小顔になりたい!簡単にできる小顔ケアとメイク方法!

インスタ映えという言葉が流行語になりましたが、そのために女性は小顔であることを強く意識する傾向があります。男性は顔の大きさを気にすることはありません。そう考えてみると、女性は美意識の観点から小顔を好むのではないかと推測されます。

友人から顔が大きいと言われたり男性に顔が大きいことを指摘されることに抵抗感があるのでしょう。そんな女性のために簡単にできる小顔ケアとメイク方法をお教えします。
ぜひ、参考にしてください。

顔が大きく見えてしまう理由

顔が大きく見えてしまう理由は様々です。しかし、少しの工夫で改善できることもあります。人間の目は錯覚に弱いと言われていますので、見せ方によっては大きく見えたり小さく見せたりすることもできるでしょう。顔が大きく見えてしまう原因と対策を考え、実践することが大切です。

顔のたるみ


顔の筋肉がたるんでしまう現象は無表情の方に多いと言われています。無表情であれば、過去を動かすことが少ないわけですから、顔の筋肉が付かないと思われがちです。それ故に小顔でいられると思うかもしれませんが、誤った考え方と言えるでしょう。表情を浮かべる程度で肥大するほどの負荷は存在しません。

無表情であるが故に、顔の筋肉がたるんでしまうと顔が大きくなってしまいます。顔の筋肉を使用しないことにより、綺麗な目鼻立ちやたるんだ顎のラインとなる弊害の方が大きくなってしまいます。対策としては鏡を使用してみると良いです。鏡の前で顔を動かす顔面体操を行い、筋肉を鍛えていきましょう。そうしていくと次第に小顔に近付いていきます。

あわせて読みたい

顔たるみに即効で効くのはどんなケア?改善できるマッサージ&エクササイズ!

続きを読む

顔の筋肉のコリ


歯ぎしりや食いしばりに代表されるように緊張した状態が続いてしまうと、顎やエラの筋肉が固まってしまうことがあります。そして、顔が大きくなってしまいます。筋肉が固まってしまうとリンパの流れが悪化し、むくみなどを誘発してしまいます。そうならないように気を付けなければなりません。

対策としては、当然、顎やエラの筋肉をほぐしてあげることが効果的です。大きな口で、あいうえおを一文字ずつ、顔の筋肉を意識しながら言ってみるというエクササイズを行っていきましょう。効果的な方法のひとつです。

ただ、歯ぎしりや食いしばりはストレスから発症するケースが多いので、入浴やアロマテラピーを活用し、リラックスしてみることも必要です。つまり、ストレスを緩和することも意識していかなければなりません。

むくみ


起床時に鏡を見て、顔がむくんでいることに落胆してしまうことがよくあると思います。寝起きの顔が別人になって、むくんでいる状態です。むくみは代謝の悪化、アルコールや塩分の過剰摂取が原因と言われています。

加齢の影響により、代謝がダウンすることも原因のひとつです。寝ているときは横になっていますが、その間に顔に血流が流れ、顔に溜まってしまうと、むくみが現れやすくなります。対策としては、生活習慣の改善が効果的です。

軽いストレッチを行いながら、生活習慣を見直すことで、根本的にむくみにくい体質を体現することが可能です。むくみは冷えや運動不足により、悪化してしまう側面を持っているので、血液循環の活性化を念頭に置いておくと良いでしょう。

脂肪がつきすぎている

元々の骨格ではなく、後に付いてしまった脂肪が顔を大きく見せていることも原因のひとつです。加齢によるフェイスラインのたるみ、水分を摂取していないことも原因です。脂肪をなくすにはやはり、その脂肪燃焼や血流促進効果が存在する食物を積極的に摂取していくと効果的です。唐辛子、生姜を用いた料理が良いでしょう。


意外にも、コーヒーやお茶もおすすめとなります。また、全身運動によって、脂肪を解消することも可能です。顔に脂肪がつきすぎている方は減量を行うと、自然に小顔になっていきます。ただ、複数の原因によって引き起こされているので、有効な方法を模索し、実践してみることが必要です。

