彼女が欲しい社会人が簡単に彼女を作るコツとは!?

恋人が欲しいと思っても、出会いがなかなかないと嘆く方もいるようです。しかし、本当にそうでしょうか?本当はたくさんの出会いがあったのに、どのように接したら良いか分からず縁を結ぶことなく離れていった女性もいるのではないでしょうか……?

彼女欲しい社会人の出会いのきっかけ

社会人の場合、仕事が忙しくなることで毎日会社と家の往復になる人もいるようです。そうすると、出会いと言えば職場や職場関係になることが多くなるかもしれません。しかし、職場に女性があまりいないようなこともあるでしょう。この場合は、自分から積極的にアクションを起こす必要が出てきます。男性に限ったことではありませんが、待っているだけではダメ!どんどん出かけましょう!

職場の飲み会


アルコールが入ると、いつも以上にリラックスして会話が弾みやすくなります。また、美味しいものは人の心を開きやすいですから、一緒に食べたり飲んだりできる飲み会は距離を縮めるのに良い方法だと言えるでしょう。

しかしながら、ここで間違った行動を起こしてしまうと、むしろ距離を置かれることになりますので注意が必要です。特に気を付けたいのが、一人で酔いつぶれてしまったりしつこくプライベートについて聞いたりすることです。また、説教なども止めることをオススメします。飲み会は、楽しく始まり終えるのが理想的です。

お店のスタッフに対する態度も周りの人はよく見ています。見下したような言動は、是非慎んでください。

もちろん、誰かの悪口もNGです。多少の愚痴は良しとしても、誰かをつるし上げてバカにしたり悪く言ったりしないようにしましょう。男女とも悪口を言う人は距離を置かれますし好かれません。

習い事


人は、同じ趣味を持つ人に好意を持ちやすい傾向があります。時間とお金に余裕がある方は、是非好きなことを初めてみましょう。スポーツでも良いですし、芸術などでもOK。資格取得を目指して勉強を始めるのも良いでしょう。もちろん、資格取得の勉強を疎かにして恋人づくりは本末転倒ですが、楽しく学ぶのは良いものです。

今まであまり興味がなかったことに、あえて挑戦するのも良いかもしれません。語学、料理、ヨガ、絵画、陶芸……。是非検討してみてください!

社会人の彼女がいない理由

恋人がほしいのに、なかなかできない人を見ると、むしろイケメンであったりモテそうな雰囲気があったりする人も少なくありません。反対に、あまり容姿に恵まれていないような人がモテることもよくあります。つまり、恋人ができるできないといった条件は、必ずしも見た目だけで決定することではないということです。

「良い人」で終わってしまう

人一倍周囲に気を使い、人一倍働き者であっても、なかなか恋人ができない男性もいます。理由は色々ありますが、その一つに良い人で終わりやすいことが挙げられます。女性は、人間性だけでなく異性として魅力を感じる人を好きになる傾向があります。話をしている時に心地よかったり、一緒にいてドキドキ感があったりするような人に惹かれるので、その要素も必要になってくるのです。

特別な話題が必要ということでありません。女性が、もっと自分の話を聞いてもらいたいと思えるかどうかです。ですから、まずは聞き上手になることです。時に、男性にとってあまり興味のない話題を女性が挙げてくるかもしれません。そんな時であっても、興味を持って聞いてくれるかどうか。ちゃんと話を聞いてくれるかといったことも、女性はチェックしています。

仕事が忙しい


仕事が忙しいと、物理的にも精神的にも余裕がなくなるものです。その為、恋愛が後回しになることもあるのかもしれません。しかし、ご存知のようにどんなに忙しくても恋人を作る人もいますし婚活を成功させる人もいます。つまり、仕事が忙しいことは恋人ができない理由にはできないということです。

僅かな時間や出会いのチャンスを無駄にせず、是非女性のとのご縁を結んでください。短い時間であっても、一緒にいて楽しかったら女性の記憶に残りやすくなります。また、女性が参加するような飲み会や食事会などがあれば、積極的に出席しましょう。苦手でも、何度も出席するうちに慣れてきます。回を重ねるうちに、気の合う女性に巡り合う可能性もあります。くれぐれも、忙しいことを理由に出会いがないと言わないようにしてください。

