洗顔に最適なアイテム10選!肌環境に合わせたアイテム選びをしよう

私たちのスキンケアはどうしても化粧水や美容液など肌へ塗布するものの美容成分にばかり目が行ってしまいます。しかし実際には日常のスキンケアとしてはメイクやクレンジング、洗顔といったことから見直すことが必要です。特に洗顔というのは肌を美しくするための基本であり、とても大切な役割を担っています。洗顔できちんと汚れが落ちていないと化粧水や美容液などの成分はきちんと肌に届かなくなってしまうのです。

洗顔効果に関して

 

そもそもなぜ私たちは洗顔をすることが必要なのでしょうか。その効果を知っていると洗顔の方法を見直すきっかけになりますし正しい洗顔をすることができるようになります。

古い角質を落とす

私たちの肌は常に新陳代謝を繰り返しています。肌の表面は生まれ変わっており、正常に働くと28日で肌の内側から新しい肌が出てきて生まれ変わっているのです。その際古い角質はきれいに剥がれ落ちるのですが、この角質が肌に残っているとどんどんとターンオーバー周期を乱す原因となってしまうのです。そこで洗顔をしていらなくなった古い角質を洗い落としていく必要があります。

肌の新規代謝を上げる

古い角質はきちんと落としていかないと肌に付着した汚れと同じようになってしまいます。汚れている肌はきちんと呼吸ができなくなりますし毛穴も黒ずんで大きく広がってしまいどんどんと肌は老化をしてしまうのです。こういった状態になると肌はどんどんと新陳代謝が悪くなってしまいます。新陳代謝が悪くなってしまうと肌は汚くなっていく一方です。そこで新陳代謝を上げるために汚れている皮脂や必要ない角質を取り除くために洗顔があるのです。

メイクを落とす

 

メイクを落とすことももちろん洗顔の大切な役割です。しかし、洗顔料ではメイクが落ちない場合もあります。そこでメイクを落とす際にはクレンジングを使用することをおすすめします。特に最近では、汗をかいても涙が出ても落ちないマスカラやアイラインなどが販売されており、こういったものは洗顔料では落ちないこともあります。

そこで専用のクレンジングやリムーバーを使ってピンポイントで汚れを落とした後、洗顔料で汚れを落とすことがいいでしょう。

肌を清潔に保てる

私たちの肌はメイクをせず、すっぴんで一日過ごしたとしても生活をしている間にたくさんの汚れなどが肌に付着しています。汗もかきますし皮脂も分泌します。それ以外にも空気中を舞っているホコリや花粉、外の排気ガスなども肌には付着しているのです。こういったものを取り除いてきれいな状態にすることも洗顔の必要性としてあります。肌が不潔な状態のままでいると毛穴が開いたり黒ずんだりするだけでなく肌がニキビや吹き出物などの炎症を起こすこともあります。

洗顔パウダーについて

 

洗顔料の中にはパウダータイプのものもあり、意外と人気です。パウダータイプを使う効果やそのメリットはどういったところにあるのかを紹介していきます。

肌がデリケートな人でも安心して使用できるパウダータイプ

パウダータイプの洗顔料では、余計な成分が入っていないものも多いですし、洗浄力も優しく肌への負担が少ないです。そのため敏感肌で肌への刺激に弱い人でも安心して使うことができます。

しっかりと泡立てる

 

パウダータイプの洗顔料は泡立ちのよいものもありますが、中には泡立ちをよくする界面活性剤が入っていないものも多くしっかりと泡立てるためには泡立てネットを用意することが必要なケースも多いです。作業としては面倒ですがネットを使って泡立てるととてもきめの細かくて優しい泡が出来上がります。

こうした泡を使って洗顔をすると、指と顔の間に泡がクッションとなってくれるので、優しく洗顔ができますし、洗顔の泡が毛穴の中まで行き届き、しっかりと汚れを取り除いてくれます。

湿気を含みやすいのでお風呂や洗面所には置かない

パウダータイプの洗顔料は粉なので水分を含むと、すぐにべたべたになってしまいます。そのため保管場所としては涼しくて湿気がない場所が最適です。お風呂場に置いているとふたを閉めていても部屋の中の湿気で中に水分が発生することもあります。