リンパマッサージや表情筋を意識的に動かす表情筋エクササイズは、広範的に認知されていますので、全身運動と共に行っていくと、小顔に近付いていくことは確実といえるでしょう。

あわせて読みたい

脂肪の落とし方は自分に合った脂肪燃焼運動が大事!サポートに欠かせないサプリメントも紹介

続きを読む

冷え性

女性に多い冷え性ですが、天敵ともいえます。冷え性は顔のむくみにも大きく影響し、小顔と関係性があります。複数の要因がありますが、主に血流の悪循環が冷え性の原因ということができるでしょう。心臓から送られた血液が充分に行き届かなくなると起こりやすくなります。

そのため、身体の老廃物がうまく循環せず、余分な水分や老廃物が溜まりがちとなり、その結果、顔のむくみとなり、小顔とは縁遠くなってしまいます。この冷え性を改善するためには、煙草や身体を冷却させる飲食を回避する工夫が必要となってきます。


毎日、湯船に浸かりながら血液循環を快活にさせたり、身体を温める飲食を心掛ける必要性があります。小顔に近付くためには、様々な努力を行うことが大切です。何もしないでいると、いつまでも小顔にはなりません。

骨格に問題があるケース

小顔になりたいと思っても、顔の骨格が大きかったりすると、日常の生活改善だけではなかなか実現できません。しかし、原因と改善方法をしっかりと把握しておけば、理想の小顔に少しずつ前進していきます。骨格が原因で悩むことはありません。

骨格そのものが大きい

骨格が大きいと悩んでいるのであれば、残念ながら、対策は美容整形で施術するしか方法はありません。ここから推測できることは、骨格そのものを矯正することは不可能だということです。非常に難解といえるでしょう。頭蓋骨は23個の骨が組み合わさっていますが、その隙間を埋めていくと、確かに顔は小さくなる概念となります。

しかし、実際にこれらの骨は隙間なく繋ぎ合わされているため、力を入れて骨格のサイズを小さくすることは無理です。そのため、冬限定ですが、マフラーで顎を隠してみたり、アイラインやマスカラなどで瞳を大きく見せるなどのテクニックも使用してみることをおすすめします。フレームの大きいメガネをかけることも効果があります。スクエアネックやVネックなどで鎖骨を見せることも効果的な方法です。

自分に効果的な方法を見つけ、少しでも、小顔に近付けることができるように工夫を重ねていきましょう。骨格そのものが大きいことを変化させることは無理ですから、ゆっくりと自分に効果的な方法を見つけていくことが大切なのではないでしょうか。

歯を食いしばっている

小顔に歯の食いしばりは無関係だと考えている方は多いと思われますが、密接な関係が存在しています。食いしばりの際に使用する筋肉は、顔の周辺に付いている筋肉です。食いしばりに身の覚えがある方は、この筋肉が発達し、顔が大きく見えてしまうという結果となってしまいます。

食いしばりを続けていくと、異常に発達した筋肉や骨を成長させてしまうことになります。筋肉や骨が成長を続けることは健康的な証拠ですが、小顔という面においては、マイナスに作用してしまいます。現代人の約9割が食いしばって生きていると言われています。例えば、デスクワークに集中しているときや下向きでスマートフォンを操作していると時間は生活面で、多々、存在しています。無意識で歯を食いしばっている時間が長いといえます。


対策としては、デスクワークはともかく、スマートフォンの使用時間を少なくするという習慣の改善も必要となってくるでしょう。咀嚼筋に大きな負荷を付与してしまうことになると、筋肉が発達し、こぶのようになってしまいます。そうならないために、定期的にマッサージを行い、顔の筋肉を柔らかくすることが大切です。

あわせて読みたい

エラが張る原因とは?顔のエラ張りを自分で解消する4つの方法

続きを読む

頬杖をついている

骨と骨のつなぎ目は隙間が開いています。頭蓋骨は23個のパーツによって、頭の形を形成されています。焦点を変えると、23個の程良いバランスが維持されているからこそ、維持されているということになります。しかし、頬杖をつくと、顔はどちらかの方向に重心が傾いてしまうことになってしまいます。

