美しい肌の基本!正しい洗顔と、やってはいけないNG洗顔とは?

美肌作りを考えたとき、基礎ケアやメイクに重点をおいてしまいがちです。本当の美肌作りを目指すなら、洗顔からケアと考えるのがベストです。どんなに高価な化粧品を使っていても、メイクを頑張っても、間違った洗顔をしていれば美肌は叶わないでしょう。

知っているようで実はあまり知られていない、勘違いや思い込みの多い洗顔について、洗顔の基本から正しい洗顔方法やポイントまでを解説します。

洗顔の基本とは?

毎日の日課とも言える洗顔ですが、みなさんは「正しい」洗顔とはどういうものか知っているでしょうか。洗顔の仕方は学校で教えてもらうわけではなく、幼い頃に親に教えられたり自己流で行っていることが殆どだったりします。まずはきちんと洗顔の基本を知っていきましょう。

朝は蓄積した皮脂汚れを落とすことが目的


前日寝る前にお風呂に入りきちんと洗顔していれば、夜は寝ているだけだから顔が汚れることはないと思う人も多いかもしれませんね。確かにメイクもしないし外気に触れることもないので、日中のような汚れはありません。

しかし寝ている間も皮脂の分泌は行われていますし、寝汗をかけば顔も汗で汚れます。寝具が不衛生だと顔に雑菌がつきますし、皮脂をそのままにすれば酸化して肌トラブルの原因となってしまいます。朝は、夜寝ている間にたまる皮脂汚れや汗を落とすための洗顔をしましょう

夜はクレンジング剤や皮脂汚れを落とすことが目的


朝起きて洗顔後の基礎ケア、メイクをするだけでも肌には多少なりとも負担をかけています。出かければ紫外線や外気などの外部刺激にさらされます。メイクしている間も皮脂は分泌し続けますし、外には目に見えないいろんな物質が浮遊しているので顔も想像以上に汚れています

夜はメイクと皮脂汚れなど、朝とは性質の違う汚れもプラスされています。メイクを落とすには、クレンジングが必要ですね。クレンジングの後は洗顔フォームでメイク以外の皮脂汚れをしっかりと落としておきましょう

ダブル洗顔不要のクレンジングなら2度洗いしない


夜はクレンジングと洗顔という2つのステップ・ダブル洗顔が必要です。しかしクレンジングの種類によっては、クレンジングに洗顔の機能を持たせた物があるのでダブル洗顔不要というタイプもあります。クレンジングでメイクを落としながら、洗顔の機能も兼ね備えているので2つのステップを1度にまかなえます

ダブル洗顔不要と謳っているクレンジングを使っているのに、それとは別に洗顔フォームを使うと2度洗顔したことになります。過度の洗顔は肌を乾燥させるのでおすすめできません

正しい洗顔方法

洗顔は、ただ顔を洗えば良いってわけではありません。顔の汚れをしっかり落とすには正しい洗顔の方法を知る必要があります。今まで毎日のようにやってきていた洗顔方法と比べて、どこが違うのかをよく確認してみましょう。

1.脂っぽいTゾーンをやさしく泡で洗う


洗顔するときはどこから洗い始めていますか?顔という限られた範囲はそんなに広くないので、洗顔にかかる時間はごくわずかです。しかし最初に洗い始めたところは、最後に洗うところよりも長く洗顔フォームが付いているので脂っぽいところから洗い始めるようにしましょう

顔の中で一番皮脂の分泌量が多いのは、Tゾーンです。最初にTゾーンから洗い始めると多少洗顔フォームを付ける時間が長くなってもあまり気にせずに済みます

2.頬はさっと洗い乾燥を防ぐ

頬はTゾーンに比べてあまり皮脂の量は多くありません。順番としてはTゾーン、頬、目元や口元がベストです。目元や口元は頬よりもさらに皮脂の分泌量が少ないので、最後にします。頬を洗うときは強くこすらず、指の腹で優しくマッサージするようにします。目元や口元は指先を使い、さらに細かく丁寧に洗ってください。

3.生え際はジグザグに手を動かし、丁寧に洗う

生え際は髪が邪魔になりしっかりと洗えないことがあります。頭皮はシャンプーをしますが、顔までは洗いませんよね?微妙な生え際は、洗えているところ洗えていないところが出てしまうので、洗顔のときは生え際をジグザグに洗いましょう

