肉離れが起こる原因と見分け方!こんな人は肉離れを起こしやすい!

サッカー、バスケット、陸上等、スポーツをするアスリート、選手が足を酷使することで起る事が多い肉離れは、筋肉のケガの一種となります。試合前に肉離れになり、試合に出られなくなる選手なども多いようです。でも激しい運動をしていないのに肉離れを経験される人もいます。

肉離れになる原因は様々ですが、体内に関係する理由や運動量が減ったことによって筋肉が弱くなっていること、また年齢によって筋肉が硬化する事も要因といわれているのです。年を取ってから肉離れ、また足がつりやすくなったという人は、こうした原因から支障をきたしている事も少なくないといわれています。

肉離れが起こる原因

若い世代でトレーニング量が多いアスリート、スポーツ選手の場合、練習量が多く疲労が蓄積し肉離れを起こすという事も多々あるのです。でも年齢を重ねて、筋肉を酷使したわけでもないのにちょっと歩いたくらいで肉離れを起こすという人もいます。

肉離れが起る原因はいろいろあり、年齢を重ねてくると筋力の低下、コラーゲンの不足などから肉離れが起る事もあるのです。特にいきなり運動をするのは危険といわれています。

運動不足で筋肉が運動に耐えられない

社会人になると学生の時と比較して極端に運動量が減少しますし、車、電車を利用する事が多くなり、歩く筋肉も以前より使わなくなるのです。すると、筋力はドンドン弱くなっていきます。

人の身体というのは苦しい運動をして鍛えてやっと筋肉が付くのに、筋肉が衰えていく派あっという間です。人の身体は怠けていると色々なところに支障をきたします。筋力、心肺機能等も低下し、血液の巡り芋悪くなるのです。運動を少しずつでも継続していない状態で、いきなり運動したり、長い距離を歩くなどすると、肉離れを起こすこともあります。

コラーゲンの生成量が減る

コラーゲンは体内の色々なところに存在していますが、このコラーゲンが減少することで筋肉、靭帯、血管などが硬化するのです。コラーゲン量が多いほどお肌も美しいといわれていますが、コラーゲンの量は20歳を境に減少し続けます。

コラーゲンが減少すると筋肉や腱、靭帯、血管などを硬くしてしまうので、結果、肉離れが起きやすくなるのです。ちょっとした痙攣?という場合でも、その後、肉離れになる可能性があるので、コラーゲンを継続的に摂取すること、年齢を重ねたら意識してコラーゲンをとる事を考える方がいいといわれています。

ストレスや加齢でコラーゲン繊維が硬くなる

ストレス、加齢によってコラーゲンは硬くなり、それによって肉離れが起きやすくなると言われていますが、ある程度の年齢になったらコラーゲンなどをサプリ等で摂取することも考えるべきです。コラーゲンは20歳を境にドンドン減少し、40代、50代くらいになると極端に少なくなります。

コラーゲンの生成量が少なくなっていく上に、柔軟性が無くなると筋肉や血管は若い時よりもずっと、刺激を受けやすくなるのです。ちょっと運動しただけなのに肉離れになったり、アキレス腱を切ってしまうなど、こうしたことも笑い話では済まないことになります。

年齢により筋肉の柔軟性がなくなる

筋肉や腱、それに体の様々な部分は、年齢を増すほどに柔軟性をなくすといわれているのです。これはコラーゲンが少なくなる、老化架橋と呼ばれる現象なのですが、この状態になるとコラーゲン繊維が元に戻らなくなります。

コラーゲン繊維が元に戻ることなく柔軟性を失ったままになれば、肉離れ等も起こしやすくなりますし、腱も切れやすくなるのです。コラーゲンとビタミンCなどを摂取し、筋肉の柔軟性を高くすることがもとめられます。

肉離れの見分け方

肉離れはある程度の年齢になって起こすもので、幼少期から子供には起こりにくいといわれているのです。ある程度筋肉や骨格がしっかり成長し固まってくる段階、高校生あたりから多くなります。

幼い子供、また小学校くらいのお子さんは、筋力が少なく強い力を発揮することができないこと、またコラーゲンが体内にたっぷり存在し、柔軟性の高い筋肉です。そのため、肉離れを起こしにくいといわれています。

肉離れの症状は第一段階から第三段階と医学的に三段階に分けることができるのです。その段階ごとの症状をよく理解し、見分け方として覚えておくと安心です。

第二段階は筋繊維の一部が断裂

第二段階は筋肉繊維が一部断裂している状態で、しかも、筋膜が損傷しているため、皮下出血が発症しています。痛みは第一段階よりも激しくなり、自力歩行できる人もいますが、かなり苦痛です。

