クレンジングオイルのおすすめまとめ!タイプ別に紹介します

クレンジングオイルを使っている人も多いですが、中にはおすすめのものがわからず、適当に選んでいるということもあるかもしれませんね。しっかり選ぶことでより良い肌への効果が期待できます。

ここでは、

  • クレンジングオイルのメリット
  • クレンジングオイルの種類
  • タイプ別のおすすめクレンジングオイル

について、まとめてみました。

クレンジングオイルのメリット

クレンジングオイルを使っている人は知っていると思いますが、使っていない人はそのメリットがそもそもわからないという人も多いかもしれません。実はとてもメリットも多いです。そこで、ここからはクレンジングオイルのメリットについて解説します。

洗浄力が高く濃いメイクやポイントメイクが素早く落ちる

クレンジングオイルは洗浄力が高いのが特徴となっていて、濃いメイクやポイントメイクなどでも、素早く落とすことができます。化粧がついつい落ちないという時でも、クレンジングオイルを使えば簡単にオフにすることができるのです。

肌汚れや角栓・毛穴の汚れが落としやすい

クレンジングオイルは肌に付着した汚れや角栓、毛穴の汚れやゴミも落としてくれます。肌に沈着することで悪さをするものを洗い流すことができるので、肌環境にとっても良いものだと言えるでしょう。肌を守りたいならクレンジングオイルを使いましょう。

馴染みが良くゴシゴシこすらず落ちるため摩擦が軽減できる

クレンジングオイルは馴染みが良く、擦らなくても落とすことができます。むしろ摩擦は肌荒れを誘発するものなので、十分に気をつけておくことが必要です。肌を優しく扱いたいという時には、クレンジングオイルが欠かせないかもしれませんね。

クレンジングオイルの種類

クレンジングオイルには種類も色々とあります。その種類を知っておけば、自分の肌に合わせて使っていくこともできるでしょう。メーカーごとに豊富な種類があるため、ここからはそのクレンジングオイルの種類について紹介します。

洗浄力が最も高いミネラルタイプ

洗浄力が高いクレンジングオイルと言えば、ミネラルタイプだと言えるでしょう。洗浄力が最も高いので、スルッと簡単に落とすことができます。計な摩擦がかからないので、肌への負担も軽減できます。肌に優しい成分で作られているものもあるので、肌が弱い人にも最適です。

洗い流しやすい油脂タイプ

洗い流しやすいクレンジングオイルとしては、油脂タイプがあります。油脂タイプはぬるま湯で簡単に落とすことができ、油脂を浮かせて除去してくれます。必要のない角質や詰まってしまった角栓なども除去できるので、肌を根本的に綺麗にすることもできるでしょう。

肌にやさしく酸化しにくい抗酸化油脂タイプ

肌に優しくて酸化しにくいのが、クレンジングオイルの中でも抗酸化油脂タイプと呼ばれるものです。これらは肌にとても優しいので乾燥肌はもちろん、敏感肌やダメージ肌の人でも安心して使っていくことができます。肌の状態が気になる人はこちらがおすすめです。

敏感肌にも安心無添加タイプ

敏感肌やダメージ肌の人は、クレンジングオイル選びもしっかりと行っておきたいです。選ぶなら安心の無添加タイプを選ぶようにしましょう。無添加のものだと肌に与える影響も少なく、安心して化粧をオフすることができるでしょうね。

ミネラルタイプ♡おすすめのクレンジングオイル

クレンジングオイルの中でも、洗浄力が高くておすすめなのがミネラルタイプです。ここからはそんなミネラルタイプの中でも、特に使いやすくておすすめのものをピックアップしたので、ぜひぴったりなクレンジングオイルを見つけてみてください。

ディブ 薬用クレンジングオイル

こちらは洗浄力が高く、濃いメイクやケバい化粧も一発オフできちゃいます。簡単にオフできるので、忙しいという人にもおすすめです。ただ、あまり強く擦ると肌荒れすることもあるようなので、優しくサッと使ってあげることが重要となりますね。

ブランクロマ ブライト&ポリッシュ クレンジングオイル

こちらはミネラルクレンジングオイルの中でも、人気の高いアイテムとなっています。プチプラが流行っている中、こちらは高級なものだと言えるでしょう。単純にリーズナブルとは言えませんが、それでも効果は高いので使う価値は大きいです。

