中性脂肪とコレステロールはそれぞれ原因が違う!関連する本や対策を紹介

中性脂肪とコレステロールはどちらも体に良くないものという認識を多くの人がしています。しかし、具体的に両者の違いを理解していない人も多いです。二つは同じもののようにとらえられがちですが、厳密には違うものです。

中性脂肪とコレステロールについて

中性脂肪とコレステロールは違うもので、中性脂肪は貯蔵脂質、コレステロールは体内の構造脂質といわれています。これらの違いはどういったところにあるのかをここでは紹介していきます。

中性脂肪はアルコールや糖質の摂りすぎが原因

中性脂肪というのはもともと人間の体を動かすためのエネルギー源となるものです。食べたものの脂質は小腸から吸収されて血液を循環して生命維持活動に使われます。このとき使い切れなかったエネルギーが中性脂肪として血液に残るのです。そのため、中性脂肪が高いというのは普段の生活で脂質となるものを多く摂取していることが原因です。アルコールや糖質を多くとっていると中性脂肪が高くなります。

LDLコレステロールは肉の脂身を食べ過ぎると増える

コレステロールは種類があり、その中でもLDLコレステロールは動脈硬化を引き起こす最大の原因とされている悪玉コレステロールのことです。高くなる原因としは食べすぎといわれています。コレステロールは8割近くが体内で合成されており、残り2割が食事からです。食べ物から摂取するコレステロールが多くなるとエネルギーの取りすぎとなり余ったものが体内でコレステロールに合成されてしまいLDLコレステロールを増やしてしまうのです。

HDLコレステロールは運動不足や肥満喫煙が関わってくる

HDLコレステロールは善玉コレステロールといわれるもので多少数値が高くてもよいとされているものです。HDLコレステロールは血管についている動脈硬化の原因となる脂質を取り除いてくれるためある程度LDLコレステロールを多く持っている人の場合には多くても問題ないとされていますが、HDLコレステロールも多すぎるのは良くないとされています。HDLコレステロールが高い原因としては運動不足や喫煙、アルコールの摂取が関係していると言われています。

中性脂肪とコレステロールが高いのを改善する目には食と生活の改善が必須

中性脂肪もコレステロールが高いのも毎日の食生活や生活習慣を改善することが大切です。数値が悪い状態を続けているといろいろな病気を引き起こす原因となります。健康的な体を作るためには一日ですぐに改善することはできないです。病気になってからでは遅いですから日ごろからの心がけで予防することが大切です。

中性脂肪とコレステロールを下げる食事のポイント

中性脂肪とコレステロールを下げるためにはやはり食事が大きくかかわってきます。そこでここでは中性脂肪とコレステロールを下げる食事にどのようなものがあるかを紹介していきます。

BMIと体重を意識して献立を決める

今の体重やBMIがどういったものであるかを知っておくことは健康的な体を作るためにとても大切です。自分の体に合った適切なカロリー、脂質を摂取することで体内の状態を改善できます。また肥満傾向にあるということがわかれば、アルコールの量や食べ物の内容を見直すと改善することができます。

食物繊維が多く摂れる食事を入れる

食物繊維の中でも特に水溶性食物繊維はコレステロールや中性脂肪を体外に排出してくれるのに効果的です。そのため水溶性食物繊維が多く含まれている緑黄色野菜や海藻類、豆類は毎日の食事に取り入れたいものです。

青魚と大豆を食事に摂り入れる

青魚にはEPAとDHAという不飽和脂肪酸が含まれており、HDLコレステロールを増やしてLDLコレステロールや中性脂肪を下げる効果があります。血液をサラサラにしてくれる効果もあるので中性脂肪やコレステロールが気になる人はぜひ摂取したい栄養素です。EPAとDHAは体内で必要なものでありながら自分の体の中で作ることのできないものです。そのため食事で摂取する必要があり、毎日の食事にできるだけ青魚を食べることが良いとされています。

大豆にもLDLコレステロールや中性脂肪を減らす成分が豊富です。血液をきれいにしてくれる成分もあるため毎日の食事に大豆食品を取り入れると血液が奇麗になります。

和食を中心とした食事にする

中性脂肪やコレステロールを下げるために効果的なものはどれも特別なものではなく、私たちが毎日食べることのできるものです。特に毎日の食事を和食にするよう心がけると摂取しやすくなります。和食はヘルシーであり栄養素も豊富に摂取できるものです。できるだけ自炊や一人での食事では和食を選ぶようにするとコレステロールや中性脂肪を改善することができておすすめです。

中性脂肪コレステロールを改善するための本

中性脂肪やコレステロールを改善するために和食が良いとされていても、自炊で和食を用意するのは意外と大変です。そこでここでは毎日の食事の支度が楽になる参考になる本を紹介していきます。

コレステロール・中性脂肪を下げるおいしい食事自由自在


毎日の食事のことはできるだけ身近な食材を使って簡単に調理することができることが望ましいです。この本では栄養バランスも整えながらも簡単に作ることができながらも簡単に献立を作ることができるコツを紹介しています。材料別のレシピもあるので食材を余らせることなく使い切れるのも便利です。

ものぐさでも中性脂肪・コレステロールが簡単に下がる


この本では中性脂肪やコレステロールを下げるためにできる食事だけでなく毎日のストレッチも紹介されています。どれも簡単に実践できる内容であり読み終わったらすぐに毎日の生活に取り入れることができる内容です。ムリなく続けられるような内容なのでダイエットや食事制限が苦手という人でも取り組みやすいです。

食べて改善 コレステロール・中性脂肪


この本では食べることで中性脂肪やコレステロールを下げることのできるレシピを紹介しています。医師とシェフ、管理栄養士が協力して作っているレシピは130あるのでバリエーションもあり飽きずに毎日取り入れることができます。きちんと食事の指導が細かくイラストで説明されているのもわかりやすいです。

中性脂肪とコレステロールをぐいぐいさげる


この本では中性脂肪やコレステロールについての基本的な知識から、改善するための食事、生活習慣といった幅広い内容がかかれておりとても参考になります。中性脂肪やコレステロールについての知識がない人はなぜ危険なのか、数値を改善する必要があるのかということから学べ、すぐに取り入れられる内容が多くかかれています。実践できる内容も簡単なので取り入れやすく男性でも挑戦しやすい内容です。

まとめ

中性脂肪やコレステロールが高い状態では重篤な病気を引き起こす危険があります。すこしでも早く数値を改善することが大切であり、そのためには食習慣の改善が欠かせないです。”