不倫相手と綺麗さっぱり別れる方法を事例をもとにご紹介

いけないこととわかってはいるけれど、ちょっとした気心で不倫をしてしまう、そんな経験に至る可能性は誰にもあるかもしれません。倫理的な考えを持っている人でも、いざ恋に落ちてしまうと感情のコントロールは利かなくなってしまいます。ですがほとんどの場合、いつかは別れなければいけないのが実際のところです。

その点において、不倫に対して難しさを感じることでしょう。隠れて不倫相手と仲を深められたとしても、簡単に別れられないためです。

そこで今回

  • 不倫相手と別れるのが難しい理由
  • 不倫相手とスムーズに別れられるのか

などをご紹介します。今まさに不倫の関係を終わらせたくて悩んでいる人や、不倫を始めようか迷っている人は、ぜひ読んで見てくださいね!

不倫相手と別れるのが難しい理由

不倫相手と別れるのは普通の恋人と別れるとき以上に難しいです。そこには不倫だからこそのさまざまな特徴が伴うためです。主には以下のような要素が挙げられるでしょう

別れ方を間違えると慰謝料が発生してしまう

カップル お金

不倫は、法律においてすべきでない存在と定義されています。具体的には、「配偶者のあるものが、配偶者以外の異性と、自由意思で肉体関係をもつこと」をおこなった場合、不貞行為とみなされます。慰謝料発生の対象になるため、法律違反にならないよう、また円満に別れられるよう気をつけなければなりません。

不倫相手を愛している・情が移っている

不倫関係とはいえ、そこには本物の愛が生じているかもしれません。心から愛しており、さらには相手も自分を思ってくれている状態で、不倫だからという理由だけで諦めるのは容易でないのです。結果として、いけないという事実を受け入れつつ、自分の気持ちをコントロールしなければならないため、普通の恋愛以上に難しく感じるでしょう。

相談する人が周りにいない

世間的にも、不倫はいけないことと認知されています。そのため、不倫相手と別れたいと思っても、知り合いや家族、職場仲間に相談することはまずできません。信頼できる相手がいたとしても、どのようなきっかけで情報が漏れてしまうかわからないため、まず話すべきでないのです。結果、ひとりで抱え込む形になってしまいます。

バレると仕事がクビになる可能性がある

法律に反するだけに、職場でも良しとされないケースがほとんどでしょう。不倫が発覚したことにより、左遷や解雇を受けてしまうといった可能性も十分に考えられます。そのため、不倫相手と別れるときは職場にばれないようにするということも忘れてはなりません。職場恋愛で不倫をしている場合は、特に大きな問題となるでしょう。

家族や友達の信頼や信用を失う可能性がある

不倫相手と別れる別れないで関係がゴタゴタしてしまうと、バレないようにしていても、周囲に察されてしまうかもしれません。訴訟問題に発展しようものなら、なおのことです。その結果、家族や友達の信頼や信用を失ってしまう可能性も出てくるでしょう。人間関係を維持する上でも、慎重に別れる必要があります。

不倫相手と別れるタイミング

本当に相手が好きなのであれば、別れずに関係を続け、最終的には結ばれることすらも夢見ているかもしれません。ですが、不倫関係には残念ながら別れるべきときがくることが多いです。主には、以下のようなケースが挙げられます。

相手の奥さんに悪いと思ったとき

不倫相手のことをいくら思っていても、心のどこかで不倫はいけないことであるという自覚があるでしょう。そんな気持ちが高まり、相手の奥さんに悪いと思ったときは、別れるべき瞬間かもしれません。一度でもそう頭に描くと、不倫相手と一緒にいる時間を心から楽しめなくなるためです。

一緒にいるのが息苦しくなってしまったとき

相手の奥さんや周りにいる人、家族、職場などに隠れてこそこそとおこなわなければならない不倫関係。最初は気持ちが盛り上がっているため負担に思わないかもしれませんが、長く関係を続けていると、徐々に息苦しくなってくるでしょう。そんな感覚に耐えかねると、別れをイメージし始めやすくなります

出産を考え早く婚活しなければいけないと感じたとき

不倫を貫き、奥さんから相手を奪って関係を成就させることができるケースはごくまれです。仮に実現できたとしても、複数の人を傷つけたり、周囲から白い目で見られたりするため、決して幸せな結婚とはいかないでしょう。そのため、最終的には関係を終わらせることを意識しなければならないのは実際のところです。

そこへきて、出産を考えるなら、あまり未来のない不倫関係をだらだら続けるべきでないでしょう。出産適齢期を過ぎてしまうと、子供を作ることが難しい体になってしまうためです。

相手に離婚の意思がないとはっきりわかったとき

本気で不倫の愛を育んでいるからには、最終的に奥さんから相手を奪って結婚したいという気持ちもどこかにあるでしょう。そこへきて、相手が離婚をする気はないとわかったとき、不倫への熱は一気に冷めます。それこそ、未来のない恋愛となってしまうためです。