Larネオナチュラル モイストクレンジング オイル

天然の植物由来成分はもちろん、ミネラルも含まれているのがこちらのクレンジングオイルです。ナチュラルな仕上がりになるので、肌が弱い人でも比較的使いやすいです。しっかりと化粧やメイクを落としたいと思っている人は、こちらがあると便利でしょうね。

油脂タイプ♡おすすめのクレンジングオイル

肌に馴染みやすくて使いやすいのが油脂タイプのクレンジングオイルですね。ここからは油脂タイプのクレンジングオイルでも、厳選したものを紹介します。自分の肌にマッチするものを見つけて、ぜひとも快適な素肌ライフを過ごしましょう。

四季折々 椿油クレンジングオイル

こちらは椿油を使ったクレンジングオイルとなっていて、肌に馴染みやすいのが特徴となっています。評価は半々というところですが、植物由来成分ということもあって肌に優しいですし、何よりしっとりと馴染んでくれるのが特徴です。

ディブ 国産 馬油&椿油 クレンジングオイル

こちらは馬油と椿油を使ったクレンジングオイルです。肌に浸透して潤いを与えつつ、よりメイクや化粧を落としてくれるアイテムなので、時短したい人にもおすすめと言えます。国産の馬油と椿油を使っているので、安心して使えるのも嬉しいところです。

サンタマルシェ ディープクレンジング

毛穴の奥まで浸透して、つるんと除去してくれるのがこちらのクレンジングオイルです。肌の汚れや角質、角栓、ゴミなども除去できて肌に良いです。緑茶の成分が含まれた美容液としても使えるので、肌への優しさにも配慮されているのが嬉しいと思います。

抗酸化油脂タイプ♡おすすめのクレンジングオイル

より肌に優しいものを使いたいということであれば、抗酸化油脂タイプのクレンジングオイルを使うと良いでしょう。肌を活き活きとさせてくれるということもあって人気は高いです。ここからはそんな抗酸化油脂タイプのクレンジングオイルを紹介します。

ディブ オリーブ&アルガンクレンジングオイル

豊富なミネラルオイルの他、アルガンやオリーブを含んでいるのがこちらのクレンジングオイルです。人間の肌に馴染みやすく作られているので、とても肌に良いのが特徴となっています。敏感肌やダメージ肌、乾燥肌の人はこちらが良いでしょう。案外プチプラなのも嬉しいところです。

コスメプロオリーブ&ホホバオイルクレンジング

オリーブとホホバを使ったクレンジングオイルがこちらです。オイルは植物由来の天然成分が多く含まれており、肌にしっとりと馴染んでくれます。強く擦らなくても皮脂や汚れ、ゴミを落としてくれるので、化粧やメイク以外でもスッキリさせてくれるでしょうね。

タン クレンジングオイルRC(Rice Collection)

クレンジングオイルの中でも高い評価を受けているのがこちらです。肌に優しい植物由来のオイルがふんだんに使われており、評判が良いです。プチプラとは言えませんが、それでもこちらがあると肌の状態を常に良く保つことができるのではないでしょうか。

無添加タイプ♡おすすめのクレンジングオイル

肌のことを考えるのなら、やはり無添加タイプを使った方が良いかもしれませんね。ここからは無添加タイプのクレンジングオイルを紹介するので、ぜひ上手に使っていきましょう。使い方次第では、肌をしっかりと守ってケアすることが可能です。

オルナ オーガニック クレンジングオイル

植物から抽出したエキスを使っている肌に優しいクレンジングオイルが、こちらとなります。植物由来の成分の他、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、ビタミンなど肌に良い成分も多く含まれているのが特徴です。とても品質が良いものなので、ぜひ使ってみてください。洗顔しつつ肌をしっかり守れるので、とても優れたアイテムだと言えますよ。

カウブランド無添加 メイク落としオイル

無添加なのはもちろん、厳選素材を使って低刺激にしているのが、こちらのクレンジングオイルとなります。また、天然由来の保湿成分であるセラミドも配合されているので、肌のぷるぷる感も持続させてくれます。皮膚アレルギーのテスト済みなので、安心して使えるのも嬉しいところでしょうね。

まとめ

クレンジングオイルとは言っても色々なアイテムがあります。その中から自分に最適なものを見つけていくことこそ、大切なのではないでしょうか。ぜひ肌を守るためにも、普段から化粧やメイクをする人は、最適なクレンジングオイルを選んでおきましょう。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。