美肌の基礎は泡洗顔にあり!?泡立て方やお助けアイテムを紹介

洗顔フォームを手に取りそのまま顔になじませ顔の上で泡立てる…こんな洗い方をしている人は無意識でも肌に負担をかけています。洗顔はたっぷりの濃密な泡で包み込むようにして、やさしく洗うのが正しい方法です。

なぜ泡洗顔が必要なのか、どうしたら濃密な泡を作れるのか、今更人に聞きたくても聞けない悩みを解消すべく、泡洗顔の重要性とお役立ち情報を紹介します。

なんで泡洗顔がいいの?

「洗顔料は泡立てると良い」という事は知っている人は多いでしょう。しかしそれは何故なのかを説明できるかと言われてしまうと言葉を詰まらせてしまいがちです。それでは、泡洗顔のどんなところにメリットがあるのかを見ていきましょう。

しっかり泡立てた泡は表面積が増えて洗浄力が上がる

顔を洗うとき手で泡立てようとしても、ある程度泡は立ちますが濃密なモコモコ泡には程遠い状態です。面倒だとそのまま洗ってしまうと、知らないだに肌に負担をかけてしまうって知っていましたか?それでも汚れは落とせますが、たっぷりの泡で洗うのに比べると、洗浄力も落ちてしまうことに。

しっかりとした濃密な泡は、少ない泡よりも表面積が増えます。1度に洗える範囲も増え、その分効率よく洗うことが出来ますし、泡洗顔はいいこといっぱいなんです

泡がクッションになり摩擦を減らす

手でサっと泡立てて洗うと、どうしても摩擦が多くなってしまいます。たっぷりの泡を使えば、泡がクッションになってくれるので、手で顔を擦る必要がありません。洗顔料の成分によって多少の違いはあるものの、しっかりと泡立てておけば泡はそう簡単には消えません

泡を壊さないよう、やさしく泡でを押し当てて洗えば摩擦なしの洗顔が可能となるのです。これが洗顔の理想であり美肌の秘訣です。

毛穴の奥の汚れまで細かな穴で吸着し取り除ける

泡立てるときにしっかりと且つ濃密な泡を作ることで、泡洗顔が可能になります。濃密できめ細かいホイップクリームのような泡は、毛穴の奥の汚れまで届き汚れを吸着し除去できます。顔の上に直接洗顔フォームをつけて、こすりながら泡立てる方法ではこうはいきません。表面の汚れは落とせたとしても、毛穴の奥まで泡は届きませんし、摩擦で肌に負担をかけてしまいます

正しい泡立て方

泡洗顔といえども、石鹸をただ泡立てればいいというわけではありません。その泡立て方にもきちんと正しいやり方が存在し、泡の質によっては肌に与える力も変わってきます。それでは、どんな泡立て方が正しいのか、そのやり方を見ていきましょう。

1.手をしっかり洗って泡立ちを良くする

洗顔のときに必要な濃密でホイップクリームのようなモコモコ泡を作るのは、とても難しいイメージがあります。でもちょっとしたコツを覚えれば、簡単に濃密泡を作ることが出来るようになります。まずは手をよく洗い、清潔にしておきましょう。手が汚れていると不衛生ですし、汚れが邪魔をして泡立ちが悪くなっていしまいます。

2.量をケチらずたっぷりと洗顔料を手に取る

洗顔料ごとに1回分の目安量が真珠大とかさくらんぼ大などパッケージに記載されていますので、それを参考にするといいでしょう。ポイントはケチらないこと!多すぎもよくありませんが、少しくらい多くてもOKです。

3.水かぬるま湯を加えて反対側の指で泡立てる

手に洗顔フォームを取り、水を少し混ぜたら指でよく混ぜ合わせます。片方の手に洗顔フォームを乗せたら、もう片方の手指を使い、空気を入れ込みながら混ぜ泡立てていくのがポイントです。途中で少し水を足して、さらに空気を入れながら泡立てていきます。泡が広がったら一度、中央に集めて同じ要領で一気に泡立てましょう。

4.手を逆さにしても落ちないきめ細かい泡になるまで泡立てる

泡を集めて逆さにしても落ちないくらい、濃密で持ったりとした泡になるまで続けてください。泡立てるときはゆっくりだと空気が入らず泡がきめ細かくなりません。手を細かく動かして一気に泡立てるのがポイントになります。洗うときは泡を潰さないよう、やさしく泡で包み込むように洗ってくださいね。

洗顔料を手に取る量の目安は?

