男性が女性にドキッとする瞬間♡彼をドキドキさせるテク

男性が女性にドキッとするとする瞬間というのは、どういう時なのでしょうか。人によって違いますが、それでも王道はやっぱり強いですよね。

そこで、ここでは

について紹介します。

男性が女性にドキッとするのはどんなとき?

ドキッとする瞬間というのは、突然やってくるものですが、恋愛上手な女性ほど実は使いこなしていることも多いです。男性はまんまとそういうドキッとするシチュエーションにやられてしまっているわけですね。ここからはまずはドキッとする瞬間について紹介します。

何気なく飾らない姿にドキッとする

何気なく飾らない女性というのは、男性から見ても素敵です。ブランド品やメイクでガチガチに固めている女性ほど、実は男性もドキッとはしません。普段の姿でいてくれることこそ、男性にとっては「ありのままでいてくれる」と安心するのです。心臓が高鳴るドキッという感じではありませんが、ナチュラルなドキドキがそこにはありますね。

ふとした瞬間の仕草にドキッとする

ふとした瞬間に髪の毛を耳に欠けたり、ふんわりとした笑顔になったり、身体に触れてきたりすると、男性は思わずドキドキしてしまいます。あざといと思う人もいるかもしれませんが、何気ない瞬間の仕草というのは惹かれやすいのです。男性は意外と単純なもので、女性のちょっとした行動だけで、思わずドキッとするものですよ。

優しい言葉をかけられたときにもドキッとする

「最近疲れているんじゃない?」「悩みがあるなら話聞くよ?」「仕事やっておいたよ!」などなど、男性は女性の優しい言葉にドキッとすることが多いです。単純に「気があるのかな」と思うというよりは「なんて良い人なんだ」と感嘆の声を上げることが多いです。さりげなく優しい言葉を口にできる女性は、男性のハートもキュンキュンさせられるでしょうね。

スキンシップでもドキッとする瞬間がある

スキンシップをするのは、実は簡単に心臓に刺激を与えられます。ふと身体が触れ合うと男性は嫌でも意識してしまいます。女性からポンッと背中を押されたり、腕や肩に触れられたりすると男性もドキッとするでしょう。これは不可抗力と言えます。異性と触れ合うのは、それほど刺激に満ちているということです。本能に訴えるのならボディタッチ一択です。

彼をドキッとさせる仕草

男性をドキッとさせたいのなら、仕草を工夫してみると良いかもしれませんね。仕草というのは意識してやるとわざとらしいと思われてしまうこともあるでしょう。ただ、自然にできるようになればイチコロかも。ここからはドキッとさせる仕草について紹介します。

髪を掻き上げる

ドキッとする瞬間として頻繁に取り上げられるのが、髪を掻き上げる仕草ですね。女性の髪の毛は、男性から見るととても美しく触れたくなるものです。それが掻き上げられることによって、つい「触れたい」と思わせることができます。もちろん、男性はドキッとしても触れてくるということは少ないので、妄想を膨らましてよりドキドキしてしまうでしょうね。

受話器を顔と肩で固定して電話

受話器を顔と肩でむぎゅむぎゅと挟んで通話しているのも、男性からするとドキッとする瞬間ですね。しおらしいというか、女性らしいしなやかな動きも相まって、よりドキドキしてしまうでしょう。ビジネスシーンはもちろん、プライベートシーンでも多く、そんなふとした仕草で男性がコロッと落ちてしまうこともあるかもしれません。

ふと目が合う

ふと目が合うというのは、お互いに意識しているからこそ起こる現象です。そのため、男性も「もしかして気があるのかな」と思ってしまいます。人間は10秒目が合うと心が通っていると勘違いするという研究結果もあるなど、目が合うというのはドキドキポイントも高めです。仕草というかはわかりませんが、意識的に目が合わせるのも良いかもしれません。

足を組む姿

大人の女性であれば、足を組むという少し妖艶な仕草で相手の男性を魅了するのも良いかもしれませんね。美しい足を交差させるというのは、良い意味でセクシーです。男性も色気るのある女性にはやはり弱いです。ちょっとしたチラ見せができれば、男性のハートはもうチーズのようにとろけてしまっていることでしょうね。

