【専門家解説】彼女に飽きたと思う心理・飽きられる女性の特徴とは

「付き合っている彼の様子がなんとなくおかしい……。もしかして、飽きられた!?」こんなふうに焦りを感じている人はいませんか?男性が付き合っている彼女に飽きてしまったら、さまざまな行動に表れてくるので、女性も気づきやすいでしょう。

なぜ彼女に飽きてしまうのか?飽きられてしまう女性は、何がいけないのか?今回は、心理学を学んでいるたまちゃんさん提供の情報を基に、彼女に飽きたとなる男性の心理や、飽きられてしまう女性の特徴などを解説します。

彼女に飽きてしまう男性の心理

付き合っている彼の態度が、なんとなく以前とは違う……。こんなふうに感じたら、女性は焦りますよね。男性が彼女に飽きてしまうときには、どのような心理状態なのでしょう。

とくに交際期間が長くなると、新鮮さが失われてくるものですが、飽きたと感じるのには、脳内物質も関係しているようです。

交際期間が長くマンネリ化

交際期間が1~3年ほどで、安定してる場合は飽きたとは思わないものです。ただし、マンネリ化していると感じた場合には、飽きたと感じてしまいます。

これは、脳内物質の恋愛ホルモンが、3年ぐらいで分泌されなくなるので、ドキドキする気持ちが安定した気持ちに変わるためです。ちなみに、恋愛ホルモンとは、興奮や性欲を高めるドーパミンなどのホルモンで、ときめきやドキドキするなどの心理状態にします。

恋愛ホルモンが切れて冷静になった

3年も過ぎれば、ドキドキする気持ちも徐々に薄れて冷静になります。「理性的には好きだけど、人間性はどうなの?」などと、相手の女性を冷静に見て、疑問を感じた際に飽きてきたから別れようと考えるのです。

ただし、彼女に不満がない場合は、安らげる存在になるので飽きることはないでしょう。

彼女に飽きたときに男性が取る行動の特徴


実際に、男性が彼女に飽きてしまったときには、どのような行動を取るのでしょう。連絡が減ったり、連絡をしても無視されたりなどがあげられますが、あなたのケースに当てはまることもあるかもしれません。

連絡が少なくなる

もし彼氏に飽きられてしまったら、彼からのラインや電話が極端に減ったり、まったくこなくなったりするでしょう。ひどくなると、こちらからラインしても、面倒くささから既読スルーされて、最悪、既読にもならず放置されるようになります。

セックスが減る

付き合っている彼女に飽きたら、セックスが減るのはまだいいほうかもしれません。彼女に本当に興味がなくなったら、セックスレスになることもあるでしょう。

電話しても出ない

彼女への興味が薄れている場合、彼に電話しても放っておいて欲しいという思いから、無視されて電話に出てもらえないこともあります。

ほかの女性ばかり見る

デートをしている最中でも、彼女には無関心で、きれいな女性ばかりを目で追うことも。そんな場合、彼は無意識に別の女性を探している可能性が高いといえるでしょう。

彼女の話しを聞かない・話さない

以前は、好かれたい気持ちから、彼女の話をきちんと聞いていたことでしょう。しかし、実はそれほど興味を持っていなかったために、飽きてから聞くとイライラしてしまうこともあります。そうなると、彼女と話すのも嫌になり、話を聞かなかったり話さなくなったりします。

飽きられてしまう女性の特徴や行動とは?


もしも、付き合っている彼氏の態度が冷たくなり、飽きられてしまったと感じたら、女性は何がいけなかったのかと悩むのではないでしょうか。

付き合いが長くなり、つい気を抜いておしゃれに手抜きをしたり、すべてを彼まかせにしたりなどしていませんか?ここでは、飽きられてしまう女性の特徴を見ていきましょう。

身だしなみに気を遣わない

馴れ合いになると身なりを構わなくなり、ノーメイクで髪はボサボサ、さらには激太りするような女性がいます。こんな女性は、同性から見ても魅力が感じられません。ましてや付き合っている彼氏には、飽きられるどころか嫌われてしまうでしょう。

自分の意思がなく彼氏まかせ

自分の考えや意思がない女性も、飽きられてしまう可能性が高いです。たとえば「今日何が食べたい?」と彼氏に聞かれても、なんでもいいと彼氏任せにする人がいます。

男性も、はじめは奥ゆかしい感じがして、自分がリードしてあげようと思うかもしれません。しかし、すべてのことに対してイエスマンでは、刺激がなくマンネリ化も早まって、すぐに飽きられてしまいます。

彼氏がすべて

彼氏しか見えなくなってしまうと、必要以上に追いかけ回したり電話やライン攻撃をしたりしがちです。そうなると、彼氏の時間を奪ってしまうことになりかねません。適度なやり取りならまだしも、あまりにもしつこくしてしまうと、ウザいと思われて飽きられ、逃げられてしまいます。

遺伝子的に相性が悪い

付き合ってから最初の3年は、理性で好きな気持ちが続きます。ただし、3年も経過して相性が悪い場合、そもそも遺伝子的な問題かもしれません。

というのも、男性の遺伝子には、多くの子孫や遺伝子を残すために、女性を求める”生存本能”が組み込まれていると言われています。この生存本能によって飽きたと感じるようになり、本能的に好きではなくなってしまうということも考えられているのです。

彼に飽きられてしまったと感じたらどうするべき?