このアンバランスな傾きによって、顎の骨や歯が圧迫されていきます。そして、顔全体のバランスが崩れていき、顔が大きくなっていきます。無意識のうちに大きくなってくることが多くなってくるでしょう。顔の骨のゆがみに連結していきますので、早期に対処法を見つけ、行っていかないと取り返しの付かない結果を招きます。顔が歪むと、顔の表面積が次第に大きくなっていき、小顔から遠のいていってしまいます。

頬杖を付く習慣を改めることが必要です。そして、小顔とは無関係ですが、頬杖は悪印象を与えます。態度も悪いとなると、接している人間関係にも悪影響を及ぼしかねません。頬杖をつく習慣を改めてみましょう。

小顔になれるマッサージ方法


小顔になりたいのであれば、どんなことでも実践したいと感じる女性は多いと思われます、可能な限り、楽な方法で小顔になりたいと感じるのは当然のことです。手軽にできる日常的な顔面マッサージを行うと、好結果を生むことが多いです。明日からではなく、今からやってみましょう。継続的に行っていく強い決意が必要です。

あわせて読みたい

目指せアリアナ・グランデ♡5分で小顔になれるマッサージ方法

続きを読む

ヘッドマッサージ

頭皮のコリの原因は、眼精疲労や肩こり、首こりです。この頭のこりは自分でチェックを行うことが可能です。まず、頭皮に4本の指を当て、頭皮を前後左右に動かします。額に指を当て、動かしてみます。頭皮の動きと額の動きを比較し、頭皮の動きが悪い場合やまったく動かない状態であれば、頭皮がこっている証拠となります。

頭皮のこりには、様々な症状が連結しています。顔のたるみや目尻のたるみ、顔のむくみや顔のくすみなどが典型的な症状です。頭皮がこり、血流が悪くなると悪影響を及ぼしやすくなってしまいます。小顔もそうですが、美容を気にするのであれば、頭皮を最優先にケアしなければいけません。頭皮マッサージを定期的に行い、ケアしていきましょう。


頭皮マッサージには様々な方法が実存していますが、基本的な部分は変わりません。血行を良くするためのマッサージです。まず、両手及び掌を耳に当て、人差し指から小指までの4本を使用し、耳の上周辺を円を描くようにゆっくりとくるくる、揉んでいきます。注意点としては、頭皮をこするようにするのではなく、頭も指と一緒に動かすようにマッサージをするということです。

次に生え際から頭頂部に向けて、少しずつ、場所を変化させ、マッサージしていきます。後ろも首の生え際から頭頂部に向かって、側面や耳などの上、こめかみ周辺も頭頂部に向かってマッサージしていきます。最後に、頭頂部に百会というツボがありますので、このスポットを押しておくと、効果的です。

百会は頭皮の血行促進のツボであり、左右の耳の穴も結んだラインの上に存在します。押すときは息を吐きながら、ゆっくりと押し、息を吸いながら、ゆっくりと力を緩めることがポイントです。頭皮マッサージを血行が良くなっているお風呂あがりが効果的となります。小顔に近付きたいのであれば、頭皮マッサージを日常的に行い、顔における様々な症状を除去していくことが大切です。

あわせて読みたい

簡単!自宅でできるヘッドスパマッサージのやり方

続きを読む

エラの部分マッサージ

多くの女性が顔の輪郭や大きさを気にしており、小顔は女性にとって、永遠のテーマと言えます。エラ張りに悩む方には、子顔マッサージがおすすめです。難しいものではありません。1分という短い時間で済みます。そのため、就寝前など朝のスキンケア時や仕事の休憩時にも行うことができます。マッサージをする際には、オイルやクリームなどで滑らかになりやすい状態を準備しておくことが大切です。

