赤ら顔に関するあれこれ!原因と予防・対処法!

よく赤ら顔と表現されることがあります。顔全体がいつも赤い、それを赤ら顔といいますが、どうしてこのような状態になるのか、その理由を理解されている人は少ないようです。赤ら顔になる理由は毛細血管が拡張していることで、お顔全体が赤く見えるという状態になります。

頬、小鼻だけが赤いということもあれば、お顔全体が赤くなっている人もいて、やはりこの状態に悩む人も多いようです。赤ら顔になる原因や治療ができるのか?など、赤ら顔について知識を持っておくことも必要なことになります。

赤ら顔になる原因

顔が赤くない?とヒトから指摘された経験があるという人もいますが、お酒をのんで赤唸っている状態と赤ら顔は違うのです。しかし赤ら顔には原因があります。

例えばニキビで炎症が起きている、血液や血管が原因を持っていることもあり、その理由はそれぞれです。どのような理由があるか見ていきます。

赤ら顔になる4つの原因!予防方法も紹介!

ニキビによって炎症が起きている

大人になってもニキビに悩まされている人も多いようです。ニキビも白ニキビが悪化すると炎症をもった赤ニキビとなります。赤ニキビがお顔に多くなると赤ら顔といわれることもあるのです。

ニキビは生活習慣や普段の食事、またストレスなど様々な要因がありますが、正しくケアしていくことで改善します。ニキビが原因という場合には皮膚科を受診し、的確なお薬を処方してもらうことで治療できるのです。

肌荒れで起きるニキビトラブル!手軽に行える対処法とは

アルコールや香辛料の影響

前日にアルコールを飲みすぎると翌日に残ります。肝臓が弱っている人はお酒を分解する能力が低下しているので体内にアルコールが残り赤ら顔になることもあるのです。

また香辛料をきかせた辛い料理が好きという人も多く、毎日香辛料がきいた食事をしていると血流が活発になり赤ら顔になることもあります。いずれにしても、摂り過ぎはよくないので食生活や趣向について考え直すことが必要です。

お酒を毎日飲みすぎていると次第に肝臓も弱くなるのです。肝臓が悪くなると解毒作用が発揮されなくなるので、血管に悪い物質が巡るようになります。血液の状態が悪いと血管にも左右しますし、拡張されることもあるのです。そうなるとお顔の欠陥が目立つようになったり、腫れたように見えることもあります。肝臓を健康な状態にするためにも、アルコールの摂取はほどほどにすることが求められるのです。

皮膚が炎症を起こしている

ニキビ同様、何らかの原因によって皮膚が炎症を起こすと赤ら顔になります。例えばアレルギーをお持ちの方がアレルゲンとなる食事をすれば炎症を起こして顔が赤く腫れることもあるのです。

皮膚の炎症によって赤くなっている場合、外部からの刺激、かぶれなども要因の一つです。いきなり顔が腫れるように赤くなった場合、皮膚科を受診して原因をつかむことも必要になります。

湿疹とはどんなもの?知らずに放置は超NG!お肌を大切に!

皮膚がもともと薄い

皮膚がもともと薄い人は顔が血液の状態によって赤ら顔に見えることもあるのです。逆に顔が青白く見える方もいます。皮膚が薄い事で血管の状態が顔の色に深く関係してしまうのです。

この場合、先天的要素や遺伝的要素等もあります。親の皮膚が薄いタイプという場合、お子さんの皮膚も薄くなり血管などの作用によって赤ら顔に見えることもあるのです。

肌の赤みは何が原因なの?お肌のトラブルを細かい症状別に解説!

