洗顔フォームおすすめランキングTOP10!

日常的に行うスキンケアで一番身近な洗顔。洗顔には正しい洗顔方法と間違った洗顔方法があり、洗顔を間違えた方法を行っていると肌に負担がかかってしまい、肌環境の悪化、肌トラブルの原因に繋がります。女性は勿論のこと、男性も肌トラブルで悩む人が多いため、性別に関係なく、スキンケアの見直しをすることが大切です。

ビジネスでもプライベートでも、大事なシーンで顔の目立つところにニキビができていたり、乾燥、皮脂によるテカリなどが目立つと、決まるものも決まりません。こうした事態を防ぐためにいつも毎日行っている洗顔を、洗顔フォーム、洗顔方法から見つめなおしましょう。洗顔フォームの選び方のポイント、いろんな種類の洗顔フォームをご紹介します。

洗顔フォームの選び方

自分の肌に合っているものを選ぶ

洗顔フォームを選ぶ際の基本中の基本と言えるのが、自分の肌に合うかどうかです。日常的に使っていればなんとなくでも自分の肌に合っているか合っていないかが分かります。乾燥肌の人が脂質肌用の、油分を大量に落とすタイプの洗顔料を使ってしまうと、いつも以上にカサカサしている肌になり、乾燥状態を引き起こした結果、肌トラブルに繋がります。

自分の肌質を理解することがまずは大切ですので、自分の肌質がよく分からないという方は、専門家の所に相談に行くことも1つの方法です。

泡立ちがいいものを選ぶとさらに快適に汚れを落とせる

洗顔フォームは直接肌につけて洗顔してしまうと摩擦が起こりやすくなってしまい、肌に負担がかかってしまいます。洗顔フォームはよく泡立たせてから、肌につけて洗い流しましょう。肌への負担を少なくして、肌の乾燥を防ぐ泡洗顔は認知度も高くなり、泡洗顔用の洗顔フォームも販売されているので、必要に応じて利用することがおすすめです。

泡状態で出てくる洗顔フォームの場合は特に、泡立てる手間無く、プッシュすれば簡単に使えますので、時間が無い朝やめんどくさがりの方にもぴったりのアイテムと言えます。

泡立ちが良い洗顔フォームはしっかりと肌に吸着し、洗い流す際に洗顔フォームの洗浄力により汚れをしっかり落とすことができます。泡立てるのと泡立てないものの違いは泡立てた洗顔フォームは非常に濃密で肌につけると非常に気持ちよくクッションのような感覚があり、非常に快適に洗顔できるでしょう。

価格は安めのものを選んで継続性を優先する

洗顔フォームを購入する際、ドラッグストアや通販でも、価格から種類まで色々とありますので、悩む方が多いでしょう。購入する際に、自分の肌に合いそうなものか、目的に応じて選ぶ事が大事ですが、やはり重視するべきは価格です。価格は安価のものを選べば定期的に購入することもでき、家計への負担も少なくなります。

高いものをずっと購入するとその分金銭的負担が大きく、継続が出来なくなる可能性が高いでしょう。値段が全てではありませんが、続けて使える程の値段の商品を選ぶ事が大切です。

洗顔フォームのタイプ

洗顔パウダーは保存期間が長い

洗顔料や化粧品には使用期限があります。日用品であり、消耗品である洗顔料ですが、開封して長期間放置していると雑菌などが繁殖してしまい、それを間違って使用してしまうとニキビや肌荒れ、様々な肌トラブルを起こしてしまうので気を付けましょう。洗顔料フォームの中でも、洗顔パウダーは比較的保存期間が長いため、頻繁に使用しないという方は、洗顔パウダーを購入することをオススメします。

ただし洗顔パウダーに関しては湿気に弱く、保管を丁寧にしないと、カビてしまうと言うケースもありますので、保管には注意をして、丁寧に取り扱いすることが大切です。高温多湿を避け、暗所で保管をしておくと、安心して保管できるでしょう。

オイル洗顔料はメイクをしっかり落としてくれる

女性はビジネスやプライベート等様々なシーンでメイクをする機会が非常に多く、ちょっと外に出るだけでもメイクをするという方が少なくありません。美意識を持つ事は重要ですが、その分、どうしても肌への負担は増えてしまいます。肌トラブルを起こさないためには帰宅した時にメイクを毎日しっかり落とすことが大事です。

通常の洗顔料では、メイク全ては落としきりませんので、オイルクレンジングやオイル洗顔料を使って、しっかりメイクを落とすことが大切です。肌に近い成分のオイルを使用すれば汚れをしっかり落とせ、更に肌の潤いを奪わずにしっかり保ってくれるのが非常に良いポイントになります。

ただしオイル洗顔をする際には、キチンと乳化させるまで、丁寧に使う事が大切になります。乳化させずにサッと使ってしまうと、オイル洗顔の良さを得られない所か、毛穴に必要以上に浸透してしまい、ニキビ等の原因に繋がる恐れがあるでしょう。キチンと乳化をさせた後、ぬるま湯で丁寧に洗いながすことで、綺麗に老いる洗顔をする事が出来ます。

