洗顔料でおすすめしたいグッズ10選!

毎日欠かすことが出来ない洗顔。余分な皮脂や汚れを落とし、お顔を清潔に保つ事で、健やかな肌へと導く重要な行為ですが、この洗顔をする際には、ただ洗えば良いという訳ではなく、いくつかのポイントを押させることが大切です。洗顔料によっても様々な違いがありますので、洗顔料選びもポイントを抑えて選ぶようにしましょう。

洗顔をする時のポイント

皮脂膜を綺麗に洗い流す

洗顔をする際には、顔についている余分な皮脂膜を綺麗に洗いながすことが大切です。皮脂膜はお肌に潤いをキープするために必要な物ですが、古くなった皮脂膜がいつまでもこびりついていると、肌荒れやニキビに繋がります。皮脂膜を綺麗に洗いながすことで、古い角質を合わせて取り除き、さっぱりとしたお肌をゲット出来るでしょう。

皮脂膜を洗いながすと言っても、ゴシゴシとは洗ってはいけません。あくまで優しく、洗顔料を使ってゆっくりと洗えば、古い皮脂膜だけが勝手に落ちていきますので、丁寧に洗うようにしましょう。

洗顔にかける時間を長くしない

洗顔は丁寧に行うことが大切ですが、洗顔にかける時間そのものは、長くしないことが大切です。あまり長く洗い続けていると、必要な皮脂がこそぎ落とされてしまったりなど、お肌にダメージが伝わる恐れがあります。洗顔にかける時間は長くても10分前後、必要なことを必要なだけやるようにすれば十分ですので、洗いすぎには気を付けて下さい。

濃いメイクを落とすという際に、ついつい時間をかけてメイク落としをやる方も居ますが、それは間違いです。どんな時間をかけても、そもそも洗顔料の洗浄力が無ければ意味がありませんので、濃いメイクを落とすという際には、洗顔料そのものを洗浄力のあるタイプを使って、洗浄時間は短くするようにしましょう。

洗顔料を肌に残さない

洗顔をした後洗いながしますが、洗顔料を肌に残してしまうと、ニキビや肌トラブルに繋がる恐れがあります。洗顔料はしっかりと洗いながすことを心がけ、洗い残しが無いように、キチンと確認することが大切です。フェイスライン上や首のあたりは、洗顔力が付着してそのままになりやすい場所ですので、意識的に洗いましょう。

洗顔料で顔を洗う時間よりも、洗顔料を洗いながす時間の方が、長く設ける事が大切です。洗顔料の洗い残しが無いように、洗いながす際には出来るだけ、ぬるま湯などを使って洗うようにして下さい。

洗顔は朝夜の2回必ず行う

洗顔は、朝起きたときに一回、夜お風呂に入るタイミングなどで一回と言うように、朝と夜の二回必ず行いましょう。あまり頻繁に行っても皮脂量が不足してしまうため良くありませんが、2回より少ないと、汚れが付着して落ちていない状態でいることになりますので、注意が必要です。

洗顔をするタイミングは人によっても異なりますが、顔は服などを着用していない分、汚れが付きやすく、汚れが沈着しやすい部分になります。その為、朝と夜の2回、最低でも行わないと、皮脂がどんどん蓄積、汚れがどんどん積み重なっていき、各種肌トラブルが起きる可能性があるのです。男性女性問わずにこれは言えますので、洗顔を意識的に、1日2回は行うようにして下さい。

ニキビ対策に効果のある洗顔料

アクネ菌をしっかり殺菌する成分が含まれている

ニキビの原因、アクネ菌をしっかり殺菌する作用があるかどうかが、ニキビ対策に効果のある洗顔料を選ぶ時に大切なポイントです。ニキビ効果のある洗顔料を選ぶ際には、洗浄力を重視する方も多いですが、どんなに洗浄をしても、根本原因となる菌を追い出せなければ、ニキビが再発してしまいます。ニキビの再発を防ぐ為にも、アクネ菌を殺菌する作用があるかどうかを見て洗顔料を選んで見て下さい。

