顔太りしたい!ふっくらした顔になるための実践ポイント!

世の中は圧倒的に小顔ブームですので、少しでも顔をほっそりとしたいという方が大半を占めております。どの女性向けファッション雑誌をみても小顔に見えるメイクや小顔に見せる着こなしなどとにかく小顔になりたい方の為の情報ばかりが特集されております。

しかし、世の中にはげっそりとした顔がコンプレックスの方も少なからずいらっしゃいます。そこでこちらのページでは、顔をふっくらさせるとっておきの方法などの情報をご紹介します。げっそりとした顔を治したい方は、ぜひチェックしてみてください。

顔太りしていない原因

顔をふっくらさせるとっておきの方法を知りたいという方は、まずは自分がどうしてげっそりとした顔をしているのかを客観的に理解する必要があります。げっそりとして見える原因はいろいろとありますが、その中でも多い原因をご紹介します。

頬が衰えている

顔がげっそりと見える原因で最も多いのが頬が衰えていることです。顔のラインは、頬のラインが最も大きな要因になっております。げっそりする場合は、単に体重が落ちたというだけではなく、中には体重が増えているのにげっそりとしてしまうようなケースもあります。あまりにげっそりとして見えてしまうと、何か重い病気のように見られてしまう事がありますので、太って見えるのは嫌ですが、げっそりとして見えるのも考え物です。

頬骨が出っ張っている

頬骨が出っ張っているというのもげっそりと見えてしまう要因になります。頬骨と頬の段差が大きければ大きい程に頬がへこんでみえますので、頬骨が出っ張っているというのは、それだけでげっそりと見えてしまう要因となっております。頬骨が出っ張っている場合には、げっそりと見えやすいという事を理解し、メイクなども小顔メイクなどを参考にするのを控えるのがポイントになります。

顔の筋肉を鍛えるメリット


頬がげっそりと見えてしまう要因のひとつに、頬の筋肉が発達していないという事が原因の場合もあります。腹筋や腕、足などの筋肉を鍛えるという事は意識しても、頬の筋肉を鍛えるという事を意識した事がないという方は多いと思います。

しかし、頬の筋肉が弱い方は、小顔というよりは、病的なようにげっそりとして見えるようになっております。もし、体重は平均体重なのにげっそりとみえてしまうような場合には、頬の筋肉を意識的に鍛える事は色々なメリットがある事を理解した上で鍛えるようにしてください。

顔を引き締める方法とは?日頃から表情筋を意識してフェイスラインをスッキリする

20代前半頃までは、睡眠不足でも2日酔いでも肌にハリやツヤがあったのに、加齢とともに肌トラブルが増えるは当然のことでしょう。し…

肌にハリが出る

頬の筋肉を鍛えるメリットとして挙げられるのが、肌にハリが出るという事です。筋トレをすることによって、血行がよくなります。血行の改善は老廃物を効果的に排出する事に繋がりますので非常に肌にハリを出す事につながります。

また、筋トレを行うことによって、成長ホルモンの分泌量を増やす事ができます。成長ホルモンは、綺麗で若々しい健康的な肌を作り上げる為に必要なホルモンですので、この成長ホルモンの分泌量が増えるという事はアンチエイジングにも繋がりますし、肌にハリを出す事ができるのです。

表情が豊かに見える

頬の筋肉が増える事によって、表情が豊かに見えるようになります。俳優さんなどが発声練習の際に口を大きく開ける発声練習をしている際に、声を大きく出すという事に加えて口の周りの筋肉を鍛えているという狙いもあります。

頬の筋肉は表情筋とも言われている筋肉で、たるみやすい部分となっておりますので、トレーニングなどを行う事によって表情を豊かにする一方で、アンチエイジング効果も期待できるようになるのです。表情を豊かにする一方で、たるみやシワにも効果があるのです。

顔の筋肉の種類


顔がげっそりと見えてしまう原因として大きいのが、頬などの筋肉が弱っている事なのですが、頬などのトレーニングを行うためには、どのような筋肉を鍛えたらよいのかを理解していないと効果的なトレーニングはできません。まずは、げっそりとした顔をふっくらと見せる為には、どのような筋肉を鍛えれば良いのかを理解した上でトレーニングする方が効果的なトレーニングをする事ができます。

顔のシワの種類と改善する効果的な方法!

皮膚は3つの層から構成されており、表面から表皮、真皮、皮下組織の順に層になっています。表皮は約0.2mm、真皮でも2mm程度と…

頬筋

頬筋はきょうきんと読みます。人間の頭部には色々な浅頭筋があるのですが、その中でも口唇周囲にある筋肉です。口唇周囲にある筋肉の中で口角を外側に引っ張るための筋肉です。また、頬筋は、歯列を頬のお肉を押し付けるような効果もあります。表情筋の中でも特に重要な筋肉となっており、女性の方が笑顔を作る際に使用される筋肉となっております。

咬筋

咬筋は咀嚼筋のひとつの筋肉です。咬筋はご飯を食べる時に歯を上下運動を行い食べものを噛む際に使われる筋肉となっております。非常にフェイスラインに影響が出やすい筋肉となっております。奥歯をかみしめる時に頬の耳に近い部分で動いてコブのようになる筋肉になっております。健康的なフェイスラインを維持する為に必要な筋肉となっております。

エラが張る原因とは?顔のエラ張りを自分で解消する4つの方法

人は誰でもコンプレックスを持っているもの。特に顔の悩みは沢山ありますよね。その中でも多いのがエラ張り。エラ張りは元々の骨格も関…

口輪筋

口輪筋は、ほうれい線やたるみなどの解消に重要な筋肉となっております。実際には口をすぼめたり、口をとがらせるような時に使われる筋肉となっております。トランペットを吹く方はこの口輪筋がとても発達しております。口輪筋をトレーニングする事によって口元を若々しくする効果があります。この口輪筋が衰えると上場が連動している周りの筋肉も衰えてしまいますので、表情が乏しくなってしまいます。

顔が太りたい方の気を付けたいポイント


げっそりとしている顔にコンプレックスを持っているという方の場合には、効果的にげっそりとした頬などを健康的な状態に戻す事が必要になります。その為には、毎日の生活で意識的に行動する事が重要になってきます。どのような事を意識して行動すればよいのかをご紹介します。

噛む回数を多くする

げっそりとしたフェイスラインを改善しようと思ったら、口周りの筋肉を鍛える事は必須になります。色々と雑誌などで顔周りに筋肉のトレーニング方法は紹介されておりますが、先ずは食事の時に噛む回数を多くする事でトレーニングを開始してみてはいかがでしょうか。

噛む回数の増加は、そのまま口周りの筋肉をトレーニングする事に繋がります。また、噛む回数を無意識に増やす事ができる有効な方法としては、固い物を意識して食べるような事も有効なトレーニング方法になります。

たんぱく質をしっかり摂る


筋肉を強化する際に必要な栄養素は色々とありますが、中でもたんぱく質はしっかりと取らないと筋肉が上手に大きくなりません。いかに意識して口周りを鍛えていても、中々効果が現れないような場合には、たんぱく質などの栄養素が取れていない可能性が強くなっております。

まとめ

顔がげっそりと見えてしまうのは、第一印象も悪くなってしまいます。その為、ふっくらとさせようと思って、カロリーの多いメニューを選んで食事をしていると、顏はふっくりとしないのにお腹周りや太ももが太っていってしまうようなケースもあります。まずは、健康的な食生活を送りつつ、顏まわりの筋肉を効果的に鍛える事がおすすめの対処法になります。