水分を含んでしまうと成分が変わってしまったり湿気によってカビが発生したりする可能性も少なくないです。特にパウダータイプの洗顔料は保存料を使っていないものも多いので菌が発生してしまう場合もあるでしょう。

毛穴に入り込んだ汚れをしっかり落とす

洗顔する女性

 

パウダータイプの洗顔料は泡立てて作った泡が毛穴に入るのはもちろんですが、洗顔料の粒子がピーリング材の役割をして毛穴の掃除をしてくれます。もちろん粒は大きくないので痛みもないです。優しくコロコロと毛穴の中を動くので汚れも優しく落とせます。

肌はどうしても毎日の生活で汚れていますし皮脂も残りがちです。きれいに落とすためにはピーリングも必要ですが、強く行うと肌が傷みますから、こういった優しいピーリングは肌へのダメージもなく美肌が作れてとても理想的です。

固形石鹸について

固形の石鹸は、洗顔する際には泡立ちがあまり良くない印象がある人もいるかと思います。しかし実はとても肌に優しく、効果の高いものであり、最近では石鹸洗顔が見直されつつあります。

石鹸成分は肌に優しい

固形石鹸というのはとても肌に優しいものです。無添加・無着色なものが多く、保存料などの化学物質が入っていないものもあります。刺激も少なく敏感肌の人やアレルギーのある人でも安心して使えます。

刺激の少ない上質な石鹸である化粧石鹸

石鹸は製造するのに使う素材がリーズナブルなことも多く、かなりこだわっている商品でも洗顔フォームに比べると格段にリーズナブルです。

一度に少ない量でもしっかりと泡立ちますから、長く使うことができます。そのため上質なものでありながら、気軽に顔はもちろんのこと体全体も洗うことができます。刺激が少ないのでニキビや吹き出物などができていて炎症がある肌でも、優しく洗い上げることが可能です。

合成界面活性剤は汚れを落としやすい

合成界面活性剤が入っているものは悪いということが言われますが、一概にそうとは言えません。合成界面活性剤があることで、汚れは落ちやすくなりますから肌の汚れが気になる人や皮脂の分泌が多い人は、そういったものを使った方が肌が清潔に保てます。

合成界面活性剤が石油由来だとどうしても、アレルギーのある人や敏感肌の人は肌に痛みを感じることもあるので使う前に軽く触れて問題ないか確認しておく方が安心できます。

脂性肌か乾燥肌かで洗顔の仕方が変わる

 

肌の状態によって洗顔方法は違ってきます。やはり脂性肌の人は石鹸の洗浄能力では不足してしまうこともあるのです。そういったときには先にオイルなどを使って皮脂を落としてから仕上げに石鹸を使ったり、石鹸によっては二度洗いをして汚れをしっかり落としたりすることも必要になってきます。

しかし、最近では洗浄力が高く天然成分を使っている石鹸もあり、そういったものであれば一度の石鹸洗顔でも皮脂の多い人の肌をきれいにできるものもあります。そのため肌の種類によって石鹸選びも変わるのです。

泡洗顔料について

 

きめの細かなきれいな泡で洗うのはとても気持ちが良いです。そのため最近ではワンプッシュで出てくる泡洗顔料も販売されています。

きめ細かい泡で汚れを落とす

泡立てネットを使って自分で泡を立てるのは意外と面倒です。その点、泡洗顔料はプッシュしたらそのまま泡が出てくるので、泡立て作業無しにすぐに洗顔ができます。

楽に洗顔ができるのはもちろんですが、やはり泡のきめが細かくて肌に優しく汚れを落としてくれます。肌の毛穴の細かな凹凸までしっかりと泡が行き届くので毛穴に詰まった汚れも落とすことが可能です。

