元カノに連絡してヨリを戻したい…元恋人同士の心理・連絡時のポイントを解説

この記事の情報提供者:三日月さん
三日月さん
認定心理士の資格を保有。通信制大学で心理学を学んできました。

一度別れた男性から連絡がくると、今さらなんだろうと驚くことがあります。また、連絡をする男性側としても、受け手の女性がどういう風に思うものなのか、知りたくなることもあるのではないでしょうか。今回は心理学に精通している三日月さん提供による情報を基に、男性が元カノに連絡する心理などについてまとめました。

男性が元カノに連絡する心理

元恋人に連絡する心理は、男女で少し異なるといわれています。ここでは男性が元カノに連絡する心理について触れていますが、やりとりの中で男性がなにを思っているのか、元カノ側が推察するヒントになるでしょう。

まだ好きでやり直したい

別れてまだ日が浅い時期は解放感を味わいますが、1ヶ月などの期間が経過すると元カノがいない寂しさや後悔に襲われる男性が少なくありません。別れたことによって改めて元カノの大切さに気づき、復縁したいという思いで連絡してくるのです。連絡をしてくる頻度が高めで、アプローチを積極的にかける場合も少なくありません。

都合の良い存在だと思っている

男性から振った場合はとくに、元カノは自分にまだ気があってなんでも受け入れてくれるだろうと連絡してくるのです。なにか用事を頼んできたり、遊びに誘われたりするほか、下心があって連絡してくるケースもめずらしくありません。体の関係も拒まないだろうと思っていて、ヨリを戻すつもりはないけれど、セフレとしての関係を望む男性もいます。

なにをしているか気になっている


好きだった女性が今なにをしているのかを気にする男性は少なくありません。幸せに暮らしているのか、彼氏はできたのかなどが知りたくて連絡してきます。なにか困り事・悩み事があれば力になりたいと思っている場合もあるでしょう。元カノがすべて順調にいっていれば安心して、自分の未練を断ち切れると思って連絡してくることもあります。

今の恋愛が順調ではない

付き合っている彼女と喧嘩したときや、別れてしまったときなどに連絡してくる場合があります。男性にとって元カノと付き合っていた頃が嫌な思い出になっておらず、良き理解者の1人と思っているために連絡するのがよくあるパターンです。この場合、恋愛相談する中で元カノに対し励ましや慰めを求めていると考えられるでしょう。

元カレから連絡がきたときの女性の心理

男性としては元カノに連絡したときになにを思われているのかが、気になるところではないでしょうか。以下の内容をチェックするとわかりますが、好意的に受け止められないリスクがあることは頭に入れておいたほうが良いでしょう。

下心を疑う

真っ先に思うのは、体の関係を持てると期待しているのではないだろうかということです。元カレから連絡があって女性が思うことは別れた理由にもよります。ただ、元カレ側の浮気や不倫が原因だった場合には、まず間違いなく元カレは下心を疑われてしまうと考えるのが妥当といえるでしょう。元カレの浮気や不倫が原因での別れでなくても、男性は警戒されると思っておいたほうがいいです。

ウザイと感じる

男性は過去の恋愛をいつまでも引きずる方が多いのに対し、女性には少ないのはよく知られている話です。そのため、元カレから連絡がくるのを鬱陶しく思う女性もめずらしくありません。すでに新しい恋人がいて、元カレから連絡があると今の恋人に浮気を疑われる、嫉妬されるなど新たな恋愛の邪魔になる可能性があるために、ウザイと感じる女性もいます。

素直に嬉しく思う

すべての女性が過去の恋愛を引きずらないわけではありません。まだ元カレのことが好きだと、復縁したいと思ってくれているのではないかと期待し、嬉しいと感じる女性もいます。また、元カレのことを引きずってはいないけれど、失恋したり仕事で失敗したりといった落ち込んでいるときにちょうど元カレから連絡がきて、嬉しく思うケースもあります。

元カノに連絡する場合に気をつけたほうがいいポイント

元カノに連絡するにあたって注意しなければいけないのは、元カノ側は連絡したいと思っていない場合があるということです。また、元カノと連絡をとることができても、接し方を間違うとチャンスを失います。詳しく見ていきましょう。