抗菌作用で肌にニキビのもととなる菌を寄せ付けない

抗菌作用があるかどうかも重要なポイントです。ニキビの原因はアクネ菌以外にも、様々な雑菌がありますので、そうした雑菌をキチンと消毒できるかどうか、アクネ菌と共に抗菌出来るかどうかが、ニキビ改善、ニキビ再発防止の重要なポイントとなります。抗菌作用のあるアイテムを使う事で、自然と肌の免疫力もアップし、ニキビが出来にくい丈夫な肌を作ることができるでしょう。

炎症を抑える効果のあるものを選ぶ

赤ニキビなどが出来ている場合は特に、ニキビの部分が炎症を起こしている状態ですので、炎症を抑えることが重要です。抗炎症作用がある洗顔料を使う事で、少しずつ赤ニキビなどの炎症も抑え、ケアして行く事が可能です。炎症が治まらないと、どんなに抗菌してもニキビが治まらないことも多い為、十分注意をしましょう。

保湿成分配合で肌に保湿効果

お肌の乾燥はニキビを悪化させ、ニキビにとっては最高の肌質になります。ニキビ以外にも、お肌が乾燥していることで免疫力がダウンしていますので、気がついた時には様々な肌トラブルが起きているということも少なくありません。保湿成分配合の洗顔料であれば、洗うことでお肌を潤わせることが出来ますので、乾燥肌が気になる方こそ、合わせて使うべきと言えるでしょう。

保湿成分にも色々と張りますが、鉄板はやはり、コラーゲンやヒアルロン酸、グリセリンなどが挙げられます。その他にも保湿成分は多々ありますので、自分のお肌が求めている保湿力のある成分が配合されたアイテムを使う事で、お肌に負担無く、理想的な保湿効果を得ることができるでしょう。

20代が求める洗顔料の効果

保湿成分が配合されている

20代はお肌が乾燥しやすく、少し油断をしていると、簡単に乾燥肌になってしまいます。どんなにスキンケアアイテムを使ってもなかなか潤わないという方も多いため、そう言った方の場合は特に、保湿成分が配合されている洗顔料を使う事がおすすめです。コラーゲンやヒアルロン酸など、各種保湿効果のある美容成分が含まれて居る洗顔料は、使う度にお肌を潤し、快適な肌質を作っていくでしょう。

出来るだけ肌の汚れを落としたい

20代は肌のターンオーバーが激しい方も多く、少し運動をしただけで、皮脂量、垢が大量に出るという方も少なくありません。古い角質、皮脂膜を落とさないと、どんどん肌がくすみ、肌トラブルに繋がる恐れが有りますので、出来るだけ肌の汚れを落とすことも踏まえて、洗顔料を選びましょう。

肌の汚れを落とすことに特化している洗顔料は、洗顔力が強い成分が配合されているかによって決まります。また、オイルクレンジングやパウダークレンジングなど、洗顔料の種類によっても、汚れの落としやすさが決まりますので、肌質などに合わせて、洗顔料の種類を比べて見ることも大切です。

肌に刺激を与えにくい

敏感肌の方が多い20代。敏感肌を守る為にも、肌に刺激を与えにくいタイプを選ぶ事が大切です。低刺激、敏感肌用の洗顔料は多く販売されていますので、お肌があまり強く無いという方は特に、出来るだけ刺激を与えにくいタイプの洗顔料を選ぶようにしましょう。

20代は特に、肌ストレスに敏感になる年頃でもありますので、キチンとしたスキンケアを始めないと、年を重ねるごとに取り返しが付かなくなっていきます。肌に刺激があるアイテムを使い続けると、数年後、お肌に大変なトラブルが起きるケースも多い為、一度購入したアイテムでも、肌に合わないのであれば無理して使い続ける事無く、そのまま処分することが大切です。

余分な皮脂を落とす

余分な皮脂を落とすことも、洗顔料を使う際には必要不可欠です。洗顔力があまりにも弱いタイプですと、日常生活で発生する余分な皮脂ですら落とすことが出来ずに、肌トラブルを引き起こすきっかけとなる事があります。余分な皮脂を落とすことが出来るように、丁寧に洗顔をする事はもちろんですが、洗顔料の成分を確認して、洗顔力がある成分が配合されているかを確認することも重要です。

もちろん、皮脂を全て落とせば良いという訳ではありません。皮脂はお肌に潤いをキープしたり、肌バリアを張る上で必要不可欠な存在ですので、安易に洗浄力の強さだけで、洗顔料を選ばないようにしましょう。洗顔料を選ぶ時には、必要な皮脂はキチンと残す事が出来るのかどうかなど、合わせて確認することが重要です。