髪を結ぶ仕草

髪の毛を結ぶのは、女性の魅力が詰まった仕草です。細い腕で髪の毛を持ち上げ、それを結っているというのは何とも女性らしいです。また、男性によっては女性の脇腹から腕にかけてのラインがとても好きな人も多く、髪の毛を結んでいる時に魅力を感じる男性もいます。ちょっと妖艶な雰囲気も出せるので、意識してやってみても良いかもしれませんね。

気になる彼に言ってみて♡ドキッとする言葉

気になる男性に言うと、一瞬でハートを鷲掴みできちゃう言葉というのもあります。意識して言うことによって、男性の心もゲットできるでしょうね。ここからはドキッとする言葉について紹介します。ぜひ、すぐに使ってみてください。

さわやかな挨拶「お疲れ様です!」

やはり人間関係は挨拶から始まります。挨拶なら不自然になることもなく話しかけることができますね。まずは爽やかに笑顔で「お疲れ様です!」と声をかけてみてください。「普段から見てくれているのかな」と男性は嬉しくなりますし、場合によっては「もっと仕事を頑張っちゃうぞ」とやる気をアップさせてあげることもできるかもしれません。

さりげなく褒める言葉「頼りになるね」

さりげなく褒めたい時には「頼りになるね」と言うのも良いです。男性は「かっこいい」とか「イケメン」とか言われるより、実は頼りにされることの方が喜ぶ人も多いです。負担をかけたくないと思って甘えない人もいるのですが、男性からすると甘えられた方が意識してしまいますね。自分が役に立てていると実感することで、より意識しちゃうものです。

共感できる言葉「私もそれ好きなんだ」

共感してあげたい時には「私もそれ好きなんだ」がおすすめです。相手が読書好きなら読書、映画好きなら映画、スポーツ好きならスポーツなど状況に合わせて共感してあげましょう。一緒の趣味があるとそこから話も盛り上がって、より仲良くなることもできますからね。共感されることで「この人とは考え方が合う」とも考えちゃうかもしれません。

心配する優しい言葉「大丈夫?」

いつも気丈に振舞っている男性でも、実は疲れていたり落ち込んでいたりすることがあるかもしれません。そんな時には優しく「大丈夫?」と声をかけてみてください。その言葉だけでも、実は心が救われることもあります。男性によっては優しくされることでドキッとする人も多いので、その他にも「手伝おうか?」「話聞こうか?」と言うのもありです。

効果大♡ドキッとするスキンシップ

より相手との関係を急接近させたいなら、思い切ってスキンシップを狙ってみるのも良いかもしれません。身体と身体が触れ合うことで、心の距離も実は縮まりやすいです。ここからは効果絶大なドキッとするスキンシップについて紹介します。

さりげなくボディタッチ

さりげなく肩に触れたり、腕に触れたりすると男性は思わずドキッとするでしょう。これは抵抗することのできない本能的なものでもあります。異性の方から触れるというのは、男性にとって嬉しいものです。もちろん、過剰な女性からのボディタッチは引く人もいるので、重要なのはさりげなく触れるということです。

「手相をみる」などと手を触る

相手に触れる口実がない時に使えるのが手相ですね。「手相を見てあげるよ」と言って手に触れるだけで、男性はドキッとしてしまいます。また、手相を見る時は顔も近づきやすいので、より男性もドキドキするでしょうね。距離感を近くすることで、相手のパーソナルゾーンに上手く入っていきましょう。警戒心を壊してあげれば、一気に急接近できますよ。

歩きながら腕を組む・手をつなぐ

歩きながら腕を組んだり手を繋いだりすると、相手の男性はドキッとしてくれます。ここまでくるともう恋人の関係になっているとは思いますが、それでもふいにやられるとドキドキするものです。夫婦でマンネリしているという人も、たまには大胆に攻めてみてはいかがでしょうか。身体を密着させれば、より男性もドキッとするでしょうね。

まとめ

男性が女性にドキッとする瞬間はたくさんあります。日常に潜んでいるその瞬間を見逃さなければ、より相手との距離も縮めていくことができるでしょうね。時には仕草、時には言葉、時にはスキンシップでぜひ男性のハートを鷲掴みにしてあげましょう。