年齢を重ねてからこの第二段階の状態になると治りにくくなります。若い人よりも完治までかなりの期間がかかることもあるはずです。

第三段階は筋繊維が全て断裂

第三段階、つまり重要の肉離れ状態になると、筋肉の筋繊維、この部分の断裂が深く患部に陥没が見て取れる状態です。第三段階になるとみておかしいことに気が付きます。

もちろん自力歩行はできませんし、激しい痛みがあり、スポーツ選手は復帰までかなりの時間を要すはずです。年齢を重ねてからこの段階まで激しく肉離れを起こせば、通常通り歩けるようになるには、より時間がかかります。

第一段階は筋繊維が部分的に損傷

肉離れの第一段階の症状は比較的軽く、筋肉の一部、部分的に小さい断裂が起きている状態と考えられます。筋肉一部、小さく断裂が起きている状態なので痛みはありますし、違和感もあるはずです。

でも自力歩行が可能で人によっては軽く走るくらいは可能という場合もあります。しかしここで無理をすると次の段階に移行します。

肉離れを起こしてしまう人の特徴

肉離れを起こしやすい人、実はいるのです。ずっと運動をしていない状態からいきなりハードな運動をすればやはり肉離れなど置きやすくなります。筋肉が断裂した状態となってしまうので、場所によっては骨が折れた時よりも長い期間、治療が必要な事もあるので、出来る限り行わないほうがいいのです。

ただ体質的に肉離れを起こしやすいという人もいます。体質的に肉離れを起こしやすい人でも、体操をおこなったり、継続的に無理の無い運動をおこなう、また食事やサプリメントなどで体質改善を行うことで対応することもできるはずです。

運動する前にしっかりと筋肉をほぐさない

運動をおこなう前に十分な柔軟体操、筋肉を広げたり、股関節を広げるなどの運動をおこない、筋肉がしっかり動けるようになってから運動をしないと、肉離れの要因となります。運動する前に準備体操など、学生の時から行ってきたと思いますが、これは「ケガをしない」ためにも重要な事だったのです。

特に大人になって年齢を重ねていくと、次第に筋肉を利用しなくなるので筋肉量が低下します。骨や腱に負担をかけることもありますし、肉離れしやすい状態になるのです。年齢を重ねた人ほど、しっかりと準備運動をおこなう必要があります。

運動を全くしないでいきなり激しい運動

体操や体を温めるという事を全く行わずに、いきなりトップスピードで運動してしまう人もいますが、これは怪我をしやすくしてしまう行為です。筋肉がしっかり伸び縮みし、大きな力を出すことができますよ・・・という状態にしてからじゃないと、激しい運動をおこなう事は無理なことになります。

運動を全くしない状態でいきなり激しい運動をする、これはアスリートでも怪我をする要因です。体、筋肉をよく温めてその上で力をあげて運動する事が大切になります。

クールダウンで運動後のケアをしっかりしない

運動した体をクールダウンさせること、これも翌日に疲労を残さないために必要な事です。運動によって筋肉が興奮状態にありますので、その状態を徐々にダウンさせていくため、軽くジョグしたり、柔軟体操を行うなどし、筋肉、体内の温度を徐々に下げます。

クールダウンすることで翌日に残る疲労を少なくすることができ、これによってまた翌日、運動をする筋肉の状態に戻すことができるのです。特に、年齢を重ねると筋肉にも疲労が残りやすくなるので、アップもクールもしっかり行う事が大切になります。

身体に負担をかける運動を数日間続ける

肉離れを起こしやすい人は、自分の筋肉の能力、この度合いを理解せず無理をしてしまう事で筋肉疲労が大きくなり、結果、肉離れを起こすこともあるのです。年齢を重ねるとどうしても、筋肉の質が落ちます。コラーゲンの生成量も落ちるので若い時よりもずっと柔軟性が少なくなるので、これも肉離れの原因です。

柔軟性が少なくなり、無理が効かなくなっている筋肉に毎日、負担をかけ続ければ、疲労をとる時間もなく常に緊張状態が継続します。それにより肉離れとなってしまうのです。

肉離れを予防する方法

肉離れを起こしやすい、何度か経験したという人等は、予防する事についても対策を練っておく方がいいと思います。こうすべきという方法を知っていると、肉離れを回避する策となるはずです。

必要な栄養素や運動の時のポイント、筋肉疲労の取り方などを理解しておくことが必要となります。肉離れを予防する方法を理解することで、無理なく運動するという事もうまく管理できるようにもなるのです。

筋肉のもととなるアミノ酸をしっかりと身体に摂り入れる

アミノ酸は体内で合成出来ない必須アミノ酸等もあるので、出来ないものは食事、サプリメントなどから摂取する必要があります。アミノ酸は肉離れしてしまった場合にも、筋肉の修復が促進されるのです。