きめ細かな泡を作るには、その材料となる洗顔料が必要ですが、みなさんは普段どれくらいの量を手に取っているでしょうか。洗顔料の種類によってはその量もさまざまです。まずは使っている洗顔料と合わせて、適量がどんなものか見ていましょう。

パウダー状のものは1円玉くらいの大きさ

パウダー状の洗顔料って、専用のスプーンなどを使えばきちんと量れますが、洗顔の度にスプーンで計るというのもちょっと面倒ですよね。目安が容器に記載されていても分かりにくい場合は、1円玉くらいの大きさと覚えておくといいでしょう。大体でもよく知っていて、大きさがわかりやすい物を目安にすれば、専用スプーンを使わなくても適量を見極められます。

フォームタイプなら1~2㎝長さ

メーカーによる多少の違いはあるものの、チューブに入っている洗顔フォームなら1~2㎝くらいが目安です。物差しがないとわかりにくい場合は、中指の先から第1関節くらいまでを目安にするといいでしょう。多い分にはまだいいのですが、少なすぎると十分な泡が立ちません。

石鹸は手の中で何度か転がし、手にたっぷり付いた状態に

固形石鹸の場合は、手を湿らせておき石鹸を両手で持ち、手の中で何度か回転させます。目安は10回~15回くらいです。手を器のようにして、石鹸が滑り落ちないよう注意しながら泡立てます。途中で水を加えながら、しっかりとした泡になるまで繰り返します。

楽に泡が作り出せる!お役立ちアイテム「泡だてネット」

何度も泡立てようとしているけど、なかなか上手に泡が作れずに悩んでいる事も居るでしょう。そんな方におすすめしたいのが「泡だてネット」です。これひとつあれば簡単に泡を作り出すことが出来ます。その中でもおすすめのアイテムを3つご紹介します。

BULK HOMME THE BUBBLE NET 泡立てネット

BULK HOMME THE BUBBLE NET 泡立てネット

濃密できめ細かい泡を作りたいとき、手だけでは限界があります。洗顔フォームのCMで見るような、ホイップクリームのような濃密泡を作るには、泡立ってネットをおすすめします。ネットによっても泡立ち方変わります。

4層構造のネットが一瞬で泡洗顔に最適とされる、濃密できめ細かいホイップクリームのような泡を可能にしてくれるというスグレモノです。4層構造というところもポイントですが、厚みが約200mmというところにも注目です。CMで見るような、モコモコ泡を簡単に作れるので毎日手軽に泡洗顔ができますよ!

小久保 美容グッズ 洗顔用 泡立てネット ホイップ洗顔

小久保工業所 洗顔用 泡立てネット ホイップ洗顔 洗顔ネット (洗顔・壁掛け用リング付き) クリーミーな泡立ち

ネットに洗顔フォームと水をつけて、クシュクシュと手で泡立てていくとあっという間にネットの中に濃密泡が作られていきます。ネットは少し長さがあるので根元を指で挟み、もう片方の手指でネットを挟みながら滑らせるように泡だけ手に取ります。

軽くクシュクシュとさせるだけで、簡単にクリーミーな泡が作れるから、手だけで泡立てるよりも素早く理想的な泡で洗顔できます。使い終わったらよく洗って水気を切り、フックなどにかけておけば乾かしたいときに便利です。泡を取るときフックに指をかけると、ネットが引っ張られ破損する可能性があるので注意してください。