まず、頬骨の下の部分であるエラ全体をグーの形でほぐします。両側で行っても大丈夫です。ほぐす時は皮膚をこする感じで大丈夫でしょう。皮膚の下の筋肉や老廃物を動かす感覚でマッサージしてみてください。痛みを感じるのであれば、老廃物が溜まっている証拠なので、入念にほぐすことが求められます。この時に強い力は必要ありません。

手の親指を顎に置き、人差し指を顔の輪郭に合わせます。親指は曲げている方がやりやすいと思います。その状態を保ち、顔の正面から耳に向かって流します。軽い圧力を掛けながら、ゆっくりと行いましょう。これを3回~4回、行います。最後は手の付け根部分で頭からこめかみに向かって、肉を持ち上げてください。3回~4回、行ってください。両側で行うと効果的でしょう。

このエラの部分のマッサージは、簡単にいつでも好きなときに行うことが可能ですから、顔のエラを気にしている方にはおすすめです。小顔により、近付くことが可能となるでしょう。エラの張りを解消できれば、輪郭もすっきりとして、小顔に見えるはずです。

小顔に見えるメイクのコツ

小顔に見せるには、ケアも効果的ですが、メイクにもコツがあります。併用すると、更に効果があります。小顔ケアは多くの時間を要しますが、小顔メイクはそんなに時間を要しません。シェーディングやハイライトの入れ方によって、顔の大きさの印象を変化させることが可能です。メイクのコツを覚え、周囲からの好印象を手に入れましょう。

あわせて読みたい

小顔は作れる♡小顔メイクのやり方&コスメ

続きを読む

シェーディング

小顔メイクに不可欠であるのがシェーディングです。シェーディングとは、顔の輪郭などに陰を付け、顔の大きさをカバーする技術です。まず、シェーディングの色を選択することから始めましょう。普段、使用しているファンデーションより、2トーンほど暗い色を選択すると良いでしょう。パールは入っていないマットな方をおすすめします。


そして、パウダー状のものよりも、スティック型でクリーム状のシェーディングの方が、ぼかしやすいというメリットがあります。小顔に見せるシェーディングの入れ方が存在します。顔の外側に色を入れ、軽く叩くように内側に向かって、ぼかすと肌に馴染んでいきます。

理想の卵型の輪郭に近付けるように、不要な顔の長さをシェーディングで陰を作っていきましょう。その際、不自然な汚れのようになっていないかを明るい場所で正面から見て、チェックすることが大切です。丸顔の方は、こめかみから耳前、エラや顎の横まで、顔の側面を削るようにシェーディングを入れてみましょう。ここが大きなポイントとなります。

面長の方の場合は、顔の縦幅を削りたいので、顎の下半分と額の生え際にシェーディングを入れましょう。ここも大切なポイントとなります。シェーディングには2種類が存在しています。パウダータイプとクリームタイプです。パウダータイプは、ブラシを使用し、ふんわりと乗せていくイメージです。

ナチュラルな陰影を残すことが可能で、初心者向けと言っても良いでしょう。少しずつ、追加して入れていくことも可能ですから、大きく失敗することが少ないです。このポイントはクリームタイプと異なります。クリームタイプのシェーディングは、鼻筋や眉下などの細かい部分に陰を残したいときに使用します。

肌への密着性も強く、崩れにくいこともあるので、化粧直しがなかなかできない日におすすめの方法です。また、本当に肌に馴染まさないと、ムラになりやすくなります。また、塗り過ぎると、色が濃すぎてなってしまうことも有り得ます。広範囲に使用するのではなく、細部に使用することに向いています。

あわせて読みたい

シェーディングの入れ方を伝授!小顔を手に入れよう

続きを読む

ハイライト

シェーディングと組み合わせると、陰影を作り出すと同時に鼻筋や額、顎などの高さのある部分に光を集めることが可能となり、陰影がくっきりします。顔の立体感をより強調することが可能となり、小顔に導くことができます。顔に明るい場所を作り、メイクを立体的に見せるメイク方法をハイライトと呼称します。