不倫相手と上手に別れる方法

冒頭の通り、不倫相手と別れるのは難しいです。ですが、いくつかの別れるためのポイントがあるのも実際のところです。

徐々にフェードアウトする

突然別れを切り出すと、相手も気持ちに整理がつかないため、スムーズに別れられないかもしれません。引き止められる、怒り出す、情に訴えかけるといったあらゆる方法で、あなたは手元に置こうとするでしょう。その点、徐々にフェードアウトしていけば、自然に関係を切るかもしれません

相手に嫌われるように仕向ける

相手の自分に対しての好きという気持ちが大きければ、こちらがどれだけ別れたくても別れるのは難しいです。そのため、相手に嫌われるように仕向けてください。

悪い女を演じる、がさつな部分を見せる、他の男の影を垣間見せるなど、気持ちを切り離す工夫をおこなうのです。相手に嫌われることができれば、自分の気持ちにも区切りをつけやすくなるでしょう。

はっきりと別れを告げる

中途半端に伝えるのではなく、相手によっては、あえてはっきりと別れを告げるという方法も効果的です。そもそも、不倫がいけないということは、相手男性もわかっていることでしょう。それに付き合わせているわけですから、あなたに対して悪いという気持ちもどこかにあるはずです。

そこへきて、あなた本人が直接拒絶の意思を示せば、自分の存在が迷惑であるという感覚になり、関係を終わらせようとしてくれるかもしれません。

転職し住居を変える

別れを告げたりフェードアウトしたりしても、相手が諦めない場合、つきまとわれることも考えられます。電話やメールの連絡だけでなく、自宅、さらには職場などプライベートな環境にまで訪れられるかもしれません。

そこで、思い切って仕事を変えたり引っ越したりしてみてください。大掛かりなやり方ですが、不倫で人生の大事な時間を奪われることを考えればメリットも大きいです。

相手からの連絡に反応しない

気持ちに完全に整理がついていない状態であれば、相手の情が働き連絡がくるとつい反応してしまうかもしれません。相手を忘れられない、そんな自分の弱さの部分も関係してくるでしょう。

そこで、相手から連絡がきても絶対に反応しないと自分の中で決めてください。連絡のやりとりをしない日々が続けば、徐々にお互い心の距離を置くことができます

SNSをやめる

近年は、数多くの人がSNSをおこなっています。年の離れた年齢の高い不倫相手であってもなお、SNSで繋がっている場合は少なくないでしょう。そのため、電話やメールだけでなく、SNSにおける連絡も断ちましょう。ただ使わないのではなく、完全にアカウントを削除してやめるぐらいの徹底ぶりが効果的です。

辛い不倫の別れを乗り越えるために

不倫の別れで難しく感じるのは、別れることそのものに対してだけでもありません。別れたあとの気持ちの整理もまた、重要になってきます。いったい、どのようにすれば別れの辛さをスムーズに乗り切れるのでしょうか。

思い出の品や写真は捨てる

不倫とはいえ恋愛関係にあったわけですから、思い出の品やもらったプレゼント、写真など、相手にまつわる物も残っているかもしれません。それらは恋愛していたときの気持ちを思い出すきっかけとなります。捨てられるものは、思い切って捨てるようにしてください。

旅行に行って気分をリフレッシュさせる

失恋の辛さを忘れる上で、旅行が効果的です。知らない街を訪れて存分にリフレッシュすることで、気持ちを切り替えられます。不倫恋愛していた頃には訪れたことのない、気分が一新できるような場所を選びましょう

また、少し自分には似合わないような贅沢な旅を選んでも良いかもしれません。人生の節目を祝う意味合いで、奮発してみてください。

信用できる友達に打ち明ける

人に話すのは難しいのが、不倫恋愛の特徴です。ですが別れたあとであれば、ある程度は許されるかもしれません。心から信頼している知り合いに、こっそり打ち明けてみてはいかがでしょう。口にすることや笑い話にすることで気分がすっきりしますし、また気持ちを切り替えるためのアドバイスをもらえるかもしれません。

泣きたいときは気の済むまで泣く

早く別れの辛さを乗り切らなければならない。そんな思いから、泣くことをぐっとこらえているかもしれません。ですが、あえて気の済むまで泣くというのもひとつの有効な方法です。泣き疲れたり泣き飽きたりすれば、自然と涙がこみ上げてくることもなくなってくるでしょう。

まとめ

上記で紹介している通り、不倫相手と別れるのは容易でありません。法に触れたいけないことであるからこその、さまざまな問題が生じるためです。ですが、結ばれないとわかっている関係をだらだら続けるのも、理想的でありません。上記のポイントを活かして、早い段階で別れ、そしてスムーズに忘れられるよう工夫してみてはいかがでしょう。