シャンプーが顔につくと刺激となることがありますが、洗顔フォームなら多少髪や頭皮についても、後できちんと洗い流せば問題ありません。生え際はオデコ以外に、こめかみのあたりまで丁寧にジグザグ洗いをします。

4.30〜34度のぬるま湯ですすぐ


顔全体をしっかりと洗えたら、ぬるま湯を使ってすすぎます。お湯の温度は高すぎても冷たすぎてもよくありません。目安は30度~34度くらい、季節によって少し温度差があっても大丈夫です

水では温度が低すぎて汚れをしっかりと落とせません。顔も冷えて血行が悪くなります。温度が高すぎると汚れ落ちは良くなりますが、必要な皮脂まで洗い流してしまうので乾燥します。肌に優しい洗顔料を使っているのに、流した後顔がつっぱるならお湯の温度が高すぎるのかもしれません。

正しい洗顔方法~すすぎの注意点~

洗顔は顔を洗うシーンはもちろんのこと、すすぎの時にも注意しなければならないポイントがあります。すすぎが足りていなければ洗顔料が顔に残ってしまい、肌へのダメージになりかねません。きちんと正しいすすぎ方を覚えていきましょう。

すすぎは擦らず泡を溶かすイメージ

すすぎは温度も大切ですが、すすぎ方にもポイントがあります。洗顔から基礎ケア、メイクまで全てに共通して言えるのは、「顔を擦らないこと」です

汚れを落とすと考えると、ゴシゴシ擦った方がよく落ちるように思えますが、洗顔にはNGです。擦らなくても泡で汚れは落とせていますので、すすぎでは汚れを含む泡をとかして流すようイメージするといいでしょう

バシャバシャと勢いよく顔に当てない

洗面器に湯を張り、手で湯をかけながら洗い流す場合は、バシャバシャと勢いよく顔に当てないよう注意してください。勢いよくかけなくても、優しく湯で拭うようにすれば落とせます。

あご、こめかみ、髪の生え際は、泡が残りやすいので注意

顔の中心は流しやすいですが、髪の生え際やこめかみ、あごやフェイスラインは泡が残ってしまいやすいです。特に服を着たまま洗うと服が濡れそうで、隅々まで流せないことが多いです。

お風呂に入ったときは濡れても気にならないので流しやすいですが、それ以外の場合は首にタオルを巻くか、ヘアバンドがヘアゴムで髪が濡れないようまとめてから洗うといいでしょう

こんな洗顔はNG!

ただやみくもに顔を洗えば洗顔というわけではありません。正しく汚れを洗い流すことが出来て洗顔と言うことが出来るもので、中にはやってはいけない洗顔方法もあります。洗顔が逆に肌への負担にならないよう、どんな洗顔方法がNGなのか見ていきましょう。

頬を中心に念入りに洗う

やってしまいがちなNG洗顔で最も多いのが、頬を念入りに洗ってしまうことです。頬は範囲が広く洗いやすいこともあって、つい洗いすぎてしまう傾向があります。Tゾーンよりも皮脂の分泌量は少ないので、頬ばかりを集中的に洗わないよう注意してください。

シャワーの水流を直接肌に当てている


お風呂に入って顔を洗うときは、シャワーを使って洗い流すと隅々まで洗えますし短時間で流せて便利です。シャワーを使うのはいいのですが、シャワーをそのまま顔に当てるのはNGです。シャワーの水流は思っている以上に強く、直接顔に当てると肌にダメージを与える可能性があります

水圧を弱くするか、顔に直接当てずに手を添えてシャワーが直接当たらないようにしましょう。可能なら洗面器に湯を張り、手で湯をかけながら洗うといいでしょう。

冷水で引き締めながらすすぐ

すすぐときに毛穴を引き締めたいからと、冷水ですすいでしまうことがあります。一見良さそうに思えますが、実はこれもNGです。すすぐときは汚れを含む泡を溶かしながら洗うのが基本です。冷水では泡がよく溶けませんし、汚れ落ちも悪くなってしまいます。冷水を顔に当てれば冷えますので、血行を悪くします。