気温により毛細血管が拡張する/中見出し>

夏場、非常に暑いときには顔も熱くなり真っ赤になっている人を見かけます。これは気温の上昇によって毛細血管が拡張し、体内の熱を外部に逃すためにこうした色になるのです。

水分をしっかり取る事、またあまりにも顔が赤くなっている場合、体内から熱を逃すことができにくくなっている可能性もあります。涼しい場所に移動して顔の赤みが取れるまで体を冷やすことも必要です。

赤ら顔を改善してくれる化粧水について

顔に痒みがあったり痛みがあるわけではないのに顔全体が赤くなったり、頬などが真っ赤になっている人がいます。赤ら顔という状態ですが、シミのようにも見える事があり、部分的に赤い人はメイクで隠すのにも苦労するのです。

でもこうした赤ら顔に効果のある化粧水など、スキンケア商品が販売されています。こうした商品を利用して赤ら顔は少しずつ改善できるといわれているのです。

高保湿セラミドでふっくらとした肌に仕上げる

赤ら顔になるとすっぴんでいるのが恥ずかしいなどコンプレックスにあることもあります。特に女性は気になる事です。赤ら顔に効果が期待できる成分としてあげられるのはセラミドです。

セラミドは保湿効果が高く外部の刺激から肌を保護してくれるという働きを持っています。バリア機能が高いセラミド配合の化粧水などを利用すると赤ら顔の改善につながるのです。

ヒアルロン酸やコラーゲン配合で肌の潤いを上げる

赤ら顔の理由はそれぞれですが、顔の皮膚の水分保持機能が弱くなって、皮膚が薄い状態になっていることもあります。そのため、コラーゲンやヒアルロン酸等の水分保持機能のある成分を利用すべきです。

コラーゲンやヒアルロン酸等の成分が配合された化粧水は今非常に多くなっています。こうした水分保持機能のある化粧水を利用することも赤ら顔解消の手段です。

ヒアルロン酸を含んでいる化粧水はどんなメリットがあるの?

抗炎症成分でニキビや炎症を防ぐ

ニキビや炎症によって赤ら顔になっているという場合には、その肌のニキビや炎症を抑制してくれる成分を利用すると改善していきます。例えば抗炎症成分が配合されているニキビ用化粧水などが効果的です。

ニキビや肌の炎症を抑えてくれる抗炎症成分配合の化粧水は特にニキビに特化したシリーズなどに配合されています。そうした商品の中で自分のお肌に合っているものを選択すると改善の可能性があるのです。

毛細血管の拡張をケアしてくれる成分が配合されている

常に赤ら顔となっている原因の一つに、毛細血管の拡張があるといわれています。常に皮膚が赤く、特に頬のあたりが赤くなっているなど部分的な赤ら顔に悩んでいる人も多いのです。

この場合、毛細血管の拡張を抑制してくれるビタミンK配合の化粧水を利用します。ビタミンKが血液の流れを自然に落ち着かせて肌の赤身を目立たなくしてくれるのです。

赤ら顔の予防について

冬場になると赤ら顔になってしまうという人も多く、この場合、血管などが拡張してしまい部分的に赤くなることが考えられます。こうした時、赤ら顔を予防する方法もいろいろあるのです。

食べ物の摂取や化粧水の利用など、日常生活の中で気を付ければ抑制できる事ばかりなので、誰でもできる方法になります。赤ら顔に悩む人は予防ということも考えておくべきです。

乾燥肌を化粧水などで改善する

赤ら顔になる要素として乾燥し、皮膚が炎症気味になっていて赤く見えるということもあります。そのため、皮膚に十分な水分を補給する事で改善できることもあるのです。乾燥は赤ら顔のほかにも、様々なトラブルを生む要素となりますので、水分補給は重要なことになります。

コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン等の水分保持機能の高い成分が配合されている化粧水を利用するのです。化粧水の他に美容液などもあるので活用してみます。

乾燥肌のスキンケアってどうする?おすすめクリームを解説!