拒絶される覚悟を持つ

すでに元カレのことはなんとも思っていなかったり、嫌悪感を抱いていたりする可能性は高いと思っておきましょう。場合によっては、LINEではブロックの対象に入れられていたり、電話も着信拒否のリストに登録されていたりするかもしれません。元カノに連絡するときには、このような形で拒絶されていることが十分にあり得ると、覚悟を持ちましょう。

相手の都合を考える

最初に連絡してみたときはブロックや着信拒否されていなくても、のちにされる恐れがある点に気をつけなければいけません。自分が寂しいからといって相手の都合を考えず非常識な時間に連絡したり、長々と電話で相手の時間を奪ったり、しつこくしたりするのは良くありません。ウザイとか面倒くさいと思われて、無視やブロック、着信拒否されてしまう原因になります。

引き下がるのも大事

元カノが新しい恋愛をはじめていたり、元カレに恋愛感情がなく復縁を望んでいなかったり、友達としての関係にも戻りたくないと思っていたりするのは十分考えられます。はっきりそう伝えられたり、無視やブロック、着信拒否で意思表示されたりしなくても、なんとなく迷惑そうにしている場合には察して引き下がりましょう。まかり間違うとストーカー扱いされてしまうことにもなりかねません。

復縁したい場合の成功する秘訣

本気でヨリを戻したいと思っていても、付き合っていた頃のような感覚で臨んでいると失敗に終わってしまう可能性があります。成功するためのポイントを以下にまとめましたので、順番に確認していきましょう。

悪い部分は改める

なんの理由もなく別れるカップルはいません。自然消滅でさえ、お互いがとくに相手を嫌っていなくても連絡をとらなくなったり、会わなくなったりするのが原因です。ヨリを戻したい方は、自分に直接的もしくは間接的に別れの原因となった点があれば、それを徹底的に直しましょう。そうしなければ、復縁を望み実現できたとしても、また同じ理由によって別れてしまうことになりかねません。

連絡するときはマイナスイメージを与えないようにする

元カレがとくに注意しなければいけないポイントとして、元カノが都合の良い女と思われていると受け止めてしまわないようにしなければいけません。自分の部屋に呼ぶ、相手の部屋に行こうとする、2人きりでお酒を飲みに誘うなど、下心があって連絡してきていると怪しまれるリスクがある言動は避けると良いでしょう。そのほかには、嫉妬や束縛、詮索するような真似もやめなければいけません

元カレから連絡がきた場合の対処法

スマホ

元カレから連絡がきた場合には、復縁の可能性が残されているかどうかで対処の仕方を決めるのが良いでしょう。以下に復縁があり得る場合と、あり得ない場合の対処法についてまとめました。

復縁もなくはないと思っている場合

同じ失敗を繰り返さないためにも、相手としっかり向き合い、話をすることが大切です。はじめは直接会わず、メッセージや通話などでの連絡をおすすめします。直接会う場合には、共通の友人など第三者を入れるのが望ましいでしょう。すぐに2人きりで会うと、もののはずみで体の関係を持ってしまうなど、おかしな方向に進みかねません。

復縁はあり得ないと思っている場合

どれだけメッセージや電話がきても、無視をするのが一番です。あまりしつこいようであれば、ブロックや着信拒否にするのが良いでしょう。下手に応じると、元カレはまだ自分に気があるのではないか、都合良く会えるのではないかといった具合に、期待を持たせてしまう可能性が高いです。自分の時間は自分のもの、 無理に元カレのために時間を割く必要はありません。

まとめ

元カレ側がヨリを戻したり、体の関係を持ちたかったり、恋愛相談したかったりと、なにかしらの思惑があって連絡したとしても、元カノ側が応じてくれるとは限りません。拒否された場合は変に食い下がるようなことはせずに見切りをつけて、新たな女性との出会いを求めて活動するなど、前に進みましょう。女性も復縁する気がなければ、無視を貫くことで自分のために有意義な時間の使い方をすることをおすすめします。