ニキビ肌の色素沈着を防ごう!気になる色素沈着とは

ニキビが治ったと思ったら、茶色くシミのような跡が。それ、色素沈着かもしれません。そのまま放っておくと何年も綺麗な素肌を取り戻せなくなることもあるようです。そうなる前に、気になるニキビ肌の色素沈着について最適なケアを学んでおきましょう。

ニキビによる色素沈着について

色素沈着という言葉を聞きなれない人も多いかもしれません。ニキビによる色素沈着は、いわゆるシミと同じことなのです。そして驚くことに、ニキビにも色素沈着を起こすニキビとそうでないニキビがあるのです。

主にニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビとありますが色素沈着を起こす可能性が高いのは赤ニキビ。赤ニキビは中でも肌へのダメージが重度の状態であり、患部では炎症が起き出血などを起こしているために赤く見えているのです。ですから、より治る速度も遅くニキビ跡になったり色素沈着を起こしてしまいます。

ニキビ跡が色素沈着になる理由とは

ニキビ跡が茶色く色素沈着してしまう理由は、大まかに言うとメラニンが原因です。ニキビが炎症を起こし肌がダメージを受けると肌の表皮、基底層に存在するメラノサイトが活性化しメラニンを余計に生成します。このニキビによる炎症が広範囲だったり重度だった場合には、このメラニンが肌の真皮層にまで影響を与えてしまい色素沈着をしてしまうのです。

紫外線に気をつける

普段何気なく浴びてしまっている紫外線は、実は大量に浴びてしまうとニキビ跡が色素沈着を起こす原因にもなります。なぜかというと、ニキビで炎症を起こし弱っている部分に紫外線が当たるとメラニン色素が肌を守ろうと働くといわれているからです。

紫外線で日焼けをする原理と同じように、ニキビ跡もメラニン色素が肌を保護しようとして色素沈着を起こすのです。ですから、日焼けしたくない人はもちろんですが、ニキビ肌の人は色素沈着を起こしシミを作らないためにも紫外線には気をつけた方が良いと言えるでしょう。

あわせて読みたい

紫外線の波長について。気を付けるべきはUV-A?UV-B?UV-C?

続きを読む

美白がおススメ

気になるシミに美白ケアが推奨されていることは、もうご存知の方も多いと思います。そして、ニキビ跡の色素沈着にも同じことが言えるのです。なぜなら美白ケア商品には主にメラニンの生成を抑える成分と、すでにできてしまったメラニン色素を分解する成分が配合されているためです。

これはニキビ跡の色素沈着=シミにも効果的です。ニキビ肌の人は普段から紫外線予防とともに美白ケアをスキンケアに取り入れれば、ニキビ跡の色素沈着予防にも役立つかもしれません。

ニキビ跡を残さない方法とは

ニキビができてしまったら、なるべく早く治して跡も残したくない!というのがほとんどの人の願いだと思います。ニキビ跡を残さないためには絶対に自分でニキビを潰さないこと、そして紫外線を浴びすぎないことが大切です。

よく、ニキビは自分で潰して治すという方がいますがそれは絶対にNG。もしすでに患部が炎症を起こしているならば、ニキビは目立たなくなったとしてもその跡は長期間治らずにそのまま、ということが多いです。早く綺麗に治すためには焦らず時間をかけて、清潔な肌環境を整えながらニキビの炎症が治まるのを待ちましょう。

あわせて読みたい

黄ニキビを早く治す方法!ニキビ痕を残さないために

続きを読む

ニキビ跡はどうしてできるの?

では、ニキビ跡はどうしてできるのでしょうか。それはできたニキビが赤く炎症しているか、していないかによって大きく左右されます。つまり、肌が受けているダメージの度合いによって確立が変わるということです。ニキビが赤く炎症を起こしている場合、患部は毛細血管から出血してしまっていたり細胞が破壊されてしまっていたりしているのです。このようなダメージは、なかなか短期間の肌のターンオーバーでは治ることができずにニキビ跡となってしまいます。

ニキビ跡を残さないポイント

まずは、正しいスキンケアを心がけニキビを炎症させないこと。気になってニキビをよく触ってしまう人がいますが、細菌を繁殖させる要因にもなりますので必要以上に患部に触れるのは控えましょう。

そして紫外線に気をつけてメラニン色素を生成させないように予防することも大切です。普段から紫外線も予防できる化粧下地を使用したり、美白ケアができる基礎化粧品を常用するのもいいかもしれませんね。他にも気をつけるべき生活習慣など様々ありますが、ポイントを押さえればニキビ跡は徐々に気にならなくなってくるでしょう。

ターンオーバーを意識する

肌はターンオーバーをしているという言葉を聞いたことはありませんか?身体の皮膚と同じように顔の皮膚も一定の周期によって生まれ変わっているので、このターンオーバーを意識することで自然とニキビ跡は薄くなることも多いに期待できます。

ただし、スムーズに肌がターンオーバーを行うためには新陳代謝を促す成長ホルモンが大きく影響しています。これは眠り始め3時間に多く分泌されると言われていますので良質な睡眠が大切だということが伺えますね。
もし長期間ニキビ跡に悩まされている場合は、このターンオーバーをお肌がうまくできていないのかもしれませんよ。

色素沈着を予防する方法

色素沈着を予防するためには、必要以上に触らないことと紫外線を予防することが大切だということがお分かりいただけたかと思います。併せて肌の正常なターンオーバーを促進し、ニキビ跡の色素沈着をさせないことも大切といえるでしょう。

色素沈着がおこる仕組みとは

色素沈着の仕組みは、ニキビが毛穴の奥まで炎症を起こして表皮の下にある真皮まで傷つけてしまうために皮膚の自己治癒力では治らないためです。そのまま炎症を放っておくと皮膚の炎症範囲が広がっていくため治りにくく、クレーターのようになってしまったり色素沈着する確率が上がってしまったりします。そのため早い段階で炎症を抑える処置を行うことも視野に入れておきましょう。

紫外線やターンオーバーの停滞に気をつける

夏場は特に気にかける人も多い紫外線ですが、夏以外でも紫外線の存在を忘れてはいけません。ニキビによって肌のバリア機能はすでに弱っている状態なので、弱い紫外線でも色素沈着に影響してしまう場合があるからです。ニキビがある場合には、普段よりも紫外線予防を入念に行いメラニンの生成を抑制していきましょう。

また肌のターンオーバーが停滞しないよう、良質な睡眠を心がけたり良質なタンパク質を摂取して肌のターンオーバーを促進するなど日々の生活習慣を見直してみるのも大切です。

日頃のケアと紫外線対策で色素沈着を防ぐ


特に日頃、内側からのケアを気にかけると良いでしょう。食事面ではシミにも効果的とされているビタミンを多く摂取することで色素沈着の抑制にも効果的です。特にビタミンCは免疫力を高める効果もあるので日頃から摂取を心がけたいですね。

また併せてレバーや卵、ほうれん草などに含められているビタミンE群も皮膚を生成する上で欠かせない栄養素と言われていますので積極的に食事へ取り入れて内側からのケアをしていきましょう。

お出かけの際には外的刺激である紫外線への対策も忘れずに行えば、長年の悩みであったニキビ跡の色素沈着とも無縁になれる日も近いかもしれません。

まとめ

多くの人を悩ませるニキビ、そしてそのあとにやってくる色素沈着。綺麗な素肌を目指したい女性にとっては憎い存在かもしれませんが、日頃のケアを少し変えるだけで改善できることがたくさんあります。

もしニキビができてしまったら、今回の記載したような正しい対処方法で健やかな肌を維持しましょう。