油分の多い食べ物ばかりを食べない

脂質の多い食事をしていると血管内に脂肪が多くなり、血液の状態も血管の状態も悪くなるのです。血液の状態、血管の状態が悪くなると皮膚に必要な栄養素が少なくなり、トラブルも起こりやすくなります。水分も足りない状態になるので赤ら顔になることもあるのです。

油分の多い食事ではなく、バランスのいい食事を心がけることで、血管、血液の状態は各段によくなります。食事、生活習慣等もしっかり考えるべきなのです。

ニキビができないように抗炎症成分を肌にとりいれる

ニキビができて白ニキビから赤ニキビ、つまり炎症系のニキビになると赤ら顔に見える事が多くなります。ニキビが多ければ多いほど、顔が赤く見えるのです。

ニキビが炎症を起こして赤く腫れている状態なので、抗炎症効果のある成分が入った化粧水や美容液を利用します。また炎症がひどく黄色ニキビ、つまり膿を持ったニキビに移行している場合、医療機関を受診し炎症が進まないようにお薬など処方してもらう方が安心です。

女性ホルモンを減少させない食生活を送る

女性ホルモンのバランスが崩れると顔に吹きでもの、ニキビなどができやすくなります。女性は生理の前になるとホルモンバランスが大きく崩れるので、吹き出物などができやすいのです。これが原因となって赤ら顔になっていることもあります。

女性ホルモンを減少させないように、例えば女性ホルモン様作用のある大豆食品などを積極的に摂取するのです。継続的にこうした食品を摂取することで、ホルモンバランスが崩れにくい状態に持っていくことができます。

赤ら顔の治療の仕方で毛細血管のタイプについて

赤ら顔については、毛細血管拡張症という状態とされることがあり、この場合、拡張した血管が元に戻らなくなる状態です。つまり、常に顔が赤い状態となります。正常な場合でも、気温や飲酒、また緊張などで顔が赤くなることがありますが、これとはまったく違い、常に赤いのです。

治療が必要となる毛細血管拡張症は拡張が元に戻らないと状態なので、タイプ別に治療を考えます。タイプは線状、樹枝状、クモ状、丘疹、紅班等のタイプがあるといわれているのです。

樹の枝状タイプ

樹枝状と呼ばれるタイプは、血管の直径や長さがいろいろに見えて盛り上がりがない状態となります。赤、青などの枝分かれした血管が見える拡張症です。

高齢になると鼻、頬にこのような状態がみられることが多くなります。ただ30代でもこうした樹枝状の拡張症となることがあるようです。

丘疹タイプ

丘疹タイプは、皮膚から少し隆起した小さい紅色の丘疹のような血管拡張がみられます。斑点のように見えてその大きさは人それぞれです。1mm程度という小さいものから、1㎝程度という大きなものまでいろいろなタイプがあります。

単発の場合もありますが、多発もあるのです。よくできる場所としては胸、おなか、背中などの比較的やわらかい部分に見られます。

クモ状タイプ

クモ状タイプは、中心の血管が見えてその周囲に360度、枝のような細かい血管が見えるタイプです。特に上肢に多く、このタイプは年齢を問わずできることも多いといいます。女性の場合、出産によって出来ることもあるようです。

ただ心臓や肝臓の病気を伴うことがありますし、女性ホルモンのエストロゲンが関係していることもあるとされているのです。頬などにできる場合、拍動を伴っていうこともあります。

単純(線状)タイプ

短銃タイプは枝状タイプと同じように老年に多いといわれている赤ら顔の症状です。ただ、30代くらいでも診られることがあります。盛り上がりはなく枝状とは違い、部分的に枝分かれしたような状態がみられるタイプです。

紅斑タイプ

紅班タイプは、1本の欠陥が確認できず、赤い部分があるタイプとなります。特に鼻の周囲、頬に見られる場合には、脂漏性湿疹によるものが多いようです。鼻全体に赤く広がりが見える場合、酒さという状態で外用薬で治療され鵜ことが多くなります。ただ効果は薄いといわれているのです。

若い人でもこうした紅班タイプとなることが多く、脂漏性湿疹と同じように見えることもありますが、ほうれい線部分に紅班がない、という特徴によって脂肪性湿疹ではないと判断されることも多いです。