泡立てネットを使用するとさらに効率的に泡立てできる

プッシュ式の容器の残りが少ない場合や水が手についていた場合など思ったよりも容器から出てきた泡が大きくないこともあります。そういったときには新たに泡を出すのではなく泡立てネットで、今ある泡をさらに泡立てると大きな泡にすることが可能です。泡を作る際には空気を入れながら作るときれいな大きな泡になりますしキメが細かくなります。

また、しっかりと泡がある洗顔料が好きという人は泡立ちの状態に関係なく常に洗顔料をポンプから出してそこから洗顔の泡立てネットを使って泡立てるという人もいます。泡がきめ細かいと洗いやすいですし、心地よいですから泡立ちが良いものが好みの人は、さらにホイップすることもおすすめです。

洗顔料が肌に残りにくい

泡洗顔はきれいに肌に浸透しますが肌にも残りにくいです。私たちは気付いていないだけで意外と肌に洗顔料を残していることがあります。残っている洗顔料は毛穴を詰まらせてしまったり肌荒れを起こしたりする原因となってしまうものです。

そこで毎日の洗顔で顔に泡を残すことは避けるべきことであり、泡洗顔は石鹸が残りにくい洗顔方法なので安心して使えます。肌に洗顔料が残ることはとても重大なトラブルにつながりかねないことです。そのため泡洗顔は肌に洗顔料が残りにくいとは言っても、毎日の洗顔の際にはしっかりと丁寧に繰り返し洗い流すことが大切です。

泡がクッションの役割を果たして肌に優しい

洗顔をする際、肌の汚れがしっかりと落ちるようにとゴシゴシと強く洗う人がいます。これは肌にとってとても悪いことです。ゴシゴシと洗うと肌の角質に傷をつけてしまいますし肌荒れの原因となります。必要以上に皮脂を落とす原因にもなることです。そこで泡洗顔のように優しい泡をたくさん作っておくと泡が指と顔との間でクッションの役目をしてくれます。そのため肌に刺激が少なくなおかつ細かな泡できれいに汚れが落とせます。

また、泡がクッションの役割となるくらい、きめの細かいものだと洗顔をしていてもとても気持ちが良いです。くるくると優しく洗っていると肌がきれいになるのはもちろんですがヒーリング効果やストレス解消にもつながります。毎日の洗顔がストレス解消やリラックスタイムにすることができるのです。

洗顔ジェルについて

洗顔料の中にはジェルタイプのものもあります。メイク落としにジェルタイプはとても多いです。ジェルタイプのものにもきちんとメリットや注意点があります。

脂性肌には適していない

肌にしっかりと密着するために汚れが落ちそうですが、皮脂の汚れや脂はジェルでは落ちにくいです。そのため脂っぽい肌をしている人は仕上がりがべたべたになってしまいあまり効果がないですし、むしろ汚れが肌に残ったままになることもあります。そこでメイク落としとしてジェルタイプを使ったとしても洗顔料としてはジェルタイプのものは向かないです。

フォームタイプはベタつきやツッパリ感が気になる方に最適

フォーム対応のものはべたつきが気になる人やツッパリ感が気になる人にはとても効果があります。しっかりと汚れを吸着して落ちるので肌の爽快感もあります。それでいて皮脂を落としすぎないので突っ張る感じはあまりせず心地よい洗い上がりに仕上がるのです。

洗顔の手間を省きたい方に最適

 

ジェルタイプのものはクレンジングと洗顔が一度に終わるタイプのものが多いです。逆に洗顔をすると皮脂が取れすぎてすぐにかゆくなりますし、肌のツッパリもとても強くなります。そこでジェルのクレンジングでメイクを落としてそのあとはスキンケアをするようにすると洗顔の手間も一度で済みますし肌へのダメージも抑えられます。

水分が多めで清涼感を感じる

ジェルタイプのものは初めからジェル状になっているために洗顔料に含まれている水分がとても多いです。そのため洗いやすいですし、洗い上がりもさっぱりと清涼感があります。

中には男性向けのものに多いのですが、メンソールなどの爽快感が出やすい成分を配合しているものもあります。皮脂の分泌が多くて脂性の人はそういったものを使って顔を洗うと汚れもしっかりと落ちますし肌の爽快感も高いです。