転勤が多い

転勤が多いと、どうしても時間をかけて恋人を探すことが難しくなります。しかし、反対に言えば出会いも多くなると言えます。限られた時間の中で、積極的に行動しましょう。合コンなどがあれば、どんどん参加してみてください。もちろん、職場で素敵な出会いがあるかもしれません。待っていてはだめです。自分が進んで行動するつもりで、どんどんアプローチしましょう。

彼女を作るコツ

最近は、恋人を必要としない人も少なからずいます。ですから、一人でいても自らの希望でそうしていると思われていることもあるかもしれません。恋人が欲しいなら、それをアピールしましょう。がつがつした印象はよくありませんが、スマートにそれをする分には悪くありません。

人脈を広げる


いつも職場と家を往復するだけの生活なら、当然出会いも限られてきます。職場だけでなくもっと色々なところに顔を出して人脈を広げましょう。趣味でも良いですし、ボランティア活動などもオススメです。こういったところには、全く違うタイプの人もいますので面白いのではないでしょうか?気が合う人との出会いも期待できます。

向かい合ってお話しするよりも、一緒に何かやることで距離が近くなるもの。リラックスして、自然体で参加してみてください。特に、青空の元一緒にできるものは気持ちも良いですから、一緒にいて心地よいと受け取られやすくオススメです。

傷付くことを恐れない、引きずらない

現在素敵な恋人がいるような人であっても、過去には苦い経験があることも少なくありません。それでも諦めずに前向きに行動したからこそ、現在の恋人とめぐり合うことができたのです。女性の中には、心無いことを口にするようなタイプもいるかもしれませんし、全く理解不能な人もいるかもしれません。こういった人と関わったことで不快な思いをした経験があったとしても、全ての女性が同じではありません。さっさと忘れて、次に行ってみましょう!

傷付くことを恐れていては、良い人との恋愛も遠のいてしまいます。10人の女性がいれば、10人のタイプがあります。上手く行かなかったら、ご縁が無かったのだと受け取り、失敗から学び次の出会いに活かしていきましょう。何度も失敗しているうちに、自分が本当に求めている女性のタイプが分かってきます。ですから、全ては幸せにつながる学びなのです。

社会人の恋愛事情

学生時代と異なり、社会人になれば責任も出てきますし、少なからず結婚を意識したお付き合いになりますので、男性も女性も慎重になる人が少なくありません。恋愛を楽しむことだけを目的としたお付き合いを求める人もいれば、結婚相手を探す人もいます。これによって、モテるタイプは大きく異なります。恋愛するだけの相手なら、見た目が良い人や一緒にいて楽しいことを吟味するかもしれませんが、結婚を意識した恋愛となると違ってきます。

知識が多く、いざという時に体を張ってくれる男性であるか。金銭的に余裕があるか。優しくて気配りができる人であるか。信頼できる人であるか。ギャンブルなど気になる趣味がないか……。このように、一緒に長い人生を共にできるかどうかがチェックされます。つまり、広く人間性が問われるということ。うわべだけの男性は、モテるモテないといったことを別にして幸せから遠ざかるのです。社会人の恋愛は、良くも悪くもシビアです。

会う頻度が減る

仕事の関係で、なかなか会えないカップルもたくさんいます。そんな日が続けば、不安になったり寂しくなったりすることも想定されます。不安や寂しさをそのまま相手にぶつけるのは、子供の恋愛。大人は相手の状況をイメージしつつ、思いやりを持って付き合うことが要求されます。また、一緒にいることでお互い成長できるか否か、このあたりも問われます。

会う頻度が減ってしまっても、お互い信頼し合い、離れていても自分がやるべきことにしっかりと向き合い、会えることを喜び合えるような関係であれば素敵です。会えないことを責め合ったり腹を立てたりせず、再会できることに感謝し合えたら素敵です。

結婚を意識する


特に30代近い女性は、結婚を意識する人も少なくありません。つまり、男性はそのあたりのことも想定して付き合うことが必要です。もし自分に結婚の意思がないのであれば、それについて早めに相手に伝えるのも愛情と言えるかもしれません。

まとめ

恋人がほしいなら、本気で行動してください。傷付くことを怖がったりせずに、どんどん行動しましょう。また、ご縁は人が運んでくるものです。部屋に閉じこもっていても縁はやってきませんので、積極的に出会いを求めて色々な席に顔を出しましょう。確かにモテるタイプはいますが、モテないからといって幸せになれないわけでもありませんし、もちろん恋人ができないわけでもありません。気が合う一人の女性と出会うことができれば、それでOK!十分幸せになれます。