30代が求める洗顔料の効果

シミやくすみなど肌の悩みを解消したい

30代になると、今までの肌に蓄積してきた物が爆発する年代で、いわゆるお肌の曲がり角を迎えている年になります。シミやくすみがその代表例で、各種肌トラブルを改善したいと、化粧水などのスキンケアアイテムを見直している方は少なくありません。

スキンケアアイテムを見直す際には、化粧水や乳液だけでは無く、洗顔料そのものを見直すことも大切です。洗顔料によっては、シミやくすみなどを改善し、ごわごわとしたくすみの原因となる皮脂膜を、一掃することができるタイプもあります。洗顔料によってはピーリングタイプもありますので、古い角質を綺麗に落とし、肌トーンを明るくする効果も期待出来るでしょう。

乾燥肌を保湿で解消したい

乾燥肌を保湿して解消したいという場合も、洗顔料は非常に効果的です。洗顔料によっては保湿効果に優れて居るタイプも多く、スキンケア商品を見直さずとも、洗顔料を変えただけで、潤い溢れる素肌をゲット出来たという方も少なく無いのです。乾燥肌が酷いという場合は特に、保湿成分がふんだんに含まれているタイプの洗顔料を選んで、ケアすると良いでしょう。

洗浄力はやや強くてもいい

30代前後のお肌の場合、肌質によっても異なりますが、有る程度洗浄力が強くても、問題ありません。むしろ多少や洗浄力が強くないと、毛穴やシワの隙間に入り混んだメイク、汚れを、キチンと落とすことが出来ないため、有る程度洗浄力があるタイプの洗顔料を選びましょう。

もちろん、肌質が極端に敏感という場合は、有る程度考慮することが大切です。洗浄力の強さと肌質、どちらもバランス良いタイプを選ぶ事で、ちょうど良く洗顔出来るでしょう。洗浄力がちょうど良いバランスのタイプを選ばないと、最悪の場合、肌トラブルを引き起こしてしまいますので、注意が必要です。

肌に潤いが欲しい

お肌から潤いが失われやすくなる30代だからこそ、洗顔料で保湿ケアをすることも大切です。コラーゲンを始め、各種潤い成分が含まれて居る洗顔料を使う事で、潤いが最も失われやすい洗顔のタイミングも、恐るるに足りません。丁寧に線画をする事で、よりお肌に潤いを与えることができるでしょう。

40代、50代が求める洗顔料の効果

保湿成分だけは欠かせない

1にも2にも、保湿成分だけは欠かすことが無いように、潤い重視でアイテムを選ぶ事が大切です。40代50代のお肌は、トコトンスキンケアをしていても、気がついたら数秒で潤いが失われているということも多いほど、非常に乾燥に悩まされやすい落とし頃です。乾燥が悪化する事で、しわやたるみなどに繋がることも多いため、最も潤いが失われやすい洗顔を見直して、ケアをしていくようにしましょう。

保湿成分が含まれて居る洗顔料を使う事で、潤いが失われやすい洗顔のタイムも、スキンケアタイムとして使えます。潤い補給をしながら汚れと皮脂を落とせる、一石二鳥の時間となりますので、優しく丁寧に洗いましょう。

角質をケアしてほしい

洗顔料の中には、角質をケア出来る洗顔料もあります。中高年のお肌は若い頃と異なり、お肌が硬化しやすく、角質が出来やすくなる傾向にあります。角質ケアはこまめに行わないと、どんどん肌質悪化に繋がりますので、毎日の洗顔を通してケアして行く事で、自然と肌質改善に繋がるでしょう。いつまでも柔らかく健やかなお肌でいるためにも、角質ケアが出来る洗顔料も取り入れることが重要です。

余分な皮脂や汚れを徹底的に落としてくれる洗浄力

余分な皮脂や汚れが残っていると、お肌がどんどん老化し、酸化し、硬化する恐れがあります。若く健やかな、柔軟なお肌でいるためにも、必要の無い皮脂や汚れは、徹底的に落とせる洗顔料を選ぶ事が重要です。シワやたるみなどの隙間に皮脂や汚れが残っているだけで、この年代のお肌はどんどん悪化していきますので、こうした汚れ類を改善するためにも、徹底的に洗浄するようにしましょう。

