く生活習慣を改善しなければ簡単に良くなるものではありません。仕事の忙しさや日々のストレスをため込みすぎるあまり体がサインを出している証拠なのでしっかりとケアしましょう。

便秘によるもの

慢性的に便秘体質の人は体臭に悩みを抱えている人が多いと言われています。便秘によって発生する体臭の原因は長期にわたり大腸に便が溜まっていることです。本来ならば腸の中で発生した臭いの元になる物質はほとんど肝臓に送られ無臭化されて尿として排出されます。

また肝臓の中で分解されなかった臭い物質は再び腸に送られ腸肝循環を繰り返すのですが
便が排出されずに残っていると便の腐敗と発酵が進みますます臭い物質が増えてしまうのです。

便秘を改善するためには腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことが大切です。動物性の脂肪は避けヨーグルトやキムチなどの発酵食品を食べることがポイントです。また善玉菌の餌となる食物繊維を多く含んだリンゴやオリゴ糖などを積極的に取り入れるとますます効果的です。

糖尿病

糖尿病の疑いがある場合に感じる体臭のことをケトン臭と言います。糖尿病になると膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが不足します。糖の代謝をコントロールし、血糖値を正常に保つ働きのあるインスリンの量が減ると糖からエネルギーを排出することが出来なくなってしまい代わりにタンパク質や脂肪が分解されてエネルギーを作るようになります。

こうした過程で作られた物質をケトン体と呼び独特な臭いを持っているアセトンを含んでいるため甘酸っぱい臭いを発するのです。また糖尿病の場合は唾液の分泌が減少しているため口臭も併せてひどくなってしまうためしっかりと病院で治療することが必要です。

体臭を防止するおすすめボディソープ

気になる体臭をそのままにしておくわけにいきません。普段の入浴の際に使えて、体臭もしっかり防止することが出来る商品を紹介します。

LUCIDO

LUCIDO (ルシード) 薬用デオドラントボディウォッシュ つめかえ用 (医薬部外品) 380mL

40歳からの汗の臭いや加齢臭、ミドル臭までしっかり洗い流し、臭いのない清潔で爽やかな状態をキープします。消臭効果で使えば使うほど臭いの予防になるのでオススメです。

からだの汚れ・体臭予防薬用ボディソープ

からだの汚れ・体臭予防薬用ボディソープ 女性向 450ml

女性向けのおすすめ体臭予防のボディソープです。茶エキスとハチミツを配合している薬用石鹸です。汚れを洗浄してくれて肌にうるおいもあたえてくれるおすすめボディソープです。

 

クーリア

クーリア 薬用デオドラントボディウォッシュ ポンプ付 400mL 【医薬部外品】

デオドラント成分サラサラパウダーを配合し、きめ細かな泡でうるおいをキープしながら汗や体臭を防いでくれます。爽やかで清潔感のあるフローラルグリーンの香りでリフレッシュできます。

柿のさち 薬用柿渋ボディソープ

柿のさち 薬用柿渋ボディソープ 450mL

仕事やスポーツで汗をかいたときに感じる嫌な臭いを徹底消臭する柿渋エキス配合のボディソープです。清涼成分配合により洗いあがりがさっぱりし健やかな肌を作り上げます。

まとめ

年齢や取り巻く環境による体臭の変化をうまくコントロールし、不快感を与えない健やかな体を作ることが大事です。体臭が体からのサインであることをしっかり認識することで原因を理解できるだけではなく大きな病気を早期発見できる可能性に繋がります。ケアできる部分を怠らないこととおかしいと感じたときは病院で検査してもらうことを習慣にしましょう。