化粧水を冷蔵庫で冷やすのはNG?!その理由と正しい保管方法を解説

飲み物などや調味料のソースなどの保存をする際に冷蔵庫を活用する人が多くいるのは事実です。これを化粧水に適用する人がいるのですが、果たして効果があるものなのでしょうか?

雑菌などは確かに繁殖しにくくなるでしょうが、マイナス面はないのでしょうか?更には、化粧水はどのような場所でどのように保管するのがいいのでしょうか?

化粧水を冷蔵庫で冷やす人が多い理由


化粧水の安定性を考えて冷蔵庫でそれを保存する人が多くいます。確かに冷やしておくと衛生面ではプラスの効果が得られることになりますので、お勧めですが、多くの人が他の理由で化粧水を冷やしてつかっています。しかしながら、化粧水の本来の効果を改めて考え直してみることも必要です。

冷たくてすっきりするから

化粧水を冷蔵庫で冷やしておくとお使いになった時にお肌にひんやりとした感触を得ることができるので、気持ちがすっきりします。気持ちをすっきりさせたいのであれば、化粧水ではなくて、他のものでお肌を冷やせばいいことになりますので化粧水を冷やさなくてもいいということになります。

化粧水を冷やしてしまうと毛穴がふさがってしまいますので、化粧水の成分がお肌の中に浸透しにくくなってしまいますので、化粧水の効果が半減してしまいますので、冷蔵庫で化粧水を冷やしてしまうのはやめたほうが良いでしょう。

化粧水を普通の状態で使っておいて、使用した後にお肌を引き締める意味でお肌を冷却してみると良いでしょう。化粧品の成分が逃げなくなりますので、お勧めです。ひんやり感を楽しむことも可能になります。

毛穴が引き締まりそうだから

毛穴を引き締めるために化粧水を冷蔵庫で冷やす人がいます。確かに皮膚を冷却すると毛穴は小さくなりますが、化粧水を使う目的はお肌の奥深くまで成分を浸透させることにありますので、毛穴を小さくしてしまうと逆の意味になってしまいます。化粧水を使ったあとで、別途他の方法で毛穴のケアをするようにするといいでしょう。ですから化粧水を冷蔵庫で冷やすのは意味が無いと言っても良いでしょう。

化粧水が長持ちする気がするから

化粧水が冷蔵庫で冷やすと長持ちするのではないかという感覚を持っている方もいるかとおもいますが、確かに冷蔵庫で冷やしておくと雑菌は繁殖しなくなりますが、配合された成分が長もちするようなことにはなりませんので、化粧水を冷蔵庫で冷やすのは基本的にやめたほうが良いでしょう。それよりも化粧品を開封したら、その日付をメモっておいて決められた期間の間にそれを使い切るようにするのが最良の使い方になります。

化粧水を冷蔵庫で冷やすのはNG!


化粧水を冷蔵庫で冷やすのは基本的にNGであると考えておくといいでしょう。冷蔵庫で冷やしておくことによって得られるメリットが唯一、雑菌が化粧水の中で繁殖しなくなるということだけです。その他の点については効果が期待できませんし、マイナスの効果も出てきてしまいますので、冷蔵庫で冷やすことはやめたほうが良いでしょう。

肌へ浸透しにくくなる

化粧水を冷蔵庫で冷やしてしまうとお肌へ成分が浸透しにくくなってしまいます。なぜならば毛穴が冷やされることによって小さくなってしまうからです。化粧水に配合されている成分がお肌の奥深くまで浸透して初めて意味を持つことになりますので、浸透しなくなってしまうことはナンセンスであるといえます。

冷やすと結晶化して肌を傷つける


また、化粧水に配合されている成分が低温にすると結晶化してしまうことが考えられます。結晶化した成分がお肌に対して物理的なダメージを与えてしまう可能性がかんがえられますので、それを防ぐ意味においても化粧水を冷蔵庫で冷やすことはやめたほうがいいでしょう。

冷蔵庫で保管しても長持ちしない

化粧水はだんだんと配合された成分が劣化してしまいます。成分の劣化は冷蔵庫で保管してもそれほど影響をうけません。決まった期間の中で化粧水を使い切るように計画的な管理をすることの方が意味があります。