肌をマイルドな仕上がりにしたい

お肌をマイルドな仕上がりにしたいという場合は、洗浄力よりも低刺激な物を選ぶ事が大切です。刺激が強いタイプは使っている最中にピリピリとする場合も多いため、敏感肌の方には向かず、仕上がりも心なしかごわごわとした肌になってしまいます。使い心地が優しい洗顔料は、仕上がりもマイルドになる傾向がありますので、保湿力に優れ、低刺激な洗顔料を選ぶ事で、お肌のトラブルを改善できるでしょう。

おすすめの洗顔せっけん10選

虎杖伝説石鹸


防腐剤や保存料など無添加で、石けん素地と水のみで作られた、シンプルイズベストタイプの石けんとして愛されています。つるんとした見た目も可愛らしく、洗顔が楽しくなってしまうアイテムです。

エリクシール ホワイト クレンジングソープ


丸いキュートな見た目の薬用洗顔石けんで、蜂蜜やグリセリン配合の、保湿力に優れた石けんとして人気です。心地良いアクアフローラルの香りで、洗う度に心もリフレッシュすることが出来るでしょう。コラーゲン配合で更に保湿力が高く、肌馴染みが良いストレスフリーが石けんになります。

AE ソープ

優しい色合いが特徴で、肌馴染みも優しい、洗顔やクレンジングにも利用できるオールマイティ石けんです。手のひらサイズで可愛らしい、優しい使い心地が特徴もアイテムになります。

AMO SOAP(アモソープ) 洗顔せっけんアルガンオイル配合


希少アルガンオイルに、シアバター、ココナッツオイルなど、様々な厳選素材を利用して作られた固形石けんです。完全無添加固形石けんでお肌に優しく、オイルの有効成分を余すところなく生かして作る特殊製法、コールドプロセス製法で作られています。

サンソリット スキンピールバー AHA [普通肌~オイリー肌] 《洗顔石鹸[洗顔せっけん]でピーリング効果》

サンソリット スキンピールバー AHA [普通肌~オイリー肌] 《洗顔石鹸[洗顔せっけん]でピーリング効果》
お肌のトラブルなどが多い方におすすめなのがこちらの「スキンピールバー AHA」になります。こちらの洗顔石鹸は、皮膚科医とサンソリットの競合開発によって誕生した画期的なピーリング石鹸です。お肌のターンオーバーなどが乱れがちな30代以上の女性に非常に人気があります。お肌がくすみやすい方であったり、シミやソバカスにお悩みの方にとってはこちらの石鹸はベストな選択になると思われます。非常に泡立ちが良いのでしっかりと毛穴に残った汚れも除去してくれます。

コラージュ D乾性肌用石鹸 100g

コラージュ D乾性肌用石鹸 100g
持田ヘルスケアから発売されております「コラージュ D乾性肌用石鹸」は、大人気のコラージュシリーズの中でも特に愛用者の多いアイテムとなっております。100gで676円と非常にリーズナブルですので安心してたっぷりと泡立てて使う事ができます。こちらの石鹸は、乾燥肌の方や敏感肌の方などお肌のトラブルが多く、使用する石鹸を選ぶような方でも安心して使用する事が出来てしまいます。低刺激性の非常に泡立ちの良い石鹸ですのでお子様にもおすすめです。

乳酸ピール石鹸―スタンダード―3個セット(ピーリング石鹸~毛穴・ニキビでお悩みの方におすすめの洗顔石鹸~)

乳酸ピール石鹸―スタンダード―3個セット(ピーリング石鹸~毛穴・ニキビでお悩みの方におすすめの洗顔石鹸~)
こちらの「乳酸ピール石鹸」は、クリニックが監修しているので安心してお使い頂けるピーリング効果の高い洗顔石鹸になります。市販されているピーリング石鹸の大半がピリピリとした刺激があるものが多いのですが、こちらのピーリング石鹸は、ピリピリした刺激の原因となるTEAが配合されておりませんので、洗い上がりの不快感がありません。また、ニキビでお悩みの方の為にクロロフィルやティーツリー油が配合されておりますので、どなたでも安心して選ぶ事ができます。