 

今の彼に「飽きられているかも?」と感じたら、なんとかしたいと思いますよね。オシャレが手抜きだった、彼がすべてで重すぎたかもなど、思い当たる節があるなら改善することも大切です。

しかしいくら努力しても、いったん気持ちが離れてしまったら、もうどうしようもないかもしれません。そんなときは、潔さも必要でしょう。

いつもきれいでいる努力を

もう長い付き合いだからと、おしゃれに手を抜いてしまっていないでしょうか。気を許せる彼氏の前では、ときにはリラックスして過ごすこともあるかもしれません。

しかし、男性は女性が思っている以上に、外見にこだわるものです。とくに街中でのデートの際は、一緒にいる彼女には、きれいにしていてほしいというのが本音でしょう。よって、気を抜かずに常に美しく、かわいくいるように努力しましょう。

自分の意思を持つ

なんでも彼氏にまかせてしまい、自分の意見をいわない女性になっていませんか。男性は、そんな女性につまらなさを覚えます

たまには、女性のほうからもデートのプランを提案してみたり、2人で楽しんで決めたりしてみてもよいですね。もしも思い当たるようであれば、自分から提案してマンネリ化を解消しましょう。

彼氏以外の付き合いも大切に

趣味も友人との付き合いもそっちのけで、彼氏がすべてになっている女性も要注意です。もちろん、彼への思いが強いことは悪いことではありません。ただし、あまりにも彼中心の日々になってしまうと、重荷に感じられてしまいます。

そんな場合は、彼氏との時間だけでなく趣味を楽しむ、あるいは友人と過ごすなど自分の時間を作るのも良いでしょう。自分の好きなことに時間を割き、人間関係を大切にする女性は魅力的に映ります。さらに男性からしたら「この間までは自分にばかり目を向けていたのに、急にどうしたの?」と気になるものです。

潔く別れる

付き合っている彼に飽きられたと感じたら、いつもきれいでいるようにしたり、少し距離を置いてみたりなど、できることはやってみるのも大切です。

しかし、1~3年ほど付き合って飽きられていると感じたのであれば、心が離れてしまっている証拠です。一度離れた心は戻ってこない場合が多いので、潔く別れて次に進むことも選択肢のひとつといえるでしょう。

飽きられない女性になるためには?

女性としては、飽きられて別れることになるなんて、なんともみじめな気持ちになるでしょう。そこで、飽きられない女性になるためには、どうすれば良いのかお伝えします。

内面を磨いて心地良い関係を築くと同時に、ほど良い距離感を保つことも大切です。

内面を磨くことを忘れない

彼との間に溝ができて「何がいけなかったんだろう?」と悩んだら、女性はつい外見をきれいにしようと考えがちです。しかし、外見の美しさも大切ですが、内面を磨くことも忘れないようにしましょう。

恋愛初期の頃のような情熱は、長続きしないものです。そのかわりに「この人といると安心で心地いい。」という気持ちはずっと続きます。心地良い関係には、飽きがくることはないので、お互いにそんな関係を築いていくと良いでしょう。

ほど良い距離感を保つ

どんなに好きな相手だとしても、毎日会ったり連絡を取り合ったりしていたら、やがて飽きてしまいます。それどころか、あまりにしつこくすると”重すぎる女”になって、そっぽを向かれてしまいかねません。

よって、自分の時間を持つなどして、彼氏とはほど良い距離感を保ちながらお付き合いすると良いでしょう。

自分を大切にする

意外に思えるかもしれませんが、自分を大切にすることも重要です。自分自身を大切にする気持ちがあれば、ほかの人も大切にできる人間になれるでしょう。

他者に思いやりのある人は、まわりから見ても魅力的に映ります。そんな人になることで、彼氏に大切にされるようになるのです。

まとめ

大好きな彼氏の態度がなんとなく以前と違って、飽きられてしまったのではと感じたら焦ってしまいますね。そんなときは、まずは自分の態度や行いを振り返ってみて、改善できることは改善してみましょう。

ただし、それでも彼が明らかに飽きているようなら「次の出会いがある!」ぐらいの気持ちを持っておくと良いかもしれません。