アミノ酸が体内に足りない状態になると、質の悪いアミノ酸でも利用しようとします。すると、タンパク質が正常に作られにくくなり弱いコラーゲンが誕生するのです。これによって肉離れを起こしやすくなるといわれています。

運動後はクールダウンに時間をとって身体がいつも通りになるようにする

運動をした後、筋肉は疲労している状態で、これをそのままにしておくと翌日ひどい筋肉痛になったり、またこの状態が継続する事で筋肉は疲労をとる事が出来ず疲労物質が蓄積していくのです。その疲労物質を蓄積させないためにも、筋肉疲労をクールダウンの運動によって回避する事が必要になります。

軽くジョグしたり、筋肉を十分に伸ばす運動をおこなうなどしてクールダウンするのです。それによって筋肉の負荷が取れて疲労を除去することができます。勿論全く疲労が残らないという事はないので、負荷をかけすぎる運動をおこなった場合には、継続せず、自分の筋肉の能力を理解し、適度に運動をおこなう事も大切です。

運動前にストレッチやウォーミングアップに時間をかける

運動する前、試合の前などにプロのアスリートたちをみていると、入念にストレッチ、柔軟体操、それにある程度走り筋肉を温める運動をおこなっています。こうして筋肉の力が出せるようになってから、試合、練習に挑むのです。

筋肉が十分に温まっていない状態で一気に負荷をかけると肉離れ、またそのほかの怪我にもつながります。そうならない様にストレッチなど運動の前に筋肉を動かすことができるようにしておく必要があるのです。

お風呂でリラックスしてしっかり睡眠をとって筋肉に疲れを残さない

スポーツをされている方、また継続的に運動をされている方、近頃健康のために運動を始めたという方は、肉離れなどのトラブルを起こさない様に、翌日に筋肉疲労を残さない事も重要なことになります。筋肉の疲労を翌日に残さないためにも、運動後のクールダウンなどしっかり行う必要がありますが、プラス、浴槽につかりゆっくり筋肉疲労を取る事も大切です。

お風呂に入ってしっかり浴槽で体を温める事で、血液の循環やリンパ液の流れがよくなり、筋肉にも十分な血液、酸素などが運ばれます。それによって疲労した筋肉をほぐす事が出来るのです。ぬるめの湯につかり、のぼせない程度にゆったりすればストレス解消にもつながるので運動した日は特に、お風呂での体ケアも考慮します。

肉離れの治し方で栄養療法

肉離れを治したいという場合、肉離れとなってしまった筋肉が出来る限り早く修正できるように、栄養補給についても感がるべきです。外科的処置を受けて肉離れそのものについて医療機関等で対応してもらい、その後、肉離れを治す期間中に栄養や水分の補給によって、回復を促します。

また水分不足によって肉離れになりやすい、回復に時間がかかるという事もあるので、水分の摂取という事も理解すべきです。肉離れの回復に必要な栄養素、水分について理解し、肉離れという状態を早く改善するために何が必要なのか知識が必要となります。

水分量

夏にはスポーツをする前、動く前に水分を意識的に補給されるかたが多いと思いますが、冬場は水分の補給が少ない人が多いです。夏は暑いので喉が渇く、でも冬場は汗を自然にかいても気が付くことがなく、水分補給がおざなりになりやすいといわれています。

水分が不足していると血液の粘性が高まり、筋肉内の血液量が低くなり肉離れを起こしやすくなり、また肉離れの回復時にも回復を遅らせてしまう要因となるのです。冬場でも意識して水分を摂取すること、夏場は「喉が渇いた」と思う前に水分を摂取する事が必要になります。

グルタミン

肉離れなどの外傷を早期回復するために必須となるのがアミノ酸類、特にグルタミン酸です。医療現場においてもグルタミン酸などのアミノ酸類は術後の傷口を回復させるために利用されています。治癒力をぐっと高めてくれるグルタミン酸は肉離れの際にも意識して摂取したい栄養素の一つです。

ただグルタミン酸を食事で必要量摂取するという事は難しいので、肉離れなどの回復にこうした栄養素を意識的に摂取したいという場合、サプリ等を利用するといいと思います。サプリメントを利用することで、食事で補う事の出来ないグルタミン酸を継続的に補う事が出来るのです。

HMB & BCAA

筋肉の合成を促進させる栄養素、成分として注目されているのが、HMBとBCAAになります。筋肉合成促進成分と呼ばれるHMB & BCAAは、様々な効果が期待されるのです。

筋肉の合成を促進する効果のほかに、筋肉分解の抑制や筋肉が修復していくのをサポートする能力等が上げられます。HMBは筋トレで筋肉量を増やしたいという時にも利用される成分で、ロイシンというアミノ酸から作られ、筋肉合成促進、分解抑制という働きをもっているのです。