化粧水の正しい保管方法

冷蔵庫で化粧水を保存することはNGですけれども、化粧水を安全・安心にお使いになるためには、正しい化粧水の保管方法を知っておくことも必要です。

高温多湿・直射日光を避ける

化粧水に配合されている成分の劣化を最小限にとどめるために高温多湿・直射日光さけて化粧水を保管していくことが必要になります。しかしながら1年以上経過した化粧水はいくら正しい方法で保管されていたとしても使用することはやめて新しい物を購入するようにすることも必要です。

未開封は1年以内、開封後は半年以内に使い切ろう

化粧水には使用期限が書かれていませんが、化粧水を開封したら半年以内に使い切るようにすると良いでしょう。開封後半年が経過した場合には化粧水を廃棄するようにするといいでしょう。同様に未開封の化粧水も1年が経過したら、使用をすることはやめて廃棄するようにしましょう。計画的に購入することも必要ですが、そのためには購入した日付や開封した日付などをきちんとメモしておくようにするといいでしょう。

化粧水を開封した日付のメモを残しておく


化粧水を期限内で使って行くためには、化粧品を購入した期日及び開封した期日をきちんと知っておくことが必要になります。どこかに記録しておいて、いつでもそれを照会できるようにしてもいいのですが、面倒というような場合には、化粧品のラベルなどに購入した日時や開封した日時をきちんとメモしておくようにするといいでしょう。

一定の期間が経過したら必ず化粧水は廃棄するようにしなくてはなりませんし、更には廃棄する量を減らすことを考えて計画的に化粧水を購入していくことも必要です。

冷蔵庫で冷やさない化粧水のおすすめ商品

どんな化粧水であっても冷蔵庫で冷やすことはNGですが、大きな効能を持っていて多くの人に愛されている化粧水のラインアップは以下のようになっています。

さかなのらく 美顔器 毛穴 フェイスケア 鼻 スポットクリア 黒ずみ取り にきび 毛穴汚れすっきり イチゴ鼻 しわ 角質ケア

角栓除去 クレンジング 皮膚改善


「さかなのらく 美顔器 毛穴 フェイスケア 鼻 スポットクリア 黒ずみ取り にきび 毛穴汚れすっきり イチゴ鼻 しわ 角質ケア 角栓除去 クレンジング 皮膚改善」を用いると十分な毛穴ケアを行うことができます。自宅でお手軽簡単に毛穴をスッキリさせることが可能ですので、化粧水によりスキンケアの効果を大幅に増大させてくれることが期待されます。

アトレージュ 薬用 スキントリートメント 200ml (敏感肌用 化粧水)


「アトレージュ 薬用スキントリートメント 200ml」によって敏感肌の調子を健全なものに整えていくことが可能になります。お肌の乾燥やトラブルを防ぐ効果にもあふれた化粧水です。天然成分のみが使われていますので、敏感肌の方であっても安心してお使いになれます。保湿成分が豊富に含まれていますので、お肌をしっとりさせることも可能です。

オードムーゲ 500ml 薬用ローション


「オードムーゲ 500ml 薬用ローション」を用いるとお肌のケアを年齢・性別に関係なく行って行くことが可能です、どんなお肌の方であってもお使いになれます。お肌から汚れを取り除くことによってお肌の活性化を促し、更には水分を与えることによってしっとり感をアップさせることも可能になります。

まとめ

お肌へのそう快感を考えて化粧水を冷蔵庫で冷やすことをする人が少なからずいます。しかしながら、化粧水を冷やしてしまうと化粧水の効果が半減するだけでなくお肌にダメージを与えてしまうことが考えられますので、化粧水を冷蔵庫で保管することは避けなくてはなりません。

化粧水は高温多湿・直射日光を避けながら保管することがお勧めです。また、使用期限が化粧水には存在していますので、それを守って使って行くようにしたいものです。それを実現させるためには計画的な購入も必要になります。化粧品を使ってスキンケアをする場合には適切な保管方法を実践して、その効果が十分に発揮されるようにしたいものです。