アンクソープ110g /ヴァーナル  洗顔石鹸 クレンジング

アンクソープ110g /ヴァーナル  洗顔石鹸 クレンジング
ヴァーナルの「アンクソープ」は、110gで2,700円と市販されている洗顔石鹸では少々お値段が張る石鹸になっております。しかし、こちらのピーリング石鹸は、ヴァーナルが創業以来27年間も支持され続けている洗顔石鹸ですので、いわばヴァーナルの顔的な存在です。もちろんお値段以上の効果が期待できますのでコストパフォーマンスは決して悪くありません。こちらの洗顔石鹸が、洗い上がりからしっとりとしたお肌を手に入れる事ができます。洗浄力はもちろんの事、しっとりとするお肌に生まれ変わらせてくれる保湿力もありますので性別や年齢を問わず多くの方に愛用されております。

サッポーピュアマイルドEXソープ (石けん2個入り&ケース[Amazon限定スターターセット])

ブラックペイント 60g ハーフサイズ 塗る洗顔 石鹸 無添加 国産
メイクの上からお湯でふやかした石鹸を直接塗る事で洗顔する事ができるちょっと珍しい洗顔石鹸がこちらの「ブラックペイント」になります。炭のように真っ黒なルックスと、W洗顔が必要無いという手軽さから話題になりました。洗顔と同時にオイルマッサージなどもできますので、美容オイルが毛穴の内部まで押し込まれてしっとりとさせてくれます。人間が本来持ち合わせておりますお肌のバリアを必要以上に傷付けないように洗顔できますので、若々しい健康的なお肌になる事ができます。

洗顔せっけん 死海ミネラル泥 オーガニック石鹸 固形 人気 無添加 スキンケア 美白 洗顔&ボディ 男女兼用 100g

洗顔せっけん 死海ミネラル泥 オーガニック石鹸 固形 人気 無添加 スキンケア 美白 洗顔&ボディ 男女兼用 100g
死海の泥にたっぷりと含まれているミネラルがふんだんにふくまれておりますこちらの「死海ミネラル泥 オーガニック石鹸」は、CIDBESTの人気アイテムとなっております。死海の泥を使った無添加洗顔石鹸です。死海の泥が持ち合わせておりますミネラルの効果によって、血液の循環を活発にしますので、ニキビや肌荒れ、日焼けなどに効果があります。皮膚の自然癒合の効果が高まりますので、お肌のトラブルに負けない健康的なお肌を手に入れる事ができます。

まとめ

洗顔料の違いによって、毎日のお肌が違ってくると言っても過言ではありません。洗顔は毎日最低でも2回はしたい所ですので、毎日2回の洗顔で、キチンと自分に合っているケアを出来るかどうかが、美肌作りの鍵になると言えるのです。洗顔の方法ももちろん大切ですが、洗顔料そのものが自分に合っているかどうかは、一番重要なポイントと言えるでしょう。

洗顔料には様々な種類がありますが、肌質や年代、お肌の悩みなどに合わせて、洗顔料を使い分けることが大切です。乾燥肌であれば潤いをしっかりと与えてくれるタイプ、敏感肌であれば低刺激タイプ、脂質肌であれば汚れをしっかり落とせる洗浄力が強いタイプなど、それぞれの肌質に合わせて、使う洗顔料を変えていきましょう。

とはいえ、一番重要なのはやはり保湿力。洗顔をする際には潤いが失われやすいため、潤いを失わないためにも、保湿力の高いアイテムを使う事は重要なポイントです。保湿力が無いと乾燥肌を引き起こす原因になる可能性がありますので、含まれて居る成分をしっかりと確認して、保湿力があるかどうかを見極めましょう。

また保湿力の次に大切なのが洗顔力になります。どんなにお肌に優しくとも、必要な皮脂や汚れを落とせていないとなると、結果として肌トラブルに繋がってしまうのです。年齢を重ねれば重ねるほど、洗顔力は重要なポイントになりますので、こちらも含まれている成分をキチンと確認した上で、洗顔料を選ぶ事が重要です。

洗顔料は年齢やライフスタイルによっても変えていくことが重要なポイント。今まで使っていた洗顔料が会わなくなると言う事も多いため、年齢や肌トラブルに合わせて、スキンケア商品だけでは無く、洗顔料も見直してみると良いでしょう。洗顔料の見直しをする際には、配合されている成分を中心に、クチコミや価格帯なども合わせてチェックすることがおすすめです。