毛穴を引き締めるという目的で、冷水で冷やすなら洗顔時ではなく洗顔後にしましょう。すすぎはぬるま湯が基本です。

2分以上かけて洗顔をしている

丁寧に洗うのも洗顔の基本ですが、丁寧すぎて洗顔に2分以上の時間をかけるのもNGです。洗顔料を顔に付けている時間が長いほど、肌には負担をかけます。雑にするのもよくありませんが、洗顔にかける時間の目安は、朝は30秒以内、夜は60秒以内です。これは洗顔料を肌につけてから洗い流すまでの時間ですので、泡立てる時間は含まれません。

NG洗顔を続けるとどうなってしまうの?

もしそれがやってはいけないNG洗顔だと知らないでいつまでも続けていってしまうと、もちろんメリットになることはありません。美しい肌を作る為にも出来れば避けた方が良いですが、いつまでもNG洗顔をしていくと、肌にはどんな影響が出てしまうのか見ていきましょう。

肌が乾燥する


正しい洗顔をしていれば肌トラブルも防げますが、NG洗顔を続けてしまうと肌トラブルが起きやすくなります。洗顔はただでさえ乾燥の原因となりますが、間違った洗い方は乾燥を悪化させます。肌が乾燥すると肌の弾力やハリが失われ、くすみやしわが目立ちます。老化も進むので実年齢よりも老けて見ててしまうことも!

毛穴が目立ちやすくなる

NG洗顔を続けて肌の乾燥を悪化させると、肌の弾力やハリが失われるので引力に逆らえず下に垂れ下がります。下に引っ張られる力が加わると、毛穴も引っ張られるので毛穴が開き目立ってしまいます。乾燥は肌のキメも乱れるので、凸凹とした汚い印象になってしまうでしょう。

ニキビができやすくなる

NG洗顔による乾燥の悪化により、カサカサに乾いた肌はそのままでは外部刺激の影響をモロに受けてしまいます。肌が乾燥すると乾燥対策として、皮脂を過剰に分泌させるという現象が起きます。過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まると、ニキビができやすくなります

洗顔で気をつけるべきポイント3点

洗顔はそのやり方ひとつで力が変わってきますし、間違った洗顔の仕方を続けていくと肌へのダメージを与えてしまう事になります。そこで、洗顔の時には何に気を付けたほうが良いのか、特に注意してほしい3つのポイントをご紹介します。

濃密な泡で摩擦を防ぐ


洗顔の基本はたっぷり濃密な泡で、こすらず泡で包み込むようにして洗うことです。洗うというとゴシゴシ擦ったりするイメージが強いのですが、洗顔において擦るのはNGです。肌に刺激を与えないよう、たっぷりと濃密な泡を作り泡を壊さないよう優しく押し洗いしましょう。

手で濃密な泡を作るのは至難の業。泡立てネットを使うと、簡単にたっぷりの濃密泡を作れるので、泡立てネットを使うのがおすすめです。

肌が動かないやさしい力加減で洗う

クレンジングなどで肌に直接触れる場合は、指の腹で力を入れず優しくマッサージするようにします。このとき肌が動くようなら力の入れすぎです。肌が動かないくらい力を抜いて、優しく洗うのがポイントです。オデコや頬のように範囲が広いところは、ついつい力が入ってしまいがちです。部位に限らず洗顔は、指の腹で力を抜いてリラックスした状態で行うといいでしょう

すすぎは冷水ではなくぬるま湯で

洗顔のすすぎはぬるま湯を使います。夏は水を使いたくなりますが冷水はNG!夏でも30度くらいの温度を意識してください。冬でも34度くらいの、少し温すぎると感じるくらいがベストです。冷水では汚れ落ちが悪くなりますし、顔が冷えれば血行が悪くなります。

まとめ

毎日一生懸命スキンケアしているのに肌トラブルばかり起きるという人は、もしかしたら洗顔方法が間違っているのかもしれません。勘違いや思い込みで間違った洗顔を続けてしまうと、想像以上に肌にダメージを与えることも!スキンケアを洗顔から考えることでメリットも増えます。毎日のことですからこの機会に、正しい洗顔方法を身に付けそれを習慣にしてください。