お勧めな泡洗顔料商品

洗顔する女性

 

洗顔はスキンケアをする際の基本となるものですが、洗顔料の種類はとても多くきちんと自分に合うものを探すのはとても大変です。そこで、ここではいろいろな洗顔料の中でおすすめできるものをピックアップして紹介していきます。

ノーマル肌のための洗顔料

ロゼット洗顔パスタ 海泥スムース 2個パック (120g×2個)

ロゼット洗顔パスタ 海泥スムース 2個パック (120g×2個)

ロゼットから発売されております「ロゼット ロゼット 洗顔パスタ 海泥スムース」のお得な2個セットの商品になります。年齢を重ねるにつれて増えてくるお肌のザラつきや黒ずみなどを、配合されている海泥や植物エキスによってしっかりと除去し、整ったスキンコンディションを保つことができます。

ミネラルが豊富に含まれている良質な海泥パウダーを含んでおりますので、元気の無かったお肌もしっかりともちもちとした若々しいお肌を期待することができます。余分な皮脂や汚れを吸着しながら落としてくれますので、お肌にストレスを与える事がありません。

菊正宗 日本酒の洗顔料 200g

菊正宗 日本酒の洗顔料 200g

菊正宗酒造から発売された「菊正宗 日本酒の洗顔料」は、日本ならではの日本酒を使って作られたクレンジングになります。日本酒には、元々高い保湿力がある事で知られておりました。

そのため、こちらの日本酒の洗顔料は、しっかりと余分な皮脂汚れなどを落としつつも、お肌にうるおいをプラスしてくれます。落ちにくかった毛穴の奥の皮脂汚れなどもしっかりと落とす事が出来ますのでお肌のくすみなどに悩んでいるという方にも最適です。

専科 パーフェクトホイップ 洗顔料 120g×2個

専科 パーフェクトホイップ 洗顔料 120g×2個

専科の「パーフェクトホイップ」は、白まゆ成分のセリシンに加えて、あまり見かける事のないまゆの糸の中心にある加水分解シルクを配合しておりますので、Wの白まゆパワーによって、従来のクレンジングでは味わう事ができなかったスベスベ肌を手に入れる事ができます。

特に加水分解シルクは、従来のバリア機能が衰えてしまっているお肌に、しっかりとバリア機能を回復させる効果がありますので、使い続けるうちに、スキントラブルを減少させる事ができます。

ダヴ ディープピュア 洗顔料 130g

ダヴ ディープピュア 洗顔料 130g

ユニリーバ・ジャパンから発売されております「ダヴ ディープピュア 洗顔料」は、ワンコイン以下で購入することが出来るリーズナブルでコストパフォーマンスに優れた洗顔料です。

ステアリン酸やグリセリン水溶液などのうるおい美容液ニュートリアムモイスチャーが配合されておりますので、洗顔しながらもお肌にうるおいを与えてくれます。また、毛穴の中につまった皮脂や古い角質、メイク汚れなどもしっかりと除去してくれますのでおすすめです。

ドライ肌のための洗顔料

肌をうるおす保湿洗顔フォーム(洗顔料) [乾燥肌 敏感肌]

肌をうるおす保湿洗顔フォーム(洗顔料) [乾燥肌 敏感肌]

松山油脂から発売されております「肌をうるおす保湿スキンケア 肌をうるおす保湿洗顔フォーム」は、お肌に優しい植物性石けんをベースに開発された保湿洗顔フォームになります。大豆由来成分を配合しておりますので、洗い上がりはもちもちと弾力のあるお肌を手に入れる事が出来ます。

従来の洗顔フォームでは届かなかった毛穴の奥の汚れも、キメの細かい濃密泡が毛穴の奥の奥まで入り込んで、しっかりと浮かせて汚れを除去してくれます。

アンネマリーボーリンド ローズデュー クレンジングミルク (洗顔料) [乾燥肌向け]

アンネマリーボーリンド ローズデュー クレンジングミルク (洗顔料) [乾燥肌向け]