シェーディングにより、陰やハイライトによる陽をはっきりさせることにより、顔の立体感を強調することが可能ですし、小顔へ導いていきます。もちろん、ハイライトも顔の形によって、入れる位置が微妙に違います。丸顔の方のハイライトの入れ方は、額の真ん中、鼻筋や顎、目の下から頬の高い場所を中心にしていきましょう。

クリームタイプの場合、指や刷毛でのせて、最後にブラシでぼかす方法がおすすめです。パウダータイプの場合、シェーディングを入れた後にブラシやパフで、ふんわりと入れていくことが良いと思われます。面長の方のハイライトは、顔の長さをカバーするために、丸みを帯びるように入れていくことが大きなポイントとなります。

額には丸くハイライトを入れ、目尻から目の下や鼻筋、顎にも丸みを持たせて、入れていくことが大切です。パウダータイプは、シェーディングの後の仕上げとして、クリームタイプの場合は、シェーディングと同時にハイライトを入れ、ブラシを変えて、ぼかしていくと完成になります。


エラが張っている方の場合、ハイライトは小さいブラシを用いて、額や顎、鼻筋や頬骨の高い部分から目の下に掛けて、入れていくことになります。その際は、V字型に入れていくことが求められます。気になるエラを目立たなくする立体感を顔全体に生み出すようにするのがポイントとなります。

小顔になれる裏技

小顔に変身することが可能な裏技が存在します。小顔ケアや小顔メイクもそうですが、何事も普段からの継続が必要です。裏技を駆使し、自分の力で矯正することも可能です。地道な努力で憧れの子顔美人を目指しましょう。

顔のツボを刺激する

小顔を実現するためには、顔のむくみやたるみの原因となる血流の悪化、筋肉のこりを解消する必要があります。こめかみ周辺に存在する太陽、眉の中心に存在する魚腰に代表される顔のツボを刺激するだけで、小顔になっていきます。効果としては、顔のむくみや脂肪、二重あごを解消することが可能です。行うタイミングとしては、入浴中がベストです。

血流が良くなっているときに行うのが良いでしょう。同時に、小顔マッサージを行うと効果的です。リンパの流れも良くなりますし、筋肉のこりも消失することが可能です。より、小顔に近付くのではないでしょうか。

あわせて読みたい

小顔に効くツボを総まとめ!あなたが悩んでいたのはココで解決!

続きを読む

舌出し、舌回し


舌出しや舌回しも小顔になれる裏技です。舌出しは舌を前に、上下左右に思い切り、出します。イメージとしては、思い切り、引っ張られる感じです。首を動かしては効果がありません。

それぞれの方向へこれ以上は無理というところで5秒、キープします。この行動を繰り返し、行っていきます。舌回しは、閉口し、舌で歯茎をなぞるように回転させます。1周約3秒のペースで右回転や左回転を共に50回行います。想像以上に負荷が掛かりますが、その負荷が小顔に近付けてくれるのです。

冷やしスプーン

1日約5分のマッサージで、顔周辺がすっきりとする方法があります。冷やしスプーンで
顔をほぐしていくという方法です。冷やしスプーンとフェイス用のスプーンを用意しましょう。予め、スプーンは冷蔵庫で冷やしておくことが大切です。フェイス用のクリームを顔から首に掛けて塗り、スプーンの背を使用します。そして、耳の後ろから鎖骨に掛けて、少しの圧を掛けて、3回なぞっていきます。

鎖骨から耳の後ろへ滑らせ、リンパを柔らかくしていきます。顎からこめかみへ、そして、頬からこめかみをなぞります。下まぶたからこめかみへ、額からこめかみも同じようになぞります。すべて、こめかみで止めるのがポイントです。自分にとって、心地良さを感じる強さでなぞることも大事です。顔周辺をすっきりさせ、小顔に近付いていくことが可能です。

まとめ

小顔になることは女性にとって、永遠のテーマといえるでしょう。小顔ケアと小顔メイク、そして、裏技を継続的に行っていけば、良い結果を選ぶことが可能となります。今からでも遅くはありません。小顔になる努力をしっかりと行っていきましょう。