ジェルタイプは洗浄力と保湿力が非常に高い

ジェルタイプの洗顔料最大のメリットは汚れを落としながらもしっかりと肌を保湿してくれるというポイントです。ジェルタイプの洗顔料を使用すれば一石二鳥の効果を得られると思いがちですが、それだけしっかり効果が大きいという事はリスクもあります。ジェルタイプの洗顔料は普通の洗顔フォームよりも泡立て、しっかり洗い落とさなければ肌トラブルが起きてしまいますので、使用する際には丁寧に肌に洗顔料が残らないようにしましょう。

リキッドタイプでしっとりと仕上げる

リキッドタイプの洗顔料は他の洗顔料と比べて油分が多く含まれており、洗顔後のつっぱりや乾燥の心配がありません。洗い上がりが心地良く、油分がしっかりと肌に張り付いて膜となっている点がメリットなのですが、洗顔後の化粧品の効果を妨げてしまう場合があるため、注意が必要です。

洗顔フォームのランキングを商品別に紹介

洗顔フォーム ランキング

第1位 everish(エブリッシュ) アロエスクラブ洗顔 135g

everish(エブリッシュ) アロエスクラブ洗顔 135g

堂々の第1位は、ウテナから発売されております「everish(エブリッシュ) アロエスクラブ洗顔」です。アロエ葉末やクルミ殻粒などの天然成分がたっぷりと配合されております高密度な泡によって、普通の洗顔フォームでは落とす事ができなかった古い角質を効果的に除去する事ができます。毎日の洗顔でお肌に負担をかけずに古い角質を除去する事ができますので、使い続けるにつれて、健康的で透明感のある美肌に生まれ変わる事ができます。

第2位 【 泡 で 毛穴 黒ずみ *2 を徹底対策する 洗顔料 】 薬用 フィス ホワイト 洗顔 無添加 *1 洗顔フォーム 「 しみ くすみ *2 用 フェイスウォッシュ 」 100g

【 泡 で 毛穴 黒ずみ *2 を徹底対策する 洗顔料 】 薬用 フィス ホワイト 洗顔 無添加 *1 洗顔フォーム 「 しみ くすみ *2 用 フェイスウォッシュ 」 100g

鶴西から発売されております「WHITH WHITE 美白 洗顔フォーム」が、洗顔フォームランキングの第2位になります。濃密でクリーミィな泡によって、くすみの原因となっております毛穴の奥に詰まった汚れや古い角質などを効果的に除去する事ができます。また、ニキビ菌の原因となっておりますアクネ菌もしっかりと殺菌し除去する事ができますのでスキンコンディションが乱れやすく、大人ニキビが出来やすいという方に最適な洗顔フォームです。

第3位 everish(エブリッシュ) 炭スクラブ洗顔 135g

everish(エブリッシュ) 炭スクラブ洗顔 135g

ウテナから発売されている「everish(エブリッシュ) 炭スクラブ洗顔」が第3位になります。第1位にランクインしているアロエスクラブ洗顔と人気を二分する大人気のスクラブ洗顔です。天然成分の炭粉末やクルミ殻粒などをたっぷりと配合しておりますので、過剰に分泌してしまった皮脂であったり、毛穴につまってしまって一般的な洗顔フォームでは除去する事が難しい毛穴の奥の汚れなどをしっかりと洗い流してくれる炭スクラブ洗顔フォームです。

第4位 薬用 素あわ 泡タイプ 洗顔フォーム 150mL 乾 燥 肌 ・ 敏 感 肌 に

薬用 素あわ 泡タイプ 洗顔フォーム 150mL 乾 燥 肌 ・ 敏 感 肌 に

マックスから発売されております「素あわ(スアワ) 洗顔フォーム」が第4位になっております。非常に高い弾力性のある泡が人気の洗顔フォームです。単に洗浄力の強い洗顔フォームとは違い、優しく包み込むように洗う事ができますので、お肌に負担をかけずにスキンコンテンツディションを整えてくれます。そのため、これまでは中々自分に合っている洗顔フォームが見つからなかったという敏感肌の方でも安心してお使いいただく事ができます。

第5位 MARO グルーヴィー 泡洗顔 アクティブフレッシュ 150ml

MARO グルーヴィー 泡洗顔 アクティブフレッシュ 150ml

MARO (マーロ)から発売されております「グルーヴィー泡洗顔 アクティブフレッシュ」が、第5位にランクインしました。しっとりとした弾力のあるお肌を作る上で必要なコラーゲンがたっぷりと配合された洗顔フォームですので、皮脂や古い角質を除去しながらも、洗い上がりは非常にしっとりとしてツルツルになっております。また、泡自体が非常にさっぱりとしておりますので、過剰に分泌してしまい、メイク崩れの原因にもなる余分な皮脂もしっかりとオフしてくれます。