赤ら顔を改善する商品を紹介

赤ら顔はお化粧をしても血管の色が浮き出るように出てくるので、女性としては気になりますし、男性も、お酒をのみ過ぎる人と勝手に判断去ることもあり、かなり多くの方が悩んでいるといいます。赤ら顔については、病気がもとになっていることもあるので、皮膚が赤くなるという症状以外、何らかの症状がある場合には、医療機関を受診すべきです。

ただほかに何の心配もなく、ただ赤ら顔という場合には、化粧水やクリームなどを利用して改善できることもあります。ひどい場合には医療機関で見てもらう方が安心ですが、そのほかに症状がない時には、クリームなどを利用して対処してみるべきです。

赤ら顔専用高級美容クリーム


柑橘系の香りがさわやかなクリーム「赤ら顔専用高級美容クリーム」は、ある程度の期間、継続的に利用することで次第に効果が見えてくるといわれています。赤ら顔に悩む人が良く利用されている商品です。

効果が出てくるかどうかについては、人によって違いがあるようですが、こうした赤ら顔に効果が期待できる商品は利用していた次第に効果を感じられる商品となります。ある程度の期間、じっくり使ってみて判断してみると効果を実感できるようです。

赤ら顔、りんごほっぺ専用クリーム

赤ら顔も頬が赤くなる症状はよくりんごほっぺといわれることがあります。でも頬が赤い田舎娘・・なんて見られることもあり、女性としては大きな悩みです。そんな頬の赤みに悩む人に喜ばれている商品が「赤ら顔、りんごほっぺ専用クリーム」になります。

ファンデーションでも隠すことができない頬の赤み、赤ら顔に対応した商品です。メイクをするとき、時間をかけて頬の赤みを消す・・という人も少なくありませんが、その時間を短縮してくれます。朝のメイク時間が短縮すればかなり楽になるはずです。

血管の拡張を抑制してくれるビタミンK、それにコエンザイムQ10が配合されています。適量をお肌になじませるように利用するとりんごほっぺの赤みが薄くなるようです。

赤ら顔美容クリーム

赤み改善機能、青み改善機能、血管拡張抑制機能のビタミンK、さらにビタミンCやE等の抗酸化作用の強い成分が配合されているのが、「赤ら顔美容クリーム」になります。赤ら顔について長年、研鑽を積んでやっと生み出したスキンケア商品です。

皮膚の赤みを改善するナノゾーム化したビタミンKが配合されている美容医療用スキンケア商品となっています。顔以外、足などにも赤や青の色がでてくると悩みをお持ちの課がいますが、そういった悩みを解消する商品です。この美容クリームは美容外科手術を受けた後に出てくる赤み、青みを改善させる商品なので、赤ら顔にしっかりきいてくれると思います。

赤ら顔対策 スーパー赤ら顔セット


皮膚が弱くなっているといわれている現代人は赤ら顔に悩む人が多くなっているのです。毛細血管の不良も赤ら顔の原因といわれています。現代人の食事は欧米系が多くなっているため脂質の多い食事です。脂質が多い食事を継続していると血液の内容も悪くなります。

血液の状態や血管の状態が悪くなれば、赤ら顔、また顔が青いと悩む人も出てくるのです。そんな悩みをお持ちの方にお勧めしたいのが「赤ら顔対策 スーパー赤ら顔セット」となります。超自然な仕上がりとなるファンデーションとコンシーラーがセットになった商品です。普段から活躍してくれる商品ですが、顔の赤みが気になるという場合のメイクにも最適な商品となります。

まとめ

顔が赤く見えるというのは、人から見るとかわいい印象になるからいいんじゃない?といわれていることもあるようです。確かに頬がぽっと赤くなっているのはかわいいのですが、お顔全体が赤くなっているのは、やはりコンプレックスとなる人が多いといいます。

メイクで隠しても血管の拡張が原因という場合、メイクの上に浮いてくるように赤くなるのです。でも今はこうした赤ら顔を改善する商品や予防対策となるクリーム、メイクでうまく隠すことのできるファンデーションなどが販売されています。こうした商品をうまく利用して、赤ら顔に悩むことが少なくなるようにしていきたいものです。