BCAAはバリン、ロイシン、イソロイシンという三種類の分岐鎖アミノ酸を持っています。筋肉を再生する力、また修復を強くサポートする力をもっています。こうした成分を利用し、肉離れの回復を早める事が可能です。

Fプロテイン

肉離れの回復を早める成分として最も注目される成分に、ファイバープロテイン「Fプロテイン」があります。このFプロテインはコラーゲンの一種で、筋膜の腫瘍成分です。元々体内に存在するコラーゲンは、20歳を境に減少します。またストレスを加えると硬くなるという性質をもっているのです。これが老化架橋と呼ばれる現象ですが、老化架橋が起るとコラーゲンの柔軟性が低くなり筋肉などを硬化させてしまいます。

Fプロテインを摂取することで筋膜の回復を促し、コラーゲンの新陳代謝を高めることができ、硬化から柔軟な状態にもっていくことが出来るとされているのです。Fプロテインを摂取することによってコラーゲンの産生力が高まり、肉離れの回復も早まるとされています。

肉離れサポーターの商品を紹介

肉離れになってしまったら、ひどい場合安静が必要となりますが、みなさん生活がありますので、動くことも必要です。その時、肉離れの部分をサポートしてくれるサポーターなどを利用すると楽になります。

肉離れを起こしやすい箇所としては、太もも、ふくらはぎ等がありますが、それぞれの部位にサポーターが販売されていますので、回復のため、また日々の生活の中で利用すると動きがかなり楽ですし、悪化を予防できることにもなるのです。なるべく負担を与えないように肉離れを回復させるため、サポーターは大切なグッズとなります。また、肉離れになりやすい、癖になってしまったという場合にも、対応できるグッズです。

ザムスト(ZAMST) 太もも サポーター

左右両方に利用でき、様々な方向に伸縮する3D構造をもっているストレッチ素材のザムスト(ZAMST) 太もも サポーターは、肉離れの予防、保護に効果的といわれています。保温性が高い素材を利用しているので、肉離れを起こしている箇所を冷やさないようにするためにも利用されている商品です。

圧迫力も固定力も強く3Dストレッチなので非常によくフィットします。装着は圧迫をかけながら2カ所の面ファスナーによって楽々固定できます。圧迫の加減も調節が出来るので肉離れの状態によって圧迫の度合いを変えるなど調整できるのも魅力です。

ふくらはぎ サポーター


ふくらはぎは心臓から送り出された血液を、下肢から心臓に送り返すとき、ポンプ役となる部分になります。肉離れを起こしやすい個所としても知られていますが、予防、また回復期に保護するために利用出来るふくらはぎ サポーターもよく利用されている商品です。

肉離れの保護や予防のほか、ふくらはぎを鍛える為に圧迫という意味で利用される方も多く、また女性はむくみ防止に利用されているという方もいます。ナイロン素材で通気性がよく、汗を素早く外に逃してくれるため付け心地も快適です。

ふくらはぎサポーター 下腿サポーター

ふくらはぎサポーター 下腿サポーターは、ふくらはぎの肉離れをサポートするために造られた専用の商品となります。足首からふくらはぎに向かって段階的に圧力をかけ筋肉の負担を大幅に減少出来るサポーターです。伸縮性も通気性も高いネオプレンという素材を利用しているので、使い心地がいい商品となっています。

装着は開口部分がフィット感抜群の素材で、サッと装着できぴったりフィットするので違和感も少なく快適です。サイズ調整もふくらはぎ廻り50cmまで対応できるので、男女ともに利用可能となっています。

ザムスト(ZAMST) ふくらはぎ サポーター


あらゆる方向に伸縮してくれる違和感が少ない3Dストレッチ構造をもっているザムスト(ZAMST) ふくらはぎ サポーター は、肉離れの回復、保護に多く利用されているサポーターです。肉離れを起こした患部をしっかりサポートしてくれるので、動くのが怖いという事も少なくなります。

伸縮性があるクロスストラップで簡単に装着でき、圧迫の度合いも微調整できるのが魅力です。薄くつけている感覚が少ない商品で、3層構造となっているので肉離れを快適に固定、圧迫し、動きを強力にサポートしてくれるサポータとなっています。

まとめ

肉離れはスポーツによって起こる障害のほかにも、加齢によって起こるものもあり、年齢を重ねるとちょっとした動作で肉離れになってしまう事もあるのです。日頃から水分や筋肉にいい栄養素をバランスよく摂取することも求められます。また肉離れは癖になりやすく、一度ひどく肉離れを起こした箇所は、再度同じような状態、若しくはさらにひどい状態になる事もあるのです。

出来る限り肉離れを起こさないようにすること、また肉離れになった場合、医療機関でどのくらいの度合いかしっかり診てもらい、その後、必要なケアを行っていくことも必要となります。肉離れについてある程度の知識を持っておくと、肉離れになった場合もケア等対応でき安心です。