毛穴の悩みは皮膚科に相談!どんな治療方法があるの?

年を重ねるにつれてお肌のトラブルは現れてきますが、中でも毛穴の汚れは非常に目立ちやすく厄介なトラブルです。20代の後半から30代前半にかけては、日常的にしっかりとスキンケアを行っているかどうかが現れる時期ですので、しっかりと正しい毛穴ケアの方法を知っておくのはとても重要なポイントになってきます。

毛穴開きの種類


20代後半以上の女性の悩みの中で特に多いのが毛穴の開きです。しっかりと毛穴を引き締めるようにスキンケアしているのに毛穴の開きが中々治らないという場合は、もしかしたら毛穴が開いている原因が全く違っている可能性があります。一見すると同じように見える毛穴の開きですが、実は色々な種類がありますので、種類に合わせたスキンケアが必要になってくるのです。

詰まり毛穴

詰まり毛穴は、毛穴に余分な皮脂や古い角質が角栓として詰まってしまっている状態です。角栓は非常に酸化しやすいので、毛穴が黒くなってしまい目立ちやすくなってしまいます。思春期には皮脂が多い場所に出来やすかったつまり毛穴ですが、20代の中盤以上になると肌が非常に乾燥しやすくなっております。

乾燥していると皮脂でカバーしようと思って分泌する量が多くなってしまい角栓が出来やすくなってしまいます。オイリー肌の方以外にも乾燥肌の方にもできやすいのが詰まり毛穴なのです。

あわせて読みたい

毛穴の詰まりは何故起こる?毛穴詰まりを予防するケアとは?

続きを読む

たるみ毛穴

たるみ毛穴は、肌の水分量が少なくなってしまい、弾力が落ちた際にできやすい毛穴の開きになります。年齢を重ねるにつれて肌は弾力が無くなっていきます。弾力が無くなった肌は重力に負けで下がりがちです。重力に引っ張られてしまい毛穴が縦に長く伸びている状態がたるみ毛穴になります。

あわせて読みたい

たるみ毛穴は顔のたるみが原因!化粧水や顔エクササイズで改善♡

続きを読む

メラニン毛穴

メラニン毛穴は、紫外線の影響やターンオーバーが正常に働かなくなってしまった時に毛穴の周辺にメラニン色素が沈着する物です。見た目がシミに見えやすいので非常に目立つので嫌われております。他の毛穴の開きと違い一般てきな黒ずみではありませんのでスキンケアの方法が全く異なります。

あわせて読みたい

毛穴をキレイにするスキンケア!おすすめアイテムを紹介

続きを読む

皮膚科の毛穴治療方法


酷い毛穴の汚れは自分で行うスキンケアでは治らない場合があります。時間をかけても改善する可能性は少なくなっておりますので、皮膚科で専門的な毛穴治療を行う必要があります。最新の毛穴治療を知っておくと、いざという時に慌てずに行動できますので、しっかりと目を通してください。

フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーは、現在の美容クリニックで頻繁に用いられている治療法のひとつです。家庭用のフラクショナルレーザー美顔器なども発売されているなど非常に注目度の高い治療法になります。フラクショナルレーザーは皮膚に安全な範囲でダメージを与える事で人間が本来持っている皮膚細胞の再生力を強める効果のある治療法です。通常よりも皮膚の再生時にコラーゲンの再構成力が強くなっておりますので非常に高い美肌効果が期待できます。

あわせて読みたい

毛穴のレーザー治療にはどんな種類がある?種類ごとの特徴をご紹介!

続きを読む

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、従来でしたら自然なターンオーバーで剥がれ落ちるはずに古い角質をサリチル酸やグレコールさんなどを使って効果的に除去する治療法です。ケミカルピーリングを行った後は、きめ細やかで弾力のある健康的な肌に生まれ変わる事ができます。ニキビの治療にも効果的ですが、毛穴の開きにも効果的です。

あわせて読みたい

ケミカルピーリングの効果はどんなものがある?どこでできるの?

続きを読む

イオン導入

最近美容クリニックなどで取り扱いが増えて来たイオン導入は、従来の基礎化粧品では絶対に届く事のないお肌の深層部にかけて成分を浸透させる事ができる治療法です。イオン導入で美容成分などを塗布し、その部分に微量な電流を流す事によってしっかりと細部にまで浸透させる事ができます。

皮膚科で処方される薬


酷い毛穴の汚れやニキビなどのお肌のトラブルに関しては、やはり専門家でもある皮膚科の先生に診てもらうのが一番です。皮膚科では、症状に合わせて効果的な治療薬を処方してもらえますので用法用量を守る事によって効果的に皮膚の治療を行う事ができます。

ディフェリン

ディフェリンは、皮膚科でニキビの治療薬としてジェル状になった物を塗り薬として処方されます。ディフェリンが優れているのが、大人ニキビだけでなく思春期のニキビまで対応している所です。ディフェリンは毛穴の角栓を除去する効果が期待できますので毛穴の開きにも効果的です。

抗菌剤

抗菌剤は、主に内服薬として身体の内側からニキビなどの原因を殺菌する効果のある治療薬です。よく処方されるのが、セフェム系のロモックスやパンスポリンであったり、テトラサイクリン系のミノスタシンやミノマイシン、クラリスやクラリシッドなどのマクロライド系になります。ただし、下痢や便秘になる恐れもありますので整腸剤と一緒に処方される事がおおくなっております。

漢方


漢方は、抗生物質とは異なり、非常に身体に優しいお薬です。肌荒れに非常に効果のある薬で、乾燥肌対策であったり、肌荒れやシミ、失神などにも効果的です。皮膚科の中には漢方を積極的に処方してくれる所も増えて来たので抗生物質が苦手な方に人気になっております。

皮膚科を受診するときの注意点


初めて毛穴のひらきや肌荒れ、ニキビなどのお肌のトラブルで皮膚科を受診する時には、事前に確認しておかなければいけないポイントが沢山あります。最初にしっかりと確認しておかないと思わぬトラブルに発展してしまいます。

保険診療か自由診療かを確認する

皮膚科に行く際に最初に確認しなければいけないのが、保険診療か自由診療かです。保険診療は、健康保険に加入していれば治療費の七割を国が負担してくれるのですが、自由診療の場合には健康保険が非対応になっておりますので、全額自費で支払わなければいけなくなります。一般的な皮膚科でしたら大抵は保険診療ができますが、中には自由診療しか対応していない所もありますので事前に確認するようにしてください。

治療について納得いく説明を受ける

肌トラブルは病院によって治療方針が全く違います。同じ毛穴の汚れをケアするような場合でも、内服薬で対応する場合や美容機器で対応する場合、食生活の改善などライフスタイルの見直しなどで改善させる場合など様々です。その為、しっかりと皮膚科の担当医の方に説明をしてもらい、納得のいく説明を貰ってから治療してもらうようにしてください。納得がいかないような場合には、他の皮膚科に行くという事も必要です。

まとめ


毛穴の黒ずみの中でも紫外線が影響している物に関しては、皮膚科で治療を行うのが最適です。もちろんターンオーバーを正常にするために、栄養バランスの取れた食生活であったり、睡眠時間の確保、肌質にあった基礎化粧品を正しく使用するなども必要ですが、あまりにひどいような症状の場合には、皮膚科をたよるのが一番です。症状に合わせて適切な治療をしてくれますので完治までの時間も早いので長くお肌のトラブルが続くような場合には、ぜひ受信してみてください。