ピリカ インターナショナル ジャパンから発売されております「アンネマリー・ボーリンド ローズデュー クレンジングミルク」は、乾燥しがちなお肌の方に最適なクレンジングミルクになります。

洗浄力の強いクレンジングを探してしまうと、どうしてもお肌のうるおいも一緒に落としてしまいますが、こちらのアンネマリー・ボーリンド ローズデュー クレンジングミルクでしたら、セージやホップなどの成分が、お肌のうるおいを逃さずにしっかりと汚れだけを除去してくれます。

ドライスキン・アト保湿石鹸

ドライスキン・アト保湿石鹸

ハヌルホス(SKYLAKE/天湖)から発売されております「ドライスキン・アト保湿石鹸」は、化粧大国でもある韓国の洗顔せっけんになります。ハヌルホス韓方抽出液や天然ハーブ粉末、アロマオイルなどが配合されておりますので、洗顔後もしっとりとモチモチとしたお肌を維持する事ができます。

洗顔後はどうしてもお肌がつっぱってしまうという乾燥しがちなお肌を持っている方におすすめの保湿石鹸です。

混合肌のための洗顔料

薬用 ニキビケア 洗顔 メンズ レディース 無添加 洗顔フォーム  100g

薬用 ニキビケア 洗顔 メンズ レディース 無添加 洗顔フォーム 大人 ニキビ 吹き出物 毛穴 洗顔料 「 あご おでこ アクネ 対策 」「 スキンケア 敏感肌 乾燥肌 」「 ヒアルロン酸 グリチルリチン酸 配合 」 100g

こちらの「薬用 ニキビケア 洗顔」は、男性、女性どちらでも使用する事ができる薬用の洗顔料になります。大人ニキビの原因となっておりますアクネ菌を繁殖させないようにシメン-5-オールやグリチルリチン酸2Kなどを配合して作られておりますので、スキンコンディションを保ちたいという方におすすめです。またつるつる美肌を期待させるプラセンタエキスなどが配合されておりますので、凹凸のない整った素肌を手に入れる事ができます。

THE GOAT アルガンエッセンシャルフェイシャルソープ 80g (洗顔石鹸) 泡立てネット付

THE GOAT アルガンエッセンシャルフェイシャルソープ 80g (洗顔石鹸) 泡立てネット付

宮尾商事から発売されております「THE GOAT(ゴート) アルガンエッセンシャル フェイシャルソープ」は、敏感な顔の肌のストレスにならないように開発された無添加せっけんです。アルガンオイルの他にも海洋深層水や精油、植物オイル、厳選された沖縄産ハーブなどによって作られています。余分な皮脂や古い角質などをしっかりと落としつつ、うるおいは逃がしません。

レーヴ ド プロバンス オーガニックソープ [オリーブ&レモン] 普通肌・混合肌用 150g

レーヴ ド プロバンス オーガニックソープ [オリーブ&レモン] 普通肌・混合肌用 150g

日本グリーンパックスから発売されております「レーヴ・ド・プロバンス オーガニックソープ(オリーブ&レモン)」は、顏だけでなく全身に使う事ができる天然有機エッセンシャルオイルをたっぷりと使用した石鹸です。また、Tゾーンは皮脂が大量にでてしまうけど、頬などは乾燥してしまっているようなスキンコンディションを整えるのが難しい混合肌の方にもおすすめの石鹸になります。1,000円以下で購入する事ができますのでコストパフォーマンスも十分です。

まとめ

私たちは毎日洗顔をしていますが、意外と洗顔料をきちんと考えて選んでいないことも多くあります。しかし、洗顔料が肌に良いものでないとどうしても化粧水や美容液、クリームの成分は肌に届かなくなってしまいますし肌もあれてしまったりくすんだりしてしまう原因にもなってしまいます。

そこできちんと汚れを落とすことができてなおかつ必要以上に汚れを落としすぎない洗顔料を選ぶことが大切です。使用感や泡立ち、使いやすさ、価格など洗顔料を選ぶさいのポイントとなることはいろいろとあります。自分の中で優先順位を決めて洗顔料選びをすることがたいせつです。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。