第6位 薬用 ニキビケア 洗顔 メンズ レディース 無添加 洗顔フォーム 大人 ニキビ 吹き出物 毛穴 洗顔料 「 あご おでこ アクネ 対策 」「 スキンケア 敏感肌 乾燥肌 」「 ヒアルロン酸 グリチルリチン酸 配合 」

薬用 ニキビケア 洗顔 メンズ レディース 無添加 洗顔フォーム 大人 ニキビ 吹き出物 毛穴 洗顔料 「 あご おでこ アクネ 対策 」「 スキンケア 敏感肌 乾燥肌 」「 ヒアルロン酸 グリチルリチン酸 配合 」 100g

こちらの「薬用 ニキビケア 洗顔」が第6位になります。非常にシンプルなパッケージが特徴てきなこちらの洗顔は、大人ニキビが出来やすいアゴやオデコなどスキンコンディションが乱れやすい部分もしっかりとコンディションを整えてくれます。医薬部外品ですので成分のシメン-5-オールやグリチルリチン酸2Kなどが配合されており、しっかりとアクネ菌を殺菌してくれます。また、保湿成分のヒアルロン酸Na-2やヤシ油脂肪酸ジエタノールアミドなどによって洗い上がりもつっぱりません。

第7位 everish(エブリッシュ) お茶スクラブ洗顔 130g

everish(エブリッシュ) お茶スクラブ洗顔 130g

ウテナから発売されております「everish(エブリッシュ) お茶スクラブ洗顔」が第7位になります。ウテナのeverish(エブリッシュ) は、どの商品も非常にクオリティが高くなっておりますので失敗する事がありません。こちらのお茶スクラブ洗顔は、チャ葉エキスとクルミスクラブによって、マッサージをしながら毛穴に入り込んでしまった汚れやお肌のくすみの原因となっております古い角質などをすっきりと落としてくれます。つるつるで若々しいお肌を手に入れる事が出来ます。

第8位 エビス化粧品(EBiS) アミノウォッシュ400ml 洗顔フォーム (N)

エビス化粧品(EBiS) アミノウォッシュ400ml 洗顔フォーム (N)

エビス化粧品から発売されております「泡洗顔フォームアミノウォッシュ」が第8位になります。こちらの泡タイプの洗顔フォームは、とにかくキメの細かい泡によって、お肌についている古い角質や余分は皮脂などをしっかりと除去することができます。アミノ酸系の洗浄成分によって、お肌に必要なうるおいをしっかりと守りながら洗浄してくれますので、洗い上がりもしっとりとしたスベスベ肌を手に入れる事が出来ます。美肌になりたい方におすすめです。

第9位 【シェルクルール(Cher-Couleur)】【クレンジング2点セット】ベーシッククリーム(クレンジング)& ウィプトソープ(洗顔フォーム)

【シェルクルール(Cher-Couleur)】【クレンジング2点セット】ベーシッククリーム(クレンジング)& ウィプトソープ(洗顔フォーム)

第9位は、ヴェルジェから発売されております「シェルクルール(Cher-Couleur)ベーシッククリーム」と、「シェルクルール(Cher-Couleur)ウィプトソープ」のお得なセットになります。@cosmeベストコスメアワード2017のベストヒット賞の第3位にランクインしたベーシッククリームによって、シェルクルールの知名度は各段にアップしました。天然成分をたっぷりと配合した低刺激タイプのクレンジングと洗顔フォームのセットですので敏感肌の方にもおすすめです。

第10位 OSHIDE ヒアルロン酸洗顔フォーム オイルクリア 保湿洗顔料 毛穴対策 陶器肌 スキンケア 100g

OSHIDE ヒアルロン酸洗顔フォーム オイルクリア 保湿洗顔料 毛穴対策 陶器肌 スキンケア 100g

「OSHIDE ヒアルロン酸洗顔フォーム」が第10位になります。こちらの洗顔フォームは、汚れを吸着する効果の高い天然のクレイをたっぷりと配合しておりますので、古くなってしまいお肌のくすみの原因となっております古い角質や、毛穴に溜まってしまい、洗い流すのが難しくなった毛穴汚れなども浮かせて除去する事ができます。ふかふかのキメの細かい泡によって、汚れを除去しつつ、保湿成分もたっぷりと配合されておりますので、シルクのような美肌を手に入れる事ができます。

まとめ

洗顔フォームにはこのように、様々な種類がありますので、自分の肌質や自分のライフスタイルに合わせたタイプを選ぶ事が一番重要なポイントです。初めて洗顔フォームを選ぶという際には特に、何を基準に選んだら良いかわからないという方も多いかもしれませんが、基本的には、使ってみて判断することが一番ですので、色々と比較して、自分に合っている洗顔フォームを見つけていきましょう。

その日のメイクの濃さなどによって使い分けられるように、いくつか洗顔フォームを持つということもおすすめです。ただし、洗顔フォームのタイプによっては肌に合う合わないがありますので、注意をして使いましょう。普段使っている洗顔フォームが、何かをきっかけに使えなくなるということも実は少なくありませんので、ある日突然肌に異変を感じたら、そのまま続けるのでは無く、一度洗顔フォームの見直しを検討しましょう。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。