銀 泡立て 洗顔ネット

銀 泡立て 洗顔ネット

一見普通の泡立てネットに見えますが、実はネットに純銀の糸を使用しています。泡立てネットは毎日使う物ですから、使い終わったらきちんと洗顔フォームを落として水気を切り乾燥させておかないと、雑菌が繁殖したりカビが生えたりしやすくなります。綺麗にしているつもりでも、長く使っているとついうっかりなんてこともありますね。

純銀には抗菌と防臭作用があるので、毎日使う泡立てネットを清潔に使えます。ネット自体も上部で、きめ細かい泡が立ちます。きちんと手入れしながら使えば、何年も使えますのでコスパ的にも申し分ありません。

楽に泡が作り出せる!お役立ちアイテム「泡で出てくるタイプの洗顔料」

泡洗顔をするには必須の泡ですが、泡を上手に作れないだけでなく、そもそも泡立てること自体が億劫だったり、時間の無い忙しい朝に泡洗顔をしている暇がないという方には、最初から泡の状態で洗顔料が出てくるアイテムがおすすめです。

ソフィーナ クッション泡洗顔料

ソフィーナ 乾燥肌のための美容液洗顔料 クッション泡 120g

付属のネットを使うことで、簡単に弾力のあるクッションのような泡を作れます。泡にしっかりとした弾力があると、泡洗顔のとき肌に直接手が触れることはありません。まさに泡で顔を包み込むようにして洗えるから、肌にも負担をかけない優しい洗顔ができます。

泡を顔全体に広げたら、泡を崩さないよう泡の上から手で軽く押し当てるようにして洗いましょう。摩擦を防ぎつつ、きめ細かい泡が毛穴の奥の汚れも吸着してれます。

キュレル 泡洗顔料 150ml

キュレル 泡洗顔料 150ml

肌を作り守る成分のセラミドは、洗顔の度に流れ出してしまうので肌荒れの原因となってしまいます。乾燥肌や敏感肌にも安心して使えるように、セラミドを守りながら洗うことを可能にしているのがキュレルの特徴です。

ポンプを押すと泡で出てくるので、泡立てるステップは不要です。忙しい朝や疲れている夜にも、泡立てる工程を省けるのは便利でしょう。

楽に泡が作り出せる!お役立ちアイテム「洗顔泡立て器」

お菓子作りに使う泡立て器でふわふわの生クリームを作るように、洗顔料も同じようにふわふわで濃密な泡を作ることが出来るのが洗顔泡立て器です。見た目も可愛らしいものが多く、泡を作る機能はもちろん、置いておくだけでも可愛くておすすめです。

マイクロバブルフォーマー awa hour あわわ ロイヤルホワイト 【洗顔泡立て器】

富士 awahourあわわ ホワイト 1個

泡立てネット以外にも、泡立て器を使って濃密泡を作ることができます。使い方もとても簡単!容器にいつも使っている洗顔フォームを適量入れます。水を入れてからフタをセットして、後は泡立て棒を上下させるだけで、びっくりするくらい濃密泡が出来上がります。

水を少し少なめにすることで、より濃密できめ細かい泡になりますよ!泡立つほどに手応えが出てきて、少し重くなります。フタから泡が溢れそうになったら理想の泡ができているサインです。後は泡をこわさないよう、泡洗顔を楽しみましょう。

マイクロバブルフォーマー awa hour あわわ precious プレシャス プレシャスピンク

富士 awahourあわわpreciousプレシャス ピンク 1個

初めて使う人でも簡単に、濃密なホイップクリームのような泡を作ることができます。洗顔フォームと水を入れ、容器をセットしたら棒を上下させるだけだから、誰にでも泡洗顔に最適な泡が作れます。泡洗顔の重要性は分かっていても、泡立てるのが面倒と思ってしまうことがあります。そんなときに使ってみてはいかがでしょうか。毎日気軽に泡洗顔を楽しめます。

まとめ

泡洗顔をするメリットはたくさんあると分かっていても、お手本のような濃密な泡を作るのって意外に難しいものです。そんなときは泡立てネットを使いましょう。

石鹸でも洗顔フォームでも、簡単に濃密な泡を作ることができます。泡洗顔はメリットも多いので、早